PS5・PS4 USB パソコン周辺機器

【ポータブルSSD】WD(Western Digital)My Passport SSD 1TBを買って使っているのでレビュー

My Passport SSD 1TBと付属のケーブルと大きさを手で比べてみて

昔は「外付けハードディスク」だったけど、今は「外付けのエスエスディ(SSD)」の時代だ。

軽量コンパクトなケースのSSDは、本来 パソコンの外付けストレージ(データ記録装置)として使うものだが、ゲーム機 PS5につないで使う人もいる。

PS5の背面にWD My Passport SSD 1TBをつける

今回は、

ウエスタンデジタル My Passport SSD 1TBの使用レポート

をブログ記事にまとめた。

  • 購入品:WD ポータブルSSD My Passport SSD 1TB(グレー、WDBAGF0010BGY-WESN)
  • 購入時期:2021年1月
  • 購入価格:19800円
  • 購入店:Amazon Japan G.K.

私は、このポータブルSSDを自分で選んで、自腹で買って試している。

ポータブルSSDをタダでもらったアフィカスによる提灯・広告記事/動画に不満を持ち自腹で買った人のホンネとコスパの正直な感想を知りたい人向けに、本当の事を書いている。

代理店依頼のステマ記事ではないので、値引きクーポンコードはない

S爺
文中のリンクも用語解説のリンクです。安心して読んでね。

ポータブルSSDって何? ウエスタンデジタルって何?

ポータブルSSDは、データを記憶する装置で、持ち運べる大きさだから「ポータブル」。

SSDについては、こちらで解説しているので、興味のある人はどうぞ。

HDDやSSDの買い方 選び方などのまとめ記事

このページは、SSDやHDDなどのストレージについて、体系的に分類や用語の解説、選び方などを解説してまとめている。 HDDとは何?  SSHDって何? ハードディスクとは、大容量記憶装置の一つで、ガラ ...

ウエスタンデジタル(Western Digital)

アメリカのストレージ(記憶装置)メーカーの老舗しにせ

Windows パソコンブームのハードディスク全盛時代に専業メーカーとしてシェア拡大を図る。

日立のハードディスク部門、サンディスク/東芝を買収して世界トップメーカーに君臨。

フラッシュメモリーのSSD、従来のHDD(ハードディスク)のトップブランドだ。

WD My Passport SSD 1TB の外観 レビュー

WD My Passport SSD 同梱物

パッケージ内容は、

  • My Passport SSD 1TB 2020 グレー WDBAGF0010BGY-WESN
  • USB-Cケーブル:10cm USB 3.2 Gen2
  • USB-A→USB-C変換アダプタ
  • 取扱説明書
  • 5年保証

SSDの保証期間の5年は長い。トップブランドとしての自信の表れだろう。

My Passport SSDの主なスペック

  • 速度:読み出し1050MB/秒、書き込み 1000MB/秒
  • 耐衝撃性:2mからの落下に耐える
  • USB 3.2 Gen 2(10Gbps、1250MB/秒)
  • USB-C接続
  • ボディーカラー:グレー、ゴールド、シルバー、ブルー、レッド
  • 容量:500GB、1TB、2TB、4TB(グレーのみ)
  • WD Discovery ソフトが入っている
  • マレーシア製造

WD My Passport SSD 2020 1TBの大きさ

My Passport SSD 大きさ重さ

WD My Passport SSDの

  • 大きさ:5.5×10×1 cm
  • 重さ:53g

ケースは、つや消しのアルミで放熱性を高めている。

NVMeタイプのSSDは、ディスクの読み書きが速いかわりに発熱も大きい。熱伝導率のよいアルミ筐体きょうたいで放熱しなければ寿命が短くなる。

付属のUSB-CケーブルとUSB-A変換アダプタをいれても70g、と軽量、コンパクトだ。

My Passport SSDのUSB-Cポートの加工精度は良い

USB-Cポートは加工精度もよく、付属のUSB-Cケーブルの抜き差しも、ほど良い抵抗があっていいかんじだ。簡単に緩むようなガタツキや ゆるさはない。

USB-Aへの変換コネクターには向きがあるので注意!

My Passport SSD 付属のUSB-A変換アダプタには向きがある

USB-AとUSB-Cをつなぐコネクタには向きがある。付属のケーブルは、まちがえない仕組みになっている。

WD My Passport SSD の読み込み、書き込み速度を実測

接続するUSB規格とSSDの規格について

USBの接続は進化し続けていて、データ転送速度が速くなっている。

SSDの内部も速くなってきている。

My Passport SSD は、

の特長を持っている。

My Passport SSDをWindows パソコンにつなぐ

WD My Passport SSD をPCにつなぐ

Thunderbolt 3(USB-C、USB3.2)ポートにつないだ。

My Passport SSDは、NTFSにフォーマットし直した。

ベンチマーク CrystalDiskMark で読み書きを調べる。

WD My Passport SSDをCrystalDiskMark でテスト1000MB/秒超え。カタログスペック通りの数値がでる。

S爺
数年前まで、SATA式のSSDの読み出しで500MB/秒以上が出る出ないで 一喜一憂していたんですよ。

NVMe式なら、SATAの倍近い実測値がでる。

NVMe式で気になるのは、発熱だ。FLIR Oneで調べてみよう。

WD My Passport SSDの発熱をFLIR Oneで見る

室温17度、パソコンの背面は排気のため25度前後になっている。その場でのSSDの表面温度は、45度前後が出ている。

効率よく放熱しているためか? ベンチマークやファイルの読み書きを止めると、すぐに40度まで下がることが分かった。

夏場は冷房を入れたり、空冷を考えてUSB扇風機で風をあてるようにしてやれば良い。

My Passport SSDをMacにつなぐ

My Passport SSDをMac miniにつなぐ

Mac mini 2018のThunderbolt 3(USB 3.1)につないでテストしてみる。

exFATで初期化しておいた。

Macのストレージベンチの定番は、BlackMagic Design社のDisk Speed Test。

WD My Passport SSD 1TB BMDのDisk Speed Testで速度を測った

900MB/秒超えなら、フルHD(1080p/60fps)の非圧縮の動画ファイルを自在にあやつれる。

4K(UHD)/60fpsの動画も、コーデックHEVCのハードウエアアクセラレーションのおかげでサクサクと作業ができる。

付属ソフト「WD Discovery」のインストールはしない

My Passport SSDの中に、Mac版とWindows 版の「WD Discovery」アプリケーションが入っている。

Western Digital Discovery

これをMacやWindows パソコンにインストールすることは、おすすめしない。常駐型で、Western Digitalのサイトに情報を送ったりアクセスするためのアプリだからだ。

必要なソフトは、Western Digitalのサポートページから直接、最新のアプリケーションをダウンロードしてこよう。

https://support-jp.wd.com/app/products/product-detail/p/2233

  • WD security(MacとWindows 版):ディスク内のファイルを暗号化する
  • WD Backup(Windows 版だけ)

が必要な人は、活用しよう。

私は機密データを持ち歩く事がないので使わない。

My Passport SSDをPS5につなぐ

PS5でWD My Passport SSDを拡張ストレージとしてフォーマットする

設定 → ストレージ で、「USB拡張ストレージ」から、My Passport SSDを再フォーマットする。

PS4とは互換性があるが、Windows 10やMacでは読めなくなるので注意されたし。

ポータブル SSD が抱える問題と解決策

SSDをPS5につけて使う人が知っておくこと

PS5の後にSSDをぶら下げる時は、サーマルサイクルによるプラグの緩みと放熱不足による熱暴走に注意する

PS5の背面にあるUSB-Aポートにぶら下げても良いが、

  • サーマルサイクルによるUSB-Cプラグの緩み
  • NVMeならではの発熱によるデータ通信の速度低下と通信エラー

を起こさないように注意が必要だ。

サーマルサイクル

熱い冷たいの温度差による熱膨張と収縮の寸法変化が繰り返されること。ハンダのクラックやコネクタの緩みの原因の1つ。

S爺
具体的な対策として、USB扇風機で風を当てたり、季節の変わり目で、抜き差ししてケーブルの緩みが起きないようにします。

まとめ

小型のケースにSSDメモリーをいれた専用のポータブルSSDの価格は、年々下がる傾向にある。

2021年前半で、

  • SATAの550MB/秒タイプで、1TB が、1.2万円
  • NVMe の 1050MB/秒タイプで、1TBが2万円前後

と、やっと買える価格帯まで下がってきた。

しかし、2021年3月頃から、仮想通貨需要で大容量のSSDやHDDの値段の価格が上昇しているのが気になる。

世界的な半導体不足で逆に値上がりするものが増えてきたので、値段をよくみつつ、買うタイミングを逃さないようにしていきたいものだ。

S爺
2021年になって、中華のブランドV○V○がアフィカスにSSDやUSBハブなど商品を配ってステマをやっているのがウザい。みんな、だまされないようにしよう!

Amazonで WD My Passport SSD を見る 楽天で WD My Passport SSD を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-PS5・PS4, USB, パソコン周辺機器
-

© 2021 サンデーゲーマーのブログWP