月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

ゲームプレイ日記 ゼルダの伝説

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 日記 12 ヒガッカレ馬宿〜ミナッカレ馬宿、デスマウンテンへの道のり

投稿日:2017年4月5日 更新日:

 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのプレイ日記です。自分のプレイ録画を見ながら書いています。ネタバレしています。ゼル伝を初プレイする初心者の多くが先に進めなくて投げてしまうので、初心者がつまづきそうな所を中心にまとめておきます。

 なお、エアプレイのアフィリカスの餌にならないように、実際にプレイした人なら直ぐ分かる間違いを混ぜてあります。

デスマウンテンのゴロンシティへ行くまでの準備

 カカリコ村でインパに報告をした後、ゾーラの里へ戻り、里の人たちともう一度話をして情報の漏れがないかをチェック。そこで引き受けたミニチャレンジはそっちのけで、次の神獣の奪還に向けて準備をする。神獣を奪回するとそれらを操縦していた英傑達の魂から、戦いに役立つアイテムがもらえることが分かった。

 英傑からもらうアイテムを持てば持つほどリンクの戦闘能力が高くなり、周辺地域の探索をするにしてもサクサクと進められるはず。特に、ボコブリンの巨大版であるヒノックスを倒すには、今のリンクでは弱すぎる

 となれば、残り3つの神獣の奪還を優先するべきという戦略にした。

 ゼル伝お馴染みの岩を食べるゴロン族の里でも神獣が暴走しているという。ゾーラの北にある火山「デスマウンテン」の山頂付近に黒い雲がかかっているのが、ラネールの塔からでも見える。

 一旦、補給も兼ねて、ワープでヒガッカレ馬宿&アッカレ古代研究所(カツ・トサの祠)へ飛び、古代兵装・矢の補充等、そこから西側に移動しつつデスマウンテンへの登山道を探す。

ヒガッカレ馬宿から、西へ道なりに進むと、馬宿を発見。

ミナッカレ馬宿

ヒガッカレとミナッカレと紛らわしい

ミナッカレ馬宿で出会う人

テリー:行く先々にいる行商人。ここでは、ゴーゴートカゲ、ヒケシトカゲ、マックストカゲ

ディムチー:宿屋のフロントと馬の登録事務と兼用。

ミニチャレンジ 小さな妹の大きな願い

ジュン:ヨロイソウを分けてくれ。妹のツヤが虫好き。誕生日プレゼントにするので、ツヤにどんな虫が好きなのか?を聞いてきてくれ。

ツヤ:

カイファ:北のドクロ池にマモノショップがあるという、ヒガッカレ馬宿では兵を雇っている。

ジュン:東の牧場の先から、アッカレ湖とアッカレ海が一望できるぞ。

道標には、西に「力の泉」、東がアッカレ湖となっている。

シーカーセンサーが反応そいて、ウルフが走って案内してくれる。

ジス・カフィの祠(ジス・カフィのからくり)

 トゲトゲのタイルを脇に寄せればいいのね。

これは簡単。

 左右にコントローラを傾ければ、レールの関係で左右にトゲトゲのタイルを寄せることができる。レーザのあるところは、回転する床をスイッチでオンオフすることで、避けることができる。

カラクリと言えば、スイッチ。剣やバクダン、フックショット、ブーメラン衝撃を与えればオンオフ

 ゼル伝お馴染みのスイッチ。衝撃を与えればオンオフできる。剣や矢でオンオフができる。バクダンの爆風でもOKだと思うから、リモコンバクダンなら、置いておけばOK。これに馴れておかないと、謎解きはできない。

 宝箱はどうやってとるのか分からないので、とばす。

今は、ゲームの中で遊ぶんだよ。

 私が子供の頃は、平べったい菓子箱で、こういうゲーム?を作って遊んだもんだけど、今は、ゲーム内のカラクリとして登場する。懐かしさ120%。今の子供らは??(笑) サクッとクリアして、試練の証をもらった。

 シーカータワーが見えるので、そっちへ走っていくと…。

アッカレの塔

アッカレ砦連絡橋跡

シーカータワーが城の中にあるようだが…

 アッカレ砦連絡橋跡で、襲われている人を助ける。

ネルフェン:礼として、ゴーゴーホットミルクをもらう。アッカレの砦といって、ここが最後の拠点だった。

 ガーディアンの残骸が多数あり。シーカータワーの周辺は、飛行型のガーディアン(ドローン型ガーディアン)がいるので、登るのも、登ったあとも大変そうだ。雨が降っているので崖を登れない。晴れていたとしても、この高さの崖を登るには頑張りゲージが全然足りないので、もう少しリンクが強くなってからにした方が良さそうだと判断。

アッカレの塔の攻略方法

アッカレ砦の城はドローン型ガーディアンがいるので厄介

 アッカレの砦は、ガーディアンのドローンタイプがいて、上がるのに苦労する。

 ドローン型のガーディアンを鉄の箱をマグネキャッチで操ってたたき落とそうとしてみたが、何度ぶつけてもダメージがほとんど与えられず、時間がかかるのであきらめた。

 ゴーゴー系の料理を食べてレーザで撃たれないように駆け抜けるしかない。途中、モリブリンとボコブリンがいて強い。そこそこリンクが強くなってからの方が楽だろう。

  • 雷をともなう雨が定期的に降るので、晴れた時を狙う。
  • 魔物が巣くっているので、塔に近づくのも大変。
  • 魔物のために塔に登ることができない。
  • ボコブリンやモリブリンがいるので、それを退治してから、
  • 火の付いた鍋があるので、そこでゴーゴー系料理やハート補充系を作っておく。
  • 雨と雷が定期的に来るので、雷でうたれないように、装備を換えて待つか、火の付いた鍋で「暇をつぶす」

登る方法は、これが分かりやすいか?

 アッカレの塔に登る方法は、いくつかあると思う。

 最初に目玉を射って、転がる鉄のハシゴをマグネキャッチで塔の近くにまでもってあがって、ハシゴをかけるのが一番わかりやすいと思う。

 すでに、英傑リーバルの猛りをもっていたら、単純にジャンプしてパラセールを使って飛びつけば良い。

アッカレ練兵場跡

 練兵場跡といえば…、ヒノックスが寝ていたよな…、ちょっくら 起こして一戦やってみようと

固い装甲と圧倒的な攻撃力で一踏みでハートの大半を失う。

 固い鎧があるので、有効な攻撃は足か、目を狙って矢を射るくらいしかない。まだ、私の腕とリンクの総合戦闘能力からして、全く歯が立たないレベルだった。

 ウルフも瞬殺される。

雷獣山の北側あたり、西ミナッカレ橋やミナッカレ橋まで走って、モリブリンやボコブリンを倒していく。特に、たいした物はなさそうだ。

東へ進んで、東ミナッカレ橋を渡って、東へいってみる。

ダヒ・シーノの祠

 この祠は、アッカレ地方へ行くときに通ったところだ。この祠から、低いところへいろんなものが見えていたので気になっていた

こんな所に祠があるってことは…

 飛んで降りる。あちらには、ドローン型のガーディアンがうろうろしているエリアがある。← 力の泉?

 とりあえず、飛んでおりた先には…

大妖精の泉(ミジャー)

ここの大妖精は、500ルピーって高いな

 大妖精の泉があった。ここの主は、ミジャーという。服の強化をしてくれるのは、ここも一緒。しかし、その動作がアレだ。

チュッ フー で、リンクがデヘヘ ってのが笑える

 大妖精の泉の妖精は、なんかエロい。とりあえず、着ている服や鎧を強化できるものは全部してもらう。

力の泉

 ミナッカレ馬宿にある道標で「力の泉」側に走って行くと…

このドローン型ガーディアンがいるところは何だろう?

 こういう所は重要拠点だ。近くに、大妖精の泉はあるし、祠もある。飛び降りて、ガーディアンを矢で打ち落とせるか?試したが、まったく歯が立たず瞬殺された。

 で、辺りを探索すると…。

ここから入らないと、なんのこっちゃ分からない

 力の泉の入り口だった。で、ここに飛び降りて、黄色に光る場所に立つと、A思い出す で、ウツシエにあった思い出の場所であることがわかり、ゼルダ姫との思い出を思い出す…。

オルドラのウロコを捧げると何か起きるらしい

 どうやら、力の泉のこの女神像へ、「赤き精霊オルドラのウコロ」というものを捧げれば、何か起きるってことが分かった。

 ここから、ツタを燃やして入れるところが、ドローン型ガーディアンがうろついている、試練の場所みたいなところとなっている。神獣奪還をしていくうちに、リンクの力がついてきたら、ここを訪れてクリアしたいので、ここは放置しておく。

オルドラとは?

オルドラは、ゲルド高原とタバンタ辺境の境目の渓谷で見かける

 オルドラは、夜、音もなく飛んでいる。こいつの鱗って、どうやって採るのか謎だ。高いところで、下の方を眺めているのなら、飛び降りてみられるけど… 

東の海辺

 それから、東の海辺にでて、遠浅の海を探索する。

遠浅の海で、たいした物はなさそうだ

 渦巻き状の浅瀬もあるので、ボコブリンの馬を奪って、中央まで行ってみた。コログがいたくらいでたいしたことは無かった。馬がなじんだので、このまま走って、ミナッカレ馬宿まで戻って、馬を登録した。

ミナッカレ馬宿

レックス:退魔の剣について。森の馬宿に移動するっていうけど、森の馬宿がどこかまだわからない。

そろそろ、デスマウンテンに登ってみよう。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 日記 13 山麓の馬宿とデスマウンテンへの登山

 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのプレイ日記です。自分のプレイ録画を見ながら書いています。ネタバレしています。ゼル伝を初プレイする初心者の多くが先に進めなくて投げてしまうので、初心者がつまづ ...

続きを見る

スポンサー広告

スポンサー広告

-ゲームプレイ日記, ゼルダの伝説
-, ,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2017 AllRights Reserved.