月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

雑記

【ねえ HelloPika(ハロピカ)】を買ったのでレビュー:ピカチュウのロボット 小児患者に人気です!

投稿日:2018年8月5日 更新日:

2018年8月4日、タカラトミーから、ポケットモンスターのピカチュウのロボット【ねえ HelloPika】が販売されました。

HelloPika ハロピカを机の上に置く

Amazonで予約していたのが届いたのでレポートします。

  • 商品名:ねえ HelloPika(ハロピカ)
  • 購入価格:2662円
  • 購入時期:2018年8月5日

「ねえ HelloPika(ハロピカ)」って何? どう違うの?

音に反応して、ピカチュウの人形が顔を向けて、話しかけてくれる「おもちゃのロボット」です。

「百聞は一見にしかず」ですので、動画を見れば分かりますよ。

  • 子供の手の平にのる大きさのピカチュウ
  • 単4乾電池2本で動くおもちゃのロボット
  • 頭がすこしだけモーターで動く
  • マイクが左右に二個ついていて、音のする方向へ顔をむけてしゃべる
  • つついても反応する
  • ほっぺたが赤く光る
  • 独り言を言う
  • 10分程度で電源が勝手に切れる
  • 電源スイッチの入れ直しで起動

思いのほか よくできているので感心しました。

ねえ HelloPika ハロピカ フォトレビュー

ハロピカ本体と取説だけ

ハロピカ本体と取説だけ

同梱物は、

  • ハロピカ本体
  • 取説
  • 応募カード

だけです。単4乾電池は付いていません。

透明トレーにハロピカ本体がガッチリとはまり込んでいて、輸送で壊れないようになっています。これを取り出すのが結構大変で、力を入れすぎて、ピカチュウの首をもぎ取らないように注意しましょう。

勢いよく取り外して、硬い床にハロピカを落として壊さないように、座布団の上で、あわてないように、そっとピカチュウをはずしましょう。

ねえ HelloPika の大きさ、重さ
  • サイズ:約 105 × 75 × 52 mm
  • 重さ:103g (単4乾電池2本込み)

ニッケル水素充電池でも動作しますが、元々充電池は、1.2Vと電圧が低いので、持ちが悪くなります。アルカリ乾電池より重いので、ポケットにつけてもち歩くには重くなります。

ねえ HelloPika に単4乾電池を入れる

ねえ HelloPika には単4乾電池がついていないので、こちらで用意をします。電池の入れ口は、

HelloPikaの足の部分が電池の蓋になっている

HelloPikaの足が電池の蓋になっている

ハロピカの足の部分が、電池の蓋になっていて、プラスねじでとめてあります。不用意に電池が外れないように、小さい子供が触っても電池が外れないようになっています。

HelloPikaの電池の蓋をはずす

HelloPikaの電池の蓋をはずす

家庭にある細めの先のプラスドライバー(PH1)がぴったりのプラスねじです。

単4電池の向きを間違えないようにいれて、フタを閉めるときに少しコツが必要です。

HelloPika電池のフタを閉めるコツ

HelloPika電池のフタを閉めるコツ

バネがキツめでフタが閉まらないので、ネジ止めができません。

  1. 電池のフタを前側の出っ張りをあわせてから
  2. 左手でフタをおさえつけて、ネジをしめる

というかんじで、左手で本体をもちつつ、指でフタを押さえてやると、うまくできます。

ねえ HelloPikaを動かす

ハロピカの電源は、左後ろの殿部相当部(お尻)にあります。

HelloPikaの電源スイッチ

HelloPikaの電源スイッチ

ハロピカの電源スイッチを切り忘れても、10分ほど何も音がしない状態が続けば自動で電源が切れます。一度電源が切れると、この電源スイッチをゆっくりオンオフし直さない限り、電源が入りません。

HelloPikaの動作確認中

HelloPikaの動作確認中 赤くほっぺが光る

電源をいれて5秒程度放置すると音センサーが安定します。つついたり、声をかけたりして、動作することを確認しました。

HelloPikaのマイクは両脇にある

HelloPikaのマイクは両脇にある

音センサー(マイク)は、ハロピカの左右のワキにあります。穴が開いているので分かりやすいですね。ステレオマイクなので、左右のどちらで音がしているのか?を識別します。

ちいさな本体に、首を駆動するモーターとギア、音を拾って、メモリーに貯えているピカチュウの音声を流す基板、赤くまばゆく光るLEDのほっぺの駆動、なかなか、高度なマイコン処理をしていることがわかりますね。

分解用にもう一台買っておけば… と後悔しています。

ねえ HelloPika ができないこと

防水ではない

このおもちゃは、内部に基板とモーターがはいっている上に、前足の裏側にスピーカーのためのスリットがあいています。なので、防水ではありません。

なめ回す乳児のだ液で水没故障するので、乳児のおもちゃとしては使えません。対象年齢は3歳以上と書かれています。

インターネットにつながらないから しゃべれない

このハロピカは、スマートスピーカー(Echo SpotEcho)のように、インターネットにつながってクラウドAIシステムからの指令で動くおもちゃではないので、話かけに対して正しく反応できません。

  1. 人の声やボディをさわるときの振動をマイクが拾って
  2. その音に反応して、ランダムに
  3. あらかじめプログラムされているピカチュウの声と首の動きをする

だけです。

まとめ

「ねえ ハロピカ」は、昔からある、音に反応する”おもちゃ”です。対象年齢は3歳以上です。年末のクリスマス プレゼントとしても最適だと思います。

S爺
「ねえ HelloPika」は、医院の待合において子供の患者にウケるグッズとしても十分使えます。うちも、待合い用に買いました。開業医の先生方におすすめです。

白衣のポケットにもひっかかるコンパクトさ、3〜4歳の自我の目覚めたギャン泣きをする小児患者の注意をこのハロピカに向けさせている間に、注射を… というシーンにマジで使えます。

塗装が多少剥げますが、アルコールティッシュによる清拭くらいならできます。









  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-雑記
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.