月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。ガジェットの本物のレビュー記事を書いています。

サンデーゲーマーのブログWP

Nintendo Switch

Nintendo Switchの「データの引っ越し」のやり方

2019年10月6日

Nintendo Switch ユーザーデータの引っ越し

Nintendo Switchなどゲーム機は消耗品です。新しいモデルがでたら買い換えます。

今回は、

古いNintendo Switchから、新しいNintendo Switchに乗りかえる時、データを移動させる時の注意点

をまとめてみました。

  1. 古いNintendo Switchは売るか、他の家族にやる → ユーザーの引っ越し
  2. 古いNintendo Switchをサブ機にして、新しいNintendo Switchと使いわける → 二台持ち

の2通りがあります。

詳しくは、任天堂公式のページを参考にしてください。

2台目本体の購入後にやること|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo
2台目本体の購入後にやること|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

Nintendo Switchの2台目本体の購入後にやることについてご案内します。

読んでいただくと分かるとおり、よくできた解説記事になっていますが、ピンと来ないので…

以下、実際にニンテンドー スイッチのデータ移動やコピーをして使う方法を自分用にまとめてみました

新しく買ったNintendo Switchに、データを全部移動(引っ越し)する方法

新しくNintendo Switchを買って、古いNintendo Switchを

  • 中古屋に売る
  • 家族に使わせる
  • コレクションとして保存する

する人は、古い方のスイッチを使わないので、重要なセーブデータや設定情報などを新しいNintendo Switchに移します。

任天堂は、データの移動を「引っ越し」と呼びます。

簡単な流れ

  • データの移動時間は、数分
  • 移動できないデータは後から移動する
  • ニンテンドーアカウントと連携して
  • みまもりSwitchの解除をして
  • 新しいスイッチへ古いスイッチのセーブデータを移す
  • ソフトのセーブデータが移動できているかを確かめる
  • 移動できない録画やスクリーンショットのデータを移す

引っ越しできるデータについて

引っ越しできるデータは、

  • ユーザーの基本データ全部
    • ユーザー
    • ユーザー設定
    • フレンド
    • プレイ記録
    • 一緒に遊んだ人の記録
  • ソフトのセーブデータ
  • 「いつもあそぶ本体」の設定

引っ越しできないデータは、

  • ユーザごとに保存されない、「ユーザの選択がでない」ソフトのセーブデータ
  • ダウンロードソフト
  • 追加コンテンツ
  • 更新データ
  • 画面写真、動画(スクリーンショット、30秒リプレイ動画)
  • Nintendo みまもり Switchとの連携

です。

Nintendo Switchのデータを引っ越し(移動)する

あらかじめ準備、知っておくこと
  • どちらのNintendo Switchも、Wi-Fi/インターネットにつないで「本体の更新」で同じバージョンに合わせる
  • 引っ越したいユーザーのニンテンドーアカウントで、それぞれのNintendo Switch本体にログインした状態になる
  • バッテリー切れにならないように充電
  • 引っ越し(移動)するユーザーのニンテンドーアカウント(メールアドレスとパスワード)
  • みまもりSwitch のアプリが入ったスマホ
  • 引き継ぎ:「ひっこし」か「どちらも使う」
本体の更新をする

Nintendo Switchのシステム(ファームウエア)は、常に最新のものでなければなりません。あらかじめ本体の更新をしておきます。

設定 → 本体(左カラムの一番下)→ 本体の更新

ユーザーの引っ越しでも本体の更新が必要

ユーザーの引っ越しでも本体の更新が必要

Nintendo Switchは、重大な設定の時は本体の更新が必要です。

Switchを並べて作業する
Nintendo Switchの引っ越しの準備

ACアダプターをつないで充電しておく

新しいNintendo Switchと古いNintendo SwitchをACアダプター(USB-Cケーブル)につないで充電しながら作業をします。

特に、古いNintendo Switchはバッテリーが弱っているので、必ずUSB-Cケーブルをつないで充電しながらやりましょう。

古い方(送る側)のNintendo Switchのユーザー移行の準備

設定 → ユーザー(左カラム)→ ユーザーの引っ越し を選びます。

Nintendo Switch ユーザーの引っ越し1

 

いままで、1台のNintendo Switchを親子でユーザーをきりかえて使っていた家庭も多いでしょう。新しいNintendo Switchを買って、ユーザーを新しいスイッチに引っ越しします。

引っ越しでは、

  • セーブデータは移動できる
  • ダウンロードして使っていたゲームは、再ダウンロードする
  • スクリーンショットや30秒動画は、移動できないので、microSDカードなら、パソコンで移動

となります。

みまもり Switchの解除
みまもり設定の解除

みまもり設定の解除

Nintendo みまもり Switchの設定がしてありますので、解除します。

スマホのアプリで、暗証番号を発行します。

Nintendo みまもり Switchの暗号発行

Nintendo みまもり Switchの暗号発行

4桁の数字の暗証番号を、Nintendo Switchに入れます。画面をタップしても良いし、スティックやボタンを使って入れてもOKです。

引っ越した先のNintendo Switchは、みまもりSwitchに新しい端末として登録し直します。

ユーザーがでていく本体と引っ越し先の本体を選ぶ
出て行く本体側の設定
Switchの「出ていく本体」と「引っ越し先の本体」の選択

Switchの「出ていく本体」と「引っ越し先の本体」の選択

出ていく本体側と引っ越し先を選びます。

ユーザーの引っ越しで出て行く側の本体の選択

ユーザーの引っ越しで出て行く側の本体の選択

引っ越しの確認がでます。ユーザー情報とゲームのセーブデータしか移動できません。

ダウンロードしてきたゲームソフトやDLCなど諸々は、新たにダウンロードし直します。

ユーザーの引っ越し、出て行く本体側の待機状態

ユーザーの引っ越し、出て行く本体側の待機状態

これで、待機状態になりました。引っ越し先のNintendo Switchを探している状態です。

Nintendo Switch同士で、Wi-Fiを使ってデータを送ります。これをアドホック接続と言います。

新しいNintendo Switch側を「引っ越し先の本体」にする

新しく買ってきたNintendo Switch(Lite)は、あらかじめ、Wi-Fi / インターネットにつないで、本体の更新をしておきます。

その時、ユーザー名は適当なもの(PLAYERとか)にしておいて、後から削除します。

引っ越し元と同じように、設定→ ユーザー → ユーザーの引っ越しを選んで、引っ越し先になるようにします。

引っ越し先の本体を選択

引っ越し先の本体を選択

引っ越し先の本体を選んで、先にすすめます。

引っ越すユーザーのニンテンドーアカウントでログインします。

ニンテンドーアカウントにログイン

ニンテンドーアカウントにログイン

IDは、メールアドレス、パスワードを入れて、「しばらくお待ちください」と出たあと、

出ていく本体待ち状態

出ていく本体の用意待ち

「この本体に、○○さんを引っ越します。○○さんがでていく本体を用意してください。」と出るので、「つぎへ」で、引っ越し元の本体の待機にします。

引っ越し先の本体が見つかりました。

引っ越し先の本体が見つかりました

出ていく本体が見つかりました

出ていく本体が見つかりました

お互いに、本体がWi-Fi(無線)でつながりました。あとは、「引っ越しをする」をタップします。

数分で引っ越しができます。

引っ越しの状態

引っ越しの進ちょくは、グラフで出る

3DSの引っ越しに比べると、かかる時間は驚くほど短いです。

出ていった本体 終わる

出ていった本体「おわる」

出ていく本体側で、「引っ越しました」と✓がでるので、「おわる」をタップします。引っ越せないデータについては、「他のデータについて」を読んで、移動や保存をしてください。

microSDカードにたまった、スクリーンショットや30秒録画ファイルは、パソコンに取りこんで保存しましょう。

引っ越し先の本体 おわり

引っ越し先の本体も「おわる」

新しいNintendo Switch側の引っ越し先の本体も「おわる」をタップして終わりです。

引っ越し元のNintendo Switchに、他のユーザーを登録してない場合、「仮のユーザー」が自動で作られます。

ダウンロード版のソフト、追加コンテンツなど諸々は残ったままで、消されることはありません。ユーザデータだけが抜き取られた形になります。

引っ越し元のユーザ名の自動作成と残ったデータについて

引っ越し元のユーザ名の自動作成と残ったデータについて

microSDカードをいれずに、使っている場合、スクリーンショットや30秒動画は、Nintendo Switch本体の内蔵フラッシュメモリーに保存されています。

その移動方法は、microSDカードを入れて、そちらに移動させて取り出します。

  1. 設定 → データ管理(左カラム)→ 画面写真と動画の管理
  2. 本体保存メモリー → 全ての画面写真と動画をSDカードにコピー

こういった作業が面倒なので、Nintendo Switchを買った最初から、microSDカードをいれておきましょう

新しい本体で、ソフトをダウンロードする

引っ越し先の本体は空っぽ

引っ越し先の本体は空っぽ

ホーム画面は、何もソフトがない状態です。

ニンテンドーeショップにログインして、ソフトをダウンロードしていきます。

ダウンロードのソフトを大量に持っている人は、全部のソフト、追加コンテンツ(DLC)をeショップで探してダウンロードするのに半日かかると覚悟しておきましょう。

ゲームカセットを差し込むと、ゲームの更新データをダウンロードするようになります。

S爺
引っ越して、Nintendo Switchがすぐに遊べるわけではありません。

スイッチの「いつもあそぶ本体」って何?

「いつも使う本体」ってことで、ダウンロード版のソフトを、ユーザ本人や他の家族ユーザが、いつでも遊べる本体のこと

「いつもあそぶ本体」は、ニンテンドーeショップにNintendo Switchでログインした時に自動で設定されます。

Nintendo Switchを1台だけ使う人にとって、「いつもあそぶ本体」は意識しなくてよいものです。

二台のNintendo Switchを使う人に限って、この「いつもあそぶ本体」を意識しておかなければなりません

  • いままで遊んでいたNintendo Switchは、「いつもあそぶ本体」になっていた
  • 新しいNintendo Switchに引っ越し(移動)すると、引っ越し先のNintendo Switchが「いつもあそぶ本体」になる

「いつもあそぶ本体」の確認方法は、

ニンテンドーeショップのアカウント情報へ

ニンテンドーeショップのアカウント情報へ

  1. Nintendo Switchのホームから、ニンテンドーeショップへログイン
  2. 画面右上の自分のユーザーアイコンを選択し、「アカウント情報」へ
  3. ユーザー名を選択し、右のカラムの下へスクロールして
  4. 「いつもあそぶ本体」が「この本体が登録されています」を確認
Nintendo Switch いつもあそぶ本体設定確認

Nintendo Switch いつもあそぶ本体設定確認

「いつもあそぶ本体」でできること
  • 購入したダウンロード版のソフトは、いつでも(インターネットにつながなくても・認証がなくても)使える
  • 他の家族のユーザーが、ダウンロード版のソフトをいつでも遊べる
「いつもあそぶ本体」ではないNintendo Switchでは、他のユーザがインターネットの認証ができないのでダウンロード版のソフトが遊べません。

「いつもあそぶ本体」ではないNintendo Switch(Lite)は、ダウンロード版ソフトを起動するたびに、「ソフトをあそべるかチェックしています」というダイアログボックスが出ます。

ソフトを遊べるかチェックしています

ソフトを遊べるかチェックしています

インターネットにつないで、「いつもあそぶ本体」側で、遊びたいソフトが起動していないか?を確認されます。

家族みんなで使うNintendo Switchを「いつもあそぶ本体」にしておいて、Nintendo Switch Liteは、自分だけの専用機として使うということになります。

  • いつもあそぶ本体のNintendo Switchで、ダウンロード版のスプラトゥーン2を家族のユーザーが遊んでいて、
  • Nintendo Switch Liteでは、ダウンロード版のゼルダの伝説 夢をみる島を遊ぶ

というのは、ソフトが違うのでできます。同時に同じソフトを遊ぶことはできません。

Nintendo Switch LiteとNintendo Switchのどっちも使う場合

「その本体で、これからもあそびますか?」と聞かれるので、「両方の本体であそぶ」を選ぶと、どっちも使えるようになります。

Nintendo Switch 引っ越し 両方の本体であそぶ

Nintendo Switch 引っ越し 両方の本体であそぶ

Nintendo Switch と、携帯専用のNintendo Switch Liteの両方を使う人は、ユーザーデータの移動はありません。

ニンテンドーアカウントで連携するだけです。

ニンテンドーアカウントに連携

Nintendo Switch Liteで、

  1. Wi-Fi / インターネットにつなぎ
  2. 本体の更新
  3. ユーザ(Playerとか)を仮に作って起動し、
  4. ユーザーの追加で、ニンテンドーアカウントのユーザーを連携して登録する
  5. 仮に作ったユーザがいらなければ、削除する 

両方であそぶ場合も、それぞれのNintendo Switchは、ニンテンドーアカウントで連携しているだけです。

ダウンロードソフトやDLCソフトは、ニンテンドーeショップから、一つ一つ検索してダウンロードしていきます。

ゲームカセットをいれると、更新データがダウンロードされます。

セーブデータは、別々にもできるし、Onlineに保存しているセーブデータをダウンロードして使う事もできます。

ダウンロード版のソフトは、どのNintendo Switch Liteにもダウンロードして使えますが、どちらか一方でしか遊べません。

同時に遊ぶ事はできません。→ いつもあそぶ本体

Nintendo Switchのソフトを再ダウンロード

Nintendo Switchのソフトを再ダウンロード

ただし、スプラトゥーン2やスマブラなどオンライン対戦ゲームのセーブデータは、Onlineに保存できないので、二台以上のNintendo Switchで、同じセーブデータを使うことができません。

ユーザー設定の削除方法

設定 → ユーザー設定 →(1番下の)ユーザの削除

セーブデータを引っ越したあとの古いNintendo Switchは?

ゲームの中古屋に売る時は、工場出荷状態にしてからにしましょう。

本体内のメモリーにある「画面撮影と動画」をSDカードに移しておきます

本体から、ゲームカセットとmicroSDカードを抜くのを忘れないように!

設定 → 本体(左カラムの一番下)→ 1番下の「初期化」

をすると本体情報がすべて消えます。ニンテンドーアカウントとの連係情報もなくなります。

箱、付属品一式がそろっていて、Joy-Conに異常がなく、画面にパッと見た目でわかるくらいの傷がなければ、2019年10月現在 初期型のNintendo Switchは1万円程度で売れるようです。

Nintendo Switchの譲渡/廃棄について|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo
Nintendo Switchの譲渡/廃棄について|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

Nintendo Switchの「譲渡/廃棄」のご案内です。

まとめ

Nintendo Switchのデータの移動とコピーのやり方についてまとめておきました。

  • Nintendo Switchを二台で遊ぶ時
  • 「いつもあそぶ本体」とそうでない本体でのダウンロード版ソフトのあつかい
  • セーブデータのあつかい
  • 画面撮影や動画撮影のデータについて

Nintendo Switchが一家に2台以上ある家庭が増えたので、こういった知識も必要になります。

自分のための記録メモを、ブログ用にリライトして掲載しています。









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-Nintendo Switch
-

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2019 All Rights Reserved.