バッテリー

BLUEDOT モバイルバッテリー BMB-Qi10 10000mAh PD 18W、ワイヤレス充電機能付きを買って使っているのでレビュー

2020年7月11日

BLUEDOT BMB-Qi10

スマホを2回充電できる持ち運べるモバイルバッテリーの容量は、10000mAh(37Wh)クラスになります。

今回は、

BLUEDOT BMB-Qi10 10000mAh モバイルバッテリー ワイヤレス充電、PD 18W対応を買って使っているので紹介

します。

  • 購入品:BMB-Qi10
  • 購入時期:2020年5月
  • 購入価格:2180円
  • 購入店:BLUEDOT(Amazonマーケットプレイス)

私は、この製品を自分で選んで、自腹で買って試しています。

AnkerやRAVPower、cheeroなどモバイルバッテリーをタダでもらったアフィカスによる提灯・広告記事に不満を持ち自腹で買った人のホンネとコスパの正直な感想を知りたい人向けに、本当の事を書いています。

代理店依頼のステマ記事ではないので、値引きクーポンコードはありません

モバイルバッテリーの選び方については、

モバイルバッテリーの選び方 まとめ。実際に買って使っている おすすめモバブも紹介

モバイルバッテリーの選び方と用語の解説 のためのページです。 モバイルバッテリーのレビュー記事から、アンカーリンクで参照するようになっています。 モバイルバッテリー って何? スマホやタブレット、ノー ...

で解説しています。

S爺
このBMB-Qi10は、238gです。モバイル(携帯)バッテリーのカテゴリの中では重い方になります。

BMB-Qi10の特徴

  • 37Wh(10000mAh)の容量でiPhoneが2回充電
  • ワイヤレス充電Qiでガジェットを充電
  • USB-C、microBポートどちらでもバッテリー自身を充電
  • USB-C PDで、12V/1.5Aの18W充電
  • バッテリー詐称じゃないし、ちょっと大きめで重い

BLUEDOT(ブルードット)バッテリーって何がちがうの?

アマゾンなどネット通販でバッテリーを販売する会社の多くが中国深センに本拠地があります。

日本に会社(サービス拠点)を置いている中華の輸入商社の中の1つがBLUEDOTです。

日本に拠点を置く中華ガジェットのブランドの中でも、AnkerやRAVPowerは、アフィカスブロガーにタダで商品を配ってステマ記事をたくさん書かせています

中華のガジェットを扱う商社の老舗、大阪のRTA「cheeroブランド」は有名です。AnkerやRAVPowerが世に知られる以前から、ブロガーにステマをさせて名を売った先駆者です。

BLUEDOTのモバイルバッテリーは、2千円前後の手頃な価格で売られていて、徐々に知られるようになりました。私も気になっていたブランドです。

BLUEDOT BMB-Qi10 の写真レビュー

パッケージ内容は、

BMB-Qi10のパッケージ内容

同梱物

  • BMB-Qi10 バッテリー本体
  • USB-C充電ケーブル 45cm
  • 取扱説明書と保証書(保証期間1年)

です。白いしっかりとした箱に入ってきます。

BLUEDOT BMB-Qi10の各ポート

BLUEDOT BMB-Qi10のポート、各部の名称とサイズ

BLUEDOT BMB-Qi10の各部の名称とサイズ

BMB-Qi10のポートとサイズは、

  • 大きさ:14.5 × 70 × 16.5 mm
  • 重さ:238g(実測)

です。

BMB-Qi10の各ポートと入出力
  • 入力:
    • microB:5V/2A
    • USB-C(PD):5V/2.4A、9V/2A(PD動作
  • 出力
    • USB-A:5V/3A、9V/2A、12V/1.5A(QC3.0)
    • USB-C:5V/3A、9V/2A、12V/1.5A(PD
    • ワイヤレス充電:5V/1A、9V/1.1A(Qi

です。

このバッテリーの特長は、ワイヤレス充電 Qiチー が使えるスマホをワイヤレス充電できることです。

BLUEDOT BMB-Qi10の各名称と電源ボタン

BLUEDOT BMB-Qi10の各名称とボタン

このバッテリーの無線充電のマークの上にiPhoneなどを置いてボタンを押すと充電ができます

BMB-Qi10の容量を調べる

  • USB-Cポート→ 充電器側がPDに対応してれば、12Vでも充電可
  • microB充電ポートは、5Vの充電だけ → QCではないので、9V充電はできない

充電

microBの充電専用ポートにつないで、BMB-Qi10を充電します。空欠からの充電です。

BMB-Qi10を充電する電流と電圧を測る

BMB-Qi10を充電する電流と電圧を測る

電流と電圧を、デジタルマルチメータ(DMM)のPC700で測定しデータロガーで記録します。

BMB-Qi10充電の電流と電圧

BMB-Qi10を充電するときの電流と電圧

microB USBケーブルで充電した時の電流と電圧のグラフです。

5.1V / 1.7A、8.7Wの充電ができています。空欠の状態から、5時間8Wの充電(40Wh)が続き、徐々に電流が減って6時間15分で電流が遮断されました。

BMB-Qi10を充電するのにかかった積算電力は、約47Whです。

S爺
DC-DCコンバータ、充電コントローラでの熱になる損失分、3.7Vの充電池は、実際には4.2Vくらいまで充電するので、スペックの容量より多めの積算電力量になります。

37Whなら、40Wh以上かかります。47Whですから、3割増しなのが気になります。

BMB-Qi10をUSB-C PDでつなぐと、8.9V /1.45A 12.5Wの急速充電ができる

8.9V /1.45A 12.5Wの急速充電ができます。

空欠からのフル充電にかかる時間は、約4時間です。積算電力量は、45Wh前後。このバッテリーは充電に多めに電力がかかるようです。

BMB-Qi10からUSBケーブルで充電する

バッテリーの積算電力量の効率%

バッテリーの積算電力量の効率%

バッテリーを充電するのにかかった積算電力と、iPhoneやFire HD 8などガジェットを充電するのに使った電力料の合計の記録です。それぞれに、DCDCコンバータでの損失分が含まれるので、70%以上なら合格です。

  • 2回目:バッテリー自身の充電:47Wh → ガジェットへの5V充電 合計 35Wh(74%)
  • 3回目:45Wh → 5V充電 合計34.6Wh 76%
  •  

BMB-Qi10のワイヤレス充電機能Qiで、スマホ iPhoneを充電

iPhone SE 2をBMB-Qi10に重ねて充電する

iPhone SE 2をBMB-Qi10に重ねて充電する

出先で、ケーブルをつながなくても重ねるだけで充電できるのは便利です。

ただし、Lightningケーブルをつないで充電するより、ワイヤレス充電はロスが多いので、2回充電できるはずが実際は1回分しか充電できません。

充電に時間がかかるし、効率が40%を切ります。

  • 空欠のiPhone SE2(13Wh)を1回充電:4時間半
  • iPhoneXR のバッテリーを 51→80%(4.5Wh相当):4時間半

バッテリー自身を充電するのに、ワイヤレス充電は使えません。

BMB-Qi10のQiで Fire HD 8 Plusを充電するとShowモードになる

BMB-Qi10のQiで Fire HD 8 Plusを充電する

Fire HD 8 PlusもQiに対応しているので、載せてみると…。置き方を中央にもってくるようにすると充電します。Showモードになります。

BMB-Qi10で Nintendo Switchを充電する

BMB-Qi10でNintendo Switchを充電する 5V/1.9Aの10W充電

5V/1.9Aの10W充電

あつ森で、イベント開催日に携帯モードで持ち歩くことが増えている人も多いと思います。Nintendo Switchを充電してみます。

5V / 1.9Aの10Wの充電になります。USB-C端子側が、PD対応といっても、12Vまでの出力しかないので、Nintendo Switchの15Vの充電はできません。

スイッチの大きめのキャリングケースに入れられる

スイッチのケースにいれて使う

スイッチのケースにいれて使う

大きめのスイッチの携帯カバンなら、この1.8mm厚のBMB-Qi10が入ります。

スリムタイプのキャリングケースなら、もう少し薄いバッテリーが良いでしょう。

薄いバッテリーは、曲がって火をふく危険があるので、これ以上薄いバッテリーは使いたくないです。

BMB-Qi10のUSB-C端子について

このバッテリーのUSB-C端子のPDO情報は、わかりません。

BMB-Qi10のPD情報

BMB-Qi10のPD情報は読み取れない

USBテスターで調べてみても、PDO情報が表示されません。

次に、USBレジスター(抵抗)をつないで、電流がどこまで流れるかを調べてみます。

BMB-Qi10のUSB-Cポートの出力 5V

BMB-Qi10のUSB-Cポートの出力 5V

5V出力で、3Aまで出ます。3.2Aで電流が遮断されます。

USB-Cの出力側で保護回路がちゃんと動作しますから、中華バッテリーとしては、”まとも”です。

BMB-Qi10 USB-Aポートの出力テスト

BMB-Qi10 USB-Aポートの出力テスト

USB-A側のポートも、5V/3.1Aで電流が遮断されます。

1A以上流すと、電圧が5Vを保てずに、4.7Vとか下がってくるものが多い中、このBMB-Qi10は、5Vを維持できています。

QC3.0に対応していて、USB-Aポートなのに 12V/1.5Aの18Wが出せるものですから、当然と言えば当然です。

S爺
USB規格のルールからすれば、5V/2.1Aで制限されなければならないのですが、それを正しく守る中華のメーカはありません。

DC-DCコンバータや電流制御の基盤チップが、どのメーカーも同じものなので、仕方がないことでしょう。

USB-CのPDO情報が表示されないので、ダメなヤツか?と思っていましたが、普通の中華バッテリーであることが分かりました。

BMB-Qi10を使ってわかった問題点、トラブル、疑問

リレー充電はできますか?

リレー充電はできません。安全面に配慮した製品設計です。

 

まとめ

中華のモバイルバッテリーは、ピンキリ、玉石混淆です。

BLUEDOTのモバイルバッテリーを買って使いつつ記事の下書きをしていました。

  • 機能、性能ともに不満がなく
  • 価格とバッテリー容量を考えても地味にコスパが良くて
  • バッテリーは重く、計ってみても本当の容量があって

ブログネタ的に面白みのないバッテリーです。

S爺
書きかけたまま、600ある下書きの一つとして忘れ去れていくので、とりあえず公開しておきます。

Amazonで BLUEDOT BMB-Qi10 を見る 楽天で BLUEDOT BMB-Qi10 を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-バッテリー
-,

© 2020 サンデーゲーマーのブログWP