オーディオ 修理

ビクター 200連奏CDプレーヤ XL-MC334 が故障した。中のCD200枚を取り出した話

2021年7月23日

XL-MC334の上ぶたをはずしたところ

これは、200連奏CDプレーヤ Victor XL-MC334の上ぶたをはずしたところだ。

35年前(1986年頃)、レンタルレコード屋がレンタルCD屋に置き換わる”大きな時代の変化”があった。

レコードを何枚も買えるのは、お金持ちのお坊ちゃま、お嬢様だけ。

私のような貧乏サラリーマン家庭では、日頃聞く音楽は、ラジオから。学校から帰ったらラジオをつける。

聞きたい曲があれば、パーソナリティへのメッセージや季節イベント、日常でおもしろかった話などを書き添えた リクエストのハガキを書いていた。

ラジオとカセットテープの録音再生できる「ラジカセ」は、小中高生の必須アイテムだった。

ちなみに、FMラジオでかかる曲をカセットテープに録音することを「FMエアーチェック」と言って、専用の月刊誌も売られていた。

さらに、良い音で音楽を聞きたい時は、レコードをレンタル屋で借りてカセットテープに録音していた。

25年前、BGMをかけるために、USEN(有線放送、音楽専用ケーブル放送)を契約して使っていた。料金は、小規模(小床面積)の法人契約は月額6千円ちょい(個人契約なら3千円弱)。

年間で7万円ほどのコストがかかっていた。JPOPのリクエストチャンネルは 電話するとすぐにかけてくれるのに、クラッシックのチャンネルの曲は まったく更新されず聞き飽きてしまった。

テレワーク、勉強や精密な作業(仕事)中にかけるBGMで、おすすめ の音楽 曲は、 バッハやモーツアルトのバロック です。

仕事や勉強で、音楽をかけながらやるBGMについてのまとめ記事 です。 BGMって何? 何が違うの? 日々の生活の中で、音楽を小さめの音量で聞き流すことを バックグラウンド ミュージック(backgro ...

そこで、CDを使うことにした。(JASRACへの使用料支払いは、「JASRACへの許諾手続きが不要なBGMの利用方法」の要件を満たすので免除)

CDを入れかえるのは面倒なので、(ドーナツ盤のレコードを自動で入れかえる)ジュークボックスのようなCDプレーヤが必要だ。

100枚、200枚、300枚連奏…、その中の最後の1台 XL-MC334。

200連奏CDプレーヤが故障して、中のCDがとりだせなくなったので焦った話

故障の症状と予想される故障状況

20年、なんの問題もなく使えていたが…

  • 電源は入る
  • モーターが回る音はするが、200枚のCDを載せたトレーが回らない
  • CDプレーヤ部分も動作しない
  • CDが所定の位置に動かないためか、前面のパネルも開かない

ことから、「CDがプレーヤ部分で引っかかって故障し、トレーなどの機械的に動かす駆動系のベルトがちぎれた」と推測された。

100枚以上の連奏CDプレーヤの故障で一番多いパターン。

こうなると、バラしてCDを取り出すしかない。

XL-MC334を分解する

XL-MC334の前面観

オーディオコンポーネントのフルサイズボディ。

オーディオコンポは、アンプを除いて、見た目の大きさから想像つかないくらい軽いものが多かった。これは、CDが200枚はっているので、そこそこ重い。

前のふたが開かない。トレーが回転しないので、CDが取り出せない。

上のフタをはずす。

BOSCH GO 電動ドライバーでゆるめる

ジャンクを分解するのに、BOSCH GOやPushDriveを使う。ネジ回しの手間が省けるので楽に作業をすすめることができる。

背面のネジ、側面のネジをはずして、カバーを取り外す。

XL-MC334のカバーをはずして、中を観察する

CDを再生するCDプレーヤー部分は、正面側の向かって右奥側にある。

CDプレーヤにCDが中途半端にさしこまれて止まっているのが観察された。

XL-MC334のCDプレーヤ部分でCDが途中でとまっている

これでは、トレーはビクとも動かない。

XL-MC334のトレーをうごかすギアのゴムベルトがない

CDを載せる回転トレーを動かすギアについているプーリーにゴムベルトがかかってない。ちぎれている。

もはや、私の技術レベルでは修理できないのであきらめた。

200枚のCDを取り出すのに邪魔な構造体を取り外さなければならない。

XL-MC334のCDトレーの上の構造体をはずす

CDを覆っている樹脂のフレームをはずしていく。元に戻さなくて良いので楽だ。

200連奏や300連奏CDプレーヤを修理しながら使うオーディオマニアのジジイがいる。未だに 部品取りとしてジャンク扱いで欲しがる。傷めないように、紛失しないように ネジも含めて袋にいれておく。

CDを取り出して、DVD収納ブックにおさめる

上の構造体がとれたところから、CDを取り出して、ディスク収納ファイルブックに順番通りにいれておく。

エレコム エレコム  CCD-FB120CR

エレコム DVD BD CD 対応ファイルケース 120枚収納 クリア CCD-FB120CR 千円弱を2つ用意した。

Amazonで Blu-ray、CDファイルケース を見る 楽天で Blu-ray、CDファイルケース を見る

元のCDケースに1枚1枚いれていくのは時間がかかりすぎる。ファイルケースにいれる方が良い。

20年経過して、ホコリがついて きたなくなっている。ここ4,5年、音が途切れることがあった。

CDが汚いままだと、Macでリッピングするときエラーが出るか時間が異様にかかる。

CDを取り出したXL-MC334をながめて…

XL-MC334からCDを取り出した

CDプレーヤにCDを入れる機構のなかで、トレーからCDをピックアップする白い部品が飛びでたままだ。

これがひっこめば、トレーを回転させることができるので、ここまで上をはずす事もなかったのだが… 仕方がない。

取り外した部品は、透明袋にいれた。ネジもなくさないようにいれておく。カバーを元に戻してネジで止めて完了。

取り出したCDをBGMで使うためには

もう、200連奏、300連奏のCDプレーヤは販売されていない。

CDをパソコンに録り込む(リッピング)して、音楽データを再生することで使うようにする。

1枚1枚汚れたCDをティッシュで拭いて、MacのMusic(iTunes)に取り込む事にした。USBの外付けの光学ドライブを使う。毎日10枚ずつ20日をかける。

大量のCDを取りこんだ音楽データの再生をどうするか?何でやるか?が、懸案になっている。

ネットワーク オーディオ プレーヤも種類がなく選べない

Macで再生する場合、AirPlay(Airplay2)対応のプレーヤなら、ネットワーク越しに再生できる。

MacからAirPlayで再生する先を決める

AirPlayに対応しているAVアンプがLAN内にスリープ状態であれば、Macから再生先に選択できて、再生できる。

RX-A1080でAirplayを再生する

しかし、AVアンプは大きく、重く、何よりも無駄に消費電力が大きい。

単純に、AirPlay の再生ができるネットワークでつながるデバイスの小さいものが、ほとんどない。

AirMac Extreme

手持ちのAirMac Express BaseStation A1089(初代モデル)が生かせると思ったが、テストすると3.5mm径アナログ(光デジタル出力兼用)端子が壊れていた。

AirMac Expressに代わるネットワークオーディオ プレーヤはコスパが良くない。どれも、オーバースペックだ。

ヤマハのWXC-50、NP-S303を候補にしていた。3万円前後で入手性も良い。スペック的には十分過ぎるし、余分な機能が多すぎて、筐体サイズも大きい。

もっとコンパクトなものはないのか?と考えていて

Mac mini + USBオーディオインターフェイス 」にしようと結論にいたった

S爺
Apple TVにはHDMI端子しかないけど、HDMIオーディオスプリッターでなんとかできないか?とかも考えています。

2021年の秋に、M1XのMac miniがでてくるまでは、iPod touch 7にプレイリストを作って、しのぐことにしている。

2021年9月、AirPlay 2対応のオーディオアダプタ「Belkin SoundForm CONNECT Audio Adaptor with AirPlay 2」が日本でも発売されたので買った。

BELKIN SoundForm Connect AUDIO Adaptor with AirPlay

AirMac Extremeの代用品として十分機能している。

Belkin SoundForm Connect Audio Adapter with AirPlay 2(AUZ002)を買って使っているのでレビュー。つなぎ方 を徹底解説

Belkin SoundForm CONNECT Audio Adaptor with AirPlay 2は、MacやiPhoneから、音楽を再生するためのWi-Fi無線でつながる音楽再生専用装置だ。 ...

まとめ

Amazon Music、Apple Musicで、ハイレゾ(HD音質、Ultra HD音質)の音楽が手軽に聞けるようになった。

USBオーディオインターフェイス(USBサウンドカード)もいくつか買って試している。

時間があれば、コツコツとオーディオ関連の記事も増やしていきたい。

Amazonで 全集CD を見る 楽天で 全集CD を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-オーディオ, 修理
-