PS5・PS4 パソコン周辺機器

PS5用 4K/60HzHDMI切替器、分配器(セレクター、スプリッター)の選び方 まとめ おすすめも…

2021年3月23日

4台の4K(Ultra HD)出力機器をつないで切り替える

HDMIの機器をテレビやモニターにつなぐ時に切り替えたり分配する4K/60Hz HDR対応「HDMIセレクター」「HDMIスプリッター」の選び方とおすすめを紹介

この記事はこんな人向け

  • 4K/60Hzのゲーム機やFire TV stick 4KをつなぐHDMIポートが足りない
  • HDMIの映像や音が出なくなるたびに HDMIを抜き差しする
  • プロジェクタやテレビ、モニターでHDMIを切り替えたい
  • 4K/60Hzのゲームのプレイ動画を録画したり配信したい

マニアックなガジェットなので、分かっている人向けの記事。用語解説少なめ、専門用語多め。

HDMIセレクター、スプリッターって何?

ざっくりとした解説は、

HDMI 切替器【HDMIセレクター/HDMIスプリッター】の選び方 まとめ

PS5/PS4/Nintendo Switch/PCのHDMIモニター線をつなぎかえるHDMI 切替器 / 分配器 の種類や選び方、用途別のおすすめ機種を紹介 PS4(PS5)のHDMIで映像や音がで ...

にまとめている。

2020年以降、映像がフルHDの1080p/60Hzから4K(2160p)/60Hzになり、HDMIセレクター・スプリッターの選び方が難しくなったので、まとめ直した。

4K(Ultra HD)の映像用のHDMI切替器分配器を買う時の選ぶポイントと注意点

2021年3月時点で、PS5に完全に対応したHDMI 2.2対応、4K / 120Hz、8K/60HzのHDMIセレクターやスプリッターは個人で買える値段のものがない

4K / 60Hz 対応のFire TV stick 4Kや、PS4、Blu-rayプレーヤなどは、まだ「HDMI 2.0」なので、HDMI 2.2対応の製品は、出そろった時点でまとめなおす。

  • HDMI 2.0に対応していること
    • 対応解像度が、4K(Ultra HD )2160p / 60Hzに対応
    • HDRにも対応
  • HDCP 2.2に対応していること

の条件のものを選ぶ。

HDMI 2.0 / HDMI 2.1に対応するケーブル

HDMIケーブルも中華のパチモンの独擅場。なのでピンキリ。

HDMIケーブル グレード 転送速度 画面解像度/リフレッシュレート
スタンダード HDMI 1.2 4.95Gbps 720p(HD)/60Hz
ハイスピード HDMI 1.4 10.2Gbps 1080p(Full HD)/60Hz
プレミアムハイスピード HDMI 2.0 18Gbps 2160p(Ultra HD)/60Hz
ウルトラハイスピード HDMI 2.1 48Gbps 2160p(Ultra HD)/120Hz

Amazonなら、千円前後で、HDMI 2.0 のプレミアム ハイスピード ケーブル 0.7mが買える。

  • 4K / 60Hz、HDR
  • 18Gbps
  • プラグは金メッキ
  • ケーブルの長さは、1m以下

ケーブルの長さは、PS5(PS4 Pro)からモニター(テレビ)まで、

4K 60Hz HDR 、PS5 のHDMIケーブルは、1.5m以内でつなぐ

  • 4K/60Hz、HDRなら合計1.5m以内
  • フルHD 1080p/60Hzなら、合計3m以内

におさまるようにする。

つまり、間にHDMI切替器/HDMI分配器が入る場合、0.5mと1mの2本のケーブルにする。

コピープロテクト HDCP 2.2に対応

デジタルコピー防止のHDCP規格は、4K対応の HDCP 2.2に対応していなければならない。

4K 60Hz HDRの映像コンテンツは、HDCP 2.2 に対応していないと表示できない

HDCP 2.0や1.4では、4Kの映像コンテンツを見ることができない

Fire TV stick 4Kや4K Blu-ray レコーダー/プレーヤと、4K対応テレビやモニターで、4Kの番組や映画を見るためも、HDCP 2.2に対応していることを確認して買おう。

セレクターとスプリッター、マトリックス型

  • 切替器(セレクター) :複数のHDMI機器を選んでつなぐ
  • 分配器(スプリッター) :二つ以上のモニターやテレビに映像と音声を分ける
  • マトリックス型:切替器と分配器の両方の機能をもつ
HDMI機器の主なメーカーブランド
  • BLUPOW(ブルーポウ):中華
  • ELEVIEW(エレビュー):中華
  • エレコム(大阪)
  • ラトックシステム(大阪)
  • サンワサプライ(岡山)
  • 玄人志向(名古屋)

などがある。

以上を踏まえて、入出力の数別に紹介。

HDMIセレクター(HDMI切替器)

4K/60Hz 4入力1出力のHDMIセレクターの配線図 

テレビやモニターの端子が足りない時、つなぎたい映像機器とテレビ/モニターの切り替えをする。

切り替えのリモコンがあると便利だ。

2入力1出力(2×1)

HDMIセレクターは、双方向か、一方方向か? 確かめて買うように!

2×1、1×2の双方向でつないで使えるタイプもあるので、買う前に確認しよう。

S爺
千円前後の安いヤツは、4K/30Hz つまり 1080p/60HzのフルHD対応なので4K/60HzのPS5用じゃありません!間違えないようにしましょう。
BLUPOW VA99N 3700円
  • 4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2 、HDCP 1.4対応
  • 2入力、1出力
  • 光デジタル、アナログミニステレオ(音声分離)
  • リモコン付き

サンワダイレクト 400-SW034 3500円
  • 4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2 
  • 2入力1出力(双方向対応、 1入力2出力どちらか)
  • 光デジタル、アナログミニステレオ(音声分離)
  • HDMIから電源供給、ボタンで切り替え

 

3入力1出力(3×1)
玄人志向 KRSW-HDR318RA 4千円

中華のOEMで割高だが、玄人志向(CFD販売)ブランドなので安心。

  • 4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2 、HDCP 1.4対応
  • 3入力、1出力
  • リモコン付き

4入力1出力(4×1)HDMIセレクター
BLUPOW VA80 3800円
  • 4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2 、HDCP 1.4対応
  • 5入力、1出力
  • リモコン付き

HDMIスプリッター(HDMI分配器)

HDMIスプリッター 模式図

同じ映像と音声を、複数のテレビ モニターやプロジェクタへ同じ映像を表示するように分ける機械。

テレビゲームのプレイ画面をパソコンに録画するHDMIキャプチャーでは、HDMIスプリッターが必要。

S爺
分配器(スプリッター)は、4K/60Hzの入力に対して、2つ以上を同じ4K/60Hzで分配できるものと、片方は、1080p/60Hzにダウンコンバートするものがあるので注意されたし。
HDMIスプリッター EHD-603N

HDMIスプリッター EHD-603N

スペック詐欺だったり、AVアンプがHDCPエラーがでたりと、ユーザのリテラシーが問われるものが多くて おすすめはない。すべては、自己責任でお願いしたい。

1入力2出力 1×2、1入力4出力 … HDMIスプリッター

HDMIスプリッター 1×2 Ultra HD対応 HDRは非対応

 

Cable Matters  HDMIスプリッター 1×4 5000円

ケーブルマターは、アメリカのファブレスメーカーブランド、主に映像ケーブルやアダプタで知られる。

  • 4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2 
  • 1入力、4同時出力

ノーブランド HDMI分配器 4500円

HDMIスプリッター ノーブランド

  • 4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2 準拠??
  • 1入力、2同時出力

4入力2出力(4×2) マトリックス型

HDMIを切り替えるセレクターと同じ映像音声で2つ以上に分配するスプリッターの両方の機能を持つ高級タイプ。

マトリックス型 HDMIセレクター&スプリッター

それぞれのソース(映像出力元)を、つないだテレビやプロジェクタのそれぞれに割り当てることができる。なので、マトリックス型と呼ばれる。

この上の図では、Blu-rayレコーダの映像をプロジェクターに表示しつつ、PS5の映像をモニターテレビに映すこともできる。

ラトックシステム  RS-HDSW42-4K 1.1万円

中華の同等品より2倍高いけど、日本のラトックシステムの販売だから。

  • 4K/60Hz、HDR
  • HDCP 2.2
  • 4入力 2出力

 

まとめ

HDMIの接続切りかえ機器は中華の独壇場だ。当然、スペックがデタラメ、性能が安定しない、すぐ壊れるものばかりだ。

もう10年以上、いろいろと買っては試してしている。AVアンプHDMIキャプチャー機器との相性問題に悩み続けている。

そのための、買い物リスト的なまとめ記事に仕上げている。順次、追加、修正をする記事だ。









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-PS5・PS4, パソコン周辺機器
-, , , , ,

© 2021 サンデーゲーマーのブログWP