WiFi ルーター・LAN

家のネットワーク / LANが遅い、途切れる、つながらない! 問題の解決方法 まとめ 〜 ファイル共有を速くする

2022年1月26日

LANでのファイル共有は、60〜129MB/秒、500〜1030Mbpsの速度がでる

家でパソコンを使う人が増えている。

パソコンもネットワークにつないで使う方が便利だ。

パソコン同士、インターネットへつながるWi-Fiルーターには、イーサネットケーブル(有線LANケーブル)でつなぐ方が安定して速い。

ファイル共有のデータ転送のスピードがでない、調子が悪いなど LANのトラブルに悩んで 検索している人のために、LAN(家の中のネットワーク、ローカルエリアネットワーク)でよく起きる問題と解決方法をまとめた。

S爺
文中のリンクは、参照する記事へのリンクです。広告ではないので安心してクリックしてください。
戻るボタン か 左から右へスワイプして戻ってください。

ネットが遅い、LANの速度が遅い時の対策、対処方法

どこが遅いのか? 原因を見極める。大きく分けて、3つ。

  • インターネットが遅い → Wi-Fiルーター、ネット回線、プロバイダを変更
  • 家の中のネットワーク(LAN、ローカルエリアネットワーク)が遅い → このページ
  • パソコンやスマホのWi-Fiが遅い → Wi-Fi接続の見直し、買い替え

がある。

S爺
このページでは、家の中のローカルエリアネットワーク(LAN)の速度がでない時の対処方法をまとめています。

10Gbps、2.5Gbpsのスイッチングハブは コスパ悪すぎ

2020年以降、10Gbps、2.5Gbpsといった従来の 1Gbpsの転送速度を持つ有線LAN(イーサネット)より何倍も速いスイッチングハブが売られるようになった。

しかし、家の1階と2階間といった10mを超える長いイーサネットケーブルを引いた場合、安定した速度がでなかったり、途中で通信が止まったり、スイッチングハブ本体が故障しやすく扱いにくい ことが分かってきた。

スイッチングハブ自体の値段が、1Gbpsと比べて 10倍高く、費用対効果(コスパ)が悪すぎる。

私は、安価で手に入りやすい 今まで通りの 1Gbpsのスイッチングハブを推奨している。

TB単位の動画ファイルのやり取りは、HDDをドックにさして使い、HDDごと直に移動するスタイルがベストだ。

S爺
Wi-Fi 6 のノートPCと、2.5Gbpsイーサネットで接続のPA-WX6000HP間(たったの3m!)でも、140MB/秒でるかでないかでした。
10万円も金がかかっているのに、たったの +20MB/秒では割が合いません。

LANの速度が どれくらいスピードがでているのか?調べる

パソコン間でネットワークのスピードが どれくらい出ているか?を知らない人が多い。

S爺
”ガジェットブロガー”の多くは パソコンの知識がない素人なので、インターネットとLANの区別ができません。
インターネットが速いのか、Wi-Fiが速いのか?の違いすらわかっていません。
なのに、中国TP○○NKのWi-Fiルータが〜って ステマ記事を書いている… ひどい状況です。

LANケーブルの速度を知る方法

NASやパソコン同士のファイル共有(有線LAN)で、GB単位の巨大ファイル(動画データ)をコピーしてみよう。

S爺
MacやWindows パソコンは、パソコン内のストレージ(HDDやSSD)のデータを有線LANやWi-Fi(無線LAN)でつないでやり取りができます。
  • Windows 10のファイル共有については、こちらで解説
  • Macについては、こちらで解説

Macは、アプリケーション→ ユーティリティ→アクティビティモニターを開いて、”ネットワーク”のタブを観察する。

Mac アクティビティモニタ ネットワーク

有線LANでは 129MB/秒が最高速度なので、80MB/秒以上出ているのならOKだ。

Windows なら、タスクマネージャー(画面下のツールバーを右クリックで開くプルアップメニューの下から3番目)のパーフォマンスのタグを開いて、イーサネットを観察する。

Windows 10のタスクマネージャー パフォーマンス イーサネット

Windows のタスクマネージャーは、それぞれの状態が同時にグラフ表示されていて、分かりやすい。

LANの速度が遅い、途切れる症状と原因

次の3つの症状で悩んでいる人も多いはず…

  • LANの速度が極端におそくなる
  • LAN内の速度が、いつもなら80〜129MB/秒でるのに、〜10MB/秒しかでない
  • コピー中にエラーがでて勝手に止まっている

PC録画機(Windows)のHDDからTSファイルを移動させるとき、時間がかかって気が付く。

NASのデータのコピーや移動に時間がかかりすぎたり、エラーがでてコピーが中断していて焦る。

対処方法を5つほど、あげてみた。

  1. 同じデータが行き来する2本のLANケーブルが束ねられていないか?チェック。見つけたら離しておく
  2. スイッチングハブにさしているLANケーブルを空いている他のポートに差しなおしてみる
  3. Wi-Fiルーターとスイッチングハブの電源を切って、1分ほど放置してから再起動してみる
  4. 両端のスイッチングハブを新しいものに交換する
  5. LANケーブルを新しいケーブルで引き直す

LANケーブルをたばねないように! 特に カテゴリー5のケーブルは、束ねるのに弱い
行きと帰りのLANケーブルを束ねたり、USB3やモニターケーブル(USB4)と束ねると漏れ出る電磁波の相互干渉で、1000BaseT→10Baseにリンク速度がおちることがある。

LANケーブルを たばねてはいけない

スイッチングハブのイーサネットケーブル LANケーブルをたばねてはいけない!

同じデータ通信をするLANケーブルをたばねてはいけない。

ケーブルには、1Gbps、高周波の信号が通っている。ケーブルから漏れ出る高周波が、隣り合ったケーブルの信号と混信してしまう。

たとえば…、

スイッチングハブの配線を束ねてはいけない Wi-Fiルーター編

Wi-FiルーターのLAN側のLANケーブルと、Wi-FiアクセスポイントへのLANケーブルをたばねた場合、Wi-FiアクセスポイントにアクセスするスマホやノートPCのインターネット回線が遅くなる。

スマートボックス内で、余ったイーサネットケーブルを一緒に束ねているのが原因だ。

S爺
やっかいなのは、インターネットからのデータ通信だけが混信で遅くなるからです。
たばねていない他のPCやNASの通信速度は遅くならないから、気づきにくい。

「Wi-Fiアクセスポイントが悪い!故障している」とサポートにクレームをいれても解決できるはずもない。

スマートボックス

インターネット回線終端末(IP電話、ホームゲートウエイ HGW)、テレビアンテナ線とブースターを収めてある箱のこと。

S爺
「ネットが遅いから診てくれ」と相談を受けた某君んちの スマートボックスにあったスイッチングハブで、この事例がありました。
1時間5千円のパソコンサポートの自称パソコンのプロの業者は、この問題に気づかず直せませんでした。

2階にスマートボックスがある家で、1階へLANケーブルを同じ CD管(PD管PF管)に2本通しているアホな業者がいて、その配線が、行きと帰りの同じデータを通す時だけ通信できないケースもあった。

有線LANケーブルを自作する方法(カテゴリ6 イーサーネットケーブルを自分の好みの長さで作る)

最近、Wi-Fi(無線LAN)やBluetoothでつながるガジェット(IoT機器)が増えすぎて、無線がつながりにくくなりました。 Bluetooth機器はUSBの有線ケーブルタイプに変更し、インター ...

LANケーブル(イーサネットケーブル)を他の空いているLANポートに差し替えてみる

スイッチングハブの LANポートが故障していることがある。

中途半端に壊れていて、リンク速度が1Gbpsの1000Baseでなく、100Mbpsまでの 100Baseにしかならないとかもある。

24ポートのスイッチングハブなら、最初から、1〜2個は不良のポートがあると疑って良い。半分くらいポートが使えなくなったら買い替えだ。

ちなみに、私の24ポートのスイッチングハブ「LSW4-GT-24NSR」は、3台目。

昔買った時の記事は…

BUFFALO Giga スイッチングHub 24ポート LSW3-GT-24NSR を追加。 : Sunday Gamerのブログ
BUFFALO Giga スイッチングHub 24ポート LSW3-GT-24NSR を追加。 : Sunday Gamerのブログ

一昔前までは、右のルータとハブを使ってた。100BASE-Tで。当時としては、Bフレッツを十二分に生かせると思ってたんだけど。その後、ルータのFANがあまりにも耳障りで、家庭用のファンレスのブロードバ ...

sg.blog.jp

Wi-Fiルーターとスイッチングハブの電源コードをコンセントから抜いて、しばらく放置してから電源を入れ直す”コールドスタート”でLANの速度が回復することもある。

パソコンのLANポート(RJ-45)が故障していることも良くある。

自作機なら、LANボードを追加したり、USB接続のLANアダプタをつないでみたりして、つながるかどうかを確かめる。

まとめ

有線LANの速度低下とその対策については、スイッチングハブの記事に書いていた。しかし、内容が増えすぎたので別ページに分けた。

アフィカスブロガー連中が、自分のパソコン机の自慢をSNSで披露している。

ケーブルを見せないように、机の下の棚に束ねている写真も目にする。

データ通信をするケーブルのノイズが原因のトラブルは、長くパソコンをいじっているワシらジジイは何度も経験している。

アフィカスブロガーの多くが、ここ数年内でパソコンを新規に買って使い始めたばかり。元々iPhoneやiPadなどスマホ端末しかもっておらず パソコンは1台しか持っていない。

1台では、パソコン同士でファイル共有をしながら使うこともできないか。

元々遅いWi-Fiでの接続に慣れて、”こんなもんだ”と思っているから、有線LANでつなぐことを思いつかない。

半導体不足で、2.5Gbps、10Gbpsのスイッチングハブやイーサネット増設カードなどの価格が高騰しているので、本格的に導入できない状態が続いている。

半導体不足が解消し、10Gbpsのネットワーク機器が買える値段になり次第、買って順次試していく。

Amazonで スイッチングハブ を見る 楽天で スイッチングハブ を見る







  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-WiFi ルーター・LAN
-,