PS5・PS4 モニター ディスプレイ

PS5 につなぐ 4K、HDR、120Hz 、5万円以下 の ゲーミング モニター ディスプレイ の選び方とまとめ

2021年3月8日

PS5のディスプレイ モニター 選び

みなさん PS5を買えましたか? 私はSONYストアの第4次抽選販売もはずれましたが、キャンセル分の繰り上げ抽選でやっと買えました。

PS5につけるモニター 8K?、HDR?、120Hzって何? どこを見て なにを選んだら良いの? SGさんが選んで」のリクエストをいただいたので まとめ記事にしました。

2021年8月15日 ゲームで遊びつつ、プレイ動画を録画、ブログにプレイ日記を書くシステムの再構築中

私の書斎のゲーム環境を更新するための買い物リスト「ディスプレイ編」も兼ねています。

こんな方におすすめの記事

  • PS5を綺麗な画像で遊びたい
  • リビングのテレビじゃなくて ディスプレイ モニターでPS5をやりたい
  • PS5の画面をヌルヌルと速く表示できるモニターは?
  • PS5買ったけど 4K? HDR? 何をどう見て何を買えば 良いのか知りたい
S爺
文中の難しい専門用語には意味説明のリンクをつけました。広告ではないので安心してクリックしてください。(戻るボタンで)
ネットにはびこるアフィカスにだまされないようにしましょう!

PS5につけるモニター ディスプレイの選び方

PS5につなぐテレビやモニター ディスプレイの条件は、

です。

PS5が出せる最高画質の【8K、HDR、60Hz】すべての条件を満たすテレビやディスプレイは高い。

比較対照用にSONY ブラビア XRJ-50X90J(50インチ、19万円)を買いました

PS5から50X90Jの映像出力情報を見ると…

PS5 映像出力情報 VRR、4K HDR 120Hz

2160p/60Hz、HDR(RGB)、VRR(可変リフレッシュレート)で、周波数(リフレッシュレート)が、120Hz(YUV422)まで対応していることが分かります。

気軽に買えるのは、サイズ的に32インチ以下 、価格は5万円前後まで。妥協して安いものを探します。

【4K / 60Hz/ HDR】【フルHD / 120Hz / HDR】【WQHD/120Hz/HDR】の3つから選ぶ

年々、ディスプレイ モニターは良くなって安くなります。コロナの影響で品薄ですが。

2022年は、

  • UHD(4K)/ HDR / 120Hzは9万円〜、60Hzまでの4万円〜で我慢?
  • WQHD / HDR / 120Hz(144Hz)5万円以下なら
  • フルHD / HDR / 120Hz(144Hz)3万円以下なら

の中から探して選びます。

ディスプレイ モニターのここを見て買え!

解像度:4K(UHD)と フルHD(FHD)

今のテレビやパソコンのディスプレイ モニターの解像度は、FHD(フルエイチディ)です。

4Kは、Ultra HD(UHD)のことです。

HD、FHD、WQHD、UHDの違い

4KはフルHDの4倍の広さ、同じ画面の大きさなら、4分の1 きめ細かい映像になります。

S爺
フルHDと4Kの間の WQHD(1440p・2560×1440)のディスプレイが5万円前後で買えるので、そちらもチェックしましょう。
リフレッシュレート
リフレッシュレート模式図
クリックで拡大

画面を1秒間に描きかえる枚数のことをリフレッシュレートと言います。単位は、fps(エフピーエス)か、Hz(ヘルツ)です。

  • テレビ:24fps(Hz)
  • PS4、Nintendo Switch:60fps(Hz)
  • PS5:120fps(Hz)

PS5は、映像の滑らかさがNintendo Switchと比べて2倍になります。

リフレッシュレートが遅くなったり速くなったりする可変リフレッシュレート同期機能(VRR、AMDFreeSync、VESA Adaptive Sync)がつくと値段が高くなります。

液晶パネルの種類 と 応答速度

液晶パネルは、4種類あって、年々性能が良くなっています。

  • TN:安い!画面が速くてヌルヌル動くけど、色が悪い、斜めからみて色あせる
  • IPS:色があざやか、斜めからみても色あせない、描画が遅い、値段が高い
  • VA:黒い色が黒く表示できるくらいで人気がない
  • 液晶EL:パネル自体が発光するので、色や明暗の表現が抜群に良いが、寿命が短い

なので、

  • 安くて描画の速いのを使いたい人は、TNパネルを
  • 描画は遅くても色がきれいな方が良い人は、IPSパネルを
  • お金持ちの人は、有機ELを

選びます。私は、IPSパネルが好きです。

応答速度は、「画面の色を描きかえる時間」のことです。

階調応答速度の模式図
色を変化させるのにかかる時間

特に、中間色のグレーからグレー(G to G)に描きかえる時間が、5ms(ミリ秒)以下(なら、ゲームをしていて激しく動くものがボケて見えません

S爺
カタログで、4msと書かれていても条件が1番良い時の数値です。実際には、5〜15msの応答速度なので、動きの速いシーンで像が にじんでボケます。
ディスプレイ モニターの大きさ
モニターの大きさと距離の関係について
クリックで拡大

24〜27インチがベストです。30インチ以上は、机の上に置くのが厳しいです。

24インチと27インチのモニターの大きさ
クリックで拡大

27インチで、横62×縦34cmになります。それにベゼルの幅、スタンドの高さが加わります。

ダンボール紙を切り出して、机の上にあてがってみましょう。その存在感がわかるはずです。

HDMIの規格

HDMIは、映像と音声を送る信号の規格です。主に使われているバージョンは3種類、1.4→2.0→2.1 です。

 転送速度
HDMI 1.48.16Gbps
HDMI 2.014.4Gbps
HDMI 2.142.6Gbps
S爺
PS5の出力は、HDMI 2.1 規格対応でも 32Gbpsまでしかでないので、4K 120Hz HDR のカラーフォーマットが圧縮されたYUV422までです。

データ転送量で、リフレッシュレートが決まります。

 4K(Ultra HD)(3840×2160)フルHD(1920 × 1080)
HDMI 1.430Hz120Hz
HDMI 2.060Hz120Hz(144Hz)
HDMI 2.1120Hz120Hz(240Hz)

データ転送量は限られるため、HDR情報がつくと、リフレッシュレートはさがります。

HDMI2.1対応のディスプレイは、7万円以下で買えません。

S爺
つまり、私が買える値段のディスプレイ モニターは、PS4もPS5も、4K(Ultra HD)/60Hzがせいいっぱいです。HDRまでついていればラッキー。
HDRはあった方が良いの?

HDRは、明るいところ(白)と暗いところ(黒)の明るさの差を広くする技術と規格です。

テレビやディスプレイ モニター画面は、現実世界の明るさと暗さとの差よりも小さくしてあります。(動画のデータ量が多くなりすぎるから)

5万円以下のディスプレイ モニターは、”HDR対応”とカタログに書かれていても、画面上で正しく明るさの表示ができませんナンチャッテHDRですw

バックライトLEDを細かく分割して明るさの制御する機構(ローカルディミング)が値段的に搭載できないからです。

S爺
HDRを有効にすると、暗く(明るく)なりすぎて、水晶体の濁ったワシら老人の目には厳しいです。

有機EL液晶パネルならパネルの画素自体が発光しているのでHDRの表現ができます

以上を踏まえて 私がAmazonのウイッシュリストにいれているディスプレイ モニターを紹介します。

PS5向け 4K、120Hz、HDRが使える テレビ

LG 液晶ELテレビ 48C1PJB 48インチ 2021年夏発売 16万円

日本が世界をリードしていた有機液晶技術でしたがSONYもパナも開発費がかさみ断念します。韓国LGが有機 液晶パネル(ELパネル)の量産化に成功。

  • 有機ELパネル:4K(UHD) 3840×2160
  • リフレッシュレート:120Hz
  • HDMI2.1対応
  • 応答速度:GTGで 1ms
  • HDR対応:HDR 10(本物のHDR)
  • 入力端子:HDMI2.0 × 4、ARC他諸々
  • テレビ機能あり:(地上波、BS、CS)×3、衛星4K×2、録画機能
  • 壁掛け対応
  • スピーカ内蔵
  • 保証期間:1年

寿命の短い色を使わないことで10万時間とアピールするくせに保証期間が1年w。
焼き付きしやすい、パネルの寿命が?なのを割切って使える、ブログネタとしても最適かとw。

SONY ブラビア XRJ-50X90J 50インチ 16万円 2021年4月

ブラビア XRJ-50X90J と 録画システム

液晶パネル(Xシリーズ)で、4K / 120Hz対応の1番安いモデル。

有機ELモデル(Aシリーズ)のパネルはLG製で10万高。横幅 112cm!大きさ注意!

  • 液晶パネル:VA、4K(UHD) 3840×2160
  • HDMI2.1対応:4K/120fps、eARC、VRR、ALLM
  • 応答速度:非公開(体感的に 20〜120ms)
  • HDR対応:HDR 10(本物のHDR・16分割?w)
  • 入力端子:HDMI2.0 × 4、ビデオ端子 × 1
  • テレビ機能あり:(地上波、BS、CS)×3、衛星4K×3、録画機能
  • 壁掛け対応
  • スピーカ内蔵
  • 保証期間:3年(SONYストア購入時)
S爺
家電量販店から定価20万円支払って買ったのに、GW中に部屋を片付けが終わらず設置予定がずれこみました。レビュー記事を書きました。
Amazonで買った方が安かったな Orz。

PS5対応 ブラビア XRJ-50X90J 50インチ 4K / 120Hz、HDR(2021年モデル)を買ったのでレビュー。設定など使い方のまとめも。

最新のテレビゲーム機を買えば、そのゲーム機の映像出力に対応したテレビかモニターをセットで買う。 今回、PlayStation™ 5(以下 PS5と略す)を買ったので、SONY純正 ブラビ ...

REGZA 50Z570K 50インチ 12万円 / VIERA TH-55XJ950 55インチ 17万円

東芝の4K/120Hz HDR対応 液晶テレビは、ゲーミングモニター並みの遅延が1m秒以下。

ブラビアXRよりは、

  • 東芝(REGZA):Z570K、Z670K、X8900K
  • パナソニック(VIERA):JX950、JX900、JX850、JZ2000、JZ1000

をおすすめします。

PS5用 4K(UHD)ゲーミング モニター ディスプレイ  おすすめ 5つ

DELL G3223Q 32インチ ゲーミングモニター 2022年3月発売 11.8万円

デル(DELL)は、中国のパソコンメーカーブランドです。

  • IPSパネル:4K(UHD) 3840×2160、非光沢
  • リフレッシュレート:60〜144Hz
  • 応答速度:GTGで 1ms
  • HDR対応:HDR 10
  • 入力端子:HDMI2.1 × 2、DisplayPort 1.2×1
  • VESA(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカなし、ヘッドホン端子あり
  • 保証期間:3年(バックライト、パネルは1年)

30%引きクーポン二重の 67,887円だったので すぐに注文しました。しかし、クレカのポンコツAIセキュリティチェックではねられる支払いトラブルで注文できてませんでした。納期が 6月1日に。

DELL G3223Q でPS5の映像出力情報を見る

Macとの相性が、すごく悪い! HDMIではまともに接続できません。

PS5の映像出力情報を見ても、4K 120Hzは、カラーフォーマットが YUV420までに制限されるなど、フルスペックではない中途半端です。だから、値段が安かったのか…。

DELL G3223Q でPS5の映像出力情報を見る
PS5用 4K 120Hz HDR対応 DELL G3223Q 32インチゲーミングモニターを買って使っているのでレビュー。

書斎のパソコン机の正面モニターは、ゲームもできるようにゲーミングモニターにしている。 2022年3月に割引きクーポンが二重で話題になった DELL G3223Q がやっと届いた。 クレジットカードのA ...

Acer CB282K smiiprfx 28インチ 2021年2月発売 4.1万円

エイサー(Acer)は台湾の有名ブランドメーカーです。

  • IPSパネル:4K(UHD) 3840×2160、非光沢
  • リフレッシュレート:40〜60Hz
  • 応答速度:GTGで 4ms
  • HDR対応:HDR 10
  • 入力端子:HDMI2.0 × 2、DisplayPort 1.2×1
  • VESA(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカ内蔵
  • 保証期間:3年(バックライト、パネルは1年)

BenQ  EL2870U 27.9インチ 2018年 3.5万円

ベンキューも台湾のディスプレイのメーカーです。

  • 液晶パネル:IPS TN、UHD(4K)3840×2160
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 応答速度:GTGで 1ms
  • HDR対応
  • 入力端子:HDMI2.0 × 2、DisplayPort1.4 ×1
  • VESAマウント(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカー内蔵
  • 保証期間:3年

VAパネル 31.5インチの EW3270U 5万円( 応答速度 GTG 4ms、USB-C映像入力)も選べます。

LG  27UP650-W 27インチ 2021年5月発売 4.5万円

LGは、韓国メーカーで、IPSパネル製造は世界トップレベルです。日本の技術を盗んだ成果です。

私も、コスパの良さに負けて買って使っています。くやしいけど、認めざるを得ません。

  • IPSパネル:UHD(4K)3840×2160
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 応答速度:GTGで 5ms
  • HDR対応:HDR10(HDR400)
  • 入力端子:HDMI2.0 × 2、DisplayPort1.4 ×1
  • VESAマウント(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカーなし
  • 保証期間:3年

27UL600-Wの後継?

 

I-O DATA EX-LD4K271DB 27インチ 2018年 4万円

アイオーデータは、日本のパソコン周辺機器メーカーです。

  • ADSパネル:UHD(4K)3840×2160
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 応答速度:GTGで 5ms、14ms、7ms(正直に書いてある)
  • HDR対応:HDR10(オマケ程度のレベル)
  • 入力端子:HDMI2.0 × 3、DisplayPort1.4 ×1、D-Sub RGB ×1
  • VESAマウント(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカーあり
  • 保証期間:3年

ADSパネル(IPSパネルの亜種)をアイオーデータは好んで使います。

特長は、D-SUB15ピンのアナログ入力があるところかな? 最大5台のPCやゲーム機がつなげられます。

JAPANNEXT JN-V315UHDRC60W 31.5インチ 5万円

日本のファブレス メーカーです。製造は中国で安価なパーツを寄せ集めて作っています。

サポートに期待してはいけません。スペックもそれなり。

AliExpressなどで中国から、ヘンテコなモノを買っては一喜一憂できる リテラシーを極めた人向けです。

1台、28インチ 4K IPSのモニター 3.2万円のヤツを買って、レビュー記事をかきました

PS5用WQHD 1440p / 120Hz  ゲーミング ディスプレイ モニター 

4K(Ultra HD)/144Hz HDRのゲーミングモニターは、10万円超えなので買えませんでした。

フルHDと4Kとの中間の解像度の1440pのモニターがあります。

LG  UltraGear 32GP83B-B 2021年5月発売 31.5インチ 5万円

  • IPSパネル:WQHD 2560×1440
  • リフレッシュレート:165Hz
  • 応答速度:GTGで 1ms
  • HDR対応:HDR10(HDR400)
  • 入力端子:HDMI2.0 × 2、DisplayPort1.4 ×1
  • VESAマウント(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカーなし
  • 保証期間:3年

パソコンと兼用にするゲーミングモニターを探していて試しに買いました。

台湾メーカブランドは値引きがなく在庫もない。人気のない韓国LGなら値引きと在庫があるので。

書斎のPC机 2022年3月ver

31インチは大きすぎました Orz… UHDを見慣れているので、画素が荒い。27インチの方をおすすめします。

LG ゲーミングモニター UltraGear 32GP83B-B(31.5インチ WQHD)を買って使っているのでレビュー。PS5にも使える。

2020年頃から、4K(UHD)とフルHDの間の解像度 WQHD(2560×1440)のゲーミングモニターの種類が増えてきた。 どんなモニターなのか?一台は買ってみたかったので買って使っている。 結論 ...

PS5用 フルHD / 120Hz  ゲーミング ディスプレイ モニター おすすめ 3つ

BenQ EX2510 24.5インチ 2020年9月発売 3.2万円

ベンキュー(BenQ)は、台湾のメーカーです。人気があるので、いつも品切れです。

  • IPSパネル:FHD 1920×1080
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:GTGで 2ms
  • HDR対応:独自HDRi
  • 入力端子:HDMI2.0 × 2、DisplayPort1.2×1
  • VESA(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカ内蔵
  • 保証期間:3年

LG UltraGear 27GN600-B  27インチ 2020年11月発売 3.2万円

LGは、韓国メーカーです。日本の技術を盗んで世界トップレベルの液晶パネルを作っています。

くやしいけど、LGのディスプレイのコスパの良さに負けて、つい買ってしまう。

  • IPSパネル:FHD 1920×1080
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:GTGで 1ms
  • HDR対応
  • 入力端子:HDMI2.0 × 2、DisplayPort1.2×1
  • VESA(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカなし
  • 保証期間:3年

23.6インチには、IPS、TNパネルが選べます。

I-O DATA EX-LDGC271HTB 27インチ 2020年夏発売 3.6万円

日本のパソコン周辺機器メーカー I-Oブランドです。

  • TNパネル:FHD 1920×1080
  • リフレッシュレート:165Hz
  • 応答速度:GTGで 0.6ms
  • HDR対応
  • 入力端子:HDMI2.0 × 3、DisplayPort1.2×1
  • VESA(モニターアーム取り付け可)
  • スピーカ内蔵
  • 保証期間:3年

TNパネルなので、高速描画で滑らかに動きます。27インチ以上は画面の端が色あせて見えるので、小さいパネルが良いという人多いです。

21.5インチ、23.6インチの小さい画面サイズも選べます。

PS5などゲーム機の紹介記事は全員アフィカスなので注意して!

現在、世界的な諸事情により、電子部品が品薄になって、ディスプレイ モニターやパソコンなどの値段があがっています。

テレワークの需要で、ディスプレイ モニター需要が増えていて入手が困難になっているため、販売価格が高くなっています。

Amazon、楽天、ヤフーショッピングにも、転売屋が目立ちます。

値段やどこの国のメーカーなのか? 記事のどこにも書いていないアフィカスが多すぎます。

だまされないように!

まとめ

2017年から計画していた 私の書斎のゲーム機器、PC機器の更新を2021年の4月以降しています。

PS5もSONYストアから届いたので、徐々に環境を整えてきました。

書斎 コンソールゲーム環境 2022年3月ver
S爺
2021年4月24日発売の 50インチ テレビ ブラビア XRJ-50X90J(台や処分代を含めて約23万円)を購入しました。
パソコン兼用のUHD(4K)モニタ のレビュー記事を書く上で、「4K 120Hz、本物のHDR表示」ができるSONY純正のテレビは、ディスプレイの画質を評価する基準にするためです。

ゲーム関連機器は、アフィカスのステマ記事、でたらめ記事だらけなので、自分用のメモをブログ記事に仕立て直しておきます。







  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-PS5・PS4, モニター ディスプレイ
-