月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。

サンデーゲーマーのブログWP

Nintendo Switch USB ガジェット 電子工作

USB Type-C用の電流・電圧チェッカーを買ったのでレビューします。

投稿日:2017年3月2日 更新日:

 USB Type-Cの電流や電圧を測る測定器で安価なものが、いくつか販売されています。今回は、

  • PlugableというメーカーのUSB-C 電圧・電流チェッカー
  • ルートアール 簡易 Type-C 電圧・電流チェッカー RT-TC2VASV

を買ったのでレビューします。

手頃な価格の2品

 最初に、Plugableを買って、そのあと、ルートアールのRT-TC2VAを買いました。特に、RT-TC2VASVについては、同じ製品が名前違い(ST-TCPM、USECORE 476823、TD-CT01)でアマゾンに多数出品されています。

 USB Type-Cの電流電圧チェッカーは、今までのUSBタイプと違います

USB-Cって何?

 まず、USB-C、USB Type-Cについて解説します。「USB Type-C」が正式名ですが、簡便な「USB-C」と以下、およびこのブログ内では記載します。

 USB-C(USB Type-C)をざっくりと解説すると

 

micro-B USBプラグとUSB Type-Cの違い

  • 最新のMacBook ProやNintendo Switchに採用されているUSBの差し込みプラグの規格
  • USB3.1やThunderbolt 3に準拠して、超高速の信号転送(最大40Gbps)ができる。
  • microB-USBとほぼ同じ大きさだけど、差し込みの裏表、差し込み先の順番など向きの制限がない。
  • 流せる電圧・電流は、5V、12V、20V、電流は5Aまでの最大100W対応(USB PD、Power Delivery)

 ここで重要なのは、20V 5Vという大電流を流すことができる規格であることです。

 もし、中華のパチモノなど規格外の不良なUSB-Cケーブルを使って、USB-Cの保護回路が機能しなかったら、最悪20V / 5Aという巨大な電流と電圧が流れますのでケーブルが燃える可能性があります

 今まで使っていたmicroUSBケーブルの5V/3A(15W)程度のケーブルとは別物であることを忘れないでください。

 次に、USB-Cには向きがありません。差し込みオス側(プラグ)の表裏がありません。Lightningケーブルと同じです。

 さらに、USB-Cでは、つなぐ前後の関係の向きも関係ありません。いままでのUSBケーブルは、向きがあってUSB-Aプラグ→microBプラグというケーブルになっていました。

つなぎ間違えないようにルールがあった

 いままでのUSB-Aタイプだと、向きがあるので、片方はジャック(メス型)でもう一方にプラグ(オス型)がついたものしかありませんでした。こうしておかないと、逆につなぐ人がでて機器を壊すからです。

 ところが、USB-Cではケーブルの向きが関係ないので、USB-Cのプラグが両端についたものがあります。AC-USB電源アダプタやモバイルバッテリーにも、USB-Cのポートを持つものがあります。その場合は、両端がUSB-Cのケーブルを買います。

USB-C電圧電流チェッカーの数が少ないわけ

 USB-Cの電圧電流チェッカーは、最大20V、5Aの電流に耐え、しかもUSB3.1の高速信号を伝えるものでなければならないので、マトモに動作するものが安く作れない事情があります。

 USB機器を得意とする、Plugableには、「Plugable USB 3.1 Type C(USB-C)電流スニファ/アナライザ」というUSBの信号を取り出せるアダプターもあります。さすがに5万円は買えない。そこで、電流と電圧に特化した、USB-C電圧電流チェッカーは、2千円チョイ、これなら買えます。

 その後、ルートアールブランドでRT-TC2VASVというType-C 電流電圧チェッカーがでてきました。OEMなので、ブランド違いで、同じモノが大量に売られています。中国の通販サイト(Aliなど)から直接買えば、もう少し安く買えます。

USB Type-C の 電流電圧チェッカーでできること

 USB-Cの電流と電圧と向きが分かります。

 USB タイプCは、向きが決まっていません。

 たとえば、Nintendo SwitchのUSB-Cは、USB-CのモバイルバッテリーやMacBook Proにつなぐと、Nintendo Switchから、モバイルバッテリーやMacBook Proへ充電する電流が流れることがあります。

 「→」の表示で電流が流れている向きが分かるので、「向きが違っていて、おかしい」と気がつきます。USB-C PD対応のモバイルバッテリーで、切換をしていなくて、Nintendo Switchに充電できなくて焦りました。

Anker PowerCore+ 26800 PD(9999円) を買った。

 MacBook ProやNintendo Switchを使いながら充電できる USB-CのPower Delivery対応のアンカーのモバイルバッテリーを1万円(9999円)で買ったのでレビューしま ...

続きを見る

 

あくまでも「簡易」なので、校正されていない

電流と電圧と向きが一秒間隔で点滅して表示される

 この手の製品は、正しく電流や電圧が測れているのか?を、校正のとれた信頼の置けるテスターと比べてみる必要があります。今回も、USB2.0用の電流と電圧測定のためにPC700(sanwa)をつないで、測ってみました。DMMの正確な数字とくらべて、5.107V→5.16V と、小数点以下1位までは一致することから、大きく間違えた計測数値にはなっていないようです。 

AC-USB電源側の開放電圧

 電流については、Nintendo Switch実機をつないで測っていきます。

Nintendo Switchが充電できているか?を識別できます

Nintendo Switchの充電状態を把握できる

 PlugableのUSB電流チェッカーには、積算電流が表示されません。RT-TC2VASVは、積算電流も表示されるので、(正確な数字ではありませんが)参考になります。

積算電流

 決められた時間で電流がどれくらい流れたのか?という電流の総量のこと。つまり、消費電力のことです。

 バッテリーの放電できる電流の量も、積算電流計で測れます。

 USB-Cのケーブルが正しく動作して、Nintendo Switchへ充電するための電流がどれくらい流れているのか?を具体的な数字で知ることができます。

 おかげで、Power Delivery対応のものであれば、スプラトゥーン2を遊びながらも充電できるバッテリーやアダプターがあることが分かってきました。

Nintendo Switchを15Vで充電できるUSB急速充電器 Anker PowerPort Speed 1 PD30 を買った。

 2017年6月に、モバイルバッテリーやUSBの急速充電器のブランドメーカーとして知られるAnkerから、USB-C専用の急速充電ACアダプター、Anker PowerPort Speed 1 PD3 ...

続きを見る

USB-C PD対応 USBカーチャージャー Tronsmart 「Quick Charge 3.0」を買った

 Nintendo Switchを車の中で使える充電器を探していたところ、Tronsmart (トロン スマート)というブランドの「Quick Charge 3.0」を見つけました。このQuick C ...

続きを見る

スポンサー広告

スポンサー広告

-Nintendo Switch, USB, ガジェット, 電子工作
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2017 All Rights Reserved.