Amazonデバイス IoT

Echo Show 15(エコーショー15)を買ったのでレビュー。設定、取りつけ、問題点などをまとめ

2022年4月8日

2022年4月7日、Amazonの画面付きアレクサ(Echo Show )の中でも、15インチの画面を持つ最大のモデルが発売された。

Echo Show 15 2022年モデル 大きすぎて呆然とする

結論からいうと、

画面が大きいので壁掛けで使うしかない。日本の住宅事情からして、どこの壁に設置すれば良いのか?悩む。

Echo Show 15 専用スタンドで

専用スタンドにつけて机の上にも置けるが、モニターみたいになるので、映えない。

  • 購入品:Echo Show 15
  • 購入時期:2022年4月7日
  • 購入価格:29,980円
  • 購入店:Amazon Japan G.K.
S爺
文中のリンクはアフィリエイト(広告)ではなく用語解説のためのリンクです。安心してクリックしてください。

Echo Show 15 2022年モデルの長期使用レポート

Echo Show 15 って何? どこが違うの?

Amazonのスマートスピーカーで、音声で操作をする Echo(エコー、中の人がアレクサ)の最新2022年モデル。

画面が付いているEchoは、Echo Show(エコーショー)として区別され、スマートディスプレイ(スマートモニター)とも呼ばれる。

アレクサの種類や選び方は、こちらで紹介している。

Echo(アレクサ)の種類と違い、どれがいいのか? 選び方をまとめた。

増えてきたアマゾン エコー(Amazon Echo:アレクサ)の種類と選び方をまとめます。 2022年4月7日:Echo Show 152021年6月9日:Echo Show5 第2世代、Echo S ...

Echo Show 15の主なスペック

Appleが独自のプロセッサ(SoC)を使っているが、自社設計のプロセッサ(ARM系)を使うメーカが増えている。

AmazonもShow 15には、専用のプロセッサを搭載してきたようだ。

  • ディスプレイ:15.6インチ タッチスクリーン
    • 解像度:1920 × 1080 ドット フルHD
  • カメラ:5メガピクセル
  • プロセッサ:Amlogic PopcornA(Pop1)、オクタコアSoC、Amazon AZ2 ニューラルネットワークエンジン
  • スピーカー:1.6インチ(4cm)フルレンジドライバー × 2
  • センサー:周囲光センサー、加速度センサー
  • ワイヤレス
    • Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4/5GHz) デュアルバンド、Wi-Fi 6は非対応
    • Bluetooth:verは不明(たぶん V5.0)、A2DP、AVRCP
  • 大きさ:約40.2 × 25.2 × 3.5cm
  • 重量:2.2kg
  • 1年保証
  • 中国製造
  • 壁掛け用ブラケット(3,480円)、スタンド(3,980円)は別売

モニターが、フルHDになったため、プライムビデオが普通のテレビ並みにみられるようになった。

S爺
外部入力さえあれば、チューナーをつないでテレビになるのに…。

Echo Show 15を写真で紹介

Echoはすべて青い箱に入っている。ダンボールの箱で覆われていて傷まないようにしてある。

Echo Show 15 本体

Echo Show 15本体は、透明フィルムで覆われている。大きいので、モニターと同様に保護マットの上で作業をする。

Echo Show 15 付属品

Echo Show 15の付属品は、

付属しているマウントは、コンパネや木の板の壁に、こちらで用意する短めの木ネジで固定できる。

付属のねじと樹脂プラグは、コンクリートやレンガの壁用だ。

日本の住宅事情に合わせた石膏ボード用のマウントキット(日本製)と専用のスタンドが別売で用意されている。

Echo Show 15の正面観

Echo Show 15 正面観

横長にした時のカメラは、左上に付いている。操作ボタンも左上になる。

縦型にした時のカメラは右上角に。右横上に操作ボタンがくる。

Echo Show 15 操作ボタン

操作ボタンやスイッチは、他のEcho Showと同じだ。

  • カメラカバースライドスイッチ
  • ミュートボタン
  • マイクの穴
  • 音量大 ボタン
  • 音量小 ボタン

がある。

カメラのカバースイッチ

カメラカバーのスライドスイッチは、他のEcho Showと同じ機構だ。

Echo Show 15のカメラカバー

カメラのレンズを物理的にふさぐ。

カメラが使えないだけでマイクは使えるので、アレクサに話しかけることもできるし、音声通話もできる。

元々カメラの性能は良くない。見えてはいけないものが見えないように、セキュリティの面からも高性能なカメラは必要ない。

ビデオ通話をする時も、顔がそこそこ映れば十分だ。毛穴の1つ1つまで映るようなカメラはいらない。

音量 大小ボタン

音量ボタンは、他のEchoと同じ。ステップは30段階で音の大きさを変えられる。

「アレクサ、今の音量は?」で、工場出荷状態では、音量 4になっている。「アレクサ、音量を3にして」など音声での音量調整は、10段階だ。

全体の音(メディア)、アラーム・タイマー・通知の音量は、設定→ サウンドで変更できる。

イコライザーも、設定→サウンドで設定できる。

カメラ/マイク OFFボタン(MUTE ボタン)

カメラ マイク OFFボタンは、MUTEボタンとも呼ばれているもので、押すと赤く点灯して、画面の下に赤いラインが入る。

この状態では、アレクサと呼びかけても反応しなくなる。

マイクが使えないので、通話はできない。

一斉呼び出しの音はでる。

Echo Show 15 背面観

Echo Show 15 裏面観

壁掛けを想定したEchoなので、裏側はシンプルだ。

取りつけ用治具の溝やネジ穴がある。

スピーカーは、横長にした時にステレオになるように左右に付いている。音は、低音から高音まで良い感じに鳴る。

電源ポートと謎のmicroBポートがある。

Echo Show 15 裏面 ポート部

電源ポートは、外径 6.3mm、内径2.3mmのEcho Show10やEcho Show 8と同じだ。

microBポートに、イーサネットアダプタをつけても有線LANを認識しない。

溝があって、専用スタンドのブラケットを付けた時にケーブルを引き出せるようになっている。

Echo Show 15 裏面 電源ケーブル引き回し

横長置きにする時と、縦長置きにする時でケーブルの引き出し方向を変えなければならない。

スタンドに付けた状態でも、チルトさせつつ 横長と縦長にピボット(回転)できるので、引き出し方向は、自分の都合で合わせよう。

ACアダプター

Show 10Show 8と同じ、18VのACアダプターである。

Echo Show 15のACアダプター
  • DCプラグの径:外径 6.3mm、内径 2.3mm
  • モデルナンバー:PA24MA
  • 定格
    • 入力:AC 100-200V、1A
    • 出力:DC 18V / 1.67A 
    • 30W
Echo Show 15の消費電力

アイドリングで5W、プライムビデオを大きめの音で見ている時で、12〜13Wの消費電力だ。

Wi-Fi ワットチェッカーで平均のワット数を観察する。

Echo Show 15の設定

以下の2つの条件を満たしている人は、Show 15に 電源をいれてしばらく待てば使えるようになる。

  • Echo Show 15を買う時、「ギフトとして購入」を選択しなかった
  • 他のEchoやFire HD タブレット、Fire TV stickなどAmazonデバイスを使っていて、Wi-FiのSSIDをAmazonに保存している

Echo 15に電源をいれるだけで、「ネットワークを検索中…」とでて(接続したいSSIDを選ぶだけで)自動でWi-Fi(インターネット)につながるので、びっくりしないように。

Amazonにログインするためのアカウントとパスワードは必要ない。

Amazon Alexaアプリで「Echo・Alexa」を見ると、既に「○○さんのEcho Show」と登録されている。

Echo Show 15も画面があるので、スマホのAlexaアプリを使わなくても、使えるようにできる。

準備は、マニュアルの5ページにあるとおり

  • Wi-FiのSSIDのパスワードのメモ
  • Amazonのアカウントとパスワードのメモ
  • スマホに最新のAlexaアプリをインストール

簡単な流れ

  • Echo Show 15の設定で、Wi-FiルーターのSSIDとパスワードを入れて接続
  • Amazonアカウントのメールアドレスとパスワードをいれて認証登録
  • アップデートされるのをしばらく待つ
  • 再起動したら、紹介動画を見る
  • Wi-FiルーターのMACアドレスフィルタリング(見えて安心ネット)の設定
  • 固定IPアドレスに再設定

音量が4で大きめの音がでるので、びっくりしないように。他の人に迷惑がかからない環境でやろう。

電源を入れる。

Amazonのロゴ → Echoのロゴ で起動する。

AmazonにSSIDとパスワードを登録していれば、自動でWi-Fi(インターネット)に接続して準備中になる。

Echo Show 15 準備中画面

Wi-Fiの接続先SSIDとパスワードをAmazonに保存していないか、別のSSIDにつなぐ場合は、つなぐ先のSSIDを選んでパスワードをいれる。

Wi-Fi(インターネット)に接続すると、自動でソフトウエアアップデートされる。

2度ほど再起動して、Echo Showの紹介画面がでて、アレクサの指示に従って話しかける。

Echo Show 15でできること、使っていて気づいた点

他のEcho Showとかわりなく、普通に使える。

タッチスクリーンの操作感は、「キビキビ」ではなく「もっさり」。

タッチの感度は良い。

マイクの感度も悪くなく、こちらの呼びかけでアレクサが答えてくれる。つまり、Show 15の耳は4個のマイクのわりに良い。

液晶画面もきれいで、黄色っぽいなど 色あいがおかしいこともない。

音は良い。低音も筐体に響いて良い感じだ。

ウーファースピーカーがないので重低音が鳴るわけではない。

首振り Echo Show 10第3世代と比べても低音の響きが物足りない。

4KテレビFire TV Cubeの操作性や画質、音響と比べると劣る。

ATOM Camの映像も大画面でみられる。ホームにすればPinPで小さく表示される。

プライムビデオを見るのなら横長置き。縦長置きは、あまり使えないかも。

画面に表示される項目は、「設定→ホームコンテンツ」から設定できる。

使い方は、画面の上端を下にスワイプして開くウインドウから、「検出」でアレクサのおすすめをチェック。

黒と白のフチが仏壇の生前写真に見えるので、縦長置きでポートレート写真のフォトフレームにしたくない。

Echo Show 15 でプライムビデオを見る

プライムビデオは、フルHDの15インチなので Fire TV stick をつないだテレビで見るのと同じかんじ。

操作は、Fire TV stickとは別で、Showシリーズ独自なので、次々と動画を探して見るのには向いていない。

寝室のテレビのFire TV stick 4Kでアニメを見ていて寝落ちして、翌日「アレクサ、”かぐや様は告らせたい”の続きをみせて」ってかんじで続きを見るのに便利だ。

とりあえず、「アレクサ、プライムビデオを見せて」で、プライムビデオの画面にいける。

プライム TV番組をタップで選んで、アニメの一覧を見る。

Echo Show 15 プライムビデオ アニメ

この辺の操作は、他のShow と同じだ。

他のShowは、プライムビデオの解像度が720pまでなのに対して、Show 15は、フルHDである。

Echo Show 15 プライムビデオ 解像度

テレビにFire TV stickをつないで見るのと同じ画質で、音も壁に反射して広がって良いかんじだ。

なので、ついアニメを延々と見てしまう。

S爺
壁掛けで、プライムビデオをじっくり見てしまって… 時間泥棒になるのは良くない。

予定 / カレンダー の設定

Amazon独自のカレンダー、予定表を組むことができる。

Amazonのカレンダーに予定をいれておくと、アレクサに聞けば教えてくれるので便利だ。

Google、Apple、Microsoftのカレンダーからの予定を流し込むこともできる。

Appleにはすべての予定、Googleには仕事以外の予定と分けていたが、仕分けが面倒になってぐちゃぐちゃになっている。

GoogleやAppleのアカウントへのアクセスは、2ファクタ認証を有効にしていないと(つまり、メールと携帯電話の登録)使えない。

S爺
誰もが見える場所に置く場合は、すべての予定が見られる設定にしておくとマズい人もいるはず。

Googleの2重認証は、スマホをなくすとアカウントの復旧すらサポートに電話してもできない万事休すになるし…。

ネットで便利になるはずの情報化社会が、世界情勢によるサイバー攻撃のため逆に不安要素になってしまう時代になるとは…。

ホームのウィジェット表示でよく使うデバイスや曲が、画面に表示されてタップできるのが気に入った。

ホームのウィジェットを追加、削除する方法

ホームの右側に四角いウインドウが並んでいる、どれかを指で長押しすると、ウイジェットの削除、配置換え、ウィジェットギャラリーが選べるボタンがでる。

右のウィジェットの境界部分を左にスワイプしても、ウィジェットギャラリーと配置を変更のボタンがでる

あるいは、画面の上端を下にスワイプして開くウインドウから、ウィジェットギャラリーで選ぶ。

ウィジェット機能が下位のShow 10Show 8で使えると使い勝手が統一されて良いんだが。

ブラウザを使う

Amazonのブラウザ、Silkを使う。

縦長にすれば、ブラウザを使うのには便利かも知れない。

画面が大きいタッチパネルなので、そこそこ使える。

YouTubeもSilkブラウザを使って見ることができる。

Amazonプライムをみるには、横長が良い。悩むところだ。

Fire TV stick のYouTubeアプリと同様にすべての機能が使えるわけではない。

Echo Show 15を呼び出す(インターホンとして使う)

Show 15 の名前が「○○さんのEcho Show 15」になっているので、画面をタッチしながら 設定 → デバイスオプション → デバイス名 で、「○○さんの」を削除して戻る。もう一度、みて削除されているか確認すること。

他のEchoから、「アレクサ、エコーショーじゅうご を呼び出して」と試してみよう。画面のあるShowなら、ビデオ通話ができる。

ビデオ通話で呼び出された時、監視カメラモード(勝手にカメラが動作)にしないようにするには、設定→カメラ→監視カメラモードをオフにしていることを確認する。

他、追加していく。

専用スタンド 3980円

SANUS Tilt and Swivel Stand for Amazon Echo Show 15。

4千円もするだけあって、チルト(俯瞰、ふかん)、スイベル(左右水平回転)、ピボット(横長、縦型)も、必要最小限の動きができる。

Echo Show 15にスタンドを付けて モニター風に置く パソコンとつながらないけど

自作パソコンの手前にStudioを置いている。音の違いを聞くのに横に置いてみたら、パソコンのモニターにならないのが残念すぎる。

壁掛けの位置がきまるまで、しばらく使う。

組み立てと取りつけ方はイラストだけでも分かる。

Echo Show 15 専用スタンド SANUS MEHHS-B2 TILT and SWIVEL STAND for Amazon Echo Show 15 取説

電源ケーブル(延長電源ケーブル)は、Show 15にブラケットを付ける前に、スタンドの穴に通してからにしなければならない。

Echo Show 15 と専用スタンド 縦長置き 背面観

ネジ穴は、10cmの正方形になっている。ネジ穴のサイズさえ合えば、VESAマウントのアームが使えるかもしれない。

石膏ボード用固定器具 壁美人 Echo Show 金具 3480円

WSKB-ES15、日本製。

Echo Show 15 用 壁美人 Echo Show 金具 石膏ボード用 固定金具

ステイプラ(ホッチキス)でブラケットを壁に付ける。

石膏ボードと壁紙でできている日本の住宅事情に合わせたもの。

ステープラの針の穴だけが残るが、うちは自宅なので気にせず穴を開けられる。

S爺
ブラケットだけで383gもあります。薄い鉄板か、肉抜きをして軽くするべきです…
Echo Show 10 と Echo Show 15

首振り Show 10 と比べても、Show 15の方が画面が大きい。

石膏ボードにもしっかりと固定できて、ぐらつく事もない。

厚さが4cmになる。

Echo Show 15の壁掛けの厚さ

壁に音が反射して、Show 15から音がでているのではなく、その壁全体から音がでているように広がって聞こえる。その音響を出すために必要な4cmの厚さとスピーカーの角度なのだろう。

Echo Show 15を壁掛けにする方法と手順

準備する物

Echo Show 15 壁掛け美人 石膏ボードに取りつける金具 に必要な道具

取りつけたい位置とACコンセントの距離をはかって、DCケーブル1.2mが足りない場合は、延長DCケーブル1780円を購入しなければならない。

Echo Show 15 石膏ボード用固定金具 壁美人 Echo Show 金具のステープラ ホッチキスの針をきれいにはさせない

石膏ボードにステープラ(ホッチキス)の針を刺すのは、慣れている私でも うまくできない。

手順

  1. 金具の下にコンセント配線が通っていないことを下地センサーで確認
  2. 取りつけテンプレート を レーザ水平器に合わせて仮止めする
  3. テンプレートの取りつけ金具の上縁をレーザ水平器の水平ラインに合わせて養生テープでマーキング
  4. 養生テープのマーキングにあわせて 取り付け金具を石膏ボードに仮固定
  5. ステープラで説明書どおりにとりつけ

賃貸でディアウオールに取りつけるのなら、付属のブラケットを短めの木ネジで固定する。

まとめ

Showは、妻が熱心に使っている。大きな画面のが欲しいと言っていたので、15インチパネルタイプが出て都合が良かった。

S爺
15.6インチばっかり気にしていて、横幅がベゼルをいれても 40cm未満だろうと勘違いしてた。実物を手に持った瞬間気づくという…w
ベゼル(フチ)が3cmもあって左右上下6cmずつ大きいので、想定していた壁に貼るスペースが足りない! Orz。

対角長 15.6インチは、大きめなノートパソコンの液晶パネルと同じで、迫力がある。

画面が大きくて、タッチパネルのレスポンス(反応)が良い。

Wi-Fiの状態が良くないと、プライムビデオの動画の読み込みに時間がかかる点に注意しよう。

外部入力ができないので、モニターとしては使えないのが残念だ。

壁掛けのスマートディスプレイ、スマートモニターに特化したものとなっている。

「どこの壁に貼り付けるのが良いのか?」悩んでいる。

「映え」する”おしゃれな部屋”や”パソコン机周り”は、我が家にない。

実用面を優先して付けた。

画面が大きいので、ATOMCam2やRing Camのライブ画面を見るのにも使っている。

Amazonで Echo Show 15 を見る







  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-Amazonデバイス, IoT
-, , ,