月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

WiFi ルーター・LAN

PA-WG2600HP3 をCNVモード(コンバータモード)/ Wi-Fi中継機 の設定 やり方

投稿日:2018年8月10日 更新日:

NEC Aterm PA-WG2600HP3 のCNVモード(コンバーターモード)は、ブロードバンドルーターの機能は停止して、単純に、無線LAN / Wi-Fiを中継する無線LAN 中継アクセスポイントになるモードです。その設定方法を解説します。

コンバーター(CNV)モード は どういう時に使うの?

  1. すでに安定したWi-Fiルーター / HGW があって
  2. PA-WG2600HP3のブロードバンドルーター機能が不要
  3. 無線LAN / Wi-Fiの電波を飛ばしたい場所に、有線LANの配線がない、工事もできない
  4. 無線電波だけで、Wi-Fiの使える範囲を広げたい

というユーザが使います。

アマチュア無線をしている人は、無線中継機をリピーターと呼ぶので、Wi-Fi リピーターと言います。

賃貸住宅に住む ”有線LANの工事ができない” ユーザが、苦肉の策として使うモードだと思ってください。

S爺
同じ考えのものとして、最近「メッシュ Wi-Fi」というものが話題になっています。家の中に有線LANケーブルを張り巡らせている我々からすれば「メッシュWi-Fiは眉唾物」に過ぎません。

「メッシュWi-Fiを、素晴らしい機能だ」というヤツは紛れもないアフィリカスです。

CNVモードのやり方

  1. モード切替スイッチを、CNVにする
  2. 親機(元になるWi-Fiルーター)とWPSか、手動でつなぐ

モード切りかえスイッチをCNVにする

切りかえスイッチをCNVに合わせる

切りかえスイッチをCNVに合わせる

電源を切った状態で、モード切替スイッチをCNVにします。

親機(元のWi-Fiルーター)とWPSの自動接続か手動でつなぐ

この中継機のモードはよくできていて、WPSという自動接続で子機になるPA-WG2600HP3をつなぐと、親機のWi-Fiの設定諸々を引き継いで、PA-WG2600HP3も子機なのに、親機と同じSSIDや暗号キーなどを引き継ぎます。

この作業は、公式ユーザーズマニュアルが詳しいので、そちらを参考にしてください。専門用語の羅列で、初心者レベルの知識だとチンプンカンプンだと思います。

親機とWi-Fi接続する|Aterm®WG2600HP3 ユーザーズマニュアル
親機とWi-Fi接続する|Aterm®WG2600HP3 ユーザーズマニュアル

続きを見る

ということで、私が実例で解説します。

親機を PA-WG2600HP2にして、子機をPA-WG2600HP3にした例

手動でつなぐやり方です。手順は、

  1. 親機(PA-WG2600HP2)側のSSIDをESS-IDステルス機能(隠蔽されたSSID)とMACアドレスフィルタリングをOFF
  2. 子機(PA-WG2600HP3)を強制DHCPサーバ機能で起動し、ブラウザで、親機(PA-WG2600HP2)のSSIDと暗号キーを登録し、保存した後電源を切る
  3. 子機(PA-WG2600HP3)に電源をいれ3分待つと、親機(PA-WG2600HP2)につながる
  4. 親機(PA-WG2600HP2)の見えて安心ネットに、子機(PA-WG2600HP3)を登録する
  5. つながるのを確認
親機になるPA-WG2600HP2の接続準備

ブラウザで、親機になっているWi-Fiルーター PA-WG2600HP2の設定、クイック設定Webをブラウザで開きます。

一時的に、親機のセキュリティを解除します。

5GHz帯のセキュリティを一時解除

5GHz帯のセキュリティを一時解除

ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)とMACアドレスフィルタリングをOFFにします。

5GHz帯でつなぐ

親機と子機のデータ転送速度が速いのは、5GHz帯です。だから、SSIDは、5GHz帯でつなぎます。ただし、5GHz帯は、壁一枚、人が間に立つだけで速度が低下するくらいデリケートな電波です。5GHz帯は直接見渡せる位置関係でなければ十分な転送速度が得られません

もし、木造家屋の二階と一階のような条件の悪い位置関係でつなぐ場合、2.4GHz帯のSSIDを使います。その場合は、データ転送速度は、5GHz帯にくらべて、1/2以下になります。

子機(PA-WG2600HP3)をパソコンにつなぎ強制DHCPサーバ機能で起動し、クイック設定Webから接続設定をする
  1. パソコンと子機のPA-WG2600HP3をつなぐ
  2. 子機になるPA-WG2600HP3を強制DHCPサーバ機能で起動
  3. パソコンでLANケーブルをつなぐか、スマホやタブレットでWi-Fiでつないで、PA-WG2600HP3のクイック設定Webにアクセス

step
1
パソコンと子機のPA-WG2600HP3を一対一でつなぐ

PA-WG2600HP3をアドホック接続

LANケーブルでつなぐ方が手間が省ける

パソコン側は、ネットワークの設定画面で

  • 有線LAN接続
  • DHCP接続

にして待ちます。LANケーブルは外しておいてかまいません。

Macの場合は、「システム環境設定 / ネットワーク」の「ネットワーク環境」を「自動」にして、Wi-Fiを切っておきます。適用のボタンを忘れずに押して反映します。

Windows 10の場合は、とくに設定をしなくても、「新規の接続」として認識してくれます。

LANポートを持たない、ノートPC、タブレット、スマホは、強制DHCPモードで起動したPA-WG2600HP3に、Wi-Fiでつなぎます。

step
2
PA-WG2600HP3を強制DHCPサーバ機能モードで起動する

強制DHCPサーバ機能で起動

強制DHCPサーバ機能で起動

らくらくスタートボタンを押し続けたままで、電源プラグを差し込むと電源が入ります。そのまま、1分以上押し続けていると、CONVERTERのLEDが緑に点滅するようになります。その状態が、強制DHCPサーバ機能モードでの起動です。

step
3
ブラウザで、192.168.1.245 の クイック設定Web にログイン

Macに接続した時のネットワークが分かりやすいので、接続例としてあげておきます。

強制DHCPサーバ機能でつなぐ

強制DHCPサーバ機能でつなぐ

CNVモードのPA-WG2600HP3を強制DHCPサーバ機能で起動すると、ルーターのアドレスは、192.168.1.245 になります。クライアントになるMacのIPアドレスが、192.168.1.246になっていることに注目してください。

S爺
ちなみに、BRモードの強制DHCPサーバ機能で起動した場合は、「192.168.1.210」がルーターのアドレスになります。

これで、Safariなどのブラウザで、URL欄に、192.168.1.245 と打ち込めば、クイック設定Webのログイン画面がでます。

CNVモードでのクイック設定Webにログイン

CNVモードでのクイック設定Webにログイン

IDは、adminです。パスワードは、PA-WG2600HP3の裏側のシールに印刷されている「WebPW」の6桁の数字です。それを入れてください。

クイック設定Webに入れます。

デュアルバンド中継モード

デュアルバンド中継モード

Wi-Fi デュアルバンド中継(Wi-Fi TVモード中継)という動作モードになっています。これが、CNVモードのことです。

動作モードを確認したら、「基本設定」をクリックします。

step
4
CNVモードでの設定の確認

クイック設定Webの設定CNVモード

クイック設定Webの設定CNVモード

基本設定は、とくにいじるところはないです。装置名を替えるくらいでしょう。

step
5
親機(PA-WG2600HP2)のSSIDへの接続設定

親機(PA-WG2600HP2)との接続設定をします。

親機との接続設定

親機との接続設定

親機のWG2600HP2と見渡せる位置関係であれば、5GHz帯のSSIDでつなぐ方が、デュアルバンドが使えるので転送速度が速いです。SSIDとパスワード(暗号キー)を入れます。設定ボタンを押して変更を反映します。

step
6
子機との接続設定

子機(PA-WG2600HP3)は、親機と同じSSIDとパスワードでなければなりません。手動での接続設定では、親機のSSIDと暗号キーをすべて手入力で設定しなければなりません。

S爺
もし、この子機の接続設定を変更しないと、PA-WG2600HP3の中継機のSSIDと暗号キーが別にできてしまい、”SSIDが同じでどこでもつながる”中継の意味がなくなるし不便です。
2.4GHz帯のSSIDを合わせる

2.4GHz帯のSSIDを合わせる

まずは、2.4GHz帯のSSIDと暗号キーを、親機のWG2600HP2と同じにします。間違えると中継機として機能しませんので、ブラウザにそれぞれのクイック設定Webを開いておいて、コピペしてもかまいません。パソコンなら可能ですね。

5GHz帯のSSIDの設定

5GHz帯のSSIDの設定

5GHz帯のSSIDも同じように、親機のWG2600HP2に合わせます。間違えないように、とくに暗号キーは長いので打ち間違えがないように、何度も確認してください。コピペも、端の一文字が抜けていたりしますから、確認を怠らないようにしましょう。

設定をおして保存します。Wi-Fi部分が変更になると、クイック設定Webの反応が悪くなります。しばらくして、ホームのアイコンをクリックして戻りましょう。

電源プラグを抜いて、電源を落とし、もう一度入れ直して、PA-WG2600HP3を再起動します。

step
6
親機 PA-WG2600HP2側の見えて安心ネットに子機 PA-WG2600HP3を登録する

親機(PA-WG2600HP2)にとっては、中継機のPA-WG2600HP3は、タブレットやスマホ、ノートパソコンと同じ子機の一つにすぎません。スマホの登録と同じように、見えて安心ネットに登録します。

MACアドレスは、PA-WG2600HP3の裏面のシールに記載されているので、それをメモって、親機 PA-WG2600HPの見えて安心ネットでチェックします。

親機(PA-WG2600HP2)のセキュリティのMACアドレスフィルタリングをONにしておくと…

見えて安心ネットに拒否する端末の中にあった

見えて安心ネットに拒否する端末の中に…

親機 WG2600HP2のクイック設定Webの見えて安心ネットを開くと、接続を拒否する端末 に、端末2のMACアドレスが、WG2600HP3と一致していました。この端末2を登録します。

見えて安心ネットに登録

見えて安心ネットに登録

端末区分は、24時間つなぐものなので、大人の端末にします。端末名は、子機のWG2600HP3にします。端末名や区分などは後から変更できるので、区分をこどもの端末に変えて、夜は接続拒否ということもできます。

これでつながります。

step
7
つながるのを確認

CONVERTERのLEDがオレンジに点灯

CONVERTERのLEDがオレンジに点灯

CONVERTERのLEDが付くのが特徴です。すべてのLEDがオレンジや緑に点灯します。

これで、LANポートにMacをつないで、Wi-Fiでのスピードを測ってみましょう。

MacBookProは有線でWG2600HP3へつないである

MacBookProは有線でWG2600HP3へ

MacBook ProのWi-FiをOFFにして、有線接続で中継の子機になっているPA-WG2600HP3につなぎます。

TV録画機のNASから、TSファイルをダウンロードしてみました。

Macでファイルをダウンロードしてみる

Macでファイルをダウンロードしてみる

WG2600HP2とWG2600HP3の間の通信速度は、40〜95MB/秒(320〜760Mbps)が出ています。といっても、距離は、3mほどです。間に、私が入ると速度が落ちます。

5GHzでのデータ通信は、人が間に一人はいるだけでも影響をうけるほどデリケートなことがわかりますね。皆さんもやって見ましょう。

だいたい、10mくらいまでなら、間に何もない状態であれば、さほど通信速度は落ちません。木のドアが閉まった途端、半分くらいまで落ち込むので、間にさえぎるものがあると、通信速度はすぐに落ちます。

S爺
ってか、見通せる直線の5mとか、わざわざWi-Fiの無線通信でしなくても、LANケーブルをひっぱれば良いじゃん!って誰しもが思いますよね。

ほんと、メッシュWi-Fiとか、こういうWi-Fiを中継しながらつなごうという考えは、あまり好きじゃないです。

PA-WG2600HP3のCNVモードは、3段まで可能

中継は、親機→ 中継子機1 → 中継子機2 → 中継子機3 まで延長できます。

設置段数は3段まで

設置段数は3段まで

メッシュWi-Fiが、それぞれの中継子機と平行に転送しあうのとはちがって、PA-WG2600HP3のCNVモードは直列的につながって転送します。その点が微妙に違いますが、似たようなことができるということです。

CNVモードのPA-WG2600HP3は親機にDHCPクライアントとしてつながっている

CNVモードの子機としてつながるPA-WG2600HP3は、DHCPクライアントとして、親機のDHCPの自動割り振りからIPアドレスをもらって動作してます。だから、クイック設定Webを開くためには、どのIPアドレスを割り振られているのか?を調べる必要があります。

親機、Wi-FiルーターになっているWG2600HP2のクイック設定Webで、詳細な項目 → 情報 → 子機情報 を開きます。

子機情報でDHCPクライアントのIPアドレスが分かる

子機情報でDHCPクライアントのIPアドレスが分かる

ここをみると、MACアドレスから、PA-WG2600HP3が 192.168.0.3に割り振られていることがわかります。そこで、ブラウザのURLに、192.168.0.3 と打ち込むと…

CNVモードのPA-WG2600HP3のクイック設定Web を開くことができます。

動的なIPアドレスなのは、良くないので、詳細な項目 → 詳細設定 → DHCP固定割当エントリ で、MACアドレスを指定して割り当てるIPアドレスを決めておきましょう。

ただし、「DCHP固定割当エントリ」のIPアドレスは、「IPv4LAN側設定」→「DHCPサーバ」の「割当数」と「割当先頭アドレス」で決められた範囲内でしか割当ができません。

まとめ

NEC Aterm PA-WG2600HP3のCNVモードのやり方をまとめました。

私は、こういう無線でWi-Fiのエリアを広げる中継機能を使う事をおすすめしません。

Wi-Fiルーターと中継機になる子機の間をデータ通信を速くするために、2.4GHz、5GHz帯の空いているチャンネルを何本も使います。特に、5GHz帯のチャンネルを4ストリーム分使って転送するので、その使っているチャンネルは、スマホやタブレット、ノートPCが使えません。

賃貸のアパートやマンションなどの集合住宅では、隣や階下や階上のWi-Fiの電波が混信します。元々、悪条件の中で、さらに子機との間で多チャンネルを使ったデータ通信をするので混雑します。

自宅など、有線LANケーブルが引き回せるのなら、有線LANでつないで、そのエリアだけをWi-Fiが使える BRモード/無線アクセスポイントで使うことをおすすめします。

都会の複合住宅住まいなら、混信による通信障害がある中で、フルスペックの性能がでないままで我慢して使うしかないでしょう。









  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-WiFi ルーター・LAN
-

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.