iPhone・iPad・Watch Mac オーディオ

Belkin SoundForm Connect Audio Adapter with AirPlay 2(AUZ002)を買って使っているのでレビュー。つなぎ方 を徹底解説

2021年9月14日

BELKIN SoundForm Connect AUDIO Adaptor with AirPlay

Belkin SoundForm CONNECT Audio Adaptor with AirPlay 2は、MacやiPhoneから、音楽を再生するためのWi-Fi無線でつながる音楽再生専用装置だ。

BELKIN SoundForm Connect AUDIO Adaptor with AirPlayの概念図

Mac / iPhoneから、音楽を無線で飛ばしてスピーカーを鳴らせる。

2021年の春、仕事場でBGMを流すのに使っていた200連奏CDプレーヤが壊れた

CDプレーヤの代わりに、200枚のCDをMacの Music(iTunes)に録り込んで、Macから曲をかけることにした。

SoundForm Connect(AUZ002)は、そのために使う。

こんな方におすすめ

  • iPhone、Macのユーザー
  • 手持ちのオーディオ システムが古くて AirPlayに対応していない
  • 小型のAirPlay 音楽プレーヤ(再生装置)を探している人
  • 購入品:Belkin AUZ002(Belkin SoundForm Connect Audio Adaptor with AirPlay 2)
  • 購入時期:2021年9月12日
  • 購入価格:10970円
  • 購入店:ヨドバシドットコム

Belkin SoundForm Connect(AUZ002) の中長期レビュー

AirPlay って何? AirPlayとAirPlay 2と何が違うの?

AirPlayは、元々、Appleの独自規格の「AirTunes」だった。

2001年に携帯音楽プレーヤのiPodが発売され、あっという間に 「カセットテープの携帯音楽プレーヤ SONY ウオークマン」を駆逐(くちく)した。

iPodとMacの音楽プレーヤソフト「iTunes」は、2000年代のPCオーディオブームの火付け役である。

AirMac Express BaseStation A1089 と Belkin SoundForm Connect

これは、2004年?に買った AirMac Express BaseStation A1089。

MacのiTunesから、Wi-FiやLANケーブルをつないで音楽を送ることができる。

AirMac Expressは、Wi-Fiルーター、Wi-Fi子機でもあり、光デジタルとアナログ兼用の3.5mm径ジャックを持つ。今でも互換性を持つので、有線LANでなら使えるはずが壊れてしまった。

PCオーディオ マニアの必携アイテムで、第3世代まで長く売られた。

AirPlayで仕様が公開され、サードパーティの製品が増えた

2006年から発売されているApple TV(AppleのSTB)の第2世代が2010年に発表された時に、下位互換性を持つ「AirPlay」になった。

Apple 独自規格のAirTunesから、他のメーカーが使えるように規格を公開したのが、AirPlayだ。

いままで、CDをリッピングしてMacにため込んでいた Apple Losslessの曲だけでなく、iTunes Storeからダウンロードしてくる著作権保護のある映像も Apple TVへ送れるようになった。

iPhoneの発売から爆発的にAppleのユーザが増えたのもあって、AirPlay対応のオーディオ機器が増えた。メディアプレーヤ、メディアサーバのNASなど。

今の若い人は、iPhoneがオーディオプレーヤのソースになっていますね。

AirPlay 2は、何が違うの?

  • 2018年のiOS 11.4から対応
  • バッファ容量が増えた(貯めておける動画や音楽のデータ量が増えて途切れにくい)
  • マルチルーム再生機能追加
  • 低遅延

ベルキンって何?

  • アメリカのパソコン周辺機器メーカー
  • Apple ComputerのMacintoshの周辺機器も作っていて、昔からのマカーにも人気のあるブランド
  • シスコから、リンクシスを買収したりして拡大路線だったけど…
  • 台湾のフォックスコン(鴻海科技集団)の傘下に(日本の総合電機メーカー シャープと同じ)

ちなみに、フォックスコンは、iPhone、Nintendo Switch、PlayStationなど、世界的人気商品をOEM製造している会社。

我が日本国は、国策で フォックスコンを超えるEMS(受託生産)企業グループを育てなければならない!。

Belkin SoundForm Connect フォトレビュー

BELKIN SoundForm Connect AUDIO Adaptor with AirPlayの同梱物

SoundForm Connect(AUZ002)のパッケージ内容は、

  • AUZ002(SoundForm Connect Audio Adaptor with AirPlay 2)本体
  • USB充電器 5W(5V / 1A)
  • USB-A → USB-C ケーブル 1.2m
  • 取扱説明書と保証書

SoundForm Connect(AUZ002)の主な仕様

  • 型番:AUZ002
  • 出力:それぞれ排他的
    • 3.5mm径 アナログオーディオ
    • SPDIF 光デジタル 角形
  • Apple AirPlay 2 対応:対応するのは1台だけ
  • Wi-Fi:2.4GHz、5GHz、IEEE 802.11 b/g/n/ac
  • 対応音楽フォーマット:44.1KHz@16bit(DVD音質)
  • Apple Homeアプリ対応、HomeKitにて登録設定
  • USB電源 5V / 1A 5W
  • 大きさ:6.2 × 4.3 × 1.9 cm
  • 重さ:27g
  • 中国製造
  • 保証期間 2年

Bluetoothはない。

Androidスマホには当然対応していない。

バッテリーは内蔵していないので、USB-Cケーブルから給電して使う。

設定は、iPhoneの Homeアプリ(HomeKitアプリ)で行う。

SoundForm Connectの状態は、SoundForm Connect アプリで見ることができる。

Belkin SoundForm Connect (AUZ002) 正面観

Belkin SoundForm Connect AUZ002正面観
  • 3極ステレオミニプラグ出力端子
  • SPDIF 光デジタル出力端子 角形
  • マイクの穴
  • ステータスランプ

3.5mm径のステレオミニプラグ端子が付いている。光デジタル出力端子 角形もついているが、排他的である。

Belkin SoundForm Connect の出力端子は排他的

両方出せればスプリット(分岐)できて、いろいろ遊べるんですが、値段は倍くらいになったりしてw

AUZ002 のマイクの穴

マイクの穴があるので、「ヘイ シリ!」が使えるのかと期待していたが、これはフィードバック用のマイクだった。

つまり、音が出ているかどうか、音の遅延が起きないように自動調整するためのマイクとのこと。

Belkin SoundForm Connect AUZ002 のステータスランプの意味
  • 消灯:電源オフ
  • 白 ゆっくり点滅:セットアップモード、起動中
  • 白 点灯:Wi-Fi接続に成功し 正常動作中
  • 緑 ゆっくり点滅:ファームウエアアップデート中
  • 赤 点滅:デバイスエラー
  • 赤 点灯:Wi-Fi接続なし

ファームウエアアップデートは自動でやるので、緑でゆっくり点滅していたら、次の色に変わるまで電源を勝手に切らないように!しばらく待ちましょう。

Belkin SoundForm Connect(AUZ002) 背面観

Belkin SoundForm Connect の背面観
  • USB-C 電源ポート
  • リセットボタンの穴

USB-C電源ポートには、付属のUSB-Cケーブルをつなぐ。

付属のUSB充電器

AUZ002にはバッテリーがないので、AC-USB電源アダプタと呼ぶべきもの。

Belkin SoundForm Connectに付属するUSB充電器 USB-Aポート

ごく普通の USB-Aジャック。出力は、5W(5V/1A)。iPhoneも充電できる。

実測すると、5.3V/0.9Aと電圧が高めにでるので、USB延長ケーブルで使うのに適している

SoundForm Connect(AUZ002)の動作電力は、5V 0.15Aの約0.75Wなので、これで十分だ。

Belkin SoundForm Connect 付属のUSBケーブル

USB-A→USB-Cのケーブルは、ベルキンのロゴが付いている。1.2m。

リセットボタン

引き出しに、リセットボタンの穴に差し込む クリップの針金を伸ばしたやつが、1つは入っているはずだ。

リセットボタンは、3秒長押し。

ステータスランプは、赤く点滅 その後 緑点滅から、白ゆっくりと点滅で、ホームアプリのアクセサリー登録待ち。

Belkin SoundForm Connect (AUZ002) 底面観

Belkin SoundForm Connect 裏面観

iOS(iPhoneやiPad)のHomeKit に登録するデバイスなので、裏面に、認証コードが印刷されている。

登録は、カメラで読み込めるはずなのだが…実際にやってみると、うまく認識できない。直接コードを入力した方が早い。

技適マークと認証番号もついている。

Belkin AUZ002 をつなぐ方法

Belkin SoundForm ConnectをWi-Fiに接続するには、iPhoneが必要

SoundForm Connect(AUZ002)は、HomePod(Appleのスマートスピーカー)と同じように、Homeアプリで登録する。

登録の仕組みは、

  1. iPhoneとAUZ002は、Wi-Fiでお互いに直接つなぐアドホック接続になる
  2. iPhoneが接続していたWi-FiルーターのSSIDとパスワードをAUZ002でも設定する
  3. AUZ002は、iPhoneと同じSSIDとパスワードでWi-Fiルーターに接続する
  4. LANを経由して(インフラストラクチャー接続)、他の設定をする

付属の取扱説明書のイラストを見ると… NFCを使って接続する。

AUZ002 は、NFCも対応しているので、iPhoneを近づけるだけで認識してくれる。

SoundForm Connect(AUZ002)の接続手順

まず最初に、

  • iPhoneには、ホーム(Home)アプリがインストールされていること
    • Belkin SoundForm アプリもインストールしておく
  • iPhone のWi-FiがONになっていて、AUZ002をつなぎたいWi-FiルーターのSSIDにつながっていること
  • つなぐWi-Fiルーターは、MACアドレスフィルタリング、隠蔽したSSIDはOFFであること

以上の4点を必ず確認すること!

同梱されている別紙の「iPhoneのNFCのあてがい方(英語)」のイラスト通りに…

Belkin SoundForm Connect を HomeKitで マイホームに登録する

オーディオレシーバーと白いウインドウが開くので、「ホームに追加」をタップ。オーディオレシーバーの場所で、部屋を指定。なければ自分で新規に作成して 続けるをタップ。オーディオレシーバーの名前を確認。複数使いたい場合は、番号を付ける。

Belkin SoundForm Connect でホームに登録する

登録される。

もし、NFCでやろうとして iPhoneを近づけてもウインドウが開かない場合は、

  1. ホームアプリから、+のアイコンをタップ、アクセサリーの追加
  2. カメラからのコードはスキャンできないので、「コードがないかスキャンができません」で次へ
  3. 「マイホームに追加するアクセサリーを選択してください」で SOUNDFORM CONNECTが出ない場合は、「アクセサリがここに表示されない」をタップして指示にしたがう。
  4. SoundForm Connectのアイコンがでていたら、タップして HomeKit設定コードを入力する

SoundForm Connect(AUZ002)のステータスランプは、白く点灯しているはずだ。

白の点滅が止まらない場合は、

  • ホームアプリのアクセサリーで、SoundForm Connectを削除
  • SoundForm Connectのリセットボタンの穴にピンをさして3秒以上で、リセットしてから
  • 最初から、NFCをかざして… でやり直し
ローカル固定IPアドレスを設定する(スタティックIPアドレスの指定)

SoundForm Connect(AUZ002)は、Wi-Fiルーターからの動的なIPアドレスを割り当てられている。

固定IPアドレスにすることで、安定した接続ができる

iPhoneで、Belkin SOUNDFORMアプリを開いて…

デバイスから、SOUNDFORM CONNECTを選択。「スピーカー情報」から、

Belkin SoundForm Connect アプリのスピーカー情報

Wi-Fi ステータスは、接続しているSSID。ここで、「MAC」の項目のアドレスをメモる。

このアプリで、いろいろ設定できると思ったが、名前を変更することができる以外、情報をみることしかできないアプリだった。

Wi-Fiルーターの設定画面をブラウザで開き、DHCPからのIPアドレスをMACアドレスで指定して、固定IPにする。

Belkin SoundForm Connect (AUZ002)を実際につないで音楽を聞いた感想

3.5mm径のアナログ端子を使う

BELKIN SoundForm Connect AUDIO Adaptor with AirPlayと中国製デジタルアンプ S.M.S.L の組み合わせ

10年前、一世を風靡した 中国製パチモン S.M.S.L デジタルアンプと フォステクスのスピーカー自作キット改で聞く。

日頃は、USBオーディオインターフェイス「Steingerg UR12」で、フォーマットは、192KHz/2ch、24bitで、Amazon Music HDを聞いている。

AirPlay のフォーマットは最大でも、44.1KHz/16bit。音が悪いはずだが… ジジイの老化した耳では、その違いが分からない。

それにしても、音が小さい。デジタルアンプのボリュームを1/4回さないと、UR12と同じ音の大きさにならない。

Belkin SoundForm Connect をつなぐ基本配線

3.5mm径 3極ステレオミニプラグ → RCA端子 ケーブルをデジタルアンプにつなぐ。

Mac側のMusicアプリケーションで、右上の音声出力先を変更する。

Macの Musicアプリケーションで 右上の再生先を SOUNDFORM CONNECTに変更

Macのシステム環境設定 / サウンド / 出力で、Mac全体の音を AirPlay 先にしないように。

音楽再生ソフトごとに、出力先を指定するクセを付けよう。

どこに音がでているか? 分からなくなってあわてる。

音量は最大にしておく。それでも、本来のLINE出力より音が小さい(電流 電圧が小さい)。

光デジタル端子につなぐ

Belkin SOUNDFORM Connect を光デジタル端子で接続する図

AirPlayの情報が公開されてから、AVアンプも AirPlayに対応してきたので、SoundForm Connectを必要としない。

光デジタル入力端子を持つプリアンプや古いAVアンプになら、つなぐ意味がある。

Belkin SoundForm Connect(AUZ002)の問題 まとめ

音は途切れませんか?

音が途切れることがある。完全にプツリと止まることはないが、Wi-Fi無線なので電波障害があれば、当然止まる。

見渡せる範囲であれば、5GHz帯のSSIDにつなぐようにしよう。

2.4GHz帯は電波障害のため、ますます使えなくなってきた

Macから、Amazon Music HDを 再生したり、MusicからのCDのLosslessの曲をかけ続けて テストを繰り返している。

発熱はどうですか?

AUZ002からの発熱は、そこそこある。

Belkin SoundForm Connect AUZ002 サーモグラフィ

室温 27度で3時間連続使用中で、表面温度の1番高いところで、42度前後。

消費電力は、USBテスターで実測しても、1Wに満たない。

BGM用のアンプは放熱のため熱くなっているので、その上に直に置きたくない。

まとめ

手持ちのオーディオシステムを、1.1万円でAirPlay 2に対応できる ベルキンのサウンドフォーム コネクト。

もっと良い音で、他のネットワークオーディオのプロトコルも使えるネットワークプレーヤが3万円で買えることを考えると、1.1万円のコスパは悪い。

しかし、単純にAirPlay 2だけに特化したメディアプレーヤが他にないため、選択肢が限られる。

時間に余裕があれば、Raspberry PiにDACを付けて、AirPlayサービスをインストールして使えるようにするのが、ブログネタ的にも おもしろいのだが…。残念だ。

テレワーク(昔のSOHO)全盛期になって、PCオーディオも再燃してきている。

過去に何度も繰り返されてきたオーディオブームは、同じ結論に行き着く。

簡便なシステム「ブックシェルフ型(卓上)スピーカー」であれこれやって、サウンドバーやパワードスピーカーはオモチャに過ぎないことに気づく。

AVアンプと自分を囲むスピーカーによる本物のオーディオシステムでリアルサラウンドを味わうと、元には戻れない。

Belkin AUZ002を買いあおるヤツがいたら、アフィカスです。だまされないようにしましょう。

Amazonで Belkin SoundForm Connect を見る 楽天で Belkin SoundForm Connect を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-iPhone・iPad・Watch, Mac, オーディオ
-,