パソコン周辺機器 ヘッドホン・イヤホン

ミキサー付き ゲーミング ステレオヘッドセットが3300円?! 【HS-GM30M エレコム】を買ったのでレビューと紹介

HS-GM30Mの基本配線

仲間とネットで話をしながらゲームをするスタイルが普通になりました。

スマホの通話ソフト、LINE、Discord、Skype、FaceTimeでの会話音声とゲームの音を一緒に聞くための道具が必要になります。

マイク付きヘッドホンとUSBオーディオアダプターのセットHS-GM30Mを買って使っているので口コミ レポートをまとめ

ました。

結論から言うと、音声をまぜるミキサー機能付きのUSBオーディアダプタとヘッドセットが付いて3千円チョイというのはコスパが良すぎです。

  • 購入品:HS-GM30MBK
  • 購入時期:2020年5月
  • 購入価格:3330円
  • 購入店:Amazon Japan G.K.

HS-GM30Mって何が違うの?

おもな特長は、

  • ゲーム機につなぐUSBオーディオアダプタ「HSAD-GM30MBK」付き
  • マイク付きヘッドホン(ヘッドセット)
  • 価格もAmazonで送料税込で3200円前後と安い

です。

値段相応かと思いきや、そこそこ使えてビックリです。

S爺
保証期間はイヤホンと同じで6ヶ月ですので耐久性には全く期待できませんが、運良く1年持てば元が採れるでしょうw。

HS-GM30MBKのフォトレビュー

エレコム HS-GM30MBKのパッケージ内容

エレコム HS-GM30MBKの同梱物

エレコム HSAD-GM30MBKのパッケージ内容は、

  • ヘッドセット:1.5mの4極ミニステレオミニプラグ
  • デジタルミキサー
  • USB-A→micro Bケーブル:1.5m
  • USB-C→microB ケーブル:50cm
  • 3.5mm径 4極 ステレオミニプラグケーブル:1.5m
  • ユーザーズマニュアル

です。

ヘッドセット

重さは、ケーブルこみで、171g。手に持った感じでも、見た目より軽いです。

HS-GM30Mのヘッドセット

HS-GM30Mのヘッドセット

ケーブルやデジタルミキサー(USBオーディオアダプタ)とヘッドホンのセットで、3千円ちょっと。実質、2千円のヘッドホンとは思えないくらい、見た目は良い感じです。

といっても、高級なヘッドホンと比べてはいけません。ガッカリしますからw。

気になる装着感は、値段相応。

ヘッドセット部の主なスペックは、

  • 重さ:162g(ケーブル含まず)、ケーブル込み 171g
  • サイズ:幅165mm×奥行75mm×高さ170mm(ケーブル含まず)
  • ヘッドホン装着方式:オーバーヘッドタイプ
    • ドライバーユニット:直径4cm
    • 最大許容入力:50mW
    • インピーダンス:32Ω
    • 周波数帯域:20〜20000Hz
    • ボリューム調整ダイヤル付き
  • マイク
    • コンデンサーマイク
    • ミュート機能あり
    • 無指向性
    • 入力感度 -40db±3db
    • インピーダンス:2.2KΩ
    • 周波数帯域:100〜10000Hz

と、決してハイスペックではない、安物のヘッドセットです。

HS-GM30Mのヘッドセットのイヤーパッド部

値段相応のもの

イヤーパッドは固いです。クッションは入っています。でも、すき間は空きます。

マイクの音もまぁまぁで、使えます。

HS-GM30Mのヘッドホン側の調整幅 左右でそれぞれ

3cmの調整幅で、左右ある

オーバーヘッド部の長さの調整が左右で3cmできますから、自由度は高いです。大きな頭の人でもはまるでしょう。

HSAD-GM30MBK の側圧測定

HSAD-GM30MBK 側圧測定

側圧は、120gとヘッドホンとしては、ゆるめの部類にはいります。

S爺
このヘッドホンはユルイはずなのに、イヤーパッドが固めなので、キツく感じます。

すき間があくので、遮音はイマイチ、音漏れも多少あります。

音は、高音、低音ともに鳴りが良くないので、迫力はなく歯切れは悪い音です。

実質、1500円ほどのヘッドホンであることを忘れないように。

デジタルミキサー / ミキサー機能付き USBオーディオアダプタ

単体「HSAD-GM30MBK」でも売られています。

デジタルミキサーの名が付いていますが、入力される音声をデジタル化してミキシングする(混ぜる)ものではありません。

S爺
本物のデジタルミキサーは、ン十万〜ン百万円ですw

USBオーディオアダプタとアナログ音声出力を混ぜるもので、チャットしながらオンラインゲームを楽しむために作られたものです。

HSAD-GM30MBKの音のつながり

  • ヘッドセットのマイクは、スマホへそのまま接続
  • USB出力の音声とスマホ側の音声を混ぜて、ヘッドセットのヘッドホンへ出力

の仕組みになっています。

デジタルミキサーは、

  • スマホでボイスチャットやる
  • ゲーム機の音をUSBから取りこむ

ことに特化した製品です。

左下面観
HSAD-GM30MBK 左下面観

HSAD-GM30MBK 左下から

アナログ端子は、

  • スマホへ
  • ヘッドセットへ

の2つがついています。

HSAD-GM30MBK 右上面観

HSAD-GM30MBK 右上面観

ゲーム機接続側には、microB 端子が1つついています。

このHSAD-GM30MBKは、USBオーディオアダプターでもあるので、ゲーム機やパソコン側につないで使います。

HSAD-GM30MBK 裏面

HSAD-GM30MBK 裏面

重さも、15gと軽いので、ケーブルのクセの影響をうけます。

クリップがついていますから、服の襟や胸ポケットにはさんで固定して使います。

HSAD-GM30MBK ポート、コネクタ

HSAD-GM30MBK ポート、コネクタ

ボタン類をまとめておきました。

スマホのマイクのオンオフは、真中のスライドスイッチでできます。

ヘッドホン側のボリュームがあります。

このHSAD-GM30MBKは、増幅アンプを内蔵しているので、少しだけ音を大きくすることができます。

ヘッドホンアンプではないので、大音量にはなりません。

千円で買える中華のゲームミキサーは、大きな音を小さくすること(減衰)だけできます。

(増幅アンプは内蔵してないので、)元が小さいゲームの音を大きくはできません。

ゲーム機側(USB)は、ゲーム機やパソコンで音量の調整をしてください。

HS-GM30Mの接続模式図

付属の説明書にもありますが、私も描いてみました。

HSAD-GM30MBK 配線図

HSAD-GM30MBK 配線図

こんなかんじでつなぎます。

S爺
ディスプレイにつないで、チャットしながらゲームをすることを想定している、ゲーブルの長さになっています。

HS-GM30Mを実際に使って遊んでみた感想

ヘッドホンの装着感が余り良くない以外、不満はありません。

ヘッドセット、USBオーディオアダプタ&ミキサー、ケーブルがついて、3千円ちょっとなんで、これ以上文句をつけたら難癖になります。

チャットは、iPhoneのFaceTimeのボイスチャットを使ってみました。とくに、マイクの音が悪くて実用に耐えないわけじゃないです。立派に使えます。

ネット経由でチャットをすると、数秒の遅れ(遅延)が起きるので注意してください。

オモチャのようなチャチさがあるので、長持ちしないでしょう。

保証期間6ヶ月ですから、保証期間内に壊れたら交換してもらいましょう。(エレコムの製品が故障した場合の対処方法

ヘッドホン部の音響テスト結果

あとで追加します。

まとめ

マイク付きヘッドホンとUSBオーディオアダプタが付いて、Amazonで3200円ほどで買えます。しかも、エレコムの製品なので、まともなサポートが受けられます。

使えなくて、壊れて投げても、3千円チョイの損です。

ヘッドホンは、4極のヘッドセット端子なので、パソコンの4極端子に挿すか、USBアダプターを使うことで、そのままテレワークで使えます。

Amazonで HS-GM30MBK を見る 楽天で HS-GM30M を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-パソコン周辺機器, ヘッドホン・イヤホン
-, , ,

© 2020 サンデーゲーマーのブログWP