キーボード・マウス 掃除

Expert Mouse トラックボール のスクロールリングの反応が悪くなったので分解して掃除した話

2022年6月21日

私は、ケンジントンのトラックボール「Expert Mouse(昔はTurbo Mouse)」を歴代 30年以上愛用している。

Expert Mouseのスクロールリングに綿ゴミがからんで、画面のスクロールができなくなることが、たまに起きる。

Expert Mouse のリングの動きが悪くなった

今回もスクロールリングの調子が悪くなってきたので、分解して掃除した。

ケンジントン トラックボール「Expert Mouse」を分解して掃除する方法

トラックボール Expert Mouseの分解清掃が必要な症状

  • ボールを転がしても、画面のマウスポインターの動きが悪い
  • スクロールリングを回しても、スクロールがカクカクしてできなくなる

などの症状がでてきたら、掃除が必要になる。

ボールはそのまま外せるので、赤く光る光学センサーのレンズは掃除できるが、スクロールリングは分解しなければならない。

スリープ解除後のUSB機器の暴走かもしれないので、USBの抜き差し(USBハブなら電源のオンオフ)をして、回復するか?確認しよう。

ケンジントン トラックボール「Expert Mouse」を分解するために必要なもの・予備知識

分解に必要な道具は、

知っておくこと

  • 上のカバーを固定するネジは、底面 四隅の黒のゴム足の下にある。4本。
    • うち2本は、ドライバー(PH00)の先が3cm以上細いタイプでないと入らない
  • ボールを載せるカップは、カップ内のネジ2本で固定されている

免責事項は、

  • 自分で分解したらメーカーのサポートは受けられない
  • 5年の保証期間が過ぎたExpert Mouse を自分で掃除するための記録である
  • ここに書かれていることを勝手に実行して何らかの損害が起きたとしても、私には一切の責任はない

Expert Mouse の分解手順

おもな工程は、4つ。簡単な分解作業だ。

  1. 上のカバーを外す
  2. ボールを入れるカップ部をはずす
  3. 掃除する
  4. 組み立てる
S爺
ボールをいれるカップ部は、4個のボタンをはずさなくても、はずれます。

上側のカバーをはずす

ボールをはずして 転がらない安全な場所に置く。

底面で、四隅の黒いゴム足をマイナスドライバーのような先が平べったいもので、はがす。

ゴム足は両面テープではり付けてあるだけなので、破らないように丁寧にやろう。

Expert Mouse 裏面のネジ穴 3cm以上でないと届かないネジが2か所ある

+ドライバーで、ねじ溝のサイズは、PH00だ。

ただし、2本は 深さ3cmの穴の底にあるので、ドライバーの軸が3cm以上ある長めのドライバーでないと回せない。

ケンジントン Expert Mouseのカバーをとめるネジと 精密ドライバー

先を交換する精密ドライバーしか持っていない人は、長いやつを別に用意しよう。

取り外し式のドライバーセットと 専用の長いネックを持つドライバー

ネジが4本外せたら、上のボタンとカップ部以外のカバー部分を外す。

はまりこんでいるだけなので、爪を間にいれるか、スマホの修理キットについている樹脂製のヘラを差しこめば パカッとはずれる。

カップ部をはずす

2本のネジで固定されている。PH0番の+ドライバーでネジをはずす。

ケンジントン Expert Mouse ボールのカップ部を固定するネジ

 この作業は、簡単だ。はずしたネジはなくさないように、トレーにおいておこう。

4つのボタン部分は 良い感じに”しなる”ので、中のカップ部分だけを そっと持ち上げてはずす。

Expert Mouse の中を掃除する

カップ部分まで外せたら、センサーまわりをじっくりと観察しよう。

ケンジントン Expert Mouse のカバーを外した所 ほこりの状態と汚れを見る

今回は、スクロールリングの動きが悪くなっていた。

リングが物理的に動かないわけではなく、画面上のスクロールバーが滑らかに動かない ソフトウエア的な問題だ。

スクロールリングのセンサーは、LEDランプとその光を受けるフォトカプラで、スリットの動きをカウントする構造になっている。

Expert Mouseのスクロールリングのスリット部

フォトカプラとLEDの間に、この黒いスリット部分が左右に動いて、光をさえぎったり通したりして、フォトカプラに電気信号のオンオフを発生させる。

ここに、綿ゴミがつまって光が通らなくなると、リングが回転しているか?していないか?が分からない。だから、画面上のポインターが動かないのだ。

ほこりを圧搾空気で吹き飛ばす。コンプレッサーとエアガンがあれば簡単だ。

ない場合は、缶のエアダスターを使おう。

S爺
エアダスター缶は、最初の1発目のプシュッ だけに風の勢いがあります。連続して強い空気を吹き出すことはできません。
プシュッ プシュッと細かく拭きかけて飛ばします。

ブラシでほこりを取るのなら、基板にハンダ漬けされたチップ部品やケーブル、コネクタをちぎらないように、慎重に作業する。

ケンジントン Expert Mouse のスクロールリングのセンサー分 フォトカプラとLEDランプ

光をさえぎる綿ゴミが取り除けたのを確認する。

スクロールリングの黒いスリット部も、ほこりを拭き取って綺麗にするのを忘れないように。

ついでに、ボールの動きを読み取る 光学センサー部も ほこりを吹き飛ばしておこう。

ケンジントン Expert Mouse ボールの動きをみるセンサー LEDセンサー

圧搾空気が強すぎると、レンズカバーがはがれて 吹き飛んでしまうので慎重に空気をかけるのがコツだ。

それから、4つあるボタンのマイクロスッチもほこりを飛ばしておく。

ケンジントン Expert Mouseのボタンのマイクロスイッチ

マイクロスイッチを押すボタン部分の樹脂がすり減って、カチカチ押せなくなることもある。すり減り具合をチェックしておこう。

マイクロスイッチが故障してチャタリング(オンオフを細かく繰り返す誤動作状態)を起こすようなら、交換してもいいが… 電子工作の心得がある人以外は、買い換えた方がはやい。

元通りに組み立ててテストする

分解して外したのは、ボールを収めるカップ部分と上のカバーだけなので、組み立ても簡単だ。

カチカチとはめ込んで、ネジで止めていく。

最後にゴム足をはり付けてできあがりだ。

USBケーブルをパソコン(Mac)につないで、スクロールリングが回復したかどうかを確かめよう。

カバーを外したまま、フォトカプラー部分が外の光に当たる状態で、USBケーブルをパソコンにつないでもスクロールリングは反応しない

まとめ

パソコン(Mac)にモニターを2台以上つないで使う「マルチディスプレイ」は、Macintosh II CxやSE/30の頃からやっている。

広いデスクトップの中をマウスポインターをあちこちに移動させるために、トラックボールは不可欠なアイテムだ。通常のマウスは使い勝手が悪い。

30年前、セカンドモニターとして 15インチの縦長CRT(モノクロモニター)と専用ビデオカード(当時 中古で15万円)をQuadra 700に付けた時の感動は今でも覚えている。

以来、モニターを回転(ピボット)させて縦長で使うスタイルは30年続いている。

書斎 机 2022年6月中旬ver DELL G3223Q、LG 27UD58

縦長にしたモニターは、私の長い長いブログ記事を編集するのに必要だ。

テレワークをするのにパソコンを買った”にわか”連中でも、Twitterでだらだらと憂さ晴らしするのに縦長モニターの便利さに気づくだろう。

Expert Mouse のスクロールリングは、ゴロゴロ、ガリガリと酷使していることもあって、ゴミが絡まりやすい。

S爺
Expert Mouse のスクロールリングは、元々ガリガリ、ゴトゴトと大きな音がします。けっして、スムーズに回転するものではありません。
スクロール操作で滑らかな回転を希望する人は、SBTを買って使いこなしてください。

数年に1度、スクロールリングと画面のマウスポインターの動きが悪くなったら掃除しよう。

Expert Mouseのスクロールリングの掃除は、トラックボールを長く愛用しているユーザなら朝飯前の作業だ。

私のブログ記事「トラックボール の どれが良い? トラックボールの選び方・おすすめ」を読んでExpert Mouseを買ってくれた人たちに、参考になれば幸いだ。

Amazonで エレコム エアーダスター を見る 楽天で エレコム エアーダスター を見る







  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-キーボード・マウス, 掃除
-, , ,