月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。ガジェットの本物のレビュー記事を書いています。

サンデーゲーマーのブログWP

Amazonデバイス

Fire TV Cube(第2世代、2019年11月5日発売)を注文した。Fire TV stick 4K との違いなど、まとめ

2019年9月5日

アメリカで先行して発売されていた Amazonのメディアプレーヤ Fire TV cube 1st Gen の後継 第2世代が日本でも発売されることになりました。さっそく、予約を入れました。アメリカでの発売は、2019年10月10日です。

Fire TV シリーズは、歴代買って使っています。昨年あたりから、音声認識のアレクサを使った操作が部分的にできるようになってきていました。

Fire TV cube サムネイル

公式より拝借

アメリカで既に発売されていたFire TV Cubeと見た目、パッケージはまったく同じです。

中身のプロセッサなどが変更されています。

Fire TV Cube 第2世代、Fire TV Cube 第一世代とFire TV stick 4K 第3世代の比較

ざっくりと表にまとめておきました。

  Fire TV Cube 第2世代 Fire TV Cube 1st gen Fire TV stick 4K
価格(税込) 14980円 119ドル 6980円
プロセッサ ヘキサコア(4コア/2.2GHz+2コア/1.9GHz) 4コア/ARM 4xCA53/1.5GHz 4コア ARM 1.3GHz
グラフィック Mali G52-MP6 Mali450 MP3 IMG GE8300
メモリー 2GB 2GB 1.5GB
出力解像度、フォーマット 2160p / 60fps、HDR10+ 2160p / 60fps、HDR10 2160p / 60fps、HDR10+
内蔵ストレージ 16GB 16GB 8GB
Wi-Fi Dual-band, dual-antenna Wi-Fi (MIMO) IEEE 802.11a/b/g/n/ac  同じ 同じ
Bluetooth 5.0 + LE 4.2 and BLE 4.2/5.0 BLE
音声 Dolby Atmos、 7.1 サラウンド対応、 2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー 同じ 同じ
入出力端子 HDMIポート、電源ポート、Micro USBポート、赤外線(IR)ポート 同じ HDMIプラグ、microBポート電源
サイズ 86.1 x 86.1 x 76.9 mm 86.1 x 86.1 x 76.9 mm 99 x 30 x 14 mm
重さ 465g 465g 53.6g
リモコン アレクサ対応音声認識リモコン 第2世代 同じ 同じ
付属品など Amazon イーサネットアダプタ、赤外線延長ケーブル付属 同じ イーサネットアダプタは別売
その他 マイクと内蔵スピーカーがあるのでEcho(アレクサ)みたいに使える  

スペックからみても、進化してきています。

アメリカ本国で投入した第1世代の問題点を改良した第2世代を日本市場へ投入してくるという、Echo Show と同じ扱いのようです。

アメリカでは、HDDを内蔵したセットトップボックスの「Fire TV Recast」という製品があります。その後継ではないようです。

Fire TV Cubeは、どんな人向けなのか?

Cubeは、音声操作を重視して、テレビとAVシステムがあるリビングにおいて使うものです。

オーディオシステムやテレビの赤外線リモコンをアレクサに命令してオンオフするようにできます。

私の書斎のように、AVアンプ、テレビがあるところでは、アレクサ(Echo)で、テレビやAVアンプの電源をオンオフするには、スマート赤外線リモコンを別に買って設定する必要がありました。

どんどん便利になるようにみえて、あれこれ規格や道具が変わってくるので、正直ついていけません。

UHD(4K)やHDR10+に対応しているが…

Fire TV stick 4Kで、プライムビデオを日頃から見ています。

UHD(4K)対応、HDR対応のコンテンツをブラウズしてみるに、あまり数がありません。見たいモノがないんです。

深夜アニメが週遅れで登録されるのを見ることが多いので、UHDのコンテンツなんて見ませんよ。

2019年6月-9月期のプライムビデオで、私が気に入って見ている番組は、

  • ダンベル何キロ持てる?:女子高生の筋トレ
  • 彼方のアストラ:学生9人の宇宙サバイバル物語 ← 今期 ベスト!
  • コップクラフト:異世界の女剣士とペアの刑事もの
  • ヴィンランド・サガ:バイキングの話
  • ありふれた職業で世界最強:異世界転移、学園モノ? ユエたん
  • まちカドまぞく:ポンコツ魔王と魔法少女の脱力系学園アニメみたいなもの
  • 手品先輩:手品サークルの名物先輩
  • ソウナンですか:女子高生4人のサバイバル生活
  • Dr.STONE:ジャンプの人気連載漫画のアニメ化、科学の知識は必要だという教訓あり
  • かぐや様は告らせたい:2019年1-3月期ベストアニメ!

4Kが〜、HDRが〜 とか、もううんざりです。

4Kコンテンツが〜 とか、HDRが〜 とか紹介記事を書いている人って、アフィカスしかいませんし(笑)。

Fire TV Cubeには、Amazon イーサネットアダプタがついている

Amazon イーサネットアダプタ

Fire TV につなぐだけで認識

プライムビデオで、UHD(4K)のコンテンツを見ているのに、Ultra HD(4K)表示にならないことが良くあります。

UltraHDになるためには速い回線が必要

遅いインターネットではUltra HDにならない

「Fire TV stick 4Kが、1080pというフルHD表示になることですら、まともにできない」という友人宅で、私が調べさせてもらいました。

  • 光回線の貸し出しされたHGW(端末親機)のWi-Fiを使っている
  • 1階のHGWの設置場所が悪いところにあって、家に十分な電波が飛ばない
  • 5GHzが壁のせいで飛ばないので、2.4GHz帯しか使えない

という状況でした。築10年の新しい家のわりに、情報ボックスがないし、LAN用の配管もないという…(笑)。

有線LANケーブルをリビングまで配線してもらい、そこにBRモードのPA-WG2600HP3を設置してもらいました。4つあるLANポートは、スイッチングハブとして機能しているので、イーサネットアダプタと有線LANケーブルでつないでもらっています。

「番組を選択しても、表示されなかったり、途中で映像が止まったり、720pの荒い映像になったりと不満だったプライムビデオが綺麗に見られるようになった」と喜んでいます。

まとめ

書斎のAVシステムを更新し、テレビゲームの音響の改善と補修を計画しています。

AVアンプ(RX-A1080)は、1年前から買っているのですが、ビデオキャプチャ&ブロードキャストシステムとの組み合わせがうまくいかずに、放置中です。

このGWの10連休で失敗、本業が夏になって爆発して、時間がなくて困っています。

ブログネタとして、関連記事は、すでに50くらいの下書きがあります。ミニサイトが一つ作れるくらいのコンテンツ量ですw。

HDMIキャプチャ、ブロードキャスト、ゲームのサラウンド環境諸々のフルシステムが組める人って、そんなにいないから。

Fire TV stick 4Kで、プライムビデオを見ていますので、それが、このFire TV Cubeで置き換わることになります。

届き次第、入念なレビュー記事を書いていきます。

Amazonで Fire TV Cube を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-Amazonデバイス
-,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2019 All Rights Reserved.