工具

ボッシュ電動ドライバー PushDrive と Bosch GOを買って使っている。その違いを比較しつつレビュー

2020年3月8日

PushDriveとBosch GO

電動ドライバー を持っていますか?

カラーボックスや棚、机や椅子などをホームセンターで安く買っても、自分で組み立てないと使えません。電動ドライバーが1本あれば、組み立て作業がはかどります。

ボッシュの手用ドライバー型電動ドライバー PushDrive(プッシュドライブ)とBosch GO(ボッシュ ゴー)を両方買って使っての長期レポート

にします。

私は、ピストル(拳銃、ガングリップ)型の電動ドライバー IXO5を愛用しています。

2019年夏、ストレート(手用ドライバー)タイプのホビー用電動ドライバー PushDriveが発売されたので買って試していたら、Bosch GOが出ました。

同じ形でAmazonでの売値も千円ほどしか差がないし、何が違うのか?どっちが使いやすいのか?疑問に思ったので両方買って使って試しています。

S爺
作業で手締めが必要な人はストレート型の電動ドライバーを好みます。

VESSELの電動ボールグリップドライバーの大ヒットをみて、BOSCHがあわてて作った感があります。

各自、実際に試して見きわめてください

  • 購入品:PushDrive(3 603 JC6 050)
  • 購入時期:2019年10月
  • 購入価格:7184円(タイムセール)
  • 購入店:Amazon Japan G.K.
  • 購入品:Bosch GO 3 601 JH2 150
  • 購入時期:2020年2月29日
  • 購入価格:6244円(タイムセール)
  • 購入店:Amazon Japan G.K.

結論から言うと、ドライバービットを持っている人なら、Bosch GO を買った方が満足できるでしょう。

S爺
手首の弱い女性や子供には、トルク調整を誤ると手首をひねってケガをするので、おすすめできません。

ボッシュ プッシュドライブ(PushDrive)/ ボッシュゴー(BOSCH GO)って何?

  • 電動ドライバー 
  • ピストル型のIXO5とは違う、手動ドライバー型(ハンドツール型)
  • ホビー向け(緑)は、「PushDrive」
  • プロ用(青)モデルは、「Bosch GO」

などの特長があります。

ボッシュの工具は、色で分けられています。

  • :プロ仕様で、値段が高い
  • :日曜大工・DIYの一般ユーザ向けで、値段が安い

選ぶ時に分かりやすいです。

BOSCHとは?

ドイツの機械総合メーカー(メガ サプライヤー)です。日本では、自動車の部品、工具のメーカーブランドとして知られています。

Amazonのタイムセールで、ホームセンターより安く買えるので、私はBOSCHボッシュブランドの工具をこのんで買います。

PushDrive と IXO5 の違い

PushDriveとIXO5

PushDriveとIXO5

  • ストレート型が、PushDrive、ガングリップなのがIXO5
  • 最大トルクが、4.5Nm(IXO5)→  5Nm(PushDrive)とパワーアップ
  • 回転数が、215回/分(IXO5)→ 360回(PushDrive)と高回転に!
  • IXO5にはトルク制限ストップ機能がないため、ネジが固いとネジ山(溝)がつぶれて回る
  • PushDriveにはトルク制限ストップ機能がある。ないとネジが固いと負けて手首をひねってケガをする
  • 回転を安全ロックに固定すれば、どちらも手動ドライバーとして使える。軸に1/18回転の遊びのあるのが残念。

PushDrive と Bosch GO の違い

2019年夏に PushDrive が発売されて、秋頃にプロ仕様のBosch GOが発売されました。

どちらも、ドライバーの先をネジ頭に押しつけるとスイッチが入ってモータが回るという仕組み「プッシュ&ゴー機能」付きです。

Bosch GOとPush GOのケース内容の違い

Bosch GOとPush GOのケースの違い

ざっくりと表に違いをまとめました。

  Bosch GO PushDrive
価格(Amazon) 7600円 6200円
トルククラッチ 機械クラッチ 5段+1段直結 6段階、電子制御
電子ブレーキ あり なし
プッシュ&ゴー あり あり
メインスイッチ あり なし
最大締め付けトルク 5Nm 5Nm
重さ(実測) 310g(308g) 280g(284g)
バッテリー 3.6V、1.5Ah、6Wh
付属品 microBケーブル、ビット2本付き USB充電器、microBケーブル、13種類32本のビット付き

違いをまとめると

  • Bosch GOのトルククラッチは機械式5段の本当のトルク制御
  • PushDriveのトルククラッチは、電子制御の負荷がかかったら止まるナンチャッテ クラッチ
  • Bosch GOには、電子ブレーキがついているのでネジ山を傷めにくい
  • どちらも、モーターの回転は一定で可変する機能はない
  • どちらも、LEDライトがついていない
  • バッテリーやモーターは同じ
  • 付属品、ケースは、PushDriveの方が良い
  • 価格は、Bosch GOの方が高い

です。

PushDrive のフォトレビュー

BOSCH PushDrive パッケージ内容

BOSCH PushGrive パッケージ内容

PushDrive の同梱物は、

  • PushDrive 本体(型番 3 603 JC6 050)
  • USB充電器
  • microB USB充電ケーブル
  • ドライバービット
  • 取扱説明書

が、ハードケースに入っています。

PushDriveの箱を開いた状態

PushDriveの箱を開いた状態

ケースは立派で無駄に大きいので、取りだして、他の入れ物に使いましょう。取扱説明書は、黒いトレーを外せばでてきます。

PushDrive本体

主なスペックは、

  • 定格電圧:DC 3.6V
    • 内蔵充電式 1.5Ah・5.4Wh リチウムイオンバッテリー
  • 回転数:360回転 / 分
  • 最大締め付けトルク:5Nm
  • ネジ締め:5mm
  • プッシュ&ゴー機能
  • トルク調整機能(電気式、6段階)
  • 質量:280g (283g)

です。

PushDrive 名称 その1

PushDrive 先面観

重さは、283gとずっしりときます。

太さは、手前の一番太い部分で、3.8cmあります。小学生の手だと太すぎるかな?

成人男性の手でちょうどいいくらいの太さです。これくらい太くないと、ネジをしめるときに回転に負けてしまいます。

ツールホルダーにドライバービットをさして使います。

このツールホルダーを押さえつけると、モーターがONになってドライバーが回転します。→ プッシュ&ゴー機能

PushDrive 各名称 手前側

PushDrive 各名称 手前側

PushDriveには、電源スイッチはありません。

回転方向を決めるスライドスイッチがあります。

  • 前にスライドさせると、正回転でネジがしまる
  • 手前にスライドさせると逆回転でネジがゆるむ

充電用USBポートは、カバーが付いてます。

LEDランプ
PushDrive バッテリーランプ

PushDrive バッテリーランプ

バッテリーの状態を表示します。三段階で残量がわかります。

  • バッテリー切れ近いときは、動作中に点滅
  • 充電中点滅

です。

USB充電器とmicroBケーブル

PushDrive 付属のUSB充電器とmicrobケーブル

PushDrive 付属のUSB充電器とmicrobケーブル

USB充電器が付いてます。定格は、5V、1Aです。microBケーブルは、0.9mです。

PushDriveをモバイルバッテリから充電

PushDriveをモバイルバッテリから充電

モバイルバッテリーから、PushDriveへの充電をしてみました。USBテスターでみていても、5V/1Aで充電できています。

充電容量は、実測で約6Whでした。

S爺
充電の手軽さは、工具というより、ガジェットですね。

ツールホルダー部

PushDrive ツールホルダー部 磁石式のヘクスタイプ

PushDrive ツールホルダー部 磁石式のヘクスタイプ

ドライバービットを差し込む穴です。

ビット

工具の先につける、交換可能なパーツ(部品)のこと。

ドリルならドリルビット、ドライバーならドライバービット、ソケットレンチならソケットビットと言う。

一般的な六角の穴(対角6.35mm)です。磁石式で、ロック機構はついていません。

磁石は強めなので、何もせずにドライバービットが外れて落ちることはないです。

ネジを押さえつけないとスイッチが入らない仕組(PUSH&GO)なので、浅くはまって外れることもないです。

ただし、ソケットビット、HEXドライバービットを使う時は、外れることがあります。

S爺
先を照らすLED照明はついていません。

付属のドライバービット

PushDriveには充実した? ドライバービットセットが付いています。

PushDrive 付属のドライバービット

PushDrive 付属のドライバービット

  • 六角(ヘクス)ドライバー
    • HEX3:3本
    • HEX4:3本
    • HEX5:3本
  • トルクスドライバー
    • T10:3本
    • T15:3本
    • T20:3本
  • ポジドライバー
    • PZ1:2本
    • PZ2:2本
  • プラスドライバー
    • PH0:2本
    • PH1:2本
    • PH2:2本
  • マイナスドライバー
    • マイナス3x2
    • マイナス4x2
  • 延長ビットホルダー

合計32本です。家具の組み立てには、HEX5が使われます

S爺
なぜ、同じ形が何本もはいっているのでしょう? 謎です。こんなに何本もいらないから、安くして欲しいです。

PushDriveのトルク調整機能(電子式トルククラッチ)

赤いダイヤルを回して調整します。ダイヤルにクリックはありませんが無段階ではありません。

6ステップです。回しにくいです。

PushDrive トルク調整ダイヤル

PushDrive トルク調整ダイヤル

モーターにかかる負荷を電気的に監視しています。つまり、電流と回転数から、負荷を計算して止めるようにしているようです。

この電子制御の調整のさじ加減は難しいと思います。コスト的に限られた部品でやるわけですから。

実際に使ってみると、ちょっと??なこともあります。クセを覚えれば、ネジ溝を潰すことは減ります。

PushDriveには、自動ブレーキは付いていません。

「高級な」回転する工具には、作業をやめると回転軸がそのまま惰性で回ることを止めるブレーキ機能が付いています。

高回転で回して、カツーンとネジをしめるような作業はないので、自動ブレーキの有無での使い勝手の差が分かりにくいです。

Bosch GO のフォトレビュー

Bosch GOのパッケージ内容

Bosch GOのパッケージ内容

Bosch GOの同梱物は… 

  • Bosch GO 本体
  • ドライバービット プラスドライバー 2本
  • microB 充電用ケーブル 0.9m
  • 取扱説明書

です。これらが、立派な青いケースに入っていました

Bosch GO本体

Bosch GOの主なスペックは、

  • 定格電圧 DC3.6V
    • 内蔵充電式1.5Ah(6Wh)リチウムイオンバッテリー
    • 充電時間:約90分(空→フル)
  • 回転数: 360回転/分
  • 最大締め付けトルク: 5Nm
  • 最大ネジ径: 5mm
  • プッシュ&ゴー機能
  • 電子ブレーキ機能
  • トルク調整機能(5段階+ハイパワーモード)
  • 質量: 310g(308g)
  • 使用可能ビット: HEX6.35mm 
  • 本体サイズ: 182x40x40mm

です。

Bosch GOの各名称 先部分

Bosch GOの各名称 先部分

重さは、308gと重いです。PushDriveよりも重いです。

トルク調整が、メカニカル(機械クラッチ式)のトルクスプリッターになっているので、重く太くなっています。

先端を照らすライト照明は付いていません。

ドライバービットをさすツールホルダー部はカバーに覆われていて、PushDriveよりやや短いです。

Bosch GOのツールホルダー部

Bosch GOのツールホルダー部

サイズは、一般的な 対角6.35mmの六角穴です。深さは、PushDriveと同じです。

プッシュ&ゴー機能は同じです。押さえつけるとスイッチがはいって回転します。

Bosch GO 手前部分の名称

Bosch GO 手前部分

Bosch GOには、メインスイッチがついています。ドライバーをネジに押さえつけなくても、メインスイッチを押せば回ります。

スライドスイッチは、正逆と中立で安全ロックになります。安全ロックの位置にあれば、重たい、先がカタカタ遊びのある手用ドライバーになります。

  • 前にスライドさせると、正回転
  • 手前にスライドさせると逆回転

なのは、PushDriveやIXOシリーズと同じです。

LEDランプは、1つのランプです。バッテリ残量が表示できません。

  • バッテリー切れ間近で、速く点滅
  • 充電中で点滅、充電完了で点灯

です。

microB 充電ポートにカバーが付いていません。むき出しですので、注意しましょう。

ストラップの穴がついています。(PushDriveにはストラップ用の穴はついていません。)

付属のドライバービット
Bosch GO 付属のドライバービット

Bosch GO 付属のドライバービット

ドライバービットは、

プラスドライバーのPH1、PH2が、1本ずつついています。長さが少し長いものです。

ケースに収納するときは、ハメ方の順番があります

S爺
HEX5をつけて欲しかった。
Bosch GOの充電

PushDriveと同じで、5V / 1Aで充電します。1時間半弱です。積算電力量は実測で6.5Wh程度です。

Bosch GOのトルククラッチ

機械式のトルククラッチが付いています。設定された以上のトルク(回す力)がかかると滑る機能です。

5ステップと直結の6ステップでできています。

IXO5につけるトルクアダプターは、10段階、1万円以上するプロ用電動ドライバーが12段階以上と細かくトルク設定ができるのに比べて、「荒い」です。

S爺
クラッチが効く力加減が難しいです。「2と3の間に、2.5が欲しい」と感じることがあります。
Bosch GOには、電子ブレーキがついている

これは、実感できません。

長いボルトをナットビットでしめるようなシーンで意味があるような気がします。

PushDrive と Bosch GO を実際に使いくらべての感想

PushDriveとBosch GOのモーターのトルクは、5Nmです。IXOシリーズで定評のあるモータ(4.5Nm)より強いです。

どちらも、モータの回転は一定で、最初から最後まで毎分360回転で回ります。(IXO6は、0〜215回/分)

S爺
回転速度が無段階に変えられる方がドライバーとしてあつかいやすいのですが、安物工具なのでできません

IXO6でやっと、無段階変速ができるようになりました。

ストレート型のドライバーのため、ネジ側がロックしてしまうと、モータの回転が手首に反動になってモロに返ってきます。

思わず手を離してしまうほどの”ねじれる力”になります。

PushDriveとBosch GOの自動停止は弱いトルクで止まるように

PushDriveとBosch GOの自動停止は弱いトルクで止まるように

トルク調整を弱いトルクで止まる設定なっているか?使う前に必ず確認してください。

持ち方に注意

かならず、棒を握る順手か逆手(grip)で持つようにします。

Bosch GOを手にもつ

Bosch GOを手にもつ

ネジのしめる向き(ドライバーの向き)から、体と手の位置関係をうまく保ってください

無理な手首の曲げ方でネジを回すと、回転の反動をモロにうけた時に手首をいためます

ペングリップはだめ

ペングリップはダメ

このタイプの電動ドライバーは、ペンのように持って(pinch、write型)は使えません。ネジがロックすると反動で、ドライバー本体がはじき飛ばされてしまいます。

動画を貼ります。

安全ロックをうまく使いこなす

スライドスイッチを中立にするとで、軸をロックできます。電動でうごかなくなり、ただの重たい、軸が1/18回転の”アソビ”がある手用ドライバーになります。

手締めのシーンが多くある組み立てや分解作業では、ガングリップ型よりも、ストレート型の電動ドライバーが良いはずです。

しかし、Bosch GOでは、メインスイッチが付いていて、プッシュ&ゴー両方で使えるものの、不用意にメインスイッチに触れて、勝手に回ることがありました。

スライドスイッチは固いので、安全ロック位置に戻す手間がかかるのが欠点です。(電動ドライバーの宿命です)

PushDriveは、メインスイッチがないので、ドライバーをネジで押さえないで軽く回したい時に使えません。一長一短で、慣れるのに時間がかかりますね。

S爺
ユーザとしての、器用さを問われる道具です。

PushDrive と Bosch GO どっちを買えば良いのか?

  • ドライバービット(ドライバーの先っちょ)を持っているのなら、Bosch GO
  • USB充電器、ドライバービットも持っていない人は、PushDriveか、中華のパチモン

です。

新製品ながら、値引き率も高いです。2020年3月時点で、Amazonで

  • PushDrive:6000円(クーポン、ポイント引き換算)
  • Bosch GO:7600円

中華のパチモンなら、3千円で買えますから。

どちらも、手動ドライバーとしては重いです。

安全ロックで軸を固定しても、1/18回転分ほどの遊びがあります。最後にネジを手じめする時、この遊びが気になる人もいるでしょう。

重さや軸の遊びは、慣れることで気にならなくなります。

S爺
私は、不要品の分解に使っています。

いきなり電動でゴリゴリと回して、ねじ溝をつぶさないように、手で回して確かめます。

ストレート型電ドラなら、普通のドライバーに持ちかえる手間が省けます。

まとめ

PushDriveを買ってレビュー記事を下書きのまま放置していたら、プロ用のBosch GOが発売されてしまいました。

タイムセールで半額近い値段で売られるので買って両方試しています。

Bosch GOの方が、トルククラッチが機械式で、IXO5のトルクアダプターと同じ構造になります。しかし、IXO5のトルクアダプターは、10段階のトルク調整ができるのに対して、Bosch GOは5段階なので使いづらいです。

PushDriveの電子制御によるトルク制限機能は、電源コントロールのマイコンのプログラムが今ひとつです。トルク調整のダイヤルにクリック感がないので、切りかえられたのか?分かりにくいです。

モータの保護機能と言いかえた方がわかりやすいか。

S爺
PushDriveのトルク制限停止機能の特性さえ頭に入れておけば、ネジ山を潰すタイミングが感覚がわかってくるので、それなりに使えます。

事務器の組み立てや分解は、六角(HEX5番)やボルトとナットですから、ネジ山を潰すこともないし、手でしっかりと握れてパワーもあるので、IXO6+トルクアダプターよりは使い勝手が良いです。

Amazonで BOSCH PushDrive を見る 楽天で PushDrive を見る

Amazonで BOSCH GO を見る 楽天で BOSCH GO を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-工具
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2020 All Rights Reserved.