月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

Mac

Apple WWDC 2018年 macOS Mojave(モハーベ)、iOS 12 などのメモ

投稿日:2018年6月6日 更新日:

2018年6月5日夜明けに、毎年恒例のAppleのWWDC(開発者会議)があった。2018年後半〜2019年前半のAppleの新製品などについての発表の自分へのメモ。

macOS 10.14 Mojave(モハベ)

最近のmacOSは、毎年秋に更新される。現行の macOS High Sierra(まっくおーえす はいしえら) から、macOS Mojave(まっくおーえす もはべ)になる。

macOSの番号は、10.14 で、Mac OS X(System 10)の14番目のアップデートということ。

モハーベ(Mojave)は、カルフォニア州の砂漠。

macOS 10.14 Mojave が使えるMac

2011年以前のモデルは、対象外になった。

  • MacBook (Early 2015 以降)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • iMac Pro (2017)
  • Mac Pro (Late 2013、mid 2010、mid 2012、Metal対応GPU搭載モデル)

昨年買った 妻の iMac 5K 2017年モデルはOKだけど、私のMac mini 2011年モデルは対象外になったので、Mac miniの最新モデルがでないようであれば、iMacのRetina 4Kディスプレイ3.0GHzプロセッサ 1TBストレージを買おうかと思っている。

2018年モデルはでる気配がないので残念。

macOS Mojave の主な改良点

ダークモード
  • macOSの見た目を黒くして、目立たないようにするモード
  • macOSは、Windows 10とくらべて、ユーザーが配色を自由に選べなかった
  • いままで、下のドックや上のメニューバーなど一部を黒くできたが、ファインダー(Windows のエクスプローラーみたいなの)の色が変えられなかったのを改善
  • 内蔵のアプリケーションは、すべてダークモードに対応した
ダイナミックデスクトップ機能

時間によってデスクトップに貼り付けている画像を変える機能。同じ風景を時間によって撮ったものを指定しておけば、夜の夜景がきれいなところから、昼間の雑然とした街が というかんじにできる。

デスクトップ と Finder

デスクトップ用スタック

ファイルをファイルタイプ別に自動的にまとめて整理する機能。

スタックは、日付やタグなどのファイル属性で分類できるように自分でカスタマイズする。

Finder ギャラリービュー

Finder にあったファイルを拡大表示して左右にペラペラと動かす CoverFlowという機能進化させた ギャラリービュー。

プレビュー

ファイルの情報(メタデータ)の表示をすべて表示できるようになったので、写真や動画などの管理も一つ一つクリックして表示して確かめる必要がなくなった。

クイックアクション
  • パスワードのかかったPDFファイル作成
  • オートメーター(Automator)のアクションの実行

Finderから直接実行

ポイント

Automatorは、Windows のバッチファイル、自動実行スクリプトのこと。
クイックルック

ファイルを実サイズで表示して、画像の回転、トリミング、PDFの印つけ、ビデオ、オーディオファイルのトリミングができる。

スクリーンショット

いままでのショートカットキーとは別に、新しいコントロール機能が使えるようになった。QuickTime Playerで行っていた画面の録画も簡単にできるように改良された。

デスクトップにスクリーンショットのファイルが増え続けるというマヌケなことがなくなる。

Continuity Camera

iPhoneやiPadで撮った写真、書類のスキャンしたものをMacにすぐに表示できる。

その他

  • 拡張GPUボックスの改善
  • iOS UIKit 2019年にiOSアプリが使えるように
  • ソフトウエアアップデートが、App Storeから、システム環境設定へ

iOS 12

  • 速度改善、セキュリティ向上
  • ARKit2:AR機能の開発環境
  • 写真アプリの機能アップ
  • Siri:ショートカットなどの改善
  • CarPlay:ナビアプリがつかえるように
  • おやすみモード
  • 通知で、ロックスクリーンの通知を決められる
  • アクティビティレポート:アプリ別の利用制限ができる
  • Animoji:舌の検出など充実
  • FaceTime:グループチャットにやっと対応 32人まで

Watch OS 5、tv OSのアップデート

持っていないし、今後も買う予定なし。









  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-Mac
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.