USB

USB電流テスター HIDANCE WEB-U2 を買ったのでレビューと使い方まとめ

2019年3月10日

多機能USB電流テスター WEB-U2

中華の独擅場にある USB電流電圧テスターの中でも、AliExpressで売られているもので気になるモデルを買って試しています。

  • 購入品:HiDANCE USBテスター WEB-U2
  • 購入時期:2018年12月
  • 購入価格:32ドル、約4千円
  • 購入店:AliExpress

結論から言うと、使いにくくて、造りがわるいため、低温での動作が不安定です。

2年経過して、調子が悪くなってきました。

WEB-U2 外観とコネクター類

WEB-2 下縁コネクタ

  • USB入力:USBーAプラグ
  • USB出力:USBーA ジャック
  • TYPE-C IN:USB-Cの入力
  • TYPE-C OUT:USB-Cの出力
  • Micro IN:microBーUSB 温度センサー用

WEB-2 上部ボタンなど

  • PC USB HID:ファームウエアアプデート用のmicroB USBポート Windows パソコンからアップグレードする
  • OKボタン:設定、画面キャプチャー、終了ボタン、ーボタン
  • Mボタン:メニュースイッチ、画面反転、確認ボタン、+ボタン

WEB-2 U2 スペック

  • 入力電圧:DC 4〜24V;分解能 0.00001V
  • 電流:±5A;分解能 0.00001A
  • 容量記録:〜99999Ah、99999Wh
  • 内部温度センサー:-20〜+120度
  • 外部温度センサー:同じ
  • 内蔵フラッシュメモリー:
  • ファームウエアアップグレード方法:HID端子
  • コンピュータへの接続:HIDのホストコンピュータ

意味のない、スペックだけの桁表示です。

P1 メインメニュー(電圧、電流、消費電力表示)

WEB-2 U2 メインメニュー

 

OKボタン 

短押し:5桁、6桁目の切り替え

長押し:なし

5桁:高速描画

6桁:低速描画で高精度表示

Mボタン

短押し:次の画面へ

長押し:画面表示方向切り替え

電圧と電流、消費電力の基本表示、→ は、電流の方向

右上のアイコン表示

T:ジェスチャー動作認識アイコン

緑色の時は、ジェスチャー動作認識アイコンがON、灰色は、OFF。ONのときに、U2をダブルタップすると画面が二倍になる

C:シリアル通信アイコン

緑色はオープン、灰色はオフ。シリアル出力データは通常Bluetoothバージョンで使用。シリアルデータを出力可能。
シリアルポート機能が有効にすると、C文字が1回点滅、シリアルポートがデータを1回送信する。

丸い矢印のアイコン:画面回転

緑色は重力方向認識がオン、灰色はオフ。
家庭用大型ワードインターフェースと温度計インターフェースは自動的に4方向、他のインターフェースは2方向に回転可能

U、S、Bアイコン:US

黄色のUSBアイコン、U、S、Bの文字が順番に点滅し、コンピューターに接続されているHIDインターフェースを表します。
機能はオン、緑色はオンライン成功、灰色はクローズを意味します

赤い○:オフラインカーブ記録切り替えアイコン

赤は、単独での電流グラフ記録機能がオンであることを示します。

  • 赤の点滅:データが記録中
  • 赤の点灯:メモリーが一杯になった
  • グレー:オフ

P2 容量表示メニュー

WEB-2 U2 2ページ目 容量表示

OKボタン
  • 短押し:画面キャプチャー
  • 長押し:能力記録グループの選択
Mボタン
  • 短押し:次の画面へ
  • 長押し:画面表示方向の切り替え

RUN:計測中、STOP:計測停止

メモリーは、6組。Ah、Whを毎回別々に記録できます。

スマホやモバブの充電容量と時間を保存することで、バッテリーの容量を推測できます。

P3 内部抵抗メニュー

WEB-2 U2 内部抵抗メニュー

OKボタン

短押し:画面記録

長押し:LEDのONとOFF

LEDパネルライトは、Bluetoothバージョンで利用可能です。

Mボタン

短押し:次の画面へ

長押し:最大平均レコードと最小平均レコードをリセットする

等価内部抵抗:電気機器の等価内部抵抗(参考のために、電圧/電流で計算)max:最大値min:最小値record avg:平均値record maximum、最小、平均値は、電気機器が使用中の最大、最小、および平均の電圧、電流、および電力の値。観測データは、携帯電話やその他の電気機器の充電状態を推定するために使用できます。
Mキーを押したままにするとデータが消去され、録音が再開されます(たとえば、電話を測定し、最初に電話と充電器を接続し、電話が正式に充電状態になるのを待ってからMキーを押すと録音が開始されます)。 

P4 クイックチャージ表示メニュー

WEB-2 U2 クイックチャージニュー

OKボタン

短押し:

長押し:摂氏華氏切り替え

Mボタン

短押し:次の画面へ

長押し:急速充電プロトコル検出インターフェースに入る

D + D電圧表示:現在のD +ポートとD-ポートの電圧を表示
急速充電プロトコル:D + D-と電圧および電流データに基づく現在可能な急速充電プロトコルの推論

内部温度:オレンジ色温度表示U2 PCB基板上の温度センサ温度外部温度:外部NTC温度プローブ(オプション)は自動的に外部プローブ温度を表示します(接続されていない場合は、灰色の「外部温度」文字が表示されます)。

ウェイクアップ:自動ウェイクアップ電流、すなわち周辺機器の挿入、引き出し自動検出画面が暗いまたは黒の場合、設定値を超えて外部から挿入された負荷動作電流が変化すると、自動的に画面がウェイクアップします。

メインインターフェースに戻ることを拒否するための急速充電
黄色いラベルは詐欺プロトコルを示します
高電圧出力による急速充電プロトコルインターフェース
赤点滅警告
電気の安全に注意を払うようにユーザーに思い出させる

P5 総合情報メニュー

WEB-2 画面1

OKボタン
  • 短押し:容量データの6つのグループを切り替える
  • 長押し:すばやく現在の容量グループデータを消去する
Mボタン
  • 短押し:次の画面へ
  • 長押し:温度計機能の切り替え

6個分記憶データ処理メニュー(充電効率計算ガジェット)

シリアルポート:OFF:シリアルポートのデータ送信機能がオフになります。
Group:1/6はカレントレコードデータグループを表し、current threshold:オフラインカーブ機能をオンにした後、このカレント値を超えるとデータを記録することを表します。

例:携帯電話の充電容量を記録すると、携帯電話が完全に充電されても充電器には一定の電流出力があるため、一般的な電流しきい値は50mAに設定されます。この値を下回るしきい値は、携帯電話が完全に充電され、データを記録しなくなったと見なされます。それ以外の場合、記録された容量は不正確になります。

他の機器の充電状態を記録します。実際の状況に応じて、0または他の値に設定できます。
Ah:現在の記録グループの現在の記録容量Wh:現在の記録グループのワット時容量記録時間:現在の記録グループの有効統計データ時間(自動メモリ蓄積)電源投入時間:U2電源投入時間(電源切断は保存されない)

オフラインカーブ録画容量:残りの録画スペースの割合を示します
緑色のバー:オフライン録画を開く
残りの記録容量を表示する(スペースレッドはすでに使用されている、残りのグリーン)

温度計機能:

内蔵情報メニューでMキーを押すと、体温計インターフェースに切り替わります。

OKボタン:
短押し:摂氏/華氏を切り替える長押し:NC
Mキー:
短押し:摂氏/華氏の切り替え長押し:画面のカット

外付けNTC温度センサーを挿入した後、内部と外部の両方の温度を自動的に表示OKボタン:短押し:摂氏/華氏を切り替える長押し:NCMキー:短押し:摂氏/華氏の切り替え長押し:画面のカット

グループ容量記録クイックメニュー:

 

統合情報メニューでMキーを長押しの2回押すと、記憶データ処理メニューに切り替わります。

OKボタン:
短押し:グループを選択
長押し:現在のグループデータを消去
Mキー:
短押し:グループを選択
長押し:次へ

課金効率計算ガジェット:
充電宝の充放電効率 - バッテリー減衰自動計算
固定計算グループ1 /グループ2の比率
充電充放電効率を充電します。
最初に充電宝物を充電し、次にグループ1充電宝物を記録する全放電容量グループに切り替える2完全充電
そうすると1/2は充電宝の充電効率を知ることができます

P6ライン抵抗測定メニュー:

OKボタン:
短押し:記録基準値長押し:NC
Mキー:
短押し:カットスクリーン長押し:NC

圧力降下法は、ワイヤの内部抵抗を測定するために2つのステップしか必要としない(定電流負荷を必要とする)。
1:充電器+ U 2 +定電流負荷:1A短押しOK基準値を記録して点滅2:ストリング受信テストデータラインはデータラインの電圧降下を通る電流を測定してから、データラインの内部抵抗を自動的に計算

電流、電圧 オシロ グラフ

WEB-2 U-2 グラフ

曲線1:電圧と電流の曲線
OKボタン:
短押し:STOPスクリーンショットを一時停止長押し:曲線のサンプリング速度を切り替える
Mキー:
短押し:カットスクリーン
長押し:次の曲線を切り替える

OKボタン

短押し:

波形キャプチャを見やすくして、画面のキャプチャを一時停止し、もう一度押すと長押しに戻ります。

OKボタンを押す。

カーブスキャン速度の切り替え

0.1秒/0.2秒/0.5秒/ 1秒/ 2秒/ 5秒感度、上の写真は現時点で0.01V / DIV 0.01A / DIV

高速リップルテスト/仮想オシロスコープ

曲線2:バーチャルオシロスコープ

OKボタン:
短押し:STOPは画面キャプチャーを一時停止します
Mキー:
短押し:カットスクリーン
長押し:次の曲線を切り替える

仮想オシロスコープモードに入った後、U2は内部1M高速AD信号取得ポートを起動して電源リップルと波形周波数を測定し、ユーザーが電源出力の安定性を判断できるようにします。

Vppは、U2電源入力の電圧変化振幅(ピークツーピーク)です。
Vppジッタが大きいほど、電源のリップルは厳しくなります。
右上隅の緑色の1.0KHzは、現在の波形の周波数を示します。

U2サンプリングSTM32F072 ARMチップは、わずか1Mの内蔵AD速度を持っているため、帯域幅は高くなく、電源側のフィルタコンデンサ、自動的に測定できる波形周波数は高くありません。

50M以上の通常のオシロスコープを使用するには、詳細なリップル測定が推奨

U2が提供する測定結果は、異なるチャージャ出力の比較として使用できます。

曲線3:D + D曲線
OKボタン:
短押し:停止スクリーンショットの一時停止D + D-急速充電プロトコルの大部分をスクリーン表示できます。
Mキー:
短押し:カットスクリーン
長押し:次の曲線を切り替える

曲線4:オフラインデータ曲線1時間は、曲線レコードの合計期間を示します[OK]ボタン:
短押し:NC長押し:オフライン曲線データを消去
Mキー:
短押し:カットスクリーン
長押し:次の曲線を切り替える

急速充電プロトコル検出トリガー:

プロトコルインタフェース
Mを長押ししてトリガーメニューを起動します
高電圧出力!危険はあなた自身の責任です!
5秒以内に、Mをもう一度長押しして、急速充電検出詐欺メニューに入ることを確認します。

短押しOKとM:上下に機能を選択Mキー:長押しで入る
OKボタン:長押しで終了
M、OKボタン:上下の選択プロトコルを短く押す
ヒント:カーソルが01メニューにあるときは、OKを押して上のメニューを選択すると、最後のメニューにすばやく移動できます。
!! U2詐欺メニューに入った後、高電圧は危険です、電話を拾わないでください!

VOOC仮想ケーブル
OPPOプラスバーチャルオリジナルデータライン機能

急速充電プロトコル自動検出メニュー

自動検出インターフェース、いかなる負荷も接続しない
テストが完了したら、OKを長押しして終了します

黄色:検出中:緑色:サポート:赤色:サポートしていません:紫色サードパーティの課金プロトコルを示します(標準ではありません)









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-USB
-, ,

© 2020 サンデーゲーマーのブログWP