月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

Amazonデバイス

Echo SpotとAlexa アプリでインターホン / ビデオ通話をする方法

投稿日:2018年9月6日 更新日:

2018年9月5日、Echo Spotでビデオ通話ができるようになりました。Alexaコミュニケーション機能の追加です。

Echoで通話ができる

これで、Echoが圧倒的優位になりました

その手順は、意外と簡単でした。

  1. Alexaアプリに、発信者情報を登録
  2. EchoやEcho Spotなどすでに登録されているものは連携済み

Echoでの通話/ビデオ通信(Alexaコミュニケーション機能)でできること

  • Alexaアプリで連絡先を登録すれば使える
  • Alexaアプリと自宅のEcho、Echo Spotとで無料通話ができる
  • 「アレクサ ドロップイン」、「アレクサ 呼びかけて」で通話開始
  • 「アレクサ ストップ」( やめて、停止)で通話停止
  • Alexaアプリのユーザ登録自分一人分で、出先から自宅のEcho Spotに呼びかけてビデオ通話ができる
    •  家の中では、インターホンとして使える
    • 「自宅」にあるEchoを呼び出そうとすると、Alexaアプリのスマホも、Echoも全てが呼び出し音がなる
    • 自宅内では、それぞれの端末に名前をつけて、個別に呼び出しができる
  • Echo Spotはカメラもついているので、動画通話や監視カメラとしても使える

Echo互換のスマートスピーカーが、音響メーカーから数多く出ています。しかし、コミュニケーション機能が使えないものが多いので注意してください。

Alexa アプリから、発信者情報を登録する

Alexa アプリを起動すると、発信/受信者情報のプロフィールを登録するように促されるウインドウが開きました。

Alexaアプリは、Echo、Echo Spotを設定するために、自分のアカウントでログインしています。

Alexaアプリの利用者情報登録

「よみ」が大切

  1. 発信情報の名前と読みを入れる
  2. 本人確認のために、携帯電話番号に確認コードが送られてきて、
  3. そのコードを入れる

と登録されます。

日頃使っている、EchoやEcho Spot側は、同じアカウントなので、設定は特にしなくても使えます。

Echoがたくさん家にある場合は、Alexaが聴き分けしやすい名前にした方が良いでしょう。「一番エコー」「二番エコー」「寝室エコー」「リビングエコー」とか。

Alexa アプリをいれたスマホをそれぞれを登録しておきましょう。そうすれば、そのまま通話やビデオ通話ができます。

Echo Spotをビデオ通信する方法 / Echoで通話をする方法

「呼びかけ」が便利

「アレクサ 呼びかけて」で

アレクサ:「(指定した)Echoに呼びかけますか?」

「はい」で通話ができるようになります。

アレクサ呼びかけて

アレクサ呼びかけて

呼びかけの設定をAlexaアプリで有効にしておきましょう。

「呼びかけ」の設定を連絡先カードで指定します。

「呼びかけ」されたEchoで、声を掛けるとそのまま通話できます。止める場合は、「アレクサ ストップ」でできます。

Echo Spotでは、センサーで検知もできるので、アレクサ コミュニケーション機能はEcho Spotのためにあると言えます。

Echoから、他の端末デバイスにかける

Echoなどビデオカメラのないデバイスでは、音声だけの通話になります。つまり、インターフォンとして使えます。

私:「アレクサ 連絡を取って」または、「荒木さん 通話を始めて」(他にも、「ドロップイン」が使えます)

アレクサ:「どのデバイス または、連絡先にかけますか?」

私「えすじ」

アレクサ「えすじ ですか?」(または、「えずじ?」)

私「はい」

アレクサ:「発信中です」ピンポン…

呼び出されるEchoは、LEDリングが、緑に回りながら光ります。

もし出なかったら、1分ほどして、

「このデバイスにかけられません」

メッセージがない場合は、「メッセージを送ることができます」とAlexaが聞いてきますから、音声メッセージを録音します。

メッセージを受けとった側は、Echo Spotなら、吹き出しのアイコン(チャットアイコン)がでるので、

「アレクサ、メッセージを再生して」で聞くことができます。

Alexaアプリのスマホから、自宅のエコーに電話をかける

Alexaアプリから、チャットアイコンをタップし、「コール・メッセージ」を開きます。

コール・メッセージ

チャットアイコン / コール・メッセージ

または、Alexaアプリで、アレクサに「アレクサ 呼びかけて(ドロップイン)」と話しかけます。

コール・メッセージ

ここを開いて、Echoを使って話をしたい人の連絡先を登録します。

連絡先にAlexaアプリを使っている人を検索して表示できます。

Alexaアプリを使っている人を検索

Alexaアプリを使っている人を検索

Echoを使うには、Alexaアプリが必要でしたから、Alexaアプリを使っている連絡先の人は、Echoで話ができるってことになります。

呼びかけが便利

インターフォンでマジでつかえる

登録できたら、そこから 電話をかけるチャットアイコンを選択すれば、連絡先のEchoにかけることができます。かけた先のEchoに誰も出ない場合は、メッセージを残せます。

まじで、これ使えますね。

順次、追加していきます。

まとめ

Echoの通話機能(Alexaコミュニケーション機能)が2018年9月5日に解禁になりました。

元々、アメリカでは使える機能でしたが、実際に使ってみると、これほど便利なものはありません。

いままで、各階の家族にホームテレフォンで呼び出しをかけていたのが、Echoを置くことで代替できるようになります。

寝室へEchoの設置して、ついでに家電へのコントロール、オーディオシステムへの接続など、これから充実していくことにしました。ブログネタにしていきます。

S爺
ただし、Amazonのサーバーにすべて音声が吸い上げられていることだけは忘れないように、使いこなしましょう。









  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-Amazonデバイス
-

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.