USB パソコン周辺機器

安くて爆速の外付けSSDケース:Thunderbolt 3(USB-C)の外付けSSDケース【Wavlink Portable PCIe NVMe M.2 SSD Enclosure 】と【シリコンパワー NVMe SSD 512GB 】を紹介

2020年7月1日

Thunderbolt 3 (USB Type-C)でつなぐ外付けのSSDは爆速なのですが高価でした。

価格も下がり、512GBタイプで2万円程度で買えるようになりました。今回は、

Macの外付けの起動ディスクとして最適なThunderbolt 3 SSDケースと中にいれるNVMe M.2 SSDの紹介

です。

MVNe M.2 SSD って何? 何が違うの?

SSDには、現在

  • SATA:600MB/秒
  • MVNe M.2 :5GB/秒

の2種類があります。

MVNe M.2 規格は、パソコンのPCI-Expressという接続規格につなぐので、SATAと比べて6倍(理論値は8.3倍)の転送速度がでます。

パソコンのCPUの近く、RAM(メモリ)の近くに装着します。

あまりにも高速なので、

  • 転送にUSB Type C(Thunderbolt 3)のケースが必要
  • SSDの発熱がひどくて熱くなると速度が落ちる欠点あり

です。

Wavlink Portable PCIe ThunderDrive M.2 NVMe SSD Enclosure A-1946 9970円

WavLinkは、中国深センのメーカーブランドです。このブランドのWi-Fiルーターには、バックドアが仕掛けてあるという報告がアメリカのセキュリティ会社からあったようです。

WavLINKはストレージやパソコン周辺機器のブランドとして、安価で高性能なものが多いので気に入っているブランドなのですが、ネットワーク機器だけは買ってはいけません。ちなみに、TP-●inkなども中華メーカーで、バックドアが仕掛けられていると噂があるので注意しましょう。

S爺
こういったセキュリティ上に注意喚起をしないで、中国製製品を買いあおるアフィカスが、情報工作員の手先になっています。
Wavlink m.2 NVMe SSDケース 同梱物

Wavlink m.2 NVMe SSDケース 同梱物

パッケージ内容は、

  • ケース本体
  • 内蔵ヒートシンク
  • 固定ネジ
  • ドライバー
  • Thunderbolt 3 ケーブル 0.5m 1本
  • スタートガイド
  • 12ヶ月保証

です。

付属のThunderbolt 3ケーブル

付属のThunderbolt 3(USB 4)ケーブルは、USB CABLECHECKER 2で調べてみると…

Wavlink m.2 NVMe SSDケース付属のThunderbolt 3ケーブル

付属のThunderbolt 3のケーブル

フルスペックのケーブルであることが分かりました。

MacBook ProやMac miniのThunderbolt 3コネクタにつなぎます。

ケース側がネジで固定できるようになっています。

Wavlink Thunderbolt 3ケーブル固定ネジ

Wavlink Thunderbolt 3ケーブル固定ネジ

ケース側が外れて、不要なトラブルにならない配慮なんでしょう。よく考えて作ってあります。

Portable PCIe ThunderDrive M.2 NVMe SSD ケース

ケースは、金属のフレームに、樹脂のガワがついた構造です。樹脂のガワは、シボ加工で滑りにくくなっています。

フタを開けると、

Wavlink m.2 NVMe SSDケースを開く

Wavlink m.2 NVMe SSDケースを開く

NVM Express M.2のコネクタがついた基板があります。ここにSSDを差してネジで固定していきます。

Wavlink m.2 NVMe SSDに付属しているドライバー

Wavlink m.2 NVMe SSDケースに付属しているドライバー

ネジをしめるための、精密ドライバーもキーホルダータイプが付いています。こういうのが安物でいいから、もう少し値段を安くして欲しいです。

シリコンパワーP34A80シリーズ 512GB SP512GBP34A80M28 9980円

ケースに入れる、SSDを紹介しましょう。

主なスペックは、

  • 容量:512GB、(他に256GB、1TB、2TBあり)
  • サイズ:22.0 x 80.0 x 3.5 mm
  • 重量:8g
  • インターフェイス:PCIe Gen3x4
  • 読み込み速度:
    • 500GB:3.4GB/秒
    • 256GB:3.1GB/秒
    • 1、2TB:3.4GB/秒
  • 書き込み速度:
    • 512GB:2.3GB/秒
    • 256GB:1.1GB/秒
    • 1、2TB:3GB/秒
  • 耐衝撃試験:1500G/0.5 ms

サポートするパソコンは、PCIeインターフェースをサポートするM.2スロットのパソコンやケース。

OSは、 Windows 8.1 / Windows 10です。macOSでも使えます。

SP512GBP34A80M28の外箱

SP 512GB P34A80 M28の外箱

外箱はこんなかんじです。パソコンのRAMメモリー(DDR4、PC- ナンチャラ)みたいでしょ。

SP512GBP34A80M28 表

SP512GBP34A80M28 表

外観は、こんなかんじです。この小さい基板にびっしりとフラッシュメモリーがハンダづけされています。

SP512GBP34A80M28裏

SP512GBP34A80M28裏

裏側は、こんなかんじ。ランドがあいています。積層基板ですね。

お金がないので、1TBが買えません。1TBだと、こちらにもメモリーチップが付いて両面の実装になります。厚さがふえるので、ケースに入らなくなるので注意してください

SP512GBP34A80M28 NVMe PCIe SSD コネクタ

SP512GBP34A80M28 NVMe PCIe SSD コネクタ

コネクタ部は、こんなかんじです。これは、SATAタイプではなく、NVMe PCIe コネクタです。

パソコンの高速バスに対応したもので、PCIe × 4倍に対応しているので、グラフィックカード並の高速なデータを転送できます。

S爺
十年ほど前、50万円したRAMディスク PCIカードと同じスペックの物が、1万円で買えるようになりました!

シリコンパワー SSD 512GB 3D NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 P34A80シリーズ 5年保証 SP512GBP34A80M28

このSSDをケースに入れます。

NVMe M.2 SSD をケースに入れる方法

自作PCを日頃から作っている人には、説明は必要ないです。メカに弱い人は、1万円ほど高い既製品を買いましょう。

追加します。

 

まとめ

Thunderbolt 3(USB 4)接続のSSDケースは、数が少なくて値段も高いです。

2020年になって、やっと1〜2万円で買えるようになりました。

発熱がかなりあるので、夏場は風通しを良くしてケースがよく冷えるように、USB扇風機が必要でしょう。

熱くなりすぎると、SSDへの読み書き速度が落ちます。

1万円台のThunderbolt 3接続のSSDケースは、M.2 SSDが分厚い大容量のものが入らないことがあるので注意しましょう。

Amazonで Wavlink TB3 SSDケース を見る 楽天で Wavlink TB3 SSDケース を見る

Amazonで シリコンパワー M.2 SSD を見る 楽天で シリコンパワー M.2 SSD を見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-USB, パソコン周辺機器
-,

© 2020 サンデーゲーマーのブログWP