PS5・PS4 オーディオ

PS5・PS4 にオーディオ光デジタル接続をするための4K/60Hz HDMI 音声分離 スプリッター 選び方 まとめ

2021年3月24日

PS5には、光デジタル出力端子がない問題

PS5は、光デジタル出力端子がなくなった。

PS5に光デジタル端子をつける方法は、HDMIから音声を分けて取り出す「HDMI音声(分離)スプリッター」を使うこと。

HDMI音声分離スプリッター を間に入れる

HDMI音声分離機能は、HDMIセレクターやHDMIスプリッターのオマケ機能としてついていることが多い。

この記事はこんな人向け

  • PS5、PS4 Slimを買って光デジタル端子がなくて困っている
  • PS5の音を古いAVアンプで出したい
  • モニターのアナログ音声よりも良い音でゲーム音を聞きたい
  • フレンドとチャットしながらオンラインゲームをしたい
  • HDMI音声分離器は中華のパチモンしかないので どれを買ったら良いの?

4K/60Hz HDMI音声分離/スプリッター/セレクターの選び方 と おすすめ3つ

HDMIセレクター、スプリッターって何?

4K60Hz対応のHDMIセレクター、HDMIスプリッターの概念図

おおまかな説明と解説のまとめは、

HDMI 切替器【HDMIセレクター/HDMIスプリッター】の選び方 まとめ

PS5/PS4/Nintendo Switch/PCのHDMIモニター線をつなぎかえるHDMI 切替器 / 分配器 の種類や選び方、用途別のおすすめ機種を紹介 PS4(PS5)のHDMIで映像や音がで ...

HDMI音声分離(スプリッター)・HDMI音声分離機能付きセレクターを選ぶ注意点

  • HDMI音声分離機能だけ
  • HDMI切替器(セレクター)に、音声抽出機能がついたもの
  • HDMI分配器(スプリッター)に、音声抽出機能がついたもの

の3種類がある。

  • HDMI 2.0(HDMI 2.1)に対応していること
    • 対応解像度が、UHD 2160p / 60Hzに対応
    • HDRにも対応
  • HDCP 2.2に対応していること

をチェックして選ぶように!

S爺
中華のパチモノだらけです。カタログスペックも嘘で盛られていることが多く、相性問題もあります。買って試してダメだったら返品しましょう。
HDMI 2.0 / HDMI 2.1に対応

テレビやモニターにつなぐケーブルの規格をみて、間違えないように買おう。

HDMIケーブル グレード 転送速度 画面解像度/リフレッシュレート
スタンダード HDMI 1.2 4.95Gbps 720p(HD)/60Hz、1080p(2K)/24Hz
ハイスピード HDMI 1.4 10.2Gbps 1080p(2K)/60Hz、2160p(4K)/30Hz
プレミアムハイスピード HDMI 2.0 18Gbps 2160p(4K)/60Hz、4320p(8K)/30Hz
ウルトラハイスピード HDMI 2.1 48Gbps 2160p(4K)/120Hz、4320p(8K)/60Hz

4K / 60Hz 対応のFire TV stick 4Kや、PS4、Blu-rayプレーヤなどは、HDMI 2.0だ。

2020年に発売されたPS5は、HDMI 2.1に対応し、4K / 120Hz(8K / 60Hz)の高解像度の映像が出せる。

対応するケーブルに注意

HDMIケーブルも中華のパチモンの独擅場。なのでピンキリ。

Amazonなら、千円前後で、HDMI 2.0 のプレミアム ハイスピード ケーブル 2mが買える。

HDMI 2.0に対応した 「プレミアム ハイスピード」タイプを買う。

チェックするキーワードは、

  • 4K / 60Hz、HDR
  • 18Gbps
  • プラグは金メッキ
  • ケーブルの長さは、1m以下

PS5の場合は、

  • 8K / 60Hz、4K/120Hz、HDR
  • 48Gbps
  • プラグは金メッキ
  • ケーブルの長さは、1m以下

で探そう。

ケーブルの長さは、PS5(PS4 Pro)からモニター(テレビ)まで合計1.5m以内におさまるようにする。

PS5 4K 60Hz HDR接続は、ケーブルの長さを1.5m以下にする

つまり、間にHDMI音声分離器が入る場合、0.7mずつの2本のケーブルにする。

コピープロテクト HDCP 2.2に対応

デジタルコピー防止のHDCP規格で、4K対応の HDCP 2.2に対応していることが重要だ。

HDCP 2.0や1.4では、4Kの映像コンテンツを見ることができない

Fire TV stick 4Kや4K Blu-ray レコーダー/プレーヤと、4K対応テレビやモニターで、4Kの番組や映画を見るためも、HDCP 2.2に対応していることを確認して買おう。

4K / 60Hz、HDRに対応した最新のAVアンプと古いAVアンプの違い

S爺
最新のAVアンプでゲームをサラウンドで楽しむ人は、HDMIで接続するので光デジタル端子を使いません。

PS5やPS4 Proに古いAVアンプをつなぐと解像度 Ultra HD 、HDRが使えない問題

古いAVアンプは、4K/60Hz、HDR、HDCP2.2に対応していないため、PS5(PS4 Pro)につなぐと、強制的に 映像出力がフルHD(1080p/60Hz、HDR非対応)に落ちる。

PS5を古いAVアンプにデジタルでつないで、5.1chサラウンドにしてつかう

4K/60Hz HDRの映像のままで、音声は今使っているAVアンプのサラウンド(5.1ch)にしたい場合、光デジタルで古いAVアンプにつなぐ。

以上を踏まえて、Amazonで売っている まともそうな中華のパチモンの中から…

PS5で使えるおすすめ HDMI 音声分離器(音声スプリッター)厳選 5つ

中華のブランドで有名どころは、

  • BLUPOW(ブルーポウ)
  • ELEVIEW(エレビュー)

日本のパソコン周辺機器メーカーブランドで、HDMI機器が多いのは

  • ラトックシステム(大阪)
  • サンワサプライ(岡山)

などがある。

注意

光デジタルは5.1chまでしかデータが転送できないので、「LPCM7.1」とあっても再生できない。

単機能タイプ(HDMIから音声だけを抽出)

BLUPOW VA98 4千円弱
  • HDMI 2.0:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • 光デジタル
    • Dolby-AC3 2ch/5.1ch,DTS 2ch/5.1ch,LPCM 2ch
  • アナログ:3.5mmステレオミニプラグ(PCM 2ch)

ELEVIEW EHD-806N 4千円
  • HDMI 2.0:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • 光デジタル
    • DTS-HD/ Dolby True-HD/ LPCM 7.1ch/ Dolby-AC3/ DSD
  • アナログ:3.5mmステレオミニプラグ(PCM 2ch)

HDMI切替器/分配器に内蔵されるタイプ

HDMIの切替、映像/音声を分配、音声だけを抽出できる多機能のため値段も高い。

BLUPOW HDMIセレクター VA532 6500円

HDMI入力4つに対して、1出力のHDMIセレクター(切替器)に、音声分離機能がついたもの。

私も2018年に買って使っている。

  • HDMI 2.0:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • HDMI入力4系統、出力2系統
  • 光デジタル
    • DTS, DTS-HD, Dolby-AC3, Dolby-TrueHD, LPCM
  • アナログ:3.5mmステレオミニプラグ(PCM 2ch)

Ippinkan HDMIマトリックス セレクター 1万円

入力と出力を分配したり、振り分けたりできるマトリックス型の高機能タイプ。

  • HDMI 2.0:4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • HDMI入力4系統、出力2系統
  • 光デジタル
    • DTS-HD/Dolby-trueHD/LPCM7.1/DTS/Dolby-AC3/DSD HD(HBR)
  • アナログ:3.5mmステレオミニプラグ(PCM 2ch)2系統

AVアンプのアナログ入力やアンプ部がないものとほぼ同じ機能。

ELEVIEW EHD-626Y 7700円

4入力 2出力(4×2)のマトリックス型HDMIセレクター&スプリッターに、音声分離機能がついたもので、中身は、他のブランドと同じ。

プレミアムハイスピード HDMIケーブル

Amazon Basics HDMIケーブル プレミアム ハイスピード グレード

最近は、amazon basics ブランドでも良質なHDMIケーブルが買えるようになった。

S爺
HDMI、DisplayPort、Thunderbolt 3、USB3.2 … のケーブル代だけでも年間数万円使っていますw

プレミアム ハイスピード HDMIケーブルのプラグはごつい

プラグが金メッキなのを確認しよう。

amazon basics プレミアム ハイスピード HDMIケーブルのプラグは金メッキ

Amazonで プレミアムハイスピードHDMIケーブル を見る

まとめ

HDMI機器、ケーブルは、中華のパチモノしか売られていない。

日本のパソコン周辺機器メーカーが販売しているHDMI製品も、中華のパチモンのOEMなことが多い。

昔は、カタログ通りの性能ではないダメなものも多かったが、ここ数年はマシになってきている。

HDMI機器はいろんな種類があって複雑になってきたので、個別に解説、まとめる記事にする。

修正、追加をしていく。









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-PS5・PS4, オーディオ
-, , , ,

© 2021 サンデーゲーマーのブログWP