ヘッドホン・イヤホン

5千円以下で買える ゲーム用 aptX LL ワイヤレスイヤホン【エレコム GrandBass LBT-GB41BK】を買って使っているのでレビュー

2020年4月9日

LBT-GB41BK、BT-TM700、Nintendo Switch Liteゲーミング ワイヤレス イヤホンは、音が遅れないものを選ぶことが大切です。

でも、音が遅れない”低遅延”で使えるワイヤレスイヤホンは種類が少ない!。

今回は、

5千円以下で買えるゲームにぴったりの aptX LL対応 Bluetoothイヤホン ELECOM LBT-GB41BKを買ったので中長期レポート

にします。

結論から言うと、『aptX LLコーデック対応なのに手頃な価格で ネックワイヤー・ワイヤレスイヤホンのゲーム用としては、かなり良い』です。

  • 購入品:エレコム LBT-GB41BK (GB41)
  • 購入時期:2019年12月
  • 購入価格:4400円
  • 購入店:Amazonマーケットプレイス

エレコム LBT-GB41BK って何が違うの?

主な特長は、

  • エレコムのワイヤレスイヤホン、ネックワイヤー(バンド)型
  • aptX LLコーデックが使えるので、低遅延(Low Latency)
  • 価格が、5千円以下で買える
  • エレコムのブランドレーベル “GrandBass”

くらいです。このジャンルのイヤホンは、完成の域にある”枯れた”製品です。

ゲームに適したイヤホンやヘッドホンの選び方については、

アマゾンで1万円以下で買えるゲーミング ワイヤレス イヤホン/ヘッドホン・aptX LL(低遅延)のおすすめを紹介

「ゲームに使える低遅延(aptX-LL)のワイヤレス ヘッドホンやイヤホンを紹介して欲しい」というリクエストに応えて、おすすめのヘッドホンとイヤホンのリストを作りました。 おすすめのゲーム用 ワイヤレ ...

イヤホンの選び方 / イヤホンの基礎知識 まとめ

耳にあてて音を聞く道具には、イヤホンとヘッドホンがあります。 このページは、数あるイヤホンを調べて、選んで買う時間がないという忙しい人のために、ガジェット通のジジイが、 イヤホンの 種類や選び方 を ...

で、長々とまとめています。

LBT-GB41BKのフォトレビュー

LBT-GB41BK

LBT-GB41BKパッケージ内容

同梱物は、

  • LBT-GB41BK本体
  • microB USB充電ケーブル 15cm
  • イヤーキャップ:サイズ S、L
  • 取扱説明書2枚

です。

エレコムなので、日本語の取扱説明書です。

イラストで分かりやすいので操作で迷うことはないでしょう。

LBT-GB41BKの主なスペックや特徴

  • 製品名:LBT-GB41、GB41
  • Bluetoothバージョン:V5.0
  • Bluetooth電波出力:Class 1
  • Bluetoothプロトコル:
    • A2DP(音楽機能)
    • AVRCP(リモコン操作)
    • HFP/HSP(通話機能)
    • HID(カメラのシャッター)
  • 対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX LL
  • 最大登録端末数:8台
  • ドライバー:12mm径、デュアルチャンバー(共鳴部)
  • バッテリー:5V充電 詳細不明
  • 充電:電圧5V、充電時間 2時間
  • 再生時間:音楽 4.5時間(実際には4時間
  • 重さ:14g
  • 保証期間:1年間

です。

マイクがついているので、通話もできます。

1年保証です。

エレコム LBT-GB41

エレコム LBT-GB41の全体

  • 右イヤホン側に、コントローラ
  • 首の後ろにコードを回して
  • 左イヤホン側に、バッテリー

の、よくある形(オーソドックスな形)になっています。

重さは、15g弱なので軽いです。

イヤピース形状

耳の中に差し込む カナル型 / インナーイヤー式です。

LBT-GB41イヤホン部

LBT-GB41イヤホン部

イヤピースの形は、低音を強調するための共鳴部分があって、凸凹した形になっています。「砂時計型」と説明書には書かれています。

耳にさしこんで、うまく ひっかかれば抜け落ちにくいです。

S爺
ひっかからない場合は、イヤピースの大小に付けかえて、耳に差し込んで、はまりこむ位置を工夫してください。

左右の区別をするRとL表記も、老眼でも見やすい大きさで好感がもてます。

コントローラ部 / LBT-GB41の使い方

右側についています。

LBT-GB41 コントローラ部

LBT-GB41 コントローラ部

操作系ボタンは、3つのよくある形になっています。

  • マルチファンクションボタン
  • 音量 大 +
  • 音量 小 -
  • マイクの穴
  • 充電ポート(カーバ付き)

特に迷うことはないでしょう。

マルチファンクションボタン
  • 電源 ON:3秒長押し→青で3回点滅
  • 電源 OFF:3秒長押し → 赤で3回点滅
  • ペアリング開始:電源OFFから5秒長押し → 赤と青の交互に点滅
    • ペアリング完了・接続中→ 7秒に1〜3回点滅※
    • ペアリング失敗・探索中→ 2秒に1回青で点滅
  • 音楽の再生/停止:1回短押し
  • 電話を受ける:1回短押し
  • 電話を切る:1回短押し

※接続中 7秒おきの青の点滅回数は、コーデックの種類を意味します。

  • 青1回:AAC
  • 青2回:SBC
  • 青3回の点滅:aptX、aptX LL
音量 大小ボタン
  • 音量 大:短押し
  • 音量 小:短押し
  • 曲の先送り:再生中に1秒以上長押し
  • 曲の戻る:再生中に1秒以上長押し

音量の調整は、22ステップくらいです。

通話

電話に出るとき、電話を切る時は、マルチファンクションボタンの短押し。

音声アシスタント(Siri、OK Google)

iPhone、iPod touch 7、iPadにつないでいる時は、マルチファンクションボタンをダブルクリック(短押し2回)で、Siriが起動します。

Androidなら、OK Googleの入力画面になります。

Bassブースト

低音を強化するモードに切りかえられます。

音量の+とーボタンを同時押し。

「OFF → 弱 → 強」のループ。

自撮りシャッター

カメラ付きのスマホにつないでいるときは、シャッターも使えます。

マルチファンクションボタンと音量 ーボタンを同時に短押し。

S爺
長押しにすると、リセットになるので注意してください。
リセットの方法

マルチファンクションボタンと音量小ーボタンを同時押しで5秒。LEDランプが1回点滅するとリセットです。

接続情報がなくなるので、最初からペアリングで登録してください。

LBT-GB41の充電

エレコム LBT-GB41BKの充電

エレコム LBT-GB41BKの充電

充電は、microB USBケーブルで、スマホ用の充電器やパソコンのUSB端子につないで充電できます。

5V / 0.4Aで充電します。2時間ほどで充電が終わります。

LEDランプは、充電中赤く点灯して、充電が完了すると青く点灯します。

満充電で、音を大きめにして再生しっぱなしにしておくと、4時間ほどでバッテリーがなくなります。

バッテリーがなくなるとき、7秒おきに青で1〜3回点滅していたLEDランプが、赤で点滅するようになります。イヤホンにビープ音でバッテリー切れが近いことを教えてくれます。

LBT-GB41 のつなぎ方

つなぎ方は、説明書がよくできているので、そちらを参考にしてください。

Bluetooth V5.0なので、古いバージョンのBluetoothをもつパソコンやBluetoothトランスミッターと接続がうまくできないことがあります。

LBT-GB41の音の評価 / 音響特性

音が良いか悪いかという判断は、人が聞いて判断をするまえに、客観的に測定器で測るべきです。簡単に測れる方法があるので、測ってみましょう。

エレコム LBT-GB41 の音響測定

エレコム LBT-GB41 の音響測定

高性能マイク i437L とiPhone と iPod touch の音響測定アプリを使います。

MicW マイクダブリュー i437L と SignalScope Pro を使って、周波数特性・オーディオ音響測定をする方法

かつてオシロスコープなどの大がかりな測定装置が必要だったオーディオ・音響測定も、今は、スマホだけでできる時代になりました。 モードによって少し変わる   このページは、測定用の高性能マイク「 ...

LBT-GB41の再生周波数

LBT-GB41の再生周波数

LBT-GB41の再生周波数

ジジイの私は、150〜11000Hzの音しか聞こえません。

正弦波を発生させて、オクターブバンドで観察します。20〜20000Hzまで再生できています。

今のBluetoothイヤホン・ヘッドホン用統合基板(SoC チップ)で、スペック的に普通にできることです。

S爺
20年前では、ワイヤレスでこんな高い音から低い音まで再生できるなんて信じられなかったんですけどね。

Bass ブースト機能 / 音響特性 オクターブバンド表示

ピンクノイズを発生させて、オクターブバンドで全音域の鳴り具合を観察します。

LBT-GB41 オクターブバンド表示、Bassブースト機能の違い

LBT-GB41 オクターブバンド表示、Bassブースト機能の違い

最初の印象は、高音高めのシャリシャリ感がある音が気になりました。

注意ポイント

デジタル音響機器の仕様として、サーというホワイトノイズが聞こえます。オクターブバンド表示では、ホワイトノイズはハッキリとでない弱点があります。

S爺
4〜8KHzが強めに響いていますが、測定するシリコンチューブの共鳴する周波数と重なっているので、実際に聞くときは少なめに聞こえます。

中華メーカーのイヤホンをタダでもらって提灯広告記事を書くアフィカスが好んで使う表現を借りると、

  • 歯切れの良い音
  • キリリとした音
  • 冷たい透明感のある音
  • ハイハットがさええる
  • 切れの良いスネアが〜

です。

Bass ブースト機能をONにして、低音を「弱」にすると、低音が響くようになります。さらに、「強」にすると、低音がボンボン響いて音がぼやけるような響き(ブーミィ)になります。

ズンドコな音が好きな人は、「弱」が良いでしょう。ゲームをするときは、Bass ブーストなしの方が、いいかな?

FPSのシューティングゲームで大切な足音は、4〜6KHzの周波数を強めにイコライザを調整するので、ちょうど都合が良いです。

矩形波でみる響き、音味

これも、いつも通り、矩形波の波形をオシロスコープモードで観察します。

LBT-GB41に矩形波をいれて観察する

LBT-GB41に矩形波をいれて観察する

基準音 440Hz(A、ラ)の矩形波発生させて、そのピーの波形をみると、綺麗なノコギリ波になっていました。

ピークが二つになったり、へんなギザギザが混じらず、綺麗に倍音がでていることが分かりました。

「素直な音」「にごりのない音」「クリアな音」として表現されます。

LBT-GB41の問題点、欠点、気づいた点

簡易防水レベルなので、運動する時は使えない

したたる汗に対応できる防水仕様ではないので、注意が必要です。

単に、スマホやゲームをするのに使うことを想定して設計されています。使うシーンを間違えないようにしましょう。

ケーブルタッチノイズはある

ネックバンド型、首の後ろにケーブルを回すので、どうしても、ケーブルに触って擦れる音がします。

左右が完全に分離して、耳の中にいれるだけの、完全ワイヤレスイヤホン(TWS)と比べると、タッチノイズをなくすことはできません。

ホワイトノイズはある

これは、デジタル音響機器の仕様なので、無くすことができません。

デジタルアンプは、無音状態でサーという音がします。無音にするためには、音声を完全にとめるミュート機能を使うことになります。しかし、ミュート機能は、音が出始める瞬間が遅れて、音の頭が切れるという致命的な問題があります。

イヤホン自体のホワイトノイズよりも、Bluetoothトランスミッター送信側、ソースになるスマホやタブレット、音楽プレーヤ、テレビなどのプレーヤ側にホワイトノイズが大きいこともあります。

キャナル イヤホンにある拍動性ノイズは?

心臓の音(ドキドキという拍動性の雑音)は、耳の中に押し込むイヤホンの宿命で、これもなくすことはできません。

高血圧症の人は、この拍動性のノイズが大きく感じます。私も、高血圧でフラフラすることがあった頃は、イヤホンやヘッドホンがドキドキうるさくて、長くつけることができませんでした。

血圧を測って、上が125mmHg、下が75mmHgより高い人は、循環器内科で高血圧治療をしてもらってください。

イヤーキャップ、イヤーピースがはめにくい

イヤーキャップ、イヤーピースのゴムをはめるコツ

イヤーキャップのゴムをはめるコツ

イヤホンのゴムのキャップ(イヤーピース)の交換するとき、はめにくいという人がいます。

コツは、こんなかんじで、筒上の部分を見えるようにむいてから、イヤホンの出っ張りに差し込みます。

LBT-GB41がつながらない

取扱説明書にも個条書きで書いてあります。

  • バッテリー切れなら充電してみる
  • Bluetoothなので、混信している
  • 設定をまちがえている
  • 他のスマホやタブレットにつながっている

混信については、

ワイヤレスのマウスやキーボード、ヘッドホン、ゲームコントローラーが、つながらない、とぎれとぎれになる問題の傾向と対策

Bluetooth接続のマウスやキーボードが反応しない とぎれとぎれでつながっている パソコンのスリープ(スタンバイ)ができない Wi-Fi(無線ラン)が、とぎれる などの症状で、何が悪いのか?と相談 ...

まとめ

  • エレコムの手厚いサポート、1年保証
  • イラスト入りの詳しい日本語取扱説明書
  • aptX LL対応
  • 5千円弱

Bluetooth ワイヤレスイヤホンは、中華メーカーの独擅場です。

中国メーカーにOEMで作ってもらっているわりに、エレコムとしてのこだわりがあっておもしろいです。

わけのわからない中華のパチモンイヤホンよりは、安心して紹介できます。

色は、

  • LBT-GB41RD:赤
  • LBT-GB41BK:黒

があります。

中華の怪しいイヤホンで痛い目にあった人は、このイヤホンも試してみましょう。

S爺
古い型番のLBT-RH1000Xの不人気の色が3千円以下の処分価格で売られていたら、そっちを買うのありです。送料込みで3千円のaptX LLイヤホンですから期待してはいけませんよ。

Amazonで LBT-GB41 を見る 楽天で LBT-GB41 を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-ヘッドホン・イヤホン
-, ,

© 2020 サンデーゲーマーのブログWP