月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

ゲームプレイ日記

YouTubeライブの始め方と設定方法について詳しく解説します。

投稿日:2017年2月23日 更新日:

 グーグル傘下の動画配信サイトのYouTubeには、個人が世界に向けてライブ配信するためのYouTube Liveというサービスがあります。個人でも自由に動画をリアルタイムでYouTubeに送って、みんなに見てもらえるという便利なものです。

YouTube Liveの登録と設定の手順を説明

YouTubeライブをはじめるための大まかな手順

  1. Googleアカウント登録
  2. YouTubeのブランドチャンネル作成

の2工程が必要になります。

 ただし、Googleアカウント登録、YouTubeチャンネル登録のどちらも、電話による音声かショートメールによる認証番号での本人確認が必要です。つまり、実際に使用されている電話番号に紐付けされることになります。

1)Googleアカウント登録

 Androidスマホを使う人、パソコンでChromeというブラウザーを使う人が多いので、Googleアカウントを持っていない人は、ほとんどいないと思います。もし、Googleアカウントを持っていないのなら、「Googleアカウント」とGoogleで検索して、Googleでアカウントを作ってください。

 用語解説→「アカウント」とは、ユーザーを識別する名前のことです

 「(自分で決める英数字とコンマの名前)@gmail.com」というメールアドレスのGメールという無料のメールアカウントがもらえます。

Googleアカウントのメリットを少し紹介

 Androidスマホは、Googleの作ったLinux系のモバイル用OSである「Android」で動いています。Googleアカウントがないと、アプリの新規登録ができません。Androidスマホやタブレットを使っている人は、既にGoogleアカウントは持っているはずですよ。

 パソコンに、ChromeというGoogleの作ったブラウザをインストールすれば、Mac、Windows 10とOSが違うパソコンのブラウザ、Androidスマホやタブレットのブラウザ、全てのブックマークが同期します。

 無料の日本語入力ソフトも、Windows 10、Mac、Android(ChromeBook)用にそれぞれに用意されています。登録辞書が同期します。

 カレンダーも同期します。スケジューラとしても柔軟に使えます。

2)YouTubeのブランドアカウントを作成して自分のチャンネルを作る。

 Googleの「アカウントを管理」のページへいきます。

アカウント管理ページのアイコン

 ここで、一通り、アカウントの管理を設定しておきましょう。とりあえず、今回は、YouTubeのチャンネルを作ります。

 何も考えずにクリッククリックで進めずに、慎重にすすめてください。自分の実名でチャンネルを作らないようにしましょう。チャンネル用のカッコイイ名前にします。それは、匿名性を上げるだけでなく、身に覚えのないチャンネル停止処分になったときに、次のチャンネルを認証して使うことになります。

 YouTubeのページができましたか?

YouTubeの自分のページです。

 最初は、登録した動画が一つも無いので殺風景です。とりあえず、手持ちの動画を適当にアップロードしてみましょう。右上の↑のアイコンがあります。そこがアップロード画面になります。

YouTubeへ動画をアップロードするお馴染みのページ

 お馴染みのYouTubeの動画投稿(ファイルアップロード)ページです。YouTube用に加工した動画ファイルをここへドラッグ&ドロップするとアップロードが始まります。

 動画ファイルのアップロード中でも、高速なパソコンのブラウザなら、動画の名前や説明などが書き込めます。

 ここで重要なことは、Googleアカウントを作って、すぐにYouTubeのブランドチャンネルを作成しライブストリーミングを始めるという行為は、監視ロボット(AI)によって、スパム指定を受る可能性があります。私のように、なんの警告もなくブランドアカウントをいきなり停止させられたのでは、たまりませんよね?。ブランドチャンネルの取り扱いには注意しましょう。

 まずは、規約に反しない動画をポツポツとアップロードし、数日は様子を見ます。アップロードする動画が規約に違反するようなモノだと、ライブストリーミングの認可が下りないか、いきなりアカウント停止にあることもあるようです。繰り返しやると、Googleアカウントごと停止(BAN)になることもあるので、ヤケになって無茶をしないようにしましょう。

 Googleアカウント自体のBANをうけると、登録した名前、電話番号、住所、アクセスしてきた地域などを監視ロボットAIが検知して、家族の名前名義でさえ再登録できなくなります。

YouTube Liveの登録をする。

動画の管理ページから、YouTubeの各種設定やページに行ける

 しばらく、YouTubeへ動画をアップロードして、動画の扱い方に慣れてきたら、YouTubeライブに登録してみましょう。動画アップロードページの右にある「始める」ボタンか、「動画の管理」のページの左カラムにある「ライブストリーミング」をクリックします。

開始ページです。

 いつでも、何のためでもっていうことですが、ルールを守っていても、ロボットが何を勘違いするのかしらないけど、警告無しで停止ですから! タダですから文句は言えません。

 ここで「始める」ボタンを押すと、認証用の電話番号を入れるページがでます。指示に従って、電話番号を入れて、認証コードの数字を入れます。電話の場合は、1回コールで、女性の自動音声で認証番号を2回言ってくれます。スマホやガラ携の電話なら、SMSメールで届きます。

電話番号と紐付けされる

 さて、これでYouTube Liveが使えるようになります。電話番号と紐付けされるので、その電話番号で登録したブランドアカウントチャンネルを停止させられると、その電話番号で再度他のチャンネルを登録することは規約違反になります。つまり、BANされても何も文句は言えないぞ と言うことですね。

ライブストリーミングの未設定の状態

 何も設定をしていない時の、ライブストリーミングのページです。

ライブストリームページの基本設定は…

  • チャンネルの名前
  • チャンネルの説明文
  • カテゴリを、ゲームの配信をするのなら「ゲーム」に
  • プライバシーは、そのまま誰にでも見られる「公開」するのか?URLを指定した人だけの「限定公開」にするのか?、誰にも見せない「非公開」にするのか?

ストリーム名 / キー って何?

 「表示」ボタンを押すと、パスワードのような英数文字の羅列したものが表示されます。これを、配信ソフトの所定の場所にコピペすると、このライブチャンネルに配信ソフトがつながるようになります。

無料ブロードキャスト配信ソフトへのキーの登録

 だから、これを知られてしまうと、誰かに乗っ取られて、意図しない配信に使われてアカウント停止になってしまいますから、十分に取り扱いに気を付けましょう。

まとめ

 YouTubeライブの開始のやり方を、前前から書きたかったのですが、やっと書けました。この記事を参照しながら、ゲームライブ配信の記事を書いていきます。

スポンサー広告

スポンサー広告

-ゲームプレイ日記
-

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2017 AllRights Reserved.