月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

WiFi ルーター

固定IPアドレスのやり方 まとめ

投稿日:2018年1月15日 更新日:

このページは、ガジェットを安定してWi-Fiに接続するための「ローカル固定IPアドレスの」設定などをまとめるページです。ガジェット別でその方法をまとめます。

ローカル固定IPアドレス って何?

家の中で使っているスマホやタブレット、パソコンやゲーム機などのネットのつながっている機器に、割り振られているIPアドレスを、それぞれ固定して割り当てることです。

  • ローカル固定IPアドレス
  • static IPアドレス
  • 静的 IPアドレス

3つの呼び方があります。どれも同じです。

ローカル固定IPアドレスを設定する意味

  • Wi-Fiでつながるスマホやゲーム機が安定してインターネットにつなる
  • オンライン対戦ゲームが安定してできる
  • パソコン同士のファイル共有が安定してできる
  • 設定に一手間かかるので、自分のスキルの高さをブログで自慢できる

などのメリットがあります。

デメリットとしては、

  • LANに繋がる機器が、100台を超えてくると管理が大変
  • ガジェットごとで、設定方法が異なるので調べる手間がかかる
  • Wi-Fi、無線LAN、ルーターなどのネットワークに関する知識が必要

などがあります。

ローカルIPアドレスのやり方、設定の仕方

大まかな手順は

  1. 我が家のLANのIPアドレス割り当て表を表計算で作る
  2. つなぐ機器を一つ一つ、登録する
    1. 端末側でIPアドレスが指定できる場合
    2. Wi-Fiルータ側でMACアドレスで割り当てる場合

1)家のネットワークにつながる機器のIPアドレス帳を作る

パソコンのワープロや表計算ソフトで、表を作って管理します。

IPアドレスは、家庭用のWi-Fiルーターのよって違います。

たとえば、PA-WG2600HP2なら、192.168.10.1〜255という割り当てになっています。

末尾の数字が、IPアドレスとして表で管理します。「192.168.0.」の家庭もあれば、「192.168.1.」もあるでしょうし、「10.10.10.」というところもあるでしょう。

IPアドレス 機器名 MACアドレス
1 Wi-Fiルーター  12:34:56:78:90:ab
2    
3    
   
30 Netatmo  68:c7:e6:1a:b8:97
31 Fire TV stick  87:e1:1c:97:d2:a1
32 eRemote mini 56:c7:a0:9c:7d:01
   
50 iPhone X 12:a4:15:6c:35:d4 
51 Xperia 6a:8c:7e:1b:6f:69
 52 PC録画機(PT3)  54:1a:0c:86:b1:e8
200 レーザープリンター  87:00:f2:a7:96:8c
201 インクジェットプリンター 03:8c:f2:cb:51:96
   
240 Wi-Fi AP 地下 40:83:50:ee:df:c1 
241 NAS(データサーバ) 70:aa:12:3d:23:54 
242 Wi-Fi AP 寝室 40:c3:b4:a6:d5:00 

こんなかんじで作ります。各自の都合が良いように決めて割り振ってください。

PA-WG2600HP2の場合は、DHCPサーバの自動割り振りが、2〜32になっています。そのDHCPの割り当て個数を増やすこともあるのであれば、固定IPアドレスの割り振りは、50〜255までにします。

固定IPアドレスを指定できない端末は、MACアドレス指定でIPを割り振ります。

2)機器を登録して設定していく

大きく分けて、

  1. 端末側でローカル固定IPアドレスを指定
  2. Wi-Fiルーター側で、端末のMACアドレスでローカル固定IPアドレスを割り当てる

の二通りがあります。基本は、端末側で設定します。端末が固定IPアドレスを指定できないものに限って、Wi-Fiルーター側で指定します。

端末側でローカル固定IPアドレスにできるものの設定方法

macOS

我が家の設定、出先での設定を「ネットワーク環境」で名前をつけて保存します。

設定 / ネットワーク

設定 → ネットワークを開きます。右下の「詳細…」を開いて、

設定 / ネットワーク / TCP/IP

タブのTCP/IPでIPアドレスを指定

TCP/IPのタブで、Macのローカル固定IPアドレスを指定します。IPv4は、「手入力」、IPv4のIPを入れて、サブネットマスク、ルーターのIPアドレスを入れます。

IPv6は自動にしておきます。

Wi-FiルーターのPA-WG2600HP2の設定で、IPv6は、普段は、パススルーオフ(ブリッジならON)にしておきます。必要に応じて、パススルー(ブリッジならON)にします。

フレッツスクエアなどは、IPv6によるアクセスに切り換わります。

設定 / ネットワーク / DNS

自分で指定する

タブで「DNS」を開いて確認します。ここで、Wi-FiルーターのIPアドレス、192.168.?.1が指定されていない場合は、+を押して登録します。OKボタンをおして、登録しておきます。

オフ会でニワカマカーが自慢しているMacBook Proを見せてもらいます。ネットワークの設定を見ると…。

S爺
どいつもこいつも、「ネットワーク環境の設定がされてない、DHCP自動接続設定」です。
そんないい加減なネットワーク設定で、日頃問題が起きていないってことは、Wi-Fiでつながるガジェットは、アイポンとMacしか持っていないんでしょう。

それにしても、その程度のスキルで、Macの選び方とか使いこなしの記事を恥ずかしげもなく連発できるよな〜と感心しています。

Windows 10

Windows 10では、設定の「ネットワークとインターネット」を開きます。

左カラムの「状態」を選択し、状態の中の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします

アダプターのオプションを変更する

アダプターというのは、ネットワークアダプターってことでしょうかね? Windows 10の用語は分かりにくいものが多いです。慣れて覚えてしまえば違和感がありませんけど。

使っているWi-Fiか有線LANかを選ぶ

ここで、有線LANやWi-Fiでつながっている接続方法を選びます。

Windows の場合は、このネットワーク接続の接続先のアイコンが、つなぐ先を設定するごとに増えていきます。

Windows でおなじみの設定

やっと、今まで通りのWindows のネットワークの設定ウインドウが開きます。プロパティを選んで、「インターネットプロトコルバージョン4(TCP /IPv4)」をダブルクリックします。

「IPアドレスを自動的に取得する」な人が多い

Windows パソコンでは、この固定IPアドレスの設定のウインドウは、Windows 10になってもほとんど変わっていません。

ここで、「IPアドレスを自動的に取得する」から、「次のIPアドレスを使う」のラジオボタンを押して、IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、優先DNSサーバーのIPアドレスをいれてきます。

デフォルトゲートウェイと優先DNSサーバーのIPアドレスは、Wi-FiルーターのIPアドレスです。代替DNSサーバーは設定しなくてもかまいません。設定するとしたら、契約プロバイダの指定されたDNSサーバーのIPアドレスくらいでしょう。

「OK」ボタンを押して設定を反映させます。左カラムの「状態」→「ネットワークの状態」で、下の方へスクロールして「利用できるネットワークの表示」を「ネットワークのプロパティを表示」をクリックすると、「IPv4アドレス」に、変更したIPアドレスが表示されるのを確認してください。

iOS、iPhone、iPad

iOSも慣れないと難しい

  1. 設定 → Wi-Fi → つながっているSSIDの○iを選択
  2. IPv4アドレスの「IPを構成」を「手動」に切り替えて、IPアドレスを入力、サブネットマスク、ルーターのアドレスを入力
  3. ネームサーバー(DNS)は、「手動」に切り替え
  4. サーバーを追加で、Wi-FiルーターのIPアドレスを入力

します。

これで、安定してiPhoneやiPadがWi-Fiにつながるようになります。

Android スマホ、タブレット(Nexus 7)

Androidは様々なので

Androidは、ネットワークの設定を一度破棄して、最初から、静的IPアドレス設定で追加します。Fire HDタブレットも同じ扱いです。

Androidの場合は、設定も分かりやすいと思います。

PS4
PS4 Proをインターネットにつなぐやり方

PS4は、インターネットに接続してPlayStation Network(PSN)に接続しないと使えません。 PS4のネットワークの設定は一番最初にしなければならない最重要項目です。 PS4 Proの ...

続きを見る

Nintendo Switch
Nintendo SwitchをWi Fi(無線LAN)でインターネットにつなぐ方法を紹介します。

Nintendo Switch(任天堂スイッチ)のインターネットへの接続方法は、 無線Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz、5GHz帯 有線LAN:ドックにUSB-L ...

続きを見る

Nintendo Switch(任天堂スイッチ)を有線LANで使うやり方と設定

Nintendo Switchは付属のドックに挿してTVモードという据え置きゲーム機としても使えます。そのTVモード時に、安定してネットにつなぐために、USB LANアダプタを使った有線LANでのイン ...

続きを見る

Wi-Fiルーター側からMACアドレスで固定IPに指定するもの

Wi-Fiルーター側で設定をします。

Wi-Fiルーター NEC PA-WG2600HP2を一年使っての感想とレビュー

Contents1 NECのWi-Fiルーター Aterm PA-WG2600HP2は、歴代でも大当たりの機種です。1.1 PA-WG2600HP2 って何が違うの1.2 PA-WG2600HP2のフ ...

続きを見る

Netatmo

NetatmoのMACアドレスを確認します。PA-WG2600HP2なら、みえて安心ネットでMACアドレスをメモります。

MACアドレスをめもる

PA-WG2600HP2のクイック設定Webの「詳細な項目」→「DHCP固定割り当て設定」を選びます。

ルーターによって名前が違うので注意

Wi-Fiルーターによっては、DHCP強制割り当てとか 名前が違うので、それぞれ各自のルーターで探してください。

一覧に加えていきます

DHCPの割当は、192.168.0.2〜192.168.0.32までにしているので、32から順々に割り当てていきます。この上限の32は、PA-WG2600HP2の場合は増やすことができます。

追加ボタンを押して、DHCP固定割当設定 エントリー追加で、

MACアドレスとIPアドレスを指定

NetatmoのMACアドレスと、割り当てたいIPアドレスを、192.168.0.32〜192.168.0.2の間の重複のないIP番号を指定して、設定ボタンを押します。重複な無効な数値でなければ、設定できます。

eRemote mini

これも、設定で固定IPアドレスに指定できないので、Wi-Fiルーターで設定をします。手順は、Netatmoと同じです。

Fire TV stick

Fire TV stickは、Wi-Fiで接続する場合、固定IPアドレスに設定できません。したがって、これもNetatmoと同じです。

まとめ

2018年はスマートスピーカーなどのIoTの機器が普及すると思います。となれば、ますます、固定IPで設定をすることの重要性に注目が集まると思います・

Amazon Echoや、Google Homeの接続がプツプツ切れる。Amazon MUSICやSpotifyなどの音楽ストリーミングが途切れ途切れになるなど不具合を訴える人が絶えなくなるでしょう。

S爺
LANにつながるデバイスは、ルーターのDHCPで割り当てられるIPアドレスではなく、固定IPにすることで、ネットにつながる安定性が高まります。

このページでは、それぞれの端末での固定IPアドレスの設定方法をまとめます。順次、修正、追加していきます。

スポンサー広告

スポンサー広告

  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-WiFi ルーター
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.