月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

Amazonデバイス IoT

アレクサ(Amazon Echo)で Nature Remo を使う方法

投稿日:2018年11月29日 更新日:

Amazonのスマートスピーカー Echo(アレクサ)に、Nature Remo (ネイチャーリモ)と紐付けして、赤外線リモコンでうごく家電を操作する方法のまとめです。

EchoとRemo−1W2

再設定をするときの自分のためのメモをブログ記事に仕立てます。

Echo(アレクサ)とNature Remo(ネイチャーリモ)の準備

  • Nature Remo は家電をコントロールできるように設定済み
  • Amazon Echo も、設定ずみで、家電を赤外線コントロールができるのを確認
  • スマホ、タブレットで、Amazon Alexa アプリが使える状態に

つまり、どちらも、Wi-Fi / インターネットにつながって正常に動作していることが大前提です。

Nature Remo 2gen(ネイチャーリモ 第二世代)を買ったのでレビューする。設定も簡単に紹介

Nature Remo (2nd Generation)の使い勝手や設定のやり方をレポートします。   購入品目:Nature Remo  2nd Generation(Remo-1W2)、 ...

スマホアプリ 「Amazon Alexa」で設定

Nature Remo 側で設定はしません。すべて、スマートスピーカー側の設定になります。

Alexa アプリを開いて、左上のハンバーガーメニューのアイコン(≡)をタップして、

左カラム スキル・ゲーム

スキルを選ぶ

「スキル・ゲーム」をタップして、「すべてのスキル」のページから、検索欄に、「Nature Remo」といれて、スキルを見つけます。

Nature Remoのスキルは、2つあるので注意が必要

Nature Remoのスキルが二つあるぞ

  • Nature Remo ← つかえない
  • Nature Remo Smart Home Skill ← 使えた

の2つが見つかりました。

S爺
最初に、「Nature Remo」を有効にしてみましたが、Nature Remoはコントロールできませんでした。

次に、Nature Remo Smart Home Skill を有効にすると、使えました。間違えないようにしましょう。

このスキルは、認証が必要です。「有効にする」ボタンを押すと、ブラウザが開いて、nature.globalの認証のページに飛びます。

Nature-Global認証ページ

Nature-Global認証ページ

グーグルのアカウントでも認証できます。私は、自分のメルアドに認証のURL(ワンタイムパスワード)を送ってもらうために、入れました。

ログインメールを送りました

ログインメールを送りました

メールアドレスに送られます。

iPhoneやMacのMailが、ポーンと音がしてメールが届きました。

Nature Remoの認証メール

確認URLをクリック

クリックすると、ブラウザが開いて、

AlexaがRemoへのアクセスを許可させる

AlexaがRemoへのアクセスを許可するか

認証ページに飛びますので、ここで、「許可する」をタップ(クリック)します。

Nature-Remoの連携完了

Nature-Remoの連携完了

デバイスの検出にはいります。公式のYouTubeのチュートリアルビデオでは、自動でデバイスの検出ができるようになっています。

しかし、Wi-Fiの掴みの問題や、まちがえて 「Nature Remo」を有効化した場合は、デバイスの検出ができません。

もし、デバイスの検出に失敗したら、

  • Wi-Fiルーター
  • Echo
  • Remo

を再起動して、Alexaアプリのスマホも再起動してWi-FiのDHCPサーバの割り振りを再割当します。

ローカル固定IPに設定できていれば、再起動の必要はないです。

Echo(アレクサ)に「デバイスを探して」と話しかけるとできます

S爺
検出したデバイスを、アレクサが読み上げてくれるのですが、それぞれのデバイスを音声で指定するのが、うまくアレクサに伝わらず、イライラするので手動でやった方が早いです。

Echoの「デバイスを探す」を手動でする方法

Alexaアプリのデバイスの画面へ

Alexaアプリのデバイスの画面へ

右下の家のアイコンみたいなのをタップします。すると、デバイスの画面になります。

そこで、右上の ○に+のアイコン(追加を意味する)をタップします。

追加メニューを開く

追加メニューを開く

下にプルアップで追加メニューがひらきます。

デバイスを追加をタップ

デバイスを追加をタップ

「デバイスを追加」をタップして、「セットアップするデバイスの種類」を開きます。

その他を選ぶ

その他を選ぶ

競合する eRemoteや、ラトックはアイコンが用意されていますが、Nature Remoはまだないので、「その他」をタップします。

すると、「セットアップ」の画面になるので、

セットアップ デバイスを検出をタップ

デバイスを検出をタップ

「デバイスを検出」のボタンをクリックします。

しばらく、検出の画面がでたあとで、

デバイスの検出と有効化

デバイスの検出と有効化

Nature Remoに登録した家電が検出されます。「完了」ボタンをタップして、連携を完了します。

デバイスのところで、タップすると、それぞれの家電を有効にするかしないかの設定ができます。Echo(アレクサ)の声かけで操作をしない家電は、無効にしておきます。

テレビの場合
  • アレクサ (○○の)テレビを付けて
  • アレクサ (○○の)テレビの(設定したチャンネル番号)チャンネルにかえて
  • アレクサ (○○の)テレビの音量を大きくして(10ステップ)
  • アレクサ (○○の)テレビの音量を小さくして(10ステップ)
  • アレクサ (○○の)テレビの音量を4大きくして(4ステップ)
  • アレクサ (○○の)テレビの音量を3小さくして(3ステップ)
  • アレクサ (○○の)テレビの消音
  • アレクサ (○○の)テレビの消音をキャンセル
  • アクレサ (○○の)テレビのチャンネルをかえて(上に、下に)
  • アレクサ (○○の)テレビを再生して
  • アレクサ (○○の)テレビを早送りして
  • アクレサ (○○の)テレビをとめて

など、HDDをUSB端子につないで録画した番組を見ることまでEchoで操作ができるようになりました。

基本操作だけでも十分な気がします。

BSやCSに切り替えたり、入力端子の切替がアレクサにできません。

ってか、いろいろできすぎです。

こういった細かい制御は、IFTTTをつかって設定をやらなければできなかったことですが、このスキル一つでできています。

IFTTT

イフト と読む。

FacebookやEvernote、Dropboxなどのインターネット上のサービスを連携させるための、スクリプト(バッチファイル)のような手順書のサービスのこと。

IFTTTは、ガジェット マニアやITエンジニアの間では使われてきたが、AIスピーカーや家電リモコンなどのIoT機器と連携できるようになり一般的に広く知られるようになった。

IFTTTは、パソコンやスマホのアプリがあるので、何からでもできる。node REDというソフトを使えば、AIスピーカの制御がさらにできる。 (関連記事群を準備中)

エアコン
  • アレクサ エアコンを付けて

など、簡単な操作はできます。温度は季節によって一度設定すると、あまり替えることがないので、そんなに細かい設定を音声ですることは少ないと思います。

Nature Remo側でリモコンの設定を変更したらデバイスを再設定

テレビがプリセットに対応して、テレビのデバイスを登録しなおしました。

デバイスが変わったので、定型アクションに登録したデバイス(TV)も変更します。

Alexa アプリのデバイスで使わないものは捨てる

Amazon Alexa アプリで、使わない古い設定のデバイスは削除しておきましょう。

削除しないままで使っていると、たくさんデバイスのリストが増えて、何がどうなっているのか?把握しづらくなります。

Nature RemoとEcho(アレクサ)で連携できない問題

Fire TV stick 4Kを登録したら、テレビの操作ができなくなった

症状

「テレビをつけて」と言っても、「すみません。テレビというデバイスが有効になっていないか、ネットワークが有効になっていない可能性があります…」や「テレビからの応答がありません。ネットワークが…」と言われて、テレビが付かない。

原因

2018年12月12日発売のFire TV stick 4K 第3世代は、Echo と連携するために、「テレビ」というデバイスを追加します。そのため、Nature Remoのテレビのリモコン操作を「テレビ」のデバイスで登録しているため、デバイスの「テレビ」が重複した事による動作不良です。

解決策

Alexaアプリ(パソコンのブラウザでhttps://alexa.amazon.co.jp)のデバイスのところから、「テレビ」のデバイスの中で、「○○'s Fire TV」という設定のものを無効かするか、削除することで解決します。

FireTVの「テレビ」を削除や無効化すると、Echo から「Fire TV stick をテレビでみる」というリクエストをした時に、HDMI連動でテレビの電源を入れて、Fire TV stick 4Kを表示するということができません。

テレビの名前を変えることで重複を避けることができます。「寝室テレビ」、「書斎のテレビ」などでNature Remoのデバイスを登録すれば対応できます。

まとめ

Amazon Alexa アプリは、頻繁にアップデートしていて、仕様が大きくかわります。

大きく変更されたことに気がついたら、修正、加筆します。

Echo(アレクサ)の種類と違い、どれがいいのか? 選び方をまとめた。【Amazon Echo Show(エコーショー)の日本販売】

10.1インチのタッチ画面がついたEcho Show(エコーショー)が、2018年12月12日から販売されました。増えてきたアマゾン エコー(Amazon Echo:アレクサ)の種類と選び方をまとめま ...

続きを見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-Amazonデバイス, IoT
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.