モニター ディスプレイ 家電

PS5対応 ブラビア XRJ-50X90J 50インチ 4K / 120Hz、HDRを買ったのでレビュー。設定など使い方のまとめも。

2021年6月3日

ブラビア XRJ-50X90J と 録画システム

最新のテレビゲーム機を買えば、そのゲーム機の映像出力に対応したテレビかモニターをセットで買う。

今回、PlayStation™ 5(以下 PS5と略す)を買ったので、SONY純正 ブラビアの数あるモデルの中で、1番小さい画面(それでも50インチ)の液晶パネルの安いモデルを買った。

  • 購入品:SONY ブラビア XRJ-50X90J 50インチ
  • 購入時期:2021年4月29日
  • 購入価格:19.8万円(古いテレビ引き取り代込み)
  • 購入店:家電量販店 地元店

PS5用 4K/120Hz、HDR対応 50インチ 4K ブラビア XRJ-50X90Jを買ってわかる 使用レポート

をまとめた。

ブラビア って何? 何が違うの?

ブラビア(BRAVIA)は、SONYのテレビのブランド。レグザ(REGZA)は東芝。ビエラ(VIERA)はパナソニック。

昔から、ゲーム用にテレビを買う場合、SONYのブラビア、東芝のレグザのテレビを選ぶ。

理由は、遅延を減らす機能が付いているから

SONYは、自社のゲーム機 PlayStation™ の映像出力に対応したテレビを一緒に買ってもらう戦略を昔からとっている。

前回のPlayStation 4(PS4と略す)が発売されたのは、2014年2月。

PS4 の映像出力は、「4K(UHD)/60Hz、HDR」なので、対応した4Kのブラビアを買って、Twitterやブログで自慢している人をよく見かけた。

あれから、7年経過…。

PS5が発売された2020年11月時点で、高性能なPS5の映像出力「4K / 120Hz HDR」に対応したテレビは数が少なかった。

2021年になって、「4K / 120Hz HDR」対応したテレビが続々と販売されはじめている。

S爺
PS5を買ったら、PS4の発売当時に買った古いブラビアやレグザを買い換えます。

ブラビア 2021年の製品モデルの選び方

画面の大きなテレビは値段が高い。画面が大きければ大きいほど値段が高くなるテレビは、今でも金持ち自慢ができるステータス アイテムだ。

ここ 10年で iPhone(スマホ)とインターネットが普及し、テレビの存在価値が薄れてしまった。

我が家も例外ではなく、もう誰もリビングのテレビを見ない。個々に持っているテレビか、録画したテレビ番組が見られるタブレットやパソコンのモニターで見ている。家族そろって同じ番組を見ることは、もうない。

今回、ブラビアの2021年モデルが出たので、製品を簡単にまとめた。

  • 映像処理チップは、XR
  • LG(韓国)製 有機ELパネルの4Kテレビ→Aシリーズ
    • A90J:83、65、55インチ…フラッグシップ(旗艦)モデル
    • A80J:77、65、55インチ…価格をおさえた販売モデル
  • 液晶パネル 4Kテレビ(4K/120Hz HDR対応)→ Xシリーズ
    • X95J:85、75、65インチ…液晶のフラッグシップ モデル
    • X90J:75、65、55、50インチ… 販売モデル
  • 映像処理が最新XRチップじゃない 10万円前後の安いモデル
    • X85J:75、65、55、50、43インチ… 4K/120Hz HDR対応
    • X80J:65、55、50、43インチ… 4K/60Hz HDR対応

以上から、

  • 映像処理のチップは最新のものが良いので、XR
  • 安い液晶パネルで、インチが1番小さいのは、50インチ
  • 低遅延のゲーム用モードがついている(XR処理なしモード)

の3点から、XRJ-50X90Jになった。

値段だけでなく、大きさでも私の書斎に入るギリギリの大きさだ。

XRJ-50X90Jの主な仕様
  • パネル
    • 液晶パネル
    • 画素数:3840×2160 Ultra HD(4K)
    • 画質処理:XR
      • アップスケーラ: XR 4K アップスケーリング
      • エンジン:XR トリルミナスプロ
      • コントラスト:XR コントラストブースタ
    • 低反射ではない、ハーフグレア
    • HDR信号対応:HDR10、HLG、Dolby Vision
    • 倍速機能あり
    • バックライト:直下型LED部分駆動
    • センサー:明るさセンサー
  • オーディオ、音響機能
    • スピーカー:フルレンジ 2個、ツィター ×2 計4個
    • 出力:10×2 (20W)
    • Dolby Atmos対応
    • 自動音場補正機能あり
    • フロントサラウンド回路あり
    • 3Dサラウンド機能あり
    • ボイスズーム(セリフ強調機能)
  • ネットワーク機能
    • Google TV:Googleアシスタント、音声検索、ハンズフリー
    • 無線LAN、Wi-Fi: IEEE802.11ac/a/b/g/n
    • Bluetoothあり
    • Amazon Alexa対応
    • ブラウザあり
  • テレビ機能
    • チューナー ×3
    • 外付けHDD対応
      • 2番組裏録画可能
  • 入出力系統
    • ビデオ入力
    • HDMI入力 ×4
      • HDMI 2.1:4K /120fps、eARC、VRR、ALLM(HMDI 4と3)
    • ヘッドホン端子
    • USB端子:2つ
    • LAN端子:RJ-45
    • サイズ:111.9x64.9x7.0(111.9x71.3x29.6)mm
    • 重さ:13.5(14.7)Kg
    • 中国製造

以上を踏まえて、XRJ-50X90Jを紹介しつつ、設定などのまとめにしていく。

ブラビア XRJ-50X90Jのフォトレビュー

大きすぎて、パッケージを1枚の写真に収めることができない。

XRJ-50X90Jのパッケージ内容は、

  • XRJ-50X90J 本体(画面保護ダンボール付き)
  • 自立用の足、組み立てネジ
  • VESA用変換ネジ4本
  • ケーブルをまとめるクリップ
  • 転倒防止用ケーブルとネジ
  • 赤外線リモコン(単4乾電池2本付き)
  • 組み立て/設置ガイド
  • 4K液晶テレビ 取扱説明書

だった。

ブラビア XRJ-50X90J の設置で準備すること/知っておくこと

  • 横幅が112cmもあるので、2人で作業をする
  • 広いスペースがあれば 1人で持ち上げて設置が可能だが、ギリギリの設置場所の場合は介助者を!
  • 縦も65cmあるので、身長が130cm以下の子供に手伝わせるのは無理
  • テレビの重さは14.5Kgなので、さほど重いわけではない

道具は、

  • プラスドライバー
  • 大きめのマイナスドライバー(VESA穴にスタンドをつける場合)
  • クッション養生シート

ブラビアを テレビ台につける

テレビに付属の足を取り付けて、テレビ台に置く方法は、「組み立て/設置ガイド」にイラスト入りで解説してあるので省略する。

ブラビアに VESA規格の取り付け金具(ブラケット)をつける

本来、テレビの裏面には、テレビを固定するためのVESA規格の穴が開いているものなのだが、SONYのブラビアはVESA規格の穴があいていない。

VESA規格

薄型のモニターやテレビを、壁掛け、アーム、スタンドに取り付けるネジ穴と間隔を定めた国際標準規格。

公式ページ:「壁掛け時のテレビ背面のネジ穴サイズ(ピッチ幅)、テレビの重量など教えてください。また、VESA規格には対応していますか(2013年モデル〜2021年モデル)

VESA規格の穴が開いていれば、汎用のブラケット(取り付け金具)をつけて、テレビ台や壁掛け台に取り付けられるのだが…。

ブラビア XRJ-50X90Jの裏側の袋を開く

ブラビアには、純正の特殊な形状の取り付けブラケット(SU-WL450)が販売されている。だから、VESA規格の穴と区別している。

ブラビアの裏のVESA規格の穴が、SONY独自の規格でテレビスタンドの取り付け金具がつけられない

取り付け業者なら常識だろうが、自分で取り付けたい人に周知しておくべき重大問題だ。

解決策として、VESA用のネジ「壁掛け用アタッチメント(VS)」 4本が付属している。

ブラビア VESA用の変換ネジ

5mm径のネジ(M5)をVESA用のテレビ用 6mm径のネジ(M6)に変換する。

ブラビアのVESAマウント用変換ネジを取り付ける

水栓ドライバー(コインで代用可)で、壁掛け用アタッチメントを取り付ける。緩み防止の赤い塗装がしてあるので、そこそこの力でしめれば良い。ねじ切って壊さないようにする。

テレビ台の組み立てと取り付けについては、こちら↓でレビューと解説をした。

壁寄せ テレビスタンド アイリスオーヤマ UTS-W75 (43〜65型)を買って組み立てた話。重いから組み立てに3時間がかかる。

書斎に、50インチのテレビを入れた。 50インチ以上のテレビは、大きく重いので専用台が必要。 「アイリスオーヤマはスチールラックで世に知られるようになったブランドなので、テレビ台もあるだろう」とAma ...

SONYブラビアの配線

  • 電源ケーブル
  • テレビアンテナ線
  • HDMIケーブル
  • 有線LAN

がある。

電源ケーブル

ブラビアのACケーブル バッグクランパーをハサミで切って捨ててしまったので再注文w

向かって右側の裏にある。

「組み立て/設置ガイド」の10番に、電源コードの結束バンド(タイラップ)のはずし方がイラストで書いてある。

私は、ガイドを読んでいなかったので、ニッパーで切ってしまった。修理部品として取り寄せることにした。

部品名:バッグクランパー [CL] (2個入り)
部品コード:5-025-853-11
単価:1870円(税込)
代引き送料込み:2530円

高い勉強代になった。

ブラビアの入力 / 出力 端子

ブラビア XRJ-50X90Jの入出力端子

向かって、左側の裏には、入出力端子がある。

USB端子

USB-Aのポートが2つある。

  • USB 1:5V / 0.5A … USBメモリなど
  • USB 2 :5V / 0.9A … 録画用 USB-HDDをつなぐ
光デジタル音声出力端子

古いAVアンプやゲーミングミキサーアンプにつなぐ。コネクタ形状は、角形。

HDMI 音声分離スプリッターをつける必要はない。

ヘッドホン イヤホン端子

3.5mm径 3極ステレオミニプラグのヘッドホンやイヤホンをさす。

テレビの内蔵スピーカーとは排他的で、この端子にさすとテレビのスピーカーの音は出なくなる。

ビデオ入力端子

3.5mm系 4極 ミニプラグで、アナログビデオ S端子とステレオ音声のケーブルを接続する。

480iの昔ながらの動画も、荒い解像度のままで みることができる。

HDMI端子

4つある。

HDMI 1、HMDI 2
  • Full HD 1080p / 60Hz、HDR
  • Ultra HD(4K)2160p /60Hz、60Hz、HDR

ができる機器をつなぐ。

ケーブルは、プレミアム ハイスピードHDMIケーブル

  • 4K Blu-ray レコーダ
  • PS4 Pro
  • Fire TV stick 4K

などをつないで使う。

HDMI 3、HDMI 4

どちらも、4K(UHD) / 120Hz HDR(48Gbps)に対応している。

HMDI 3の端子は、ARC出力端子としても機能する。入出力の特殊なHDMI端子である。

ARC

Audio Return Channel。テレビに映像と音声信号をHDMIで送り、音声信号だけをHDMIで出力する機能。eARCは、遅延が少ない。

HDMI 3から、eARC対応の最新のAVアンプにつなげられる。

PS5とブラビア をHDMIケーブルでつなぐ模式図 AVアンプがパススルーに対応してない現時点での配線

AVアンプが、4K(UHD)/ 120Hz、HDRのパススルーに対応できない現時点では、

  • PS5を直にウルトラハイスピードHDMIケーブルでブラビアに直につなぐ
  • ブラビアのeARC端子から、AVアンプへつなぐ

ことで、低遅延のゲームAV環境が構築できる。

S爺
パナのHDMIコントローラICのバグの噂があります。改善されたものが出回るのは、2021年夏以降でしょう。
LANポート

ブラビア XRJ-50X90J LANケーブル、アンテナ線をつける

RJ-45 のジャック。ギガビットに対応している。

ブラビアも、hulu、Netflix、U-NEXT、Prime Video、YouTubeなど、今流行りのネットの動画配信が見られる。

BRAVIAは、Wi-Fi、有線LANどちらも使えるが、インターネット接続が安定して速い有線LAN接続をするべきだ。

アンテナ端子

端子は、一般的なF型接栓のメス。

同軸ケーブル BS/CS用と地上波と2つついている。混合線の場合は、分岐アダプターで地上波と衛星とを分ける。

BS/CS端子には、衛星アンテナのアンプを駆動するDC15Vの電圧がかかっているので、地上波用のアンテナをつながないようにする。

下縁中央、SONYロゴ付近

テレビの下側の枠には、SONYのロゴがある。

その下に、本体操作ボタンとマイクのON/OFFスイッチがある。直接見えないので、手で探るように使う。

BRAVIA XRJ-50X90J 下縁 SONYロゴ付近

  • LEDランプ / リモコン赤外線センサー / 明るさセンサー
  • マイク(Googleアシスタント)
  • 本体マイク ON/OFF スイッチ
  • 本体ボタン:電源 ON/OFFとリモコンなしでのテレビの操作

BRAVIAも、Android TVを内蔵しているので Googleアシスタントが使える。そのためのマイクの穴が2つある。

マイクを必要としないのならON/OFFができるスイッチがあるのでOFFにしておこう。

本体ボタンは、リモコンがなくても

  • 音量の大小
  • チャンネルの切り替え
  • 入力切りかえ
  • 再起動

の基本操作ができる。

ブラビア リモコン

最近のテレビは、赤外線リモコンとBluetoothリモコンの2つ機能を併せ持っている。

テレビの電源やチャンネル操作などの基本操作は赤外線。細かい設定は、Bluetoothを使っている。

ブラビアのリモコン

リモコンは、154g、150g前後の一般的なテレビリモコンの重さ。

裏側はシボ加工で滑りにくく、電池も手前に入れるので左手で持った時のバランスが良い。

ボタンの配置は、例のごとく ネット配信動画サービスのボタンが邪魔なだけで、不満はない。

ブラビアのGoogle TV画面の操作には、

  • Bluetoothのマウス
  • Bluetoothのキーボード

を登録すれば(機能制限があるものの)使える。

BRAVIA XRJ-50X90Jの初期設定

S爺
有線LANをつないでいれば、めんどうな Wi-Fiの設定をせずに済みます!

電源をいれてみよう。

ブラビア 言語の選択

まずは言語の選択から。

最近のテレビは、Android TV(Google TV)を内蔵している。

Google TVの設定

Google TV設定には、Googleのアカウントにログインする必要がある。これは、後日設定すれば良い。

とりあえず、ベーシック テレビの設定をする。

ブラビア ベーシックテレビの設定

インターネットへの接続設定をする。

ブラビア Wi-Fiの設定

Wi-Fiへの接続は、リモコンでパスワードをいれるのが面倒なので、有線LANケーブルをつなごう。

ブラビア 有線LANで接続

有線LANを使って接続を選んで次にすすめる。

ローカル固定IPアドレス指定は、諸々のテストが終わってから時間のあるときにやるので後回しだ。

有線LANでインターネットにつながると、(内蔵のAndroid TVのための)Googleの各種サービス(主にGoogle Play アプリを使うこと)を受けるための同意を求められる。

ブラビア Googleのサービスを受ける

位置情報、Google TVへの情報提供にチェックをいれて「同意」をする。

ブラビアの画面が流れる。カッコイイ!。

ブラビアのロゴが光る

ロゴが まぶしいw

ブラビアの新しいテレビ体験をはじめましょう

「ブラビアで新しいテレビ体験をはじめよう」でスタート。

プライバシーポリシーがでるので、下にスクロールして

ブラビア プライバシーポリシーに同意

プライバシーポリシーに「同意する」で先に進める。

ブラビア 地上波の受信設定をする

ブラビアにアンテナ線をつないでテレビとしても使う場合は、地上波の設定をする。

  • 郵便番号をいれて地域の指定
  • 地方を指定
  • 県名を指定

地上波のスキャン開始で、地上波のチャンネルスキャン結果がでるので、選択された放送局に落ちがないかをみて「次へ」。

衛星放送には地域指定が必要ないので設定がない。

次に、「接続機器に適した設定を行うために機器を選んでください」と出る。

ブラビア 接続機器に適した設定を選ぶ

HDMI接続機器の解像度などの設定なので、後でじっくりとやりたいから、「今は接続しない」で先に進む。

内蔵スピーカーの音響設定(音場の設定)をする。

音場(おんば)

音を出す空間(部屋)が持つ音の響きのこと。壁や床からの反響、残響、吸音、共鳴など、いろんな音が混じり合う状態のこと

 

ブラビア 本設置方法を選んでください スピーカーの音響設定

「本機の設置方法を選んでください」で、テーブルトップ、壁掛けの中で、テーブルトップを選ぶ。後からでも変更できるので、この辺は適当で良い。

ブラビア 自動音場設定

音場おんばの補正は、今のテレビやAVアンプは自動でやってくれる。

ブラビア 自動音場設定と補正

リモコンのマイクの使用と録音を「許可して」次に進む。

ブラビア 自動音場設定と測定

リモコンにマイクが付いているので、テレビを見る位置でリモコンを胸の位置で持って「開始」する。ポシュ ポシュ とスイープ音(低音から高音までを1秒の間に出す音)が出る。

ブラビア 自動音場設定完了

音場の自動補正が完了すると、右下に音量のアイコンと数字とバーグラフが表示される。

次へ

ブラビア サポート登録

サポート登録 は、スマホでやるみたいなので飛ばして 「次へ」。

ブラビア Apple AirPlay HOMEKit

Apple AirPlay やHomeKit に対応している。

S爺
Siriでコントロールできてもな〜。Apple TVは買わなくても良いって事でw

ブラビア 簡単初期設定を終了

かんたん初期設定で、一通り使えるようになる。

個々に必要な設定をやっていく

ブラビア ローカル 固定IPアドレスの設定

ローカル固定IPアドレスの重要性については、こちらで解説

我が家のIPアドレス帳を開いて、重複のないIPアドレスを決める。

  • IPアドレス:192.168.0.124
  • サブネットマスク:255.255.255.0(プリフィックス /24)
  • ゲートウエイ:192.168.0.1
  • DNS(ネームサーバ):192.168.0.1

を例に設定する。各家庭のWi-Fiルーターで 192.168.11.1 とか違うので注意されたし。

ホームから、歯車のアイコンの設定を選択。

ブラビア 設定

 

「ネットワークとインターネット」を開く。

ブラビア ネットワークとインターネット設定 IP設定

  • 「IP 設定」を開いて、「静的」を選択
  • 「IPアドレス」を入力:192.168.0.124
  • 「ゲートウエイ」を入力:192.168.0.1
  • 「ネットワークプリフィックス長」を入力:24
  • 「DNS1」を入力:192.168.0.1(ゲートウエイに合わせる)
  • 「DNS2」は入力しないで次へ

「保存しました」とでて、入力が反映したかどうかを「接続済み」の下に表示される IPアドレスが、192.168.0.124になっていることを確認する。

これで、ネットワーク接続が安定する。

HDMI接続機器の設定

ブラビアにつないだ、HDMIの機器の接続状態は、

  1. 「入力切替」で、4つのHDMI入力ポートの番号を選ぶ
  2. 映像と音声が自動ででる
  3. 「クイック設定」で下にメニューを開を開く

でできる。できる項目は、

  • 設定(設定全般にアクセス)
  • 画質設定
    • 画質モード
      • ダイナミック
      • スタンダード
      • シネマ
      • ゲーム
      • グラフィックス
      • フォト
      • IMAX Enhanced
      • カスタム
    • 明るさ
      • 最小、10〜40、最大
    • ワイド切替
      • オート
      • ワイドズーム
      • ノーマル
      • フル
      • ズーム
    • 音質設定
      • 音質モード
        • スタンダード
        • くっきり音声
        • シネマ
        • ミュージック
        • スポーツ
        • ドルビーオーディオ
  • スリープタイマー:切、15分〜120分
  • 電源オン時の画面:ホーム、最後に見ていたソース
  • 設定(クイック設定の項目の追加編集)

ができる。

PS5とつなぐための ブラビアの設定

現時点では、PS5は、付属のウルトラハイスピードHDMIケーブルで直にHDMI4につなぐことで、4K /120Hz HDRが可能になる。

まだ、4K(UHD)/120Hzに対応したゲームソフトもほとんどない。

それでも、4K / 60Hz、HDRは表示できるので、そっちで合わせる。

追加する。

Google TVの設定

ブラビアには、Google TV(Android TV)があるので、

などSTBをわざわざ買わなくて良い。

Google TVは設定をしなくてもテレビ自体は使える。HDMI入力で、ゲームやFire TV stick 4Kを使うだけであれば、Google TVの設定をしない。

Google Nest HubやChromecastなどGoogleの機器を持っていて使っていれば、設定と登録は同じ要領なので戸惑うこともないだろう。

  1. Google アカウントを持っていること(無ければ作る)
  2. Google Home アプリをスマホにインストール
  3. スマホのアプリの状態で、Googleアシスタントが使えてることを確認(「OK Google、今何時?」など音声ガイド)
  4. ブラビアの設定で、Googleアカウントを設定 → QRコードを読ませて
  5. アプリの指示に従う

追加準備中

Chromecast built-in 機能

スマホで、Chromecastの出力先に指定する。

Apple TV+

Appleの製品(Mac、iPhone、Watch、iPadなど)を買って登録すれば、Apple TV+の1年間無料で利用できる。

Appleのヘビーユーザなら、Apple TV+は、つねに無料で見られる資格を持っている。

ブラビアのApple TVアプリで、Appleのアカウントにログインしよう!

ログインしたとき、iPhoneなどに、確認通知と認証コード6桁の数字が送られてくるので、それをいれてやれば良い。

iPhoneやiPadの映像出力先に、AirPlayに対応した機器が選べる。ブラビアも、AirPlayに対応しているので選べる。

Apple AirPlay

ブラビア 設定 システム AirPlay と HomeKit

設定 → システム → Apple AirPlayとHomeKit で、「Apple AirPlayとHomeKitの設定」で、AirPlayがオンになっていれば良い。

iPhoneやiPadの動画の出力先をAirPlayで、ブラビアを指定してやれば映像を映せる。(遅延と画質が落ちる)

Macにつなぐ

Mac mini M1 2020 に、ウルトラハイスピードHDMIケーブルでつないでみた。

ブラビアとMacをつなぐ

ディスプレイは、「SONY TV *00」と認識され、2160p/60Hzで表示できている。Macのグラフィックは、4K(UHD)/120Hzに対応していない。

ブラビアにMac miniをつなぐ

42インチ以上なら、ドットバイドット(そのままの解像度)でも見られるようになる。

HDR(ハイダイナミックレンジ)をオンにしても、画面が少し暗くなるが画面の色調に破綻はない。

ところが、5万円で買える 4K / 60Hz、HDR対応のディスプレイモニターは、HDRをオンにすると紫色の色調になって使いものにならない。

この差が、なんちゃってHDRと、本物のHDRの差である。

ブラビア XRJ-50X90Jを使っていて気づいた問題

画面の黒い部分に自分の姿が映るのが嫌だ

最近のテレビは、表面がガラスのように反射する「グレア仕様」のものはない。ハーフグレア、ノングレアばかりになった。

このXRJ-50X90Jも、ハーフグレアタイプだ。それでも、画面の暗い部分に自分が映り込む。

昔の大画面テレビは、暗い部分に見ている自分たちの顔や姿が映り込んで見にくかった。

地上波がデジタルになって 大画面の液晶テレビが普及し始めたのに合わせて、リビングの照明は暗くする調光機能がついたものに置き換わっていった。その理由は、テレビを見る人側に光が強く当たるとテレビの画面の黒い部分に映り込むので、部屋を暗くしてテレビを見るため。

2021年最新のテレビは、映り込みは改善していると期待してたが残念だ。

65インチ以上のX95Jのクラス以上は、ノングレアの「XーAnti Reflection」で映り込みが軽減されている。

S爺
画面が暗いホラー系のゲームをしていて自分の映り込んだ姿に驚くのは最新のテレビでも同じなのかw

XRJ-50X90Jの画面は綺麗ですか

大きな画面になればなるほど、画面を均一に同じ明るさの白で光らせることが難しくなる。多少の明るさのムラはある。

色や明るさのムラがない画面のテレビモニターは、20万円そこらでは買えない。

パソコンをつないで白画面を全体表示にし、カメラの撮影条件をISO感度を落としてF20くらいに絞って撮ってみよう。その画像をPhotoshopで、明るさを変えながらみていくと、端が少し暗い部分があるように見える。

ゲームをしていて気が付くほどではない。

2、3万円の安物のパソコン用モニターディスプレイを見慣れている 私には、このXRJ-50X90Jの目を見張るような色鮮やかな映像に驚いたし満足している。

特に、この1年以上遊んで1400時間を超えた「あつまれ どうぶつの森」では、家具や各種模型が緻密に作られていることが大画面で分かって、感動しているw。

S爺
畳とテレビは新しい方が良い。

Google TV が うっとうしい

最近のテレビは、Google TV(Android TV)の端末化している。いっそのこと、PS4を内蔵した方が、操作体系の都合からも使い勝手が良いと思うのだが。

ブラビア XRJ-50X90J の消費電力

録画機能のついたテレビは、電源が完全に切れる電源スイッチはない。ブラビアも同じ。

待機消費電力は、1W以下だが、なにかバックグラウンドで動いている(たとえば 録画機能を使っている、アップデートなど)と20W前後と多めになる。

完全に電源を落としたい場合は、スイッチ付きのコンセントを使って、ACコンセント側でON/OFFをする。

明るい画面で 140W前後、暗い画面でも100Wの消費電力がある。

外付けのHDD(バスパワー)をつけて録画番組を見みても、最大で130wくらいだ。

まとめ

私は、テレビ番組は録画したものを見る。リアルタイムで見るのはニュースだけだ。

テレビを買わずにモニターディスプレイを好んで買っている理由は、

  • 最近のテレビが、実質 Google TVなのが気に入らない
  • ガチのインドア派で、眠っている時以外は、MacかWindows 10パソコンの画面をつけっぱなし
  • テレビは、NHKの視聴料を払わなければならない

の3点だ。

「家庭のテレビの画面の大きさと文化・知的レベルは反比例する」論者で、パソコン通信時代から疎まれていたw

SONYは、チューナーを搭載しないビジネスモデルのブラビア「BZシリーズ」も、2021年7月以降で発売する。

今回のBZ40J、BZ35Jのスペック表から、4K/120Hz、最新のXRプロセッサーを搭載したものは、100インチのBZ40Jしかなくて、見送った。次回、買うとしたら、BZシリーズを買う事になるだろう。

PS4を買った頃は、いろいろと余裕がなくて対応した4K テレビを買う事ができなかった。

PS5は発売日に買えなかった。なんとか、半年遅れて買えた。

半年遅れでのPS5関連記事を書き始めている。PS4の記事を書いての反省点を踏まえて、今後のブログ記事展開を考えている。

S爺
ゲーム関連機器のブログも、ガジェットやIoT系ブログと同じで、100%がアフィカスであり、”売りたい”バイアスなしの情報を入手することはできません。

営利目的でなく、趣味ゲームを楽しむための情報発信するゲーム系ブロガーが誰1人いないことを嘆いても何も始まりません。

私が、手をコツコツ動かして記事を書いていきます。

Amazonで XRJ-50X90J を見る 楽天で XRJ-50X90J を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-モニター ディスプレイ, 家電
-, ,

© 2021 サンデーゲーマーのブログWP