Mac

macOS復旧(macOS Recovery)のやり方 まとめ・macOS Big Sur 以降【Macが起動しない、拡張機能が設定できない、 起動ディスクを選んで起動する やり方】

2021年3月3日

macOS 起動オプションの画面 リカバリー画面

macOS Big Sur(ver 10.11)以降のMacのシステム復旧(マックOSの再インストールやセキュリティ情報の変更)の方法 まとめ

Macが起動しない時、まずやること

  1. 電源が入るかどうか? ディスプレイに何か映るかどうか?
  2. 電源ボタンを長押ししてランプが消えてから、電源ボタンをいれて… どうなるのか?

を確かめる。

起動音「ジャーン」がして、画面にアップルマークやプログレスバーがでるのであれば、Macのハードウエアとディスプレイの接続に問題はない。

画面に何もでない、ファンの音がするだけ、起動音すらしないのであれば、HDMIケーブルとディスプレイを確認する。

復旧しないようなら修理に出すか、新しいMacを買う段取りをする。

Macの起動中 カーネルパニックがでて再起動する場合

カーネルパニック

「問題が起きたためコンピュータを再起動しました。このまま起動する場合は、いずれかのキーを押すか、数秒間そのままお待ちください。」と画面がでる。これをカーネルパニック画面と呼ぶ。

再起動を繰り返す場合、ハードウエアに何らかの問題が起きている。

メモリーの異常eGPU、外付けのストレージなどThunderbolt 3でつないだ 周辺機器が原因で起きることが多い。

macOS復旧 / macOS リカバリー画面を出す

準備

  • iMacやMac miniには、有線のUSBキーボードとUSBマウスをつなぐ
  • インターネットにつながるように有線LANケーブルをつなぐ
    • MacBook の場合は、ドライバーをインストールしなくても使えるUSB-C-LANアダプタで有線LANにつなぐ
S爺
有線LANでつなぐ理由は、macOSの再インストールにする時、Wi-Fiだとダウンロードに時間がかかるからです。

Macの電源が切れている状態から、

Apple シリコン(Mチップ Mac)の場合

Macの電源ボタンを(約10秒)押し続ける。

macOS 起動オプション Big Sur

起動オプションの画面がでるので、右の「オプション」のアイコンをマウスで選んで、「続く」をクリック。

Intel プロセッサ(Intel Mac)の場合

Macの電源をいれて起動音が鳴る前に、コマンドキー と R の2つのキーを同時押しし続けて、アップルマークやプログレスバーが表示されるのをながめて待つ。

パスワードが分かっている管理者ユーザの選択

パスワードが分かっている管理者ユーザを選択

ユーザを選んで、「次へ」をクリックして、パスワードを入れる。

macOS復旧ユーティリティ画面

macOS復元ユーティリティ

起動オプションから、「続ける」

メインウインドウ
  • Time Machine バックアップからの復元
  • macOS 再インストール
  • Safari(オンラインヘルプ参照)
  • ディスクユーティリティ
アップルメニュー
  • 起動ディスク
  • 再起動
  • シャットダウン
ユーティリティメニュー
  • スタートアップセキュリティ ユーティリティ
  • ターミナル
  • ディスク共有…

公式は、

起動セキュリティユーティリティ

起動セキュリティユーティリティの起動

macOS復旧ユーティリティのメニューがでているところで、上のメニューバーの「ユーティリティ」から、「起動セキュリティユーティリティ」を選んで起動する。

起動セキュリティユーティリティ 右下 セキュリティポリシー

右下の「セキュリティポリシー」をクリック。パスワードを聞かれるので入れる。

起動セキュリティユーティリティのセキュリティポリシーの変更

  • 完全なセキュリティ
  • 低セキュリティ
    • 確認済みの開発元から提供されたカーネル機能拡張のユーザ管理を許可
    • カーネル機能拡張と自動ソフトウェア・アップデートのリモート管理を許可

で、低セキュリティのラジオボタンをオン。「確認済み…」にチェックをいれて

起動セキュリティユーティリティ 右下 セキュリティポリシー設定後の再起動

再起動する。

外付けのHDDやSSDで起動するためには、「完全なセキュリティ」にチェックがはいっているとできない。「低セキュリティ」にすること。

Intel Mac の起動オプションで起動ディスクを設定する
  • 外部メディアまたはリムーバルメディアからの起動を許可しない
  • 外部メディアまたはリムーバルメディアからの起動を許可する

外付けのSSDやHDDからの起動をする場合は「起動を許可する」にしておくように。

Time Machineからの復元(Time Machine System Restore)

Time Machineからの復元

macOSを元のバージョンに戻す時に使う。

macOS Big Surを再インストール(リカバリーモード)

Intel Macの場合は、

  • option + command + R(macOS Sierra 10.12.4より前)
  • shift + option + command + R

の同時押しで起動した場合、直近のmacOSをネットワーク経由でダウンロードしてインストールする。

macOS Big Surのインストール

上書きインストールも可能だが、ディスクユーティリティで内蔵SSDを消去(初期化)してから、macOSをインストールする“クリーンインストール”する方が良い。

Big Sur 12.0の頃はバグがあってインストールに失敗することがあった。

他人にMacを譲るときの初期化とmacOSの再インストールでは、管理者の設定をせず、コマンド+Qでアシスタントを終了させる。

M1 Macの場合、macOSの再インストールすら起動できない場合は、「Apple Configurator 2」につないでDFUモードで復旧を試みる

Safari

Safariでヘルプ表示 要インターネット接続

Macをインターネット回線につなぐ理由は、macOSのダウンロードと、ヘルプの参照のためだ。

オンラインなのは、最新のサポート情報を表示するため。

ディスクユーティリティ

ディスクユーティリティ macOS BASE Systemボリューム

内蔵SDDを消去(初期化、フォーマット)するための専用ツール。

ファイルフォーマットは、APFSにする。形式は、GUIDパーティション。

診断モード

起動オプションから、オプションのギアのアイコンから。

キーボードで、コマンド+D

セーフモード

ユーザのキャッシュデータを破棄、サードパーティのドライバー類を無効化して起動。

「起動オプションを読み込み中」が出るまで電源ボタンを長押し、起動オプション画面で

  1. 起動するディスクを選択
  2. shiftキーを押したまま、セーフモードで「続ける」をクリック

Startup Manager / スタートアップマネージャ(起動ディスクの選択)

macOS 起動オプション Big Sur

  1. 起動するディスク、ボリュームを選べる。
  2. 起動オプションで、起動できるディスク/ボリュームが表示される
  3. 選んで、「続ける」をクリック

デフォルトのスタートアップボリュームの指定

起動オプションから、ディスク/ボリュームを選択し、optionキーを押すと「常に使用」にかわるので、それをクリック。

詳細モード(Verbose Mode)起動プロセスの表示 

リカバリーモードのウインドウメニューから、リカバリーログをみられる。

従来のVerboseモード、「-v」の引数をつけるのは、NVRAMに設定できる。

M1チップのMacには、NVRAMがないので、設定して不具合がある場合は、システムを再インストールするしかない。

SMC/NVRAMのリセット

Appleシリコン(M1チップ)のMacにはNVRAMがない。

システムレポート ソフトウエア NVRAM System Information

Intel Macでは、システムレポート、ソフトウエア、ログ、NVRAMの内容 System Information に表示。

リカバリーモード(DFUモード)

iPhone / iPad など iOSデバイスをMacにつないで、Apple Configurator 2で一括管理する方法がある。

2018年以降に発売された新しいMac

  • Intel Macの T2チップ搭載モデル
  • Appleシリコン(Mチップ搭載)

macOSのアップグレードに失敗すると、

  • RecoveryOS(ボリューム)からでさえも起動できない
  • T2チップのファームウエアアップデート中(画面が真暗の無表示のままの状態)に電源ボタンを押してしまった

などの問題が起きることがある。その場合、iOSと同じ要領で復旧を試みる。

リカバリーに必要なもの

  • Apple Configurator 2が動作する最新のmacOS( Big Sur)で起動しているMac(Thunderbolt 3ポートあり)
  • USB-C → USB-C 充電ケーブル / USB-A → USB-C 充電ケーブル(USB2.0の信号線と5Vのバス電源の4線接続タイプ)
    • Thunderbolt 3ケーブルはサポート外
復旧するMacのThunderbolt 3(USB-C)ポート

Apple Configurator 2が起動できるMacとつなぐ、復旧する側のMacにつなぐ先は

  • Mac mini:HDMI出力端子に1番近い Thunderbolt 3ポート
  • MacBook Air / Pro:左手側の手前にあるThunderbolt 3ポート
  • iMac:Ethernet端子から1番近いThunderbolt 3ポート

に、USB-Cケーブルを接続。

Thunderbolt 3ケーブルだと5V以上の大きな電力を送ってしまい… ってことだと思う。

つないだら、復旧される側のMacの電源をいれる時に

  • Mac mini:電源ボタン3秒長押し
  • MacBook :電源ボタンをおしたまま、右shift + 左Option + 左Control キー 同時押し3秒
  • iMac:電源ケーブルをコンセントから抜いた状態から、電源ボタンを押したままでコンセントに電源をいれて3秒

詳しい手順と対応機種は、公式を参考に!

Apple Configurator 2を使ってIntelプロセッサを搭載したMacを復活させる/復元する - Apple サポート
Apple Configurator 2を使ってIntelプロセッサを搭載したMacを復活させる/復元する - Apple サポート

まれな状況でAppleコンピュータが反応しなくなった場合は、チップのファームウェアを復活させる必要があります。

まとめ

Macの不具合が起きたときに、復旧するための起動方法やアプリケーションの使い方を自分なりに分かるように、まとめたメモをブログ記事にアレンジして公開する。

macOS Big Sur(Ver 11)から大幅に変更され、さらにMacのCPUがAppleシリコンの独自SoCにかわり、取り扱いがiPhoneやiPadと同じになってきたのが興味深い。

順次、変更やスクリーンショットを追加して、充実していく。









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-Mac
-,

© 2021 サンデーゲーマーのブログWP