月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

USB オーディオ ガジェット ヘッドホン・イヤホン レビュー

Creative Bluetooth Audio bluetooth USB transceiver(BT-W2)を買った

投稿日:2017年6月28日 更新日:

 BluetoothのワイヤレスのヘッドホンやイヤホンをつなぐためのUSBアダプター(USBドングル)が数多く売られている中で、今回は、

CreativeのBT-W2というUSBオーディオアダプターを紹介

します。Amazonのクリエイティブメディア(直販)から、4298円(税、送料込み)で買いました。

 結論から言うと

BT-W2自体がUSBオーディオデバイスであり、さらにBluetoothの送受信機能が付いている

ということです。

CreativeのBT-W2のスペックをざっくりとまとめると

Bluetooth バージョン Bluetooth 2.1 + EDR(Enhanced Data Rate)
使用周波数 2402〜2480MHz
サポートするBluetooth profiles A2DP(Wireless Stereo Bluetooth)、AVRCP
サポートするコーデック aptX-LL、aptX、FastStream、SBC
使用範囲 遮るものがなければ10mまで、壁などさえぎるものがあれば短くなる
使用可能温度 摂氏0〜45度

 説明書にかかれている仕様です。コーデックがapt-Xに対応しているので、対応しているBluetoothのヘッドホンやイヤホンで高音質の音楽を聴けることになります。

 CreativeのBluetoothヘッドセットならマイクも使えます。他のメーカーのワイヤレスヘッドホンのマイクは使えません

CreativeのBT-W2のフォトレビュー

本体自体はすごく小さい。

 BT-W2本体と、マルチリンガルの説明書、保証書が付きます。

1.7cm角

 BT-W2本体の大きさは、17×17×8.5mmで、重さは3.3gです。USB-Aのポートにさして使えます。

PCに挿す時も後側のUSBへさすと目立たない。

 1.7cmの黒い樹脂部分がボディから張り出すので、ノートPCにさしたままで持ち運ぶような使い方はしない方がいいでしょう。

ゼンハイザー HD 4.50 BTNCとBT-W2をつなぐ

 Bluetoothのヘッドホンは、HD4.50BTNCしかもっていないので、これをBT-W2につないでみました。

お互いにペアリングしてつなぐ

 手順は、

  1. パソコンのUSBポートにBT-W2をさし、音声出力をBT-W2に変更する。
  2. BT-W2のボタンを長押しして、ペアリング(青のLEDが点滅する)状態にする
  3. HD4.50BTNCヘッドホンの電源ボタンを長押しして、ペアリング
  4. ヘッドホンと接続すると、「Connected」って言って使えるようになる

 Creative純正のワイヤレスヘッドセットなら、マイクがつかえます。しかし、ゼンハイザーのHD4.50BTNCでは、マイクが使えません。残念です。

 まず、パソコンのUSBにさして、ペアリングボタンを3,4秒長押しします。すると、青いLEDの点滅が始まってペアリング待機中になります。

点滅と点灯で動作状況がわかる

 ヘッドホン側をペアリング状態にすると、ペアリングします。すると、青いLEDは点灯したままになります。

Windows 10のパソコンにBT-W2をつける

 Windows 10のパソコンのUSBに挿して使えます。

設定 のサウンドから選択します。

 「Creative Bluetooth Audio W2」という名称で、「汎用のUSBオーディオデバイス」として認識されます。プロパティを選択して、他のオーディオと同じように、設定ができます。ただし、Creative純正の対応したヘッドセット以外はマイクが使えません。

 ビジネス用のPCは、サウンドカードを搭載していないものもあるので、その場合は、これをさして、ワイヤレスヘッドホンでapt-Xコーデックによる高音質の音楽を聴きながらできます。

MacにBT-W2をつける

出力側は使えるが、入力側は接続するヘッドセットに依存

 Macにつないでも、Creative Bluetooth Audio W2として認識されます。出力側は、どのワイヤレスヘッドホンやイヤホンともに接続できます。ただし、入力、マイクの方は、Creative純正の対応ヘッドセットでなければ有効にならないようです。

 音的にも、apt-Xに対応したヘッドホンであれば、SBCにくらべて音が良いかな?と思うくらいで、ぱっと聞いたかんじでは、SBCもapt-Xも同じに聞こえます。

PS4にBT-W2をつける

PS4 Proは、BT-W2がでっぱりに干渉する

 PS4 Proの前面パネルのUSBポートは、PS4にくらべて溝の深い位置にあるため、BT-W2が干渉して、奥まで挿せません。だから、PS4 ProではBT-W2が使えないという人もいるかも知れません。グッと差し込めば、認識するようになります。

初代PS4へは、問題なくさせる

 初代PS4には、干渉するほど出っ張りがないので、BT-W2はそのまま挿せます。PS4にとっては、このBT-W2は、USBヘッドセットとして認識します。

BT-W2をPS4はUSBヘッドセットとして認識する

 ただし、Creative純正のワイヤレスヘッドホンではない場合は、マイクが使えません。

 それに、若干の音ズレがあるように感じます。音ゲーをプレイするユーザは、気になるレベルかもしれません。

 マイクは使えないことから、ボイスチャットが必要な人は、Creative純正のヘッドホンやPS4専用のプレミアムワイヤレスステレオヘッドセットなどを使うようにしましょう。

まとめ

 CreativeのBT-W2は、USBオーディオインターフェイスとBluetoothのオーディオトランシーバーが一つになったものです。高音質で音楽を伝送できるコーデックapt-Xが使えるのが特長です。

 apt-Xのコーデックに対応していないパソコンとBluetoothのワイヤレスヘッドホンやイヤホンをつないで音楽を聴く時に、このBT-W2でつなぐことで、SBCコーデックの音よりはマシな音質で聞くことができます。

 PS4にも使えます。しかし、USBドングルとセットのPS4専用のSONY純正ワイヤレスステレオヘッドホンが1万円で買えることを考えると、USBドングル部だけで4200円は高いと思います。

 すでに、自分のお気に入りのノイズキャンセル機能付きのワイヤレスヘッドホンを持っていて、(マイクが使えないのでVCができないけど)あえてPS4につないで使いたいという人だけのものでしょう。音ズレも感じる程度あるということは、無視できないレベルだと思います。

 ですから、CreativeのWP-450のワイヤレスヘッドセットとBT-W2のセットで使うのが良いと思います。

スポンサー広告

スポンサー広告

-USB, オーディオ, ガジェット, ヘッドホン・イヤホン, レビュー
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2017 All Rights Reserved.