月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

WiFi ルーター・LAN ガジェット 家庭菜園

気象観測装置 Netatmo を PA-WG2600HP3(Wi-Fiルーター)につなぐ方法

投稿日:

 Netatmoは、フランスの会社が開発したクラウドIoTの家庭用気象観測装置です。このページでは、NetatmoをWi-Fiにつなぐ方法を解説します。

Netatmoについては、こちらのページで紹介しています。

人気記事
気象観測装置 Netatmo ウェザーステーション NET-OT-000001を買って 3年と半年 使って故障したので買い直した

S爺時々、Netatmoのサーバーが動かない時があって、その時は、Netatmoが使えません。2018年8月24日昼頃にも不具合がありました。 2014年の11月に、Netatmo ウェザーステーショ ...

NetatmoをWi-Fiルーター(PA-WG2600HP3)につなぐ

Netatmoには、マニュアルが添付されません。Netatmoのサイトに登録することで、マニュアルや設定用のアプリがダウンロードできます。

大まかな手順は、

  1. パソコンのブラウザから、設定で、Netatmo_Wizard アプリケーションをダウンロード
  2. パソコンにUSBケーブルでNetatmoをつなぎセットアップする
  3. しばらく様子を見て、気温湿度など気象データが送信されて反映されるのを確認

です。

Netatmoは、スマホからでもセットアップできます。Android、iOSともに、「Netatmo」というアプリがあるので、それをダウンロードして起動して、その指示に従います。

S爺
最初のセットアップがWi-Fiによるアドホック接続になるので、パソコンでやるより分かりにくいです。

Netatmo セットアップウィザードをダウンロード

Netatmoのユーザーページの右上にある、設定のアイコンをクリックして、設定のウインドウを開きます。

Netatmoの設定のアイコン

Netatmoの設定のアイコン

ここをクリックして、設定のウインドウが開きます。

NetatmoのWi-Fi設定

NetatmoのWi-Fi設定

下へスクロールしていって、「高度な設定」の「Wi-Fi設定」の右の>をクリックします。

セットアップウィザードのダウンロードをクリック

セットアップウィザードのダウンロードをクリック

セットアップウイザードのアプリケーションをダウンロードします。Macの場合は、ディスクイメージでダウンロードしますから、ダウンロードフォルダで、NetatmoWizard_MacOS.dmgをダブルクリックしてから、アプリケーションフォルダに、Netatmoのアプリをコピーします。

Netatmoを起動ダブルクリックして起動

NetatmoをパソコンとUSBケーブルでつなぐ

NetatmoをパソコンとUSBケーブルでつなぐ

ウイザードというくらいなので、指示に従います。USBケーブルでパソコン(Mac)とつなぎます。

既に設定がしてあるものは上書きをする

既に設定がしてあるものは上書きをする形になる

過去に一度でも、Netatmoを設定していれば、「Wi-Fi設定はウェザーステーションで検出されましたが、作動していないようです。セットアップウィザードを上書きします。」という警告がでます。

S爺
Netatmoは、ひとつのWi-FiのSSIDは、一つだけしか登録できません。複数のSSIDでつながりやすいところにつながりません。

PA-WG2600HP3のクイック設定Webで、

  • 2.4GHzのESS-IDステルス機能をOFF
  • MACアドレスフィルタリングをOFF

にします。

PA-WG2600HP3のSSIDを開放する

2.4GHzのSSIDを見えるようにする

こうすることで、子機(Netatmo)のWi-Fiの設定が分かりやすくなります。

SSIDの選択画面がでます。

Netatmo SSID選択画面

SSID選択画面

Netatmo セットアップウイザードは、隠蔽したSSID(ESS-IDステルス機能)をONにしていても、SSIDを直うちできます。しかも、MACアドレスも表示されています。

S爺
いちいち、クイック設定Webで、隠蔽を解除しなくても良いのですが、せっかくなのでw

SSIDを選択します。隣の家のSSIDがうっとおしいですが、仕方ありません。都会だと、ズラズラとでるので、自分ちのSSIDを見つけるのがたいへんでしょう。

SSIDを選択し、暗号キーをいれる

SSIDを選択し、暗号キーをいれる

SSIDを選択して、暗号キーをいれたら、右下の「接続」ボタンを押します。暗号キーを間違えていなければ、つながります。

NetatmoがWi-Fiに接続して成功した

接続成功

これで、Netatmoは、使えるようになります。気温、湿度、気圧、音、二酸化炭素濃度のデータをNetatmoのサーバーに送くるので、それをユーザーページでグラフでみることができます。

Netatmoのユーザページ

グラフで表示される

PA-WG2600HP3「見えて安心ネット」に登録

ブラウザで、PA-WG2600HP3のクイック設定Webの「見えて安心ネット」を開きます。

見えて安心ネットで端末1を登録する

認識した端末を登録する

PA-WG2600HP3からは、接続した子機(スマホやタブレット)の名前をあらかじめ認識して端末に表示してくれるようになりました。しかし、Netatmoは、古い形式みたいで、「端末1」と表示されます。

登録をするため、クリックします。

見えて安心ネット 大人の端末で名前を付けて設定

見えて安心ネット 大人の端末で名前を付けて設定

「端末情報設定」で、

  • 端末区分:24時間接続なので、「大人の端末」
  • 端末名:「端末1」から「Netatmo」へ

にします。バンドステアリングはOFFにしているので、選択できません。

設定を反映させるために、「設定をする」ボタンを押して登録します。

クイック設定Webにもどって、「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」を開いて、

  • ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽) をON
  • MACアドレスフィルタリング をON

にして、設定ボタンを押して反映させます。

Netatmo セットアップウイザードで「隠蔽したSSID」で接続しなおす

古いWi-Fiの場合は、SSIDをかくしても、そのままつながります。iPhoneなど最近のWi-Fiは、隠蔽した後で、SSIDを直うちして再登録しないとアクセスできません

念のために Netatmoも、し直します。

先と同じ手順ですすめていきます。

SSIDは隠蔽されているので、「Wi-Fiネットワークを検索」ボタンをおしても、SSIDが出てこなくなりました。

隠蔽したSSIDは直うちなので手間がかかる

SSIDをじかうちする

そこで、「Wi-Fiネットワークは非表示です。」のチェックボックスに✓(チェック)をいれて、SSIDを直うちします。暗号キーも入れ直して、「接続」ボタンをおして、接続します。

これで、Netatmoは、PA-WG2600HP3に、2.4GHz帯で接続できるようになりました。

まとめ

Netatmoは、世界中で使われていて、世界地図でその外気温や湿度をみることができます。

Netatmo カナダの気温

Netatmo カナダの気温

インターネットがある場所なら、世界中どこにでも、Netatmoのユーザがいるので、気温と湿度と気圧変化がわかります。

日本は、Netatmoのユーザが多くて密度が高いです(笑)

インターネットに接続して使う機器、IoTとして、昔からあるNetatmoのWi-Fiへの接続方法を紹介しました。

Amazon EchoやGoogle HomeなどのスマートスピーカーとIFTTTなどの家電制御と合わせて、こういった気象観測装置も統合されていく時代なのです。

その要になるWi-Fiルーターですから、PA-WG2600HP3のような、まともな日本のメーカーのものを使いましょう。

最新モデル
NEC Wi-Fiルーター Aterm PA-WG2600HP3を買ったのでレビュー

NECの家庭用Wi-Fiルーター Atermシリーズの最上位モデル「PA-WG2600HP3」が2018年7月5日に発売されました。 10年に一度の大当たり機種だったWG2600HP2とおきかえて、テ ...

続きを見る









  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-WiFi ルーター・LAN, ガジェット, 家庭菜園
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.