月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

カメラ レビュー

EOS Kiss X についているズームレンズ EF-S 18-55mm IS STMを保護するフィルター 58mm径

投稿日:2018年1月24日 更新日:

デジタル一眼でレンズキャップを付けたり外したりが面倒だと思う人が多いでしょう。

私も、日頃からよく使うデジタル一眼のレンズにはレンズ保護のレンズ フィルターを付けてレンズキャップは外したまま使います。

カメラのレンズ フィルターって何?

カメラのレンズの前につける部品で、フィルターによって写り方をいろいろ変えることができるものです。

パソコンでの画像処理ができなかった30年前までは、多種多様なレンズ フィルターが売られていました。

  • 保護フィルター
  • 偏光フィルター(LPフィルター)
  • 減光フィルター(NDフィルター)
  • カラーフィルター(エンハンサーフィルター)
  • 色温度調整フィルター
  • コントラスト調整フィルター
  • 特殊フィルター
    • クロス
    • フォギー(霧)
    • ピンホール
    • キャラクターホール(穴)
  • モノクロフィルター
  • 赤外線フィルター
  • 拡大レンズフィルター

などがありました。

今は、パソコンで自由自在にフィルターがかけられますので、レンズフィルターは衰退しています。

保護フィルター、偏光フィルター、減光フィルターとかは、まだ必要なシーンがあると思います。

レンズフィルターにはサイズがある

レンズフィルターにはサイズがあります。自分のカメラについているレンズの先の径を調べましょう。レンズには、かならず、フィルターのサイズが書かれています。

レンズフィルターのメーカー

  • キヤノンやNIKON、オリンパスなどのメーカー純正
  • Kenko
  • HAKUBA

などがあります。

以上を踏まえた上で…

レンズキャップはせず、かわりに保護フィルターをつける

私も、KenkoのMCフィルター、レンズ保護フィルターを付けています。キヤノンの純正の保護フィルターもありますが、高いです。

サイズを間違えないように

EOS Kiss X8iのレンズキットについてくる純正の標準ズーム(EF-S 18-55 IS STM)のレンズの口径は、58mmです。

Amazonでもベストセラーのアイコンが付くくらいなので、みんな買っていると思います。

割れないように固定されている

こんなかんじでケースは開きます。

レンズの先に付けるフィルターは、偏光フィルター、色調修正フィルターなど、好みで付け替えることがありますから、外したフィルターはケースに入れて保管します。

フィルターの枠の厚さだけレンズの先が伸びる

まぁ、昔からKenkoのフィルターといえば、定番だったので、とくに問題なし。

同じ径なので、レンズキャップははめられるよ

もちろん、レンズキャップはフィルターをつけたままでも装着できます。

カメラは手許に転がして置くものです

カメラは、無造作に机の上に転がしています。すぐに手にとって撮りたいので、レンズキャップは外したままにしています。

保護のために、というより、レンズを拭くよりフィルターをふいた方が気兼ねなく拭けるというのがメリットでしょう。泥埃を圧搾空気で飛ばしてからってのが一手間かかりますからね。

まとめ

ライブドアの旧ブログの記事をリライトして、こちらに再掲載しました。

この単なる透明なガラスのフィルターは、軟膏を塗りつけて意図的なボカシを演出したり、二枚重ねにして水滴を付けたりして、っていう視覚効果を演出させるために、昔はよく使いました。

今は、Photoshopがあるので、カメラのフィルターを付け替えたりして、視覚効果を付けるなんてことはしません。

三脚をたててカメラを固定し、同じ構図で数枚、明るさやピントを変えて撮影したRAWデータがあれば、パソコン上で、ハイコントラストな写真やすべてにピントが合った写真とか、自由自在に作れるんですよ。

PhotoshopやLightroomのフィルターのメニューだけ、昔は、レンズフィルターを付けて撮っていたということです。

レンズフィルターもAmazonで買っています。傷が付いたら交換します。

2年目で、一枚買い換えました。工作中の写真を撮っていたら、切削片が飛んで傷が付いたんです。フィルターがなかったら、レンズの買い換えになっていたでしょう。

防護メガネなしでは、危なくて仕事になりませんので。









  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-カメラ, レビュー
-

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.