月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

DIY

防塵・防水規格 IP表記 まとめ

投稿日:2018年6月27日 更新日:

このページは、工業製品の防水・防塵規格についてまとめている。レビュー記事から、参照するためのもの。

保護規格のIP○○

保護規格は、IP○○と表記される。

IP○○は、国際規格

第一記号と第2記号と分かれていて、それぞれに意味がある。

第一記号は、人体、固形物に対する保護等級 0〜6の7段階

第二記号は、水の浸入にたいする保護等級 0〜8の9段階

それぞれの等級数字を、ワイルドカードのXで表記することもある。

規格でいうと、IPは、IEC(国際電気標準会議)の世界規格で、IEC60529。日本工業規格(JIS)なら、JIS C 0920で定められている。

第一記号(人体、固形物に対する保護等級)・防塵規格

製品を覆うカバーの程度を示す工業規格。

等級 種類 内容
0 無保護 とくに保護されない。むきだし状態
1 50mmより大きい固形物からの保護 5cmより大きなモノが入らない、腕とか足とかが入らない
2 12.5mmより大きい固形物からの保護 φ12.5×80mm つまり、指が入らないようにする
3 2.5mmより大きい固形物からの保護 φ2.5mm、厚さ2.5mmのものが入らないすき間 空冷用のスリットとか
4 1.0mmより大きい固形物からの保護 直径、厚さ、1.0mm以上のものが入らないすき間
5 防塵形 粉塵が内部に入らないように、若干入る
6 耐塵形 粉塵が内部にまったく侵入しない

我々が使うガジェットは、5、6の等級になっているはず。

第二記号(水の浸入に対する保護等級)

等級 種類 内容
0 無保護 何の保護もない
1 滴下する水に対する保護 ポタポタとおちる水に耐える 傘みたいなかんじ
2 15度傾斜して、滴下する水に対する保護 15度傾けても大丈夫な程度の深い傘 みたいな
3 噴霧水に対する保護 垂直から60度範囲で霧吹きをかけても耐える
4 飛沫に対する保護 どの方向からの水の飛沫に耐える
5 噴流水に対する保護 どの方向からもジャーっとかける水に耐える
6 波浪に対する保護 波浪、どの方向からも、高圧洗浄機の水に耐える
7 水中への浸漬に対する保護 設定した水圧と沈積時間に耐える
8 水没による保護 設定した水圧に耐える完全密閉構造
  • 生活防水:1〜4
  • 防滴:3〜4
  • 完全防水:5〜7
  • 水中使用:7

防塵・防滴の例

まとめ

このページで、ガジェットの防塵・防滴規格に関する解説をまとめた。

ブログ内のレビュー記事から、防塵防滴性能の規格IPの数字から、こちらへのリンクができる。









  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-DIY
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.