Windows PC

Intel 第9世代 Coffee Lake(i5-9600K)の自作パソコンを組み立てたので紹介

2020年1月8日

2018年発売のIntel 第9世代 Coffee Lake i5-9600K のパソコンをパーツを集めて組み立てたメモ

です。1年以上遅れてしまいました。

マザーボードが高くてCPU i7-9700Kを買うお金が足りず、i5-9600Kにしました。いろいろと我慢した仕様のパーツ構成になっています。

この自作PCの用途

  • ブログ記事を書くための仕様
    • UHD(4K)マルチディスプレイ
    • YouTubeにアップするちょっとした動画を作成
  • ゲームキャプチャー、ゲームプレイ配信もできるように
  • グラボを付け替えて、ゲーミングPCへ変更
  • 大容量のHDDを内蔵

自作パソコンの組み立ての段取り(準備)

i5-9600K、Z390マザー、メモリー、他

i5-9600K、Z390マザー、メモリー、他

用意したパーツ

  • CPU:Intel Core i5-9600K(29180円)
  • マザーボード:ASUSTec ROG MAXIMUS HERO (43047円)
  • メモリ:PATRIOT Viper4  DDR4 3733MHz (PC4-29800) 8GB×2 (9800円)
  • CPUクーラー:虎徹 MarkⅡ (3500円)
  • グラフィックスカード:PowerCollar AXRX 580 8GBD5-DHDM(21980円)
  • PCケース:Corsair Carbide 400C(9772円)
  • ATX電源:玄人志向  Bronze 600W  KRPW-N600W/85+(5333円)
  • SSD:サムスン SSD 500GB 860EVO (7908円)
  • HDD:Seagate 4TB (7400円)

合計 137920円です。Amazonで調達しました。

自作PCの予算は、10万円と決めています。i7-9700Kが買えませんでした。6コアHTスレッディングなしの9600Kで我慢しました。ケースは使い回しなのに、予算を少し超えてしまいました。

2020年1月、円高になれば、CPUやマザーボード、PCケースも安いのをAmazonで選ぶと10万円に近づきます。

組み立て手順

  • ケースにATX電源を取り付け
  • CPUをマザーボードに取り付け
  • メモリーをマザーボードに取り付け
  • CPUクーラーのフィンを取り付け
  • マザーボードをケースに入れる
  • マザーボードの電源ケーブルをつなぐ
  • ディスプレイと電源コードをつけて、UEFI BIOS画面がでるのを確認
  • CPUクーラーのファンを取り付け
  • PCケースのアクセサリーの配線
  • グラフィックボードの取り付け
  • 電源をいれて起動テスト
  • SSDを起動ディスクにしてOSをインストール

パソコンを実際に組み立てる

PCケースにATX電源を取りつけ

今回は、仮組み用のPCケース 「コルセア カーバイド 400C」で組みます。

諸々のテストが終わったら、用途に合わせて、ケースと電源を新たに買ってきて入れかえます。

電源は、玄人志向の「 80 Plus Bronze 600W  KRPW-N600W/85+」にしました。

コルセア 400C ケースのATX電源をいれる準備

カバーを外して取り付ける

このPCケースは、中が見えるように透明のアクリルドアが付いています。ケーブルなどを見せないように、カバーがついています。全部とっぱらって取り付けます。

玄人志向 KRPW-N600W85+を取り付ける

玄人志向 KRPW-N600W85+を取り付ける

ATX電源をケースの電源を取り付ける位置にあてがって、

玄人志向  Bronze 600W  KRPW-N600W/85+をネジでつける

Bronze 600W KRPW-N600W/85+をネジでつける

ケース背面側から付属のねじ4本で固定します。

「玄人志向 Bronze 600W KRPW-N600W/85+」は、ケーブルが取り外せないタイプなので、使わないケーブルまでゴチャっとついています。しかし、ファンの音もほとんど聞こえないくらい静かです。コスパは良いです。

3年保証です。

Amazonで 玄人志向 ATX電源 を見る 楽天で ATX 玄人志向 ATX電源 を見る

ATX電源の選び方 まとめ コスパの良い おすすめのATX電源の紹介

このページは、自作パソコンで使うパーツのなかで、電源についてまとめたページです。 PC(パソコン)電源ユニット って何? パソコンの各種パーツに電気を供給する部品です。これがないと、パソコンは動きませ ...

マザーボードにCPUを取り付ける

マザーボードは、ASUS ROG MAXIMUS HEROです。

ASUS ROG MAXIMUS HERO

ASUS ROG MAXIMUS HERO

4万円もする高級マザーボードです。

  • Z390チップセット、LGA1151ソケット
  • オーバークロック機能、ゲーミングPC用
  • PCI-E 拡張スロットが、×16で、2つ、最大で4つある
  • Wi-Fi内蔵
  • BIOSをマザーボードだけでインストール可能(USB BIOS Flashback)

の特長があります。

CMOSのクリアボタンがI/Oパネルにある点とか、マニア御用達のゲーミングPC用マザーボードです。

オーバークロッカー(周波数を上げて最高性能を出すパソコンユーザー)は、UEFI BIOSの設定をゴリゴリにチューニングします。

その結果、UEFI BIOSを壊します。今のマザーボードは、UEFI BIOSを復旧させる仕組みが進化しています。1つ前のUEFI BIOSに戻す機能だけでなく、

USB BIOS Flashback ボタンで、任意のBIOSに変更できる

USB BIOS Flashback ボタンで、任意のBIOSに変更できる

USBメモリーに保存したUEFI BIOSをマザーボードに直接インストールできる機能「USB BIOS Flashback」が、後に生きてきます。

Amazonで ASUS ROG MAXIMUS HERO を見る 楽天で ASUS ROG MAXIMUS HERO を見る

マザーボードは、平らな場所でマザーボードをつつむ袋やシート(静電気防止処理済)を敷いた上に置きます。

静電気には十分注意してください。大切な基板を壊す恐れがあります。夏場の作業は、ひたいからたれる汗でショートして故障するかもしれません。

CPUを抑えるカバーのレバーを外して、キャップを外します。

動画を貼る

CPUを向きを間違えないように置いて、カバーをはめ込みます。レバーで押さえつけて固定します。

i5ー9600Kをマザーボードに取り付けた

i5ー9600Kをマザーボードに取り付けた

「レバーがしっかりと、はまっている」のを確認してください。CPUは間違えて入らないような形になっています。CPUをおさえる枠もCPUが浮いていると、収まらないようにできています。

メモリーの取り付け

Viper DDR4 3733MHz (PC4-29800) 8GB

Viper DDR4 3733MHz (PC-29800) 8GB

今回のメモリーは、

  • 種類:デスクトップ用メモリー、288ピン、DDR4-SDRAM
  • 規格:PC4-29800、DDR4 3733MHz
  • 定格:1.2V

です。値段も安くなっていて、2枚組で9800円でした。

S爺
i7ー7700Kを組んだ頃は、2枚組で2万円超えでしたので、安くて助かりました。
メモリースロットのレバー

メモリースロットのレバー

最近のマザーボードのメモリースロットは、片方だけクリップレバーがついています。

スロットは、4つあります。デュアルチャンネル(2枚のメモリーを同時にアクセスして効率よくメモリーを使う仕組み)が効くように、DIMM_A2とDIMM_B2にペアで差し込みます。

S爺
写真撮った時は、A1とB1スロットに差していますが、マニュアルでは、A2とB2スロットから差した図が付いています。付け替えました。
メモリースロットのクリップがない側

メモリースロットのクリップがない側

片方には、メモリーをおさえるクリップレバーがなく、そのままささる形になります。

メモリースロット クリップがある側

メモリースロット クリップがある側

メモリーの端には、クリップがはまるノッチがあります。そこに、クリップがはまり込むように、レバーを起こします。これで、メモリーは浮き上がらなくなります。

後で、UEFI BIOSの画面で、メモリーが 8GB×2枚の合計16GBであるかを確認します。

CPUクーラーを取り付ける

i5-9600Kにも、CPUファンが付いていませんでした。「K」はオーバークロックに耐えられるCPUです。「K」を買うユーザは、CPUクーラーも自分で選んでつけます。

熱伝導シリコンをCPUに塗る

熱伝導シリコンをCPUに塗る

サイズ  虎徹Mark Ⅱをまた使いました。安いし、よく冷えるCPUクーラーなのでお気に入りです。

取り付け方は、こちらのページで解説しています。

サイズ 虎徹 Mark II というCPUクーラーを買ったので レビューと取り付け方の紹介

Amazonでベストセラーの CPUクーラー 虎徹(こてつ) Mark II(SCKTT-2000)を買いました。前のモデルの虎徹(SCKTT-1000)よりも改良されていて使い勝手が良くなっています ...

S爺
私は、水冷のクーラーを使いません。水冷はクーラントの水が漏れる心配があるからです。

自作機は、掃除メンテ、パーツの入れ替えを頻繁にします。水冷で組むと、水冷の配管やクーラー、ポンプの取り回しの手間が余分にかかるので避けています。

虎徹MarkⅡをつける

虎徹MarkⅡをつける

まだ、ファンはつけません。

PCケースにマザーボードをとりつける

ASUS ROG MAXIMUS HEROは、I/Oパネルが一体化しているので、そのままケースに入れます。

マザーボードをPCケースに入れる

マザーボードをPCケースに入れる

ケースの加工精度が良いので、綺麗にマザーボードがケースにはまります。ネジ穴もピッタリ、どこにも干渉せず、いいかんじに収まりました。

マザーボードを止めるネジ PCケースに付いている

たくさんあるので間違えないように

マザーボードを固定するネジは、ケースに付いています。

S爺
ネジは対角関係でしめていきます。

最初は、ネジを全部ゆるめにしめて、基板が歪んだり、へんなテンション(歪ませる力)がかからないのを確認しながら、対角状にネジを閉めます。

ネジ山がつぶれるほど強くしめないでください。基板が割れたり、髪の毛のようなプリントパターン配線が切れて動作不良になると4万円がパーです。

ある程度は、しっかりとしめないと、サーマルサイクル(熱膨張と収縮)で緩んできます。ビビリがでるようなら、ネジが緩んでいないか? ドライバーで締め直してみましょう。

I/Oパネルもピッタリはまる

I/Oパネルもピッタリはまる

I/Oパネル部分もぴったりとはまります。

今は、USBも、マザーボードのソケット側からケースの前面パネルのUSBポートにつなぐ方が便利ですから。

マザーボード、CPU、メモリーの最小構成で起動を確認

PCケースにマザーボードが固定できたら、電源ケーブルをつなぎます。

ROG MAXIMUS HERO 電源ソケット

ROG MAXIMUS HERO 電源ソケット

  • ATX電源ケーブル 24ピンソケット
  • CPU電源ケーブル 4ピン+4ピンの8ピンソケット

に、ATX電源ケーブル、12V電源ケーブルをつなぎます。

  1. I/Oパネルに、HDMIケーブルかDisplayPortケーブルをつないでディスプレイにつなぐ
  2. USBには、キーボードとマウスをつなぐ。(ワイヤレスならドングルを挿す)
  3. ATX電源にACケーブルをつないで、ATX電源のスイッチをON
  4. マザーボードの電源ボタンをおす
ROG MAXIMUS HERO の試運転

ROG MAXIMUS HERO の試運転

CPUにグラフィックチップが内蔵されているので、グラフィックスボードをつけなくても、マザーボードのHDMIかDisplayPort端子から映像がでます。

電源ボタンはマザーボードにもついているので、簡単に電源を入れられます。インディケータの7セグメントを見ていると、A9で止まります。正常に動作しているようです。

画面を見てみましょう。

UEFI BIOS画面で、メモリーなどをチェックする

UEFI BIOS画面で、メモリーなどをチェックする

この画面がでれば、マザーボード、CPU、メモリーが正常に動作しています。

特に、メモリーが正しく取り付けられていれば、16GBと認識されているので、確認しましょう。

しばらく放置して、CPUの温度があまり上がらないのを確かめます。クーラーの取り付けが正しくできていないと,CPUの温度が室温と比べて、10度以上高くなっていきます。

電源ボタン長押しでオフにしてから、ACケーブル、ディスプレイケーブルを引っこ抜いて完全に電源を落とします。

CPUクーラーを取り付け
虎徹 MarkⅡのファンを取り付け

虎徹 MarkⅡのファンを取り付け

CPUファンを取り付けます。CPUファンの3ピンソケットにさします。

ACケーブル、HDMIケーブルなどをつなぎなおして、電源をいれて、ファンが回っているのを確認します。

PCケースの配線

ケースの前面(上面)操作パネルへの配線をします。

マザーボードのスイッチ類のピンをまとめるソケット

マザーボードのスイッチ類のピンをまとめるソケット

マザーボードについている、ピンヘッダをまとめるアダプターに、PCケースの配線のピンをつけていきます。

  • 電源スイッチ
  • 電源ランプ
  • HDDアクセスランプ
  • リセットスイッチ

のピンをつなぎます。LEDなので、+とーの極性がありますから、ランプが付かない時は、極性をチェックしてつなぎ換えます。

マザーボードのピンソケットにさす

マザーボードのピンソケットにさす

マザーボードのソケットに差し込みます。CPUやメモリーの反対側の端にあります。

フロントパネルのUSB3のケーブル
USB3.0ケーブルをつなぐ

USB3.0ケーブルをつなぐ

PCケースのフロントパネルにあるUSB端子のケーブルをつなぎます。前面パネルのUSBはよく使いますから、忘れていたら、ケースの横の扉を開けて差し込みます。

HD Audio端子
HD Audio端子をつなぐ

HD Audio端子をつなぐ

PCケースの前面パネルにある、イヤホンとマイク端子のためのケーブルコネクタが「HD Audio端子」です。

ヘッドセットをつなぐのに、ケース背面のI/Oパネルのイヤホンマイク端子につなぐより、使い勝手が良いので忘れないようにつないでおきましょう。

グラフィックスカードをつける

Radeon RX580グラフィックスカードの取り付け

Radeon RX580グラフィックスカードの取り付け

グラフィックカードを取り付けます。

内蔵グラフィックも使えますので、すぐに取り付ける必要はありません。グラフィックカードをつける前に内蔵グラフィックのHDMI端子にケーブルをつないで、Windows 10などをインストールして使えるようにします。

ケースにグラフィックボードをネジで固定

ケースにグラフィックボードをネジで固定

拡張カードは、ケースにネジで固定します。加工精度の高いPCケースなら、このネジ穴がピッタリと合います。

S爺
昔は、ネジ穴が合わないのを無理してとめて、基板にへんなテンションがかかり続けて、すぐに壊れていました。

GeForce GTX 2080Tiなど10万円の高級グラフィックボードは大きく重いので、べつに支えて固定するグラフィック固定用アームを取り付けます。

グラフィックカードの電源ケーブル

グラフィックカードの電源ケーブル

グラフィックカードには、電源ケーブルが必要なタイプが増えています。このグラフィックカードも、電源が必要です。つながないと認識されず、カードの出力ポートから映像がでません。

ソケットは、8ピンになっています。マイニングに使わないので、標準の6ピンプラグで動作します。

SATAケーブル と ドライブをつなぐ

マニュアルでSATAを確認する

マニュアルでSATAを確認する

取扱説明書で、SATA(シリアルATA)のケーブルをさすコネクタを確認します。

起動ディスクを、SATA6G_1にして、データドライブをSATA6G_2以下につないでいきます。

SATAを差すとき、下側はさしにくくなる

SATAを差すとき、下側はさしにくくなる

自作機では、複数のHDDやSSD、Blu-rayドライブなどを内蔵して使うので、SATAケーブルの差し込み口が手が入りくなるほど、ゴチャゴチャになります。

まだ、試運転なので、複雑に配線を引き回さないから簡単でわかりやすいです。

OSをインストールする

Windows 10のインストール画面

この辺はいつも通り

Windows 10のDVDメディアを使う場合は、USBでつなぐDVD(Blu-ray)ドライブが必要になります。

インストールのときに、起動ディスクの順番をUEFI BIOSで指定してやらないと、インストールができないことがあります。

S爺
最近のUEFI BIOSの画面は、起動ディスクの選択画面が分からなくてとまどいます。

起動ディスクは、昔は、1TBのHDDを使っていました。最近は、500GBのSSDが6〜7千円で買えるので、SSDを使います。

マザーボードのスロットにさす、m2タイプのSSDは高速なのですが、まだ試行錯誤があるテスト段階では、不便なので使いません。

OSをインストールして、いろいろと遊んでいます。

内蔵グラフィックがエンコで使えるので、CPUの負担はほとんどありません。認識は、unknownだけど。

ProResファイルの再生は、グラフィックカードのRX580がフル稼働します。

Windows 10では、動画ソフトがProResに対応していなければならないし、そもそも、1080p/60fpsの動画をProRes LTコーデックで録画すると、その編集がWindows 10ではできません。mp4ファイルに変換してからもっていかないとダメなんですよね。

Clover インストール先
【OSx86】ASUS ROG MAXIMUS XI HERO、Radeon RX580、i5-9600K インストール メモ【Hacintosh】

このページは、ASUS ROG MAXIMUS XI HERO 、i5-9600K、Radeon RX580のインストールメモです。 自分のための備忘録なので用語解説などは必要最小限です。 以下に書か ...

順次追加・修正していきます。

まとめ

Intel の第9世代の自作PCがやっと組み上がりました。

MS-DOSや漢字トーク(System3)の頃からパソコンをやっている、我々ジジイが当たり前のことでも、スマホしか触ったことのない今の若い子には、パソコンは得体の知れないものに見えるみたいです。

「既製のパーツを組み合わせて、自分の好きなパソコンを作る」だけのことです。

ガジェットブログをやるのなら、これくらいのスキルがなければ話になりません。素人なのに、他人の記事をパクってSEO対策だけ施して稼ぐアフィカスが増えすぎて、Google検索が使えなくなりました

1年ぶりの自作なので手順の参考のため、前回の自作記事を見ながら組み立てました。自分で自分のために書いた記事は役に立ちます。

S爺
2019年は暇になるはずが、仕事の機械の故障が続いて更新のための費用と時間と手間がかかり、忙しすぎました。テレビゲームですら週末に満足に遊べない状態です。

ダウンロードしたり、パッケージを買ったまま一度も起動していない積みゲーがたくさんあります。

ダンボール4箱分の機材とその下書きをコツコツと書いていきます。

使いながら、必要なパーツを取捨選択していきます。古いパソコンを捨てて、置き場所ができたら、次のゲーミングPC(AMDのCPUで、GeForce 2080のグラフィックなやつ)を作りたいと思っています。いつになるかわかりませんが。









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-Windows PC
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2020 All Rights Reserved.