PS5・PS4 USB

PS5 の外付けSSD の選び方 まとめ  おすすめのSSDも3つずつ紹介 

2021年3月16日

PS5は、内蔵SSDを交換できないので、外付けで対応するしかない

私もやっとSONYストアから届きました。

PS5の外付けSSD(拡張ストレージ)の選び方とおすすめの紹介

Mac(パソコン)につなぐSSDやUSB規格の記事に「PS5につなぐ外付けのSSDは何が良いのか?」、「パソコンと兼用できないのか?」など質問をもらっているので記事を書きました。

この記事は こんな人向け

  • PS5でPS4のソフトを遊びたい
  • PS5内蔵のSSDが足りない人
  • PS5用のSSDの選び方とおすすめを知りたい
  • PS5に爆速SSDをつけたい

PS5の外付けストレージ SSD HDDの条件

PS5の外付けSSD(HDD)の条件

公式(https://www.playstation.com/ja-jp/support/hardware/ps5-extended-storage/)によると、

  • 転送速度:SuperSpeed USB 5Gbps以上
  • 記憶容量:250GB〜8TB
  • 注意点:PS5本体のUSBポートへ直に1台だけつなぐこと
    • USBハブをつけちゃだめ
    • 2つ以上の外付けSSDHDDをつなげられない
    • USBポートは最大で10Gbps(1250MB/秒)まで

となっています。

さらに、対応するUSB規格は、

  • SuperSpeed USBの対応
  • 5Gbps:USB 3.0、USB 3.1 Gen1、USB 3.2 Gen1
  • 10Gbps:USB 3.1 Gen 2、USB 3.2 Gen2、USB 3.2 Gen1×2
  • 20Gbps:USB 3.2 Gen2 ×2 ←  PS5は10Gbpsまで

です。

PS5の外付けはHDDか? SSDか?
  • HDDの読み書き速度:70〜130MB/秒
  • SSD(SATA)の読み書き速度:250〜550MB/秒

なので、外付けのHDDは時代遅れです。SSDでそろえましょう!

データ通信速度とUSB規格の関係を表にしました。

5Gbps(625MB/秒) USB 3.0 USB 3.1 Gen1 USB 3.2 Gen1  
10Gbps(1250MB/秒)   USB 3.1 Gen2 USB 3.2 Gen1×2 USB 3.2 Gen2
20Gbps(2500MB/秒)       USB 3.2 Gen2×2

2500MB/秒を出すには、Thunderbolt 3(USB4)接続が必要です。PS5は対応していません

PS5は 10Gbps(1250MB/秒)のデータ転送速度までしか対応していないので、

PS5 の SSDは、コスパ重視か スピード重視か で選ぶUSB規格が違う

  • 転送速度は従来のSATAで5Gbpsでいいから、値段を安く容量を大きくしたい
    • USB 3.1 Gen1
    • USB 3.2 Gen1
  • 値段は高くても、読み出し速度が速い方が良い
    • USB 3.1 Gen2
    • USB 3.2 Gen1 ×2(種類が少ない)
    • USB 3.2 Gen2

の中から選ぶようにします。

  • Genは、generation 世代のこと
  • ×2 はデータ通信 2倍に

PS5本体のSuperSpeed USBのポートは…

PS5に、SSDをつなげられるポートは3カ所

  • 正面:USB-C ×1
  • 背面:USB-A ×2

の3つ付いています。

「PS4 / PS5対応」で売られているSSDは、USB-CもUSB-A両方のプラグに対応しているものが多いので、自分の都合で、PS5の本体後ろか前のUSBポートにつなぎます。

S爺
遅い USB2.0のHi Speed USBが正面に1個あります。これは、USBオーディオ(ヘッドセットドングル)や、キーボード、DualSenseワイヤレスコントローラをつなぐのに使います。

まちがえて、SSDをつながないようにしましょう。

PS5のSSDは SATA 接続で十分! 高速な m2 SSD は意味がない

SSDには、データ転送速度で2通りの方式があって、

SATAとNVMeの転送速度の違い

  • 600MB/秒(4.8Gpbs):SATAシリアルエーティーエースロットの 従来のSSD
  • 4000MB/秒(〜32Gbps):NVMe(PCI-E接続)、m.2スロットのSSD

中身が遅いと、USBが速くても、データの読み書きが遅くなります。

PS5に限らず、パソコンでも、USBで10Gbpsや20Gbpsでつながることが難しくて動作が不安定になります。

USB 3ケーブルから発生するノイズは、Bluetoothやワイヤレスコントローラへ影響がでます。

PS5の実機で、

  • 内蔵SSDからの起動
  • 外付け NVMe SSD  + USB 3.2 ×2 ケース
  • 外付け SATA SSD +USB 3.1 gen2 ケース

どれも、目立つ差をかんじません。NVMe SSDも、34秒が30秒に速くなる程度です。

S爺
USB 3.2 Gen2対応なら1250MB/秒出るはずなのに、実際に売られているSSDは、半分以下の500MB/秒しか出ない SATA接続のSSDが多い。

なのに値段は 2倍高いとか、情弱を狙ったボッタクリ商売やってます。

SSDケースとSSDドライブを別々に買って自分で組み立てる人は 好みで選んでください。

PS5につなぐ容量は、1TBか2TBか?

多いにこしたことはないのですが、値段が高くなります。

ゲームソフトの容量は、1本30〜100GBです。

PS Plusのフリープレイを楽しむ人は、最低でも1TB、できれば、2TBをつけましょう。

以上を踏まえて、私が適当に選びましたので、何かの参考になれば幸いです。

SSDの主なメーカー

中華のパチモンには偽物が多いので、パソコン周辺機器の有名ブランドを買ってください。

  • ウエスタンデジタル(Western Digital):SSD、HDDのブランドメーカー
    • サンディスク(SanDisk):SDカード、USBメモリーで知られるブランドメーカー
    • キオクシア(KIOXIA):原発投資損失で手放した 東芝の虎の子
  • シリコンパワー(SiliconPower):台湾メーカー、ベンチマークは速い!
  • バッファロー(BUFFALO):日本のパソコン周辺機器メーカーブランド(
  • I-Oデータ:日本のパソコン周辺機器メーカーブランド

この6つのブランドなら間違いないでしょう。

その他、Seagate(シーゲート)、トランセンド(Transcend)、エイデータ(ADATA)、クルーシャル(Crucial)… たくさんあるw。

S爺
中華のパチモンブランドはスペック詐欺が多いので注意です!。

速度と容量を実測できるパソコンを持っている人以外買ってはいけません。

現状、10Gbps接続のSSDであっても、SATA接続のSSDなので実質 5Gbpsと同じです。

PS5 用 SSD USB 3.2 Gen1 / USB 3.1 Gen2 …コスパ重視(2TB・2万円前後)

S爺
PS5実機で試した読み書きの速度的に、SATA と NVMeとでは さほど変わらないので、遅いけど安い SATA SSDを2TBでってのが おすすめです。

BUFFALO SSD-PGM1.9U3-B/N 1.9TB:2.1万円

SATA SSDで、書き込み速度のデータがないのは、300MB/秒程度の遅いベンチマークのSSD(1.9TBの中途半端な容量からもキオクシアのSSD)だからでしょう。正直なのは、日本メーカーだからw。

PS5/PS4、Mac、Windows 動作保証あり。

  • 容量:1.9TB(1900GB)
  • USB 3.2 Gen2(10Gbps)
  • 転送速度:読み出しで 530MB/秒、書き込み速度非公開
  • 大きさ:5×11×1 cm
  • 重さ:52g
  • ケーブル:USB-A、USB-C
  • 1年保証

 

BUFFALO SSD-PUT1.0U3 1TB:1.2万円

まぁ、SATAのSSDなので、遅いよね。HDDよりマシな程度。

PS5に差したら棒状に飛び出るから、ぶつけてへし折る危険性がある。

でも、ぶら下げないから緩むところが1カ所少ないメリットもある。

これをやたらすすめているアフィカスがいて笑えます。

  • 容量:1TB
  • USB 3.1 Gen2(5 10Gpbs)
  • 転送速度:読み出しで最大430MB/秒
  • 3年保証

SanDisk SDSSDE60-1T00-GH25 1TB:1.5万円

防滴は IP55相当、高い耐衝撃性のあるケース入りで、データをどこに持ち歩く人向けなのかな?

見た目がカッコイイので、人気のSSDです。PS4 / PS5での接続報告も豊富です。

  • 容量:1TB
  • USB 3.1 Gen2(5 10Gpbs)
  • 転送速度:読み出しで最大550MB/秒
  • 大きさ:9.6×5×0.9cm
  • 重さ:40g弱
  • ケーブル:USB-C、USB-A変換アダプタ
  • 3年保証
  • 2TBタイプは、2.5万円

PS5 用 SSD  USB 3.2 Gen2  スピード優先(1TB・2万円前後)

S爺
スペック上は、2倍の転送速度のNVMe SSDでも、1割程度の速度アップ、気のせいレベルの差です。1万円の差として安いか高いかは、各自の判断によりますw

ウエスタンデジタル WD WDBAGF0010BGY-WESN 1TB:2万円

次々買収して巨大化したWestern DigitalのポータブルSSDです。ストレージメーカーのトップブランドとして恥ずかしくない NVMeのSSDを採用。

My Passport SSD 1TB

ちょっと割高だけど、このスペックだったら仕方がないか… 5年保証だし。

WD My Passport SSD 1TB CrystalDiskMark  でのベンチマーク

PS5用というより、Mac miniの動画作業用に。

  • 容量:1TB
  • USB 3.2 Gen2(10Gpbs)
  • 転送速度:読み出しで最大1050MB/秒
  • 大きさ:9 x 4.5 x 1 cm
  • 重さ:46g
  • ケーブル:USB-C、USB-A変換アダプタ
  • 5年保証
  • 2TBは、3.5万円

【ポータブルSSD】WD(Western Digital)My Passport SSD 1TBを買って使っているのでレビュー

昔は「外付けハードディスク」だったけど、今は「外付けのエスエスディ(SSD)」の時代だ。 軽量コンパクトなケースのSSDは、本来 パソコンの外付けストレージ(データ記録装置)として使うものだが、ゲーム ...

SanDisk SDSSDE61-1T00-GH25 Extreme Portable 1TB:2.1万円

  • 容量:1TB (2TBは、3.2万円)
  • USB 3.2 Gen2(10Gpbs)
  • 転送速度:読み出しで最大1050MB/秒、書き込みで1000MB/秒
  • 内蔵SSDが、NVMeタイプ

キオクシア SSD-PK960U3-BA/N 960GB、1.3万円

東芝メモリです。キオクシアは、ベンチマークで遅めの数値がでますが、発熱が少なく熱による速度低下が起きにくいことが期待できます。

書き込みが遅いけど読み出しは速めなので、PS5の内蔵SSDへコピーしなおしにかかる時間は他のSSDと変わりません。

  • 容量:0.96TB
  • USB 3.2 Gen2(10Gpbs)
  • 転送速度:読み出しで最大550MB/秒
  • 大きさ:9.5×7.5×1.1cm
  • 重さ:90g
  • ケーブル:USB-C、USB-A
  • 3年保証

I-O DATA SSPV-USC960GE 960GB、1.2万円

PS5の外付けドライブ用にデザインされた SSD。

せっかくの 10GpbsのUSB 3.2 Gen2なのに、中のSSDがSATA接続なので 450〜500MB/秒しか出ない残念すぎる仕様。できれば、実用面からは、2TBの2万円のモデルが欲しい。

嘘を付かないのは、日本のパソコン周辺機器のブランドメーカーならでは。

  • 容量:0.96TB
  • USB 3.2 Gen2(10Gpbs)
  • 転送速度:読み出しで最大500MB/秒
  • 大きさ:4.6×7.2×1.1cm
  • 重さ:34g
  • 1年保証

ケースとSSDを別別に買って自作する

  • 内蔵用2TBのSATA SSD 2.5万円、SSDケースが3千円
  • 内蔵用 NVMe SSD 1TBで1.1万円、SSDケースが6千円

SSDケースと内蔵用SSDを別々に買って組み立てれば既製品を買うより安くあがるはずでした。

ドライブを外してパソコンに内蔵したり、パソコンの内蔵SSDを新しいモノに交換して、古いのを流用したりと、ユーザの好みでできます。

S爺
しかし、WD WDBAGF0010BGY-WESNの 1TBで2万円、実測で読み書き900MB/秒以上がでる既製品が売られては、自作する意味が無くなりました。

おすすめのケースや型番、SSDについては、順次別ページにまとめています。

買って使っている HDD / SSDケース まとめ【格安外付けSSDと爆速SSD】

私が実際に買って使っている おすすめのHDD/SSDケースを紹介 します。 HDD/SSDケースって何? 外部記憶装置【HDDやSSD】で、パソコンにつないで使うためケースです。 パソコンにつなぐ接続 ...

PS5の外付けSSDへのコピー中にフリーズする問題

USB 3.1や3.2の高速な転送の外付けSSDは不安定になりがちです。

これは、PS5に限らずパソコン(MacやWindows パソコン)でも、よく起きる問題です。

主な原因は、

  • USBケーブル自体の不良 → 他のケーブルに交換
  • USB-Cプラグの接続不良 → 抜き差し
  • USBケーブルが長い → 1m以下の短いもので試す
  • 外付けSSDのケースやSSD自体の寿命や故障 → 別の新品に交換

USB3.2 Gen2、10Gbps対応の30cmタイプのケーブルは何本か持っておきましょう。

Amazonで USB 3.2 Gen2ケーブル を見る

PS5の本体にUSBケーブルでブラブラとぶら下げて使っているとプラグが緩んで接続不良になります。

PS5の背面にSSDをつける場合、USBファンで風を当てることを推奨

対策としては、PS5の本体上に粘着マットではり付けるか台を置いておくなど、工夫をしてください。

NVMeタイプのSSDは速いかわりに発熱も大きいです。PS5の背面につなぐのなら、室温の上がる夏場はUSB扇風機で背面に風をあてて冷やすようにしましょう。

データ転送中に不安定になるとデータが破損して、SSDを再フォーマットするはめになります。

まとめ

とりあえず、PS5をPS4 Pro、Nintendo Switchの録画システムに組み込む

S爺
PS5はSONYストアの第4次抽選販売も落選しましたが、キャンセル分の繰り上げ抽選で無事に買えました。
2021年4月16日に届いた実機で、周辺機器のレビューと紹介まとめ記事の下書きを仕上げて公開します。乞うご期待w

Thunderbolt 3接続のNVMe ケースで、USB-C接続すれば使えるのか?と聞かれるのですが、Thunderbolt 3とUSB-Cはコネクタが同じでも別規格で、PS5はThunderbolt 3をサポートしていません。だから、つながりませんよ。









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-PS5・PS4, USB
-,

© 2021 サンデーゲーマーのブログWP