月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

キーボード・マウス 修理

エレコム M-DPT1MR(DEFT Pro)が故障して交換した例で、エレコムの修理サポートはどんなのか?紹介します

投稿日:2019年4月24日 更新日:

DEFTPro故障USBポート

エレコムのトラックボール M-DPT1MR XBK(DEFT PRO)が故障しました。

2018年4月23日に、Amazonから10778円で購入して、1年経たずのタイミングで故障しました。

不具合は、「突然、USBの有線接続でつないでいたマウスが使えなくなった」です。どうやら、USBのコントローラ基板が逝ったようです。

3年保証なので、新品交換修理をしてもらいました。そこで、

故障したトラックボールを新品に交換してもらった手順をまとめ

ます。

故障した症状の確認

M-DPT1MR XBKは、自作パソコン(i7-7700K、Windows 10)につないでいます。M-DPT1MR は、ワイヤレスで使えるトラックボールマウスです。

エレコム トラックボール DEFT PROを買ったのでレビュー

2018年4月20日に発売になった、エレコムの【DEFT PRO(M-DPT1MRXBK)】を買って、毎日使いつつ、中長期レポートになります。 2019年4月に故障したので修理に出しました。 こんな方 ...

しかし、2.4GHz帯の混信がひどくて、マウスポインターがカクついて使い物になりません。ケーブルが邪魔なのは我慢してUSBの有線接続で使っています。

DEFT-ProとSBT

DEFT-ProとSBT

突然、ボタンをクリックしても、ボールを転がしても反応がなくなりました。

  • USBの有線接続ができない
  • ドングルやBluetoothの無線接続では、問題なくトラックボールとして機能している
  • USB有線接続の場合、Windows 10、MacともにUSBデバイスとして認識できるが、トラックボール DEFT PROとして認識出来ていない。

という症状になりました。

修理のために故障具合をメモる

再現性があることを確認してください。

再現性

誰がやっても、いつやっても、同じようにできる(故障の症状が出る)こと。

故障している症状をメモにまとめます。

サポートに電話をすると、

  • 他のパソコンにつないでも同じ症状が出ますか?
  • 付属の純正USBケーブルを使っていますか?
  • 他のUSBケーブルを使ってみてください
  • パソコンのOSが固まって(フリーズして)いませんか?
  • パソコンを再起動してみてつないでください
  • 他のマウスをつないで確認してください
  • USBケーブルを抜き差ししてみてください
  • 他のUSBポートにつないでみてください
  • 電源スイッチはどうなっていますか?

などと、根掘り葉掘り聞かれます。

S爺
サポート電話で、故障していることを明確に伝えるられるように、事前に検証して整理してメモっておきましょう。

エレコムのサポート電話も、そこそこ待たされます。5分程度待って、つながりました。

他のパソコンにつないで確かめる

パソコンの問題なのか、トラックボールの故障なのか?を切り分けします。

確実につながって動作しているmicroUSBケーブルを使います。充電用のケーブルには信号線がないものがあるので注意してください。

macOSには、システムレポート(System Profiler)がありますので、USB装置ツリーを見てみましょう。

つなぐ前とつないだ後で、ツリーに現れるデバイスを観察してください。抜き差ししたら、必ず「情報の更新」(コマンドキー+R)をします。

MacのシステムレポートでDEFTProを見る

MacのシステムレポートでDEFTProを見る

すると、本来なら、DEFT Pro Trackball と名前ででてくるはずなのに、「複合装置」としてしか表示されません。どうやら、USBは生きているのですが制御する側のマイコンの一部がやられたようです。

Windows 10のデバイスマネージャーで見てみましょう。

デバイスマネージャーでDEFTProが認識できていない

デバイスマネージャーでDEFTProが認識できていない

「マウスとその他のポインティングデバイス」に、DEFTPROが出てきません。

これは致命的な故障です。

ちなみに、USBドングルをつかって無線で接続すると認識できて、マウスポインターも動いて使えます。

DEFT Proをワイヤレスでつなぐと認識できる

DEFT Proをワイヤレスでつなぐと認識できる

macOSのシステムレポートでみても「DEFT Pro Trackball」と名前もでて正しく認識できていますね。

しかし、私のような複雑なパソコンやガジェットが山積みの机の上では、無線での接続がまったく安定しないので、USBの有線接続ができなければ、このDEFT Pro Trackballを使う意味がありません

保証期間内ですから、修理/交換してもらいます

エレコムのサポートへ修理の手続きをする

サポートに電話して教えてもらった通り、エレコムのサポートのページにいきます。

言われるがままに「エレコム サポート 2440」で検索します。

製品の修理はどこへ依頼したらよいのですか?
製品の修理はどこへ依頼したらよいのですか?

製品の修理はどこへ依頼したらよいのですか?

続きを見る

ここで、依頼をします。

修理依頼書を印刷して記入し、送りつけることにしました。

修理依頼書のPDFファイルをダウンロードして、プリンターで印刷して、書き込みます。

エレコムのサポートは長野にあります。

送り先をクロネコメンバーズの宛先住所録に登録する
エレコムの修理担当部署は、佐川急便を使うことを推奨しています。

我が家から一番近い宅配業者の配送センターがあるのがヤマト運輸なので、私はクロネコを使います。

もちろん、会員登録をしています。

パソコンやスマホで「クロネコ メンバーズ」にアクセスして、送り先住所を新規に登録します。

修理や返品で送るサポート窓口の住所は、あらかじめ登録しておきます。配送センターに荷物を持っていって、すぐに伝票を印刷して貼って送れるので便利ですよ。

クロネコメンバーズの宛先に、サポートの住所を登録する

返品先はあらかじめ登録するようにしよう!

見ての通り、「アマゾン 返品係」は、初期不良や偽物を送り返しているので、頻繁に使っている宛先です。

荷造りする

購入したネット通販(Amazon)の納品書と領収書を印刷して、パッケージにいれておきます。

私のように、日頃から通販で買物をしている人なら、適当な空き箱が転がっていると思います。それに入れて荷造りします。

宅配の集配所から送る

送り先伝票の住所や宛先をヤマトの集配所の事務所の端末(固定されたタブレット)に直接入れることができます。

しかし、休日だと混んでいたり、後に並ばれると焦ってしまいます。

S爺
あらかじめ、家のパソコンで、クロネコメンバーズのページにログインして、送り先を登録しておきましょう。

ヤマトの集配所の受付の端末に、カードをかざして、メンバーズカードのIDとパスワードをいれてログインします。

送り先を選んで、送り伝票を作成します。

送り伝票を出力します。

エレコムの場合、故障品の送料は、こちら持ちの負担になります

S爺
アマゾンに限って初期不良品の返品は着払い(アマゾンが負担)になります。

新品交換 / 代品が送られてきたら検品

中5日営業日ということですから、中一週間をみておけば良いでしょう。

佐川急便で送られてきました。

修理伝票と交換品のM-DPT1MRXBK

修理伝票と交換品のM-DPT1MR XBK

お送り返されてきたものは

  • 修理報告書
  • M-DPT1MR XBK 新品交換品
  • 故障したM-DPT1MRに添付した修理依頼書と購入履歴の紙

です。

修理報告書には、

保証期間につきましては、本報告書記載の保証期間内を有効とさせていただきます。

となっていますから、新品を送ってもらったからといって新規に3年の保証になるわけではありません

S爺
昔(景気の良かった頃)は、返送された修理品に、こちらが支払った送料相当分の商品券(クオカード)を同梱してくれていたメーカーもあったんですけどねぇ。

届いた新品交換のM-DPT1MR(DEFT Pro)は、ボールの滑りが少し悪いです。この程度の動きの悪さは、個体差レベルなので故障とは言えず、クレーム交換はできません。このまま我慢して使うしかありません。→ ベアリング交換ネタの記事に使いますww

DEFT Pro の修理交換にかかった時間と費用

修理に出して帰ってくるまでに、中一週間かかりました。具体的には、日曜日に送って翌週の水曜日に届いたので、10日間かかったことになります。

  • 修理部門へ送る送料:約950円
  • エレコムサポートに電話7分:約70円
  • 修理部門への確認電話3分:約30円

合計:1030円くらい。

保証期間内の故障なので、本来ならこちらの負担は無料と言いたいところですが、やむを得ません。保証してもらえるだけマシということにしておきましょう。

S爺
エレコムのような大手パソコン周辺機器メーカーの修理交換部門の対応は、どんなものか?と興味津々でした。

まとめ

定価19800円のトラックボール、実売価格は1万円前後します。私は、1.1万円で買いました。

私は、大量のガジェットを自腹で買って実際に使っているので、初期不良や故障には、それなりの頻度で遭遇します。

提灯記事を書くアフィカス ブロガーには、完全動作品が無償で提供されるので、たとえ初期不良や不具合があっても記事にしません。

今回、マウスの故障もブログ記事に仕立て上げることができて、ラッキーでした。

エレコムのサポートは、正しく機能していることを身をもって体験できました。

エレコムの製品は、安心して、みんなに薦めることができます。

エレコム トラックボール DEFT PROを買ったのでレビュー

2018年4月20日に発売になった、エレコムの【DEFT PRO(M-DPT1MRXBK)】を買って、毎日使いつつ、中長期レポートになります。 2019年4月に故障したので修理に出しました。 こんな方 ...

続きを見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-キーボード・マウス, 修理
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2019 All Rights Reserved.