PS5・PS4 オーディオ

PS5・PS4 にオーディオ光デジタル接続をするための4K/60Hz HDMI 音声分離 スプリッター 選び方 まとめ

2021年3月24日

PS5には、光デジタル出力端子がない問題

PS5は、光デジタル出力端子がなくなった。

PS5に光デジタル端子をつける方法は、HDMIから音声を分けて取り出す「HDMI音声(分離)スプリッター」を使うこと。

HDMI音声分離スプリッター を間に入れる

HDMI音声分離機能は、HDMIセレクターやHDMIスプリッターのオマケ機能としてついていることが多い。

この記事はこんな人向け

  • PS5、PS4 Slimを買って光デジタル端子がなくて困っている
  • PS5をつなぐテレビ・モニターに光デジタル出力端子がない
  • PS5の音を古いAVアンプで出したい
  • モニターのアナログ音声よりも良い音でゲーム音を聞きたい
  • フレンドとチャットしながらオンラインゲームをしたい
  • HDMI音声分離器は中国製パチモンしかないので どれを買ったら良いの?

4K/60Hz HDMI音声分離/スプリッター/セレクターの選び方 と おすすめ3つ

HDMIセレクター、スプリッターって何?

4K60Hz対応のHDMIセレクター、HDMIスプリッターの概念図

おおまかな説明と解説のまとめは、

HDMI 切替器 、HDMIセレクター、HDMIスプリッターの選び方。

PS5/PS4/Nintendo Switch/PCのHDMIモニター線をつなぎかえるHDMI 切替器 / 分配器 の種類や選び方、用途別のおすすめ機種を紹介 S爺文中の難しい専門用語には意味説明のリ ...

S爺
PS5をつなぐテレビに光デジタル出力端子が付いていれば、HDMI 音声分離スプリッターは いりませんよ!

HDMI音声分離(スプリッター)・HDMI音声分離機能付きセレクターを選ぶ注意点

  • HDMI音声分離機能だけ
  • HDMI切替器(セレクター)に、音声抽出機能がついたもの
  • HDMI分配器(スプリッター)に、音声抽出機能がついたもの

の3種類がある。

  • HDMI 2.0(HDMI 2.1)に対応していること
    • 対応解像度が、UHD 2160p / 60Hzに対応
    • HDRにも対応
  • HDCP 2.2に対応していること

をチェックして選ぶように!

S爺
中国製パチモノだらけです。カタログスペックも嘘で盛られていることが多く、相性問題もあります。買って試してダメだったら返品しましょう。
HDMI 2.0 / HDMI 2.1に対応

テレビやモニターにつなぐケーブルの規格をみて、間違えないように買おう。

HDMIケーブル グレード転送速度画面解像度/リフレッシュレート
スタンダード HDMI 1.24.95Gbps720p(HD)/60Hz、1080p(2K)/24Hz
ハイスピード HDMI 1.410.2Gbps1080p(2K)/60Hz、2160p(4K)/30Hz
プレミアムハイスピード HDMI 2.018Gbps2160p(4K)/60Hz、4320p(8K)/30Hz
ウルトラハイスピード HDMI 2.148Gbps2160p(4K)/120Hz、4320p(8K)/60Hz

4K / 60Hz 対応のFire TV stick 4Kや、PS4、Blu-rayプレーヤなどは、HDMI 2.0だ。

2020年に発売されたPS5は、HDMI 2.1に対応し、4K / 120Hz(8K / 60Hz)の高解像度の映像が出せる。

対応するケーブルに注意

HDMIケーブルも中国製パチモンの独擅場。なのでピンキリ。

Amazonなら、千円前後で、HDMI 2.0 のプレミアム ハイスピード ケーブル 2mが買える。

HDMI 2.0に対応した 「プレミアム ハイスピード」タイプを買う。

チェックするキーワードは、

  • 4K / 60Hz、HDR
  • 18Gbps
  • プラグは金メッキ
  • ケーブルの長さは、1m以下

PS5の場合は、

  • 8K / 60Hz、4K/120Hz、HDR
  • 48Gbps
  • プラグは金メッキ
  • ケーブルの長さは、1m以下

で探そう。

ケーブルの長さは、PS5(PS4 Pro)からモニター(テレビ)まで合計1.5m以内におさまるようにする。

4K 60Hz HDR 、PS5 のHDMIケーブルは、1.5m以内でつなぐ

つまり、間にHDMI音声分離器が入る場合、0.7mずつの2本のケーブルにする。

S爺
テレビは、向かって左(テレビからは右)に入出力端子があるので、左側にPS5が来るようにレイアウトします。
コピープロテクト HDCP 2.2に対応

デジタルコピー防止のHDCP規格で、4K対応の HDCP 2.2に対応していることが重要だ。

HDCP 2.0や1.4では、4Kの映像コンテンツを見ることができない

Fire TV stick 4Kや4K Blu-ray レコーダー/プレーヤと、4K対応テレビやモニターで、4Kの番組や映画を見るためも、HDCP 2.2に対応していることを確認して買おう。

4K / 60Hz、HDRに対応した最新のAVアンプと古いAVアンプの違い

HDMIスプリッター音声抽出は、AVアンプが第一選択
S爺
最新のAVアンプでゲームをサラウンドで楽しむ人は、HDMIで接続するので光デジタル端子を使いません。
PS5やPS4 Proに古いAVアンプをつなぐと解像度 Ultra HD 、HDRが使えない問題

古いAVアンプは、4K/60Hz、HDR、HDCP2.2に対応していないため、PS5(PS4 Pro)につなぐと、強制的に 映像出力がフルHD(1080p/60Hz、HDR非対応)に落ちる。

PS5を古いAVアンプにデジタルでつないで、5.1chサラウンドにしてつかう

4K/60Hz HDRの映像のままで、音声は今使っているAVアンプのサラウンド(5.1ch)にしたい場合、光デジタルで古いAVアンプにつなぐ。

Nintendo Switch や PS4/PS5 につなぐ AVアンプ の選び方 スピーカーでゲームをしたい人へ

Nintendo Switch、PS4、PS5などの家庭用ゲーム機やFire TV stick 4Kなどのストリーミングデバイスを良い音で遊びたい、見たいと言う人のために、AVアンプなどの必要な機材や ...

古いAVアンプのHDMIや光デジタル入力は、デジタルオーディオ変換回路(D/Aコンバータ)の処理に時間がかかり音が遅れる。

ゲームをして違和感を感じるほどの遅れがあるのなら、新しく買い替えよう。

光デジタル出力の伝送速度の限界
  • 光デジタルの伝送速度は、〜1.5Mbps
  • 5.1chサラウンドを光デジタルで伝送できるのは、Dolby DigitalとDTSだけ
  • Nintendo Switchは、Linear PCM 5.1chなので、光デジタル出力でサラウンドはできない

以上を踏まえて、Amazonで売っている まともそうな中国製パチモンの中から…

PS5で使えるおすすめ HDMI 音声分離器(音声スプリッター)厳選 5つ

中国のブランドで有名どころは、

  • BLUPOW(ブルーポウ)
  • ELEVIEW(エレビュー)

日本のパソコン周辺機器メーカーブランドで、HDMI機器が多いのは

  • ラトックシステム(大阪)
  • サンワサプライ(岡山)

などがある。

注意

光デジタルは5.1chまでしかデータが転送できないので、「LPCM7.1」とあっても再生できない。

単機能タイプ(HDMIから音声だけを抽出)

HDMI 音声抽出スプリッターをPS5とつなぐ基本配線図

基本的なつなぎ方の例。

ASTRO HDMIアダプター 4200円
ASTRO ゲーミング HDMI 音声抽出 スプリッター
  • HDMI 2.0b:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • 光デジタル:Linear PCM 2ch(Dolby AC3?)
  • 0.3mのHDMIケーブル付き

アストロのミキシングアンプ&ヘッドセットと共にレビュー記事を書いた。

ASTRO Gaming HDMIアダプター サムネイル
PS5用 ASTRO ゲーミング HDMIアダプター(HDMI Adapter for PlayStation 5)レビュー。使い方、つなぎ方、問題解決 まとめ

PS5やNintendo Switchには、光デジタル端子がない。 テレビゲームの音を良い音で聞きつつ、チャットしながらオンラインゲームを遊ぶためには、HDMIからゲームの音を取り出す機械(HDMI音 ...

BLUPOW VA98 4千円弱
HDMI オーディオスプリッター BLUPOW VA98

スライドスイッチで、5.1chサラウンド、2chステレオ、パススルーの3つを選ぶ。

MixAmp などにつなぐ場合は、2chで固定しておくことで安定する。

  • HDMI 2.0:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • 光デジタル
    • Dolby-AC3 2ch/5.1ch,DTS 2ch/5.1ch,Linear PCM 2ch ←正しいスペック表記
  • アナログ:3.5mmステレオミニプラグ(PCM 2ch)

BLUPOW HDMI 音声 スプリッター VA98 レビュー。4K60Hz HDR、HDMI2.0対応、PS5、PS4に使える。

「HDMI オーディオ スプリッター」は、HDMIケーブルから音声信号を取り出す分離器のことだ。 この手の製品は、中国製パチモンの独擅場だ。 詳しいことは、 で解説している。 その中のいくつかを買って ...

ELEVIEW EHD-806N 4千円
  • HDMI 2.0:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • 光デジタル
    • DTS-HD/ Dolby True-HD/ LPCM 7.1ch/ Dolby-AC3/ DSD ←盛りすぎ 嘘のスペック
  • アナログ:3.5mmステレオミニプラグ(PCM 2ch)

HDMI切替器/分配器に内蔵されるタイプ

HDMIの切替、映像/音声を分配、音声だけを抽出できる多機能のため値段も高い。

BLUPOW HDMIセレクター VA532 6500円

HDMI入力4つに対して、1出力のHDMIセレクター(切替器)に、音声分離機能がついたもの。

私も2018年に買って使っている。

  • HDMI 2.0:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • HDMI入力4系統、出力2系統
  • 光デジタル
    • DTS, DTS-HD, Dolby-AC3, Dolby-TrueHD, LPCM 2ch ← 盛りすぎスペック
  • アナログ:3.5mmステレオミニプラグ(PCM 2ch)

Ippinkan HDMIマトリックス セレクター 1万円

入力と出力を分配したり、振り分けたりできるマトリックス型の高機能タイプ。

  • HDMI 2.0:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • HDMI入力4系統、出力2系統
  • 光デジタル
    • DTS-HD/Dolby-trueHD/LPCM7.1/DTS/Dolby-AC3/DSD HD(HBR) ← 嘘スペック
  • アナログ:3.5mmステレオミニプラグ(PCM 2ch)2系統

AVアンプのアナログ入力やアンプ部がないものとほぼ同じ機能。

ELEVIEW EHD-626Y 7700円

4入力 2出力(4×2)のマトリックス型HDMIセレクター&スプリッターに、音声分離機能がついたもので、中身は、他のブランドと同じ。

HDMIスプリッターを安定して使う方法

HDMIスプリッターは、セレクターと違って HDMIコントローラチップがフル稼働するので基板から熱がでる

風通しの悪いところにおくと熱暴走して動作が安定しない。私は、10年前からアルミの板をおいて放熱する工夫をしている。

HDMIスプリッターの放熱は必要なので、アルミの板をしく

音声抽出だけのHDMIオーディオスプリッターも同じように熱がでるので、ヒートシンクをつけるようにしよう。

Amazonで ヒートシンク を見る

プレミアムハイスピード HDMIケーブル

Amazon Basics HDMIケーブル プレミアム ハイスピード グレード

最近は、amazon basics ブランドでも良質なHDMIケーブルが買えるようになった。

S爺
HDMI、DisplayPort、Thunderbolt 3、USB3.2 … のケーブル代だけでも年間数万円使っていますw
プレミアム ハイスピード HDMIケーブルのプラグはごつい

プラグが金メッキなのを確認しよう。

amazon basics プレミアム ハイスピード HDMIケーブルのプラグは金メッキ

Amazonで プレミアムハイスピードHDMIケーブル を見る

スプリッターの変換の遅れ

HDMIのデジタル処理には時間がかかる。

Amazonで、中国製パチモン「令和最新版」でも、古いチップを使っている場合は、耳で聞いても分かるくらい処理に時間がかかるものがある。

映画など動画のコンテンツなら、0.2秒(200ms)の遅れでも、さほど気にならない。しかし、ゲームでは、0.1秒以下でないと違和感を感じる。

違和感をかんじるほどの遅れがある場合は返品をするなど対応が必要だ。

まとめ

HDMI機器、ケーブルは、中国製パチモノしか売られていない。

日本のパソコン周辺機器メーカーが販売しているHDMI製品も、すべて中国製パチモンメーカのOEMだ。

光デジタルケーブルでの伝送には限界があって、5.1chのサラウンドでも、DTSとDolby Digitalの昔ながらの規格しか使えない。なのに、7.1chや、-HDなど、嘘の盛りすぎスペック表記にだまされないようにしよう。(ツッコミポイントに誰も指摘してくれないので自分で修正済み)

昔は、カタログ通りの性能ではないダメなものも多かったが、ここ数年は、まともな表記をする中国業者も出てきた。

HDMI機器はいろんな種類があって複雑になってきたので、個別に解説、まとめる記事にする。

修正、追加をしていく。









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-PS5・PS4, オーディオ
-, , , ,