月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

ゲームプレイ日記 ゼルダの伝説

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 日記 13 山麓の馬宿とデスマウンテンへの登山

投稿日:2017年4月7日 更新日:

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのプレイ日記です。自分のプレイ録画を見ながら書いています。ネタバレしています。ゼル伝を初プレイする初心者の多くが先に進めなくて投げてしまうので、初心者がつまづきそうな所を中心にまとめておきます。

なお、エアプレイのアフィリカスの餌にならないように、実際にプレイした人なら直ぐ分かる間違いを混ぜてあります。

デスマウンテンに登り、ゴロンシティをめざす

ジズ・カフィの祠から、デスマウンテンへ登る

シーカータワーの地図情報がない状態では、デスマウンテン周辺の地形がよく分からない。それでも、ジズ・カフィの祠(ミナッカレ馬宿)の北側斜面が、いかにも火山ぽい岩なので、そこから登ってみることにした。

本来なら、山麓の馬宿からデスマウンテンへの登山道を通っていくべき。

ジズ・カフィの祠の裏斜面を、登ってみると…

とくに頑張りゲージを使い切るような壁面はなく、そのまま駆け上がれる。しかし、溶岩のある火口近く(デスカルデラ)まで上がってくると、ボコブリンなどから奪った武器や盾が燃え始め、炎の熱さによるダメージを受けるようになる。

耐火料理や薬が必要になるが、ここで大きな勘違いをしていた。砂漠(ゲルド地方)の日中に使うヒンヤリ系料理は、火山の炎のダメージにはまったく効かないことが、最初はわからなかった。「なんで、ヒンヤリ系料理を食べているのに燃えてハートのゲージを使い切って、ゲームオーバになるんやろ」って(笑)。

ポーチをみて、煙の出ている盾や剣を捨てた。(そうびしなければ、燃えてなくなることはない。四次元ポケットのポーチの中にある限り燃えてなくなることはない。)

炎によるダメージを防ぐには、「燃えず薬」や「耐火料理」を作るか買うかして飲まなければならない。

氷の剣は暑さ対策にはなる

暑さガードは、暑さガードのそうび以外に、氷の剣やアイスロッドを背負うこことでもできるが、炎のガードにはならない。

ダルケルのamiiboを持っている人なら、炎のガードの神獣兵装が手に入る

西回りのルートが正解

溶岩が貯まる巨大な火口だとすれば、この火口を一周する必要がある。しかし、耐火の薬も料理も持っておらず、一周する余裕はない。

左右少し探索して、西側の方へ行くと、麓に祠とボコブリンの野営地が見えるので、一旦、パラセールで降りて探索をしてみる。そっちからの登山ルートがあるかも知れないからだ。

シーカーセンサーが反応するので、ボコブリンやモリブリンの野営地を急襲をかけて倒しながら、祠へ飛び降りる。

サ・ダージュの祠(炎のちから)

枯草に火を付ければ…

このサ・ダージュの祠は、最も簡単な祠の一つかもしれない。普通の矢に火を付けて、枯草を射るだけでクリアできた。サクッと試練の証をもらって、次へ行く。

祠のある湖で浅瀬があるので、そこ歩いていくと馬屋が見えてきた。

山麓の馬宿(さんろくのうまやど)

デスマウンテンのふもとにある馬宿

こんなところに、馬宿があるとは…。

山麓の馬宿にいる人

カッシーワ:ここでは、ハイラルの話なので、勇者の証についてのヒントではない。

馬宿の風景画(ほこらちゃれんじ)

サンフ:馬宿の主人オッズが趣味で描いた絵がある。「南の方から この馬宿を見て描いた」というが、この構図をよくみつけたもんだよ…。この構図の場所に、ほこらがあるということか。

ケート:「燃えずの薬」を売ってくれる。3個で150ルピー。最低三個っていうが、念のために6個買っておく。(後に正解)

山麓の馬宿でシーカーセンサーがなりっぱなしなので、

モア・キシトの祠(道を切り開くのは鉄の球)

岩の球はビタロック等、鉄の球はマグネキャッチ

タマころがしのカラクリ。動く岩の球に振れるとリンクは大きなダメージを受ける。だから、触ることができない。

まずは、上の段へいくのに、ビタロックで岩の球を止めて駆け上がる。あとは、右端のレーンに鉄の球が転がってくるので、それをマグネキャッチで捕まえれば…。オリャオリャオリャ と鉄の球で…。

これもサクッと勇者の証をもらって出る。

オルディンの塔

山麓の馬宿から、デスマウンテン登山口に行き、そこから登山道を上がって行く。デスマウンテン1合目には温泉がある。見上げるとシーカータワーがみえる。登山道は、炎のチュチュが出てくるので、それを倒しつつ、赤いチュチュを採取。

途中、歩くガーディアンに守られた一角があるが、そこをスルーして、タワーへ向かう。

ガケを登るところも多いものの、「燃えずの薬」さえ飲んでおけば、通常装備でも上がれる。ただし、燃える武器を装備しないようにしよう。

これでデスマウンテン周辺の地図が手に入るので、探索しやすくなる

本来ならオルディンの塔で地図情報を手に入れてから、ゴロンシティへ行くべきところを、先にゴロシティへついてしまい、諸々をクリアしてしまった。

あとから、オルディンの塔へきて、地図情報を手に入れ周辺の詳しい地図を手に入れたので、細々としたミニチャレンジなどをクリアしていく。リンクの装備(私のスキル)もあがり、倒せないのはガノンだけになったので、サクサクと進めるはず。

シーカータワーが他にも見えるので、「アッカレ砦連絡橋跡」に出た。ここも後に攻略して、この付近のマップを手に入れた。→ アッカレの塔

再び、ジズ・カフィの祠の祠からデスマウンテンへ登る

「燃えずの薬」を六本買ったので、30分程度の移動ができるようになった。もう一度、火口を左手(西側の時計回りで回る)ことにする。

デスカルデラから流れ出る溶岩は、ダルボ池という溶岩の池になっている

山麓の馬宿から上がる登山道があるようなのだが、よく分からないので、自分なりに分かりやすい、ルートをまた通る。溶岩の川のために行けない場合は、低い位置までパラセールで飛んで、そこから登ってみることにする。

すると、デスマウンテン登山道に出くわしたようだ。溶岩の岩が灯りになっている灯籠がある道だ。

灯籠が並んでいるのは、ゾーラの里でも同じだったし。

この登山道を駆け上がれば、ゴロンシティへいけるぞ! 急げ!

道標には、「この先マルゴ坑道 もう誰も使ってないゴロ」とか書かれている。間違いなく、ゴロンシティへの道だ。

5.1chのサラウンドで轟音が周りを包む

おお、溶岩が降ってきた。これって、デスマウンテンの山に動いているトカゲみたいな神獣ヴァ・ルーダニアのせい?

デスマウンテン七合目 ゴロン温泉

お馴染みのゴロン温泉にでた。

やれやれ、やっとゴロンシティの間近になってきた。温泉はハートの回復があるので、しばし浸かる。ウルフも傷ついていたら回復する。

ブラップ:ぬるいゴロ。オルディン橋より先には熱いからって、

ミニチャレンジ デスマウンテンの秘密

コップス:何を言っているのが分からないけど…、なにかの棒があるらしい。コップスは夜になると、温泉から出て眠っていて寝言を言っているので… 。

 って、そのアイテムが見つからない!

オルディン橋を渡っていくのか

 近くに、オルディン橋への道標があった。山頂に向かっていることからも、神獣奪還への道なんだろう。

ゴロン温泉をでると、シーカーセンサーが鳴り始める。

神獣の咆哮を聞く。デスマウンテン山頂付近で暴れる神獣ヴァ・ルーダニアのムービー。

ゴロンシティが近い

 ゴロン橋を渡って、オクタロックをかわしつつ進むと…

北の廃坑(デスマウンテン六合目)

ゴロンシティの裏道みたいなところから来ちゃったか?

 ゴロンシティに行く前に、オルディン橋やら、北の廃坑やらと重要施設の入り口を通ってきているんだけど…。まぁ、いいか。

 ちなみに、北の廃坑では、ゼルダの伝説ではお馴染みの、バクダンで岩を飛ばす大砲が見えているので、期待したい。

ドリジャン:ブルドー組長にこの辺を見回るように言われている。 レバーを触っちゃだめゴロ って言われても…

よりリアルに、そして格好良くなったゴロン族の大砲

 ついつい、大砲の試し撃ちまでしてしまうよね。しかし、少し先に行こうとすると、炎のレベルが高くなって、燃えずの薬でもダメージを受けるレベルになる。北の廃坑 恐るべし炎。

 シーカーセンサーが反応するので近づいたら、祠があった。

シモ・イトセの祠(揺れる炎)

炎の矢があれば楽にできる

 カラクリとしては、床スイッチを自分で踏んでONにするのか? 何かを置いてONにするのか?というのが基本。

 なにやら水車の様な歯車が枯草が絡んでいる。それを燃やすと球が落ちてきて、水車の手前で柵があるので止まっている。この柵あければ球が落ちて水車が…。

 ここもサクッとクリアして、試練の証をゲット。

 シモ・イトセの祠は、ゴロンシティへのワープポイントになる。

 ゴロンシティへ到着!

やっと着いたが、ここは正門じゃなさそうだ

 次は、ゴロンシティとその周辺の探索とクエスト

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 日記 14 ゴロンシティとその周辺、北の坑道

 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのプレイ日記です。自分のプレイ録画を見ながら書いています。ネタバレしています。ゼル伝を初プレイする初心者の多くが先に進めなくて投げてしまうので、初心者がつまづ ...

続きを見る

スポンサー広告

スポンサー広告

-ゲームプレイ日記, ゼルダの伝説
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2017 All Rights Reserved.