月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

Amazon IoT

AIスピーカー / スマートスピーカー って何? 用語など まとめ

投稿日:2018年7月26日 更新日:

話しかけるだけで、いろんなことができる時代になりました。人工知能スピーカーという機械のおかげです。この記事は、人工知能スピーカーについて、その動向をまとめています。

人工知能スピーカー

「人工知能」は、「AI」と言うので、AIスピーカーということが多い。しかし、人工知能があるのは、インターネットでつないだ先のサーバーであって、家の中に置いているスピーカーが人工知能を持っているわけではない。

「AIスピーカー」というのは間違いで、正確には「スマートスピーカー」と呼ぶのが正しい。私のブログでは、スマートスピーカとして統一している。

スマートスピーカーの種類

  • Amazon Echo
  • Google Home
  • Clova WAVE
  • Apple HomePod(日本での販売なし)
  • Microsoft Invoke(日本での販売なし)

などが世界で知られています。他にも実験的なものが無数にあります。

日本で使える スマートスピーカー 3種類

  • Amazon Echo(Amazon)… 2017年11月15日発売
  • Google Home(Google)… 2017年10月6日発売
  • Clova Wave(LINE)… 2017年10月5日発売

の3つです。Amazon、Googleはアメリカの会社、LINEは韓国の会社です。日本の会社は一つもありません。

Amazon Echo(アマゾン エコー)

Amazon Echo は、アメリカ(USA)で、一番使われているスマートスピーカーです。世界に先駆けて、音声認識技術とインターネットでつながる人工知能システムの組み合わせたスマートスピーカーを発売しました。

Amazonはアメリカのネット通販会社として知られていますが、その実体は、インターネットで使う各種サーバーの開発とレンタルをする会社です。だから、インターネットを活用した人工知能の開発もしていて、それを応用したものが、Alexa(アレクサ)というシステムです。

その人工知能システムのAlexaを使うためのインターネット端末が、Amazon Echo(アマゾン エコー)です。

アマゾン エコーの特長
  • Amazonが得意とするメディアコンテンツに最適化
  • 音声だけで、Amazonで買い物もできる
  • 音が良く、マイクで声をよくひろってくれる(耳が良い)
  • 日本語専用(Alexaは、学習途上)
  • Amazon Musicの音楽再生だけでなく、 Kindle の一部の朗読もできるようになった
  • 自分が買って持っている曲や動画は、Echoでは扱えない
  • 「Skill(スキル)」という機能拡張の仕組みがよくできている
  • ディスプレイ付きやカメラなど種類が豊富(日本で未発日のものもある)
  • 人工知能のAlexaは、パソコンやタブレットからも使用できる
  • Microsoftの音声ガイドシステム Cortana など他社のシステムとリンク可能
  • Alexa(おネエちゃんの声)は、冗談もすこし返せる
Amazon Echoに関するブログ内記事
Echo(アレクサ)の種類と違い、どれがいいのか? 選び方をまとめた。【Amazon Echo Show(エコーショー)の日本販売】

10.1インチのタッチ画面がついたEcho Show(エコーショー)が、2018年12月12日から販売されることになりました。増えてきたアマゾン エコー(Amazon Echo:アレクサ)の種類と選び ...

続きを見る

Amazon Echoを買った。Wi-Fiのセットアップについて解説します。

上に4つのボタンがある 我が家にも、Amazon Echoが届きました。招待制なので申し込みをしていたものの、招待のメールがいつまで経っても来ないので忘れていましたよ。届いてからポンづけで、すぐに使え ...

続きを見る

スマート学習リモコン eRemote mini を Amazon Echo で動かす やり方

このページでは、Amazon Echoの日本語版に対応している eRemote miniとの連携について解説します。 Amazon Echoは、スキルという機能追加で、スマート赤外線リモコンを操作する ...

続きを見る

Amazon Echo の スキルのやり方 まとめ

Amazon Echoの機能拡張である「スキル」と「定型アクション(ルーチン)」を中心に、Echoを便利に使う方法をまとめていきます。 ついでに、Amazon Alexa アプリでできることもまとめま ...

続きを見る

これは便利
Amazon Echo Spot を買ったのでレビュー:やっぱりタッチ画面があると便利!

AmazonのスマートスピーカーのEchoシリーズで、円形のタッチパネル液晶画面をもった Echo Spot(エコースポット)が届いたので、レビューします。 Echo Spotは、普段は時計として 結 ...

続きを見る

Google Home(グーグル ホーム)

グーグルは、インターネットの検索エンジンとネット広告システムで世界シェアを圧倒する企業で、世界一の超巨大IT企業グループ(アルファベット)の主力部門です。

グーグルは、豊富な資金を惜しげもなくつぎ込んで、世界中の優れた人を採用し、情報技術のありとあらゆる可能性と技術を模索し開発する会社です。人工知能システム、音声認識技術などは得意中の得意ですから、スマートスピーカーを作ることは簡単でした。

Google Home は、Androidスマホで使われている Google Assistant(グーグルアシスタント)という技術がそのまま使われています。

S爺
グーグルアシスタントは、「オッケー グーグル!」で話しかけるヤツです。

AppleのiPhoneの大成功をまねて、グーグルは、Linuxを改造してAndroidを作り、Androidスマホを作りました。同じく、AmazonのEchoというスマートスピーカーのヒットをまねてGoogle Homeを作りました。

Google Homeの日本での発売日は、2017年10月6日でした。2017年11月15日から抽選販売になったAmazon Echoを出し抜くために、半額でHomeやminiを売ることでシェアを拡大したのが成功して、日本でのスマートスピーカーのシェアは一番です。

Google Home の特長
  • 音声認識率が高い(物わかりが良い)
  • マルチリンガル(多言語)対応
  • 誰が話しているのか? 話者を聴き分けられる
  • 「Googleアシスタント」という多機能が、日々進化している
  • 質問への答えを検索して読み上げてくれる
  • Google Play Music が使える(自分の持っている曲をアップロードして聴ける)
Google Home 関連記事

準備中

Clova WAVE (クローバ ウェーブ)

LINE(旧ライブドア、韓国企業の傘下に)が開発したスマートスピーカーです。

LINEが作っただけあって、スマホのLINEアプリにメッセージを送ることができるなどの特長があります。

2017年10月の発売当時は、スマートスピーカーを日本で一番最初に発売するために急いだ感がアリアリでした。

音声認識技術は、Google Homeと比べると見劣りがして、家電の操作などの機能拡張性も未定のままで、販売価格も値引きがなかったためか、シェアは非常に少ないです。

ClovaというAIシステムの開発は続けられていて機能拡張の「スキル」も増えているようです。今のところ、私の琴線に触れないClovaは買いません。

まとめ

スマートスピーカーとその背景にある人工知能システムは、ガジェットを扱うブロガーの私としても、扱わざるを得ないアイテムなので記事の充実が必要です。

しかし、その進化は早いため、自分用のまとめメモを作っていました。せっかくなので、ブログ記事に仕立てて公開しておきます。

重複しがちな情報を、アンカーリンクで参照することを意識した記事になります。









  • この記事を書いた人

S爺

週末にゲームに興じるジジイです。一ヶ月1万円で遊べる趣味を探求しています。

-Amazon, IoT
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2018 All Rights Reserved.