Mac

Mac mini M1 2020 (Late 2020) どれを買う? とりあえず買ってみよう。

2020年11月12日

2020年11月、Apple独自のCPUプロセッサを搭載したMacが発売されました。

  • MacBook Pro 13インチ
  • MacBook Air
  • Mac mini

の3モデルです。

iPhoneのプロセッサ A14はMacにも流用できるように設計されていて、Macにはフル機能のM1チップにするというイメージです。

M1チップのMacは、どうなのか? 実機を持っていないと話にならないので、すぐに8GBメモリの安い吊しモデルを買いました。

Mac mini M1 2020 配線

 

このページでは、

Mac mini Late 2020のスペック/性能のまとめ

ます。

Mac mini(マックミニ)って何? 何が違うの?

ディスプレイ、キーボード、マウスがなくて、本体だけの小さいMacです。

今使っているディスプレイにMacをつないで使いたい人向けのMacとして、人気があります。

同じくディスプレイのないMac Proがありますが、60万円〜とすごく高いので買えません。

スプラトゥーン2を録画している画面の数々

正面でゲーム画面、右は配信と録画のPC画面

私の場合、テレビゲーム(ビデオゲームコンソール)&PCゲーム用のディスプレイを正面に置く都合があるので、Mac miniが便利なんです。

ハードウエアは、MacBook と同じモバイル用を使われることが多くて、iMacやMac Proと比べると性能が劣ります。

Mac mini Late 2020の主なスペック/性能

ざっくりとリストにしてみると

  • Apple M1チップ:8コアCPU、8コアGPU
  • 16コア Neural Engine(AIアクセラレータ)
  • 8GBのユニファイドメモリ(グラフィックと兼用):8と16GB選択
  • 256GB SSDストレージ:512GB、1TB、2TBが選択可能
  • グラフィック:2台のデュアルディスプレイ
    • Thunderbolt で、6K/60Hz
    • HDMI2.0で、4K/60Hz
  • Thunderbolt 3(USB4):2つ
  • USB-A :2つ
  • ギガビットEthernetポート(RJ-45)
  • 3.5mmヘッドフォンジャック
  • Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax → Wi-Fi 6に対応
  • Bluetooth:ver 5.0
  • サイズ:19.7×19.7×3.6cm 
  • 重さ:1.2Kg

と、ボディのサイズは、歴代のMac miniと同じです。

部品の数が減った分、1.3Kg→1.2Kgと軽くなっています。

S爺
iFixit(ガジェット分解・修理サイト)で、中身がアップされるのを待ちましょう。iPadの基板に毛の生えたようなものですから、中身はスカスカになるはずです。

M1 チップ

アップル M1チップ 模式図

  • CPU(プロセッサ):8個
  • GPU(グラフィックプロセッサ):8個
  • サブプロセッサ:ニューラルエンジン 16コア
  • 内蔵RAM 8GB(16GB)
  • チップセット、ネットワークなど諸々を同梱

iPhoneやiPadで培われた「SoC」統合部品です。

RAMは、チップでひとかたまりになっている部品の1つなので、8GBが1つと2つ載っているタイプで分けられるようです。

もう自分でRAMを買って付けるということはできません。16GB以上の32GBにもできません。

S爺
私が日々このブログを書いたり、YouTube用にちょっとした動画を編集したりするのに、8GBのRAMでもメモリ不足を感じたことはありません。

だから、16GBが必要な人は仕事でヘビーに使う人向けです。

ニューラルエンジン

最近のマイコンのSoCには、サブプロセッサ(RISCベースのマルチコアタイプ)が付くようになりました。

Apple のSoCチップにも、サブプロセッサ(ニューラルエンジン)がついています。

Xcodeでアプリケーションのコードを書くとき、人工知能・機械学習(AI)用の演算プロセッサ「ニューラルエンジン」を利用できます。

  • 音声認識
  • 画像や動画の中の人や物の識別
  • 画像、動画の中の境界検出
  • ボカシの自動追尾w
  • 空間把握

など、メインのCPUやGPUに振り分けず、サブプロセッサ独自に処理できるようになります。

Thunderbolt 3 / USB4のサポートは制限あり

IntelのチップセットのMacではないので、いままでのThunderbolt 3の機能をフルサポートしていないようです。

Mac mini 2018には、Thunderbolt 3(USB-C)ポートが4つ、バス(データ通信の束)は 40Gbpsが2レーンありました。

今回のMac miniは、Thunderbolt(USB-C、USB4)が2つしかない。

S爺
バスも 40Gbpsが1レーン、もう一つは、2つのUSB-Aポートと兼用のようです。

だから、ハイスペックなHDMIキャプチャーボックスやRAIDのストレージ、PCI-Expressの拡張ボックスが同時に使えません

eGPUのサポートなし

eGPUのつなぎ方 模式図

外付けのグラフィックカードを拡張ボックスにいれてつないで、演算処理を分散する機能【eGPU】は、使えません。

eGPUが必要な作業は、IntelのMac でやる。「M1チップはeGPUを使わなくても、そこそこできるよ」ってことで。

IEEE 802.11ax Wi-Fi 6に対応

今回の目玉は、やっとWi-Fi 6に対応したことです。

Windows のパソコンでは、すでにWi-Fi 6対応のものが増えてきているので、Macは出遅れています。

ワイヤレスで高速な通信ができるようになるので、Wi-Fi 6対応のWi-Fiルータのユーザは恩恵をうけることができます。

Mac mini Late 2020 のモデル2種類の違いはSSDの容量差

今回のMac miniは、お試し版の色合いが強くでていて、吊しは2種類。

SSDの256GBか512GBの容量差だけです。他は、同じです。

Mac mini M1 2020 内蔵 512GB SSD Disk Speed Test結果

クリックで拡大

  • 256GB:2.1〜2.5GB/秒 の読み書き
  • 512GB:2.6〜2.9GB/秒の読み書き

Macに搭載されるSSDは、M.2 SSDの爆速タイプ(書き込みが2GB/秒以上と7年前のRAM並の速度)なので、512GB以上は速くなります。2万円アップは妥当だと思います。← いや、ボッタクリw

S爺
MacBook Pro 13インチとAirは、冷却ファンがあるかないかの違いになってくるので、Airの方は少し性能を落としてあります。

M1チップ Mac mini Late 2020 どう選ぶ? どれを買う?

Mac歴30年の私の経験上、CPUが変わった最初のMacは

  • OS、ハード共にバグがあって安定しないので
  • 使っているソフトや周辺機器の互換性を試すため
  • 必要最小限の安いモデル

を買うようにします。

  1. 1年ほど様子を見ながら毎日使い続け
  2. 次のモデルで、そこそこのグレードを買う
  3. アプリケーションや使いたい周辺機器が、nativeで対応できた時点で完全に移行する

ようにします。

私の場合、

  1. ATOK for Mac
  2. ケンジントンのトラックボールのドライバー
  3. FileMaker Pro 18 Advanced
  4. Keynote、Numbers、Pages、Word、Excel…
  5. Adobe Photoshop
  6. BlackMagic Design のキャプチャーデバイスドライバーとMedia Expressなど関連ソフト

使用頻度の高い順で、互換性チェックリストを作っています。

SSDは、256GBで足りますか?

256GBで足ります。

私が愛用している Mac mini 2018(8GBのメモリ、128GBのSSD)は、9万円で買いました

Mac mini (2018)も、ポートのある方が手前

SSDの容量が128GBだと、macOSのシステム自体は、20GBほどなので、メールデータや諸々の書類などをいれると、70GBほど消費しています。

S爺
起動ディスク(128GB SSD)は、1/3(128GBなら42GB)程度の空き容量を保つようにします。

なので、

USB-Cの外付けのケースと512GBのSSDをつないで使っています。さらに、大きな容量が必要な動画は、外付けのHDDスタンドにいれたHDDにいれてあります。

動画のエンコードなど本当にマシンパワーが必要なものは、自作パソコンのWindows 10マシンでやりますから、128GBのMac miniでも不便に感じません。

2020年11月に発売された新型Mac miniで、1番安い モデル は、72800円(税込み 80080円)で、256GBのSSDです。

256GBあれば、すぐに外付けのSSDをつけなくて済みます。

S爺
ちなみに、SSDの中でも、爆速のm.2 SSDを生かすThunderbolt 3のケースと512GBのSSDのセット価格は2.5万円ほどします。

Mac mini 2020 のCTOは?

メモリは、8GBと16GBの2つしか選べません。SoCチップは、RAMメモリがパッケージ内に内蔵されています。

メモリースロットがあって後から取り付ける従来のRAMメモリとは違います。

RAMメモリは、8GB か 16GB どっちを選ぶ?

Xcode 12(iPhone iPadの開発統合環境IDE)を使って、仮想iPhoneでバリバリデバッグしながら… というのであれば、16GBの方がいいでしょう。

かつて、PowerPCとIntelのユニバーサルAppをビルドしたXcodeは、Big Surから、IntelのCPUとA/MチップのユニバーサルAppをBuildするようになります。

我々、一般ユーザは、8GBで十分です。

S爺
内蔵SSDが2〜3GB/秒で読み書きできる一昔前のRAMメモリ並なので、メモリーが足りなくなってSSD上にスワップしても、ユーザはその速度低下を感じません。

「16GBじゃ足りない!」というプロの人は、安定性を最重視して、M1チップのMacを買わずに、IntelのMacを使い続けるようにしましょう。

M2チップ以降で、32GB、64GBが選べるMacが出てきます。

はじめてMacを買う人は、MチップのMacを買ってはいけない!

ハードウエアのバグ、macOSの問題、使いたいアプリケーションや周辺機器の互換性が、まだ未知数です。

S爺
起動すらできないソフトもあって、Rosetta2のアップデートが頻繁に行われるでしょう。半年は待った方が良いかも。

いままで、Macを買って使ったことがない人は、現行のMチップのMacを買うことは、まったくおすすめできません。

今どうしてもMacが欲しいのなら、Intel のMacを買うようにしましょう。

いつ Mチップ Macを買うのがいいのか?

  • ブログネタにする人は、発売と同時に
  • iPhone/iPadのアプリの開発者は、発売と同時に
  • 今使っているIntel Macが普通に使えている人は、数年待って、M2,M3チップ搭載のMacを

買うようにします。

S爺
ベンチスコアは、IntelのCPUより速くでています。

2020年11月17日の発売日時点で、

まだまだ、バグだらけで??な挙動が散見。アプリも起動すらできないものもあります。

このMacについて Mac mini M1 2020

派手なデスクトップなので、無地のグレーにします。

Mac mini M1 2020 デフォルトデスクトップ

Big Surの11.0.1にアップデートしたら、LAN内のネットワークを表示できなくなりました。→ 表示まで時間が数分かかるようになっています。

他のMacからリモートできて、データのやり取りもできるのでテストは続けられます。

日頃、HEVCの録画ファイルを、古いMacでも見えるように H.264のmp4に変換しています。

Mac mini M1 2020 QuickTimePlayerでHEVCファイルをH.264ファイルに書き出し中

i7-7700K(Windows 10)のQSVで、1.5時間分を3時間かけて圧縮していたのが、QuickTime Playerの書き出し「1080p…」で、30分ちょいでできます。5〜6倍速い。

CPUパワーを使っていないので、バックグラウンドでエンコをし続けても速度低下を感じません。

なのに、ファンの音もほとんどしないし、そもそも電源のところが暖かいだけで、他は冷たいアルミボディにびっくり。

S爺
これ、Intel 、AMD、GeForce とWindows 10の関係「ウィンテル陣営」の牙城を、Apple単独の、SoCとmacOSで崩せるんじゃないかと…。ただし、アプリケーションがnativeに対応しないとダメですが。
  • 内蔵グラフィックは、Intel UHD630と比べて約5倍
  • HEVC→ H.264 ファイルへのエンコードは、i7-7700Kの内蔵エンコーダの5〜6倍

です。

iPhoneからMacを始めた「にわかマカー」に だまされるな!

2015年頃から、iPhoneユーザが初めてMacを買い、ブログ形式をした情報サイトを作って稼ぐ「アフィカス にわかマカー」が、ネットに氾濫しています。おかげで、グーグルの検索がまったく使い物にならなくなりました。

彼らは、OS、ハードウエアともに安定期からMacを買い使い始めたため、大きな変化を経験していません。

メーカーやブローカーの宣伝広告が糧なので、記事も、買い煽りの提灯記事ばっかりです。

新製品の紹介、関連ガジェットも国防的に問題のある通信機器を数多く紹介しています。モラルもクソもない連中ばかりです。

ユーザとして1番知りたい「問題点」を詳しく検証して書けない。もちろん「問題点を回避する方法」とか期待できない。

S爺
「新しいMacは、M1チップ採用!ベンチマークは、Intel Macより速い! 買い換えをおすすめ!」なんて、買い煽り記事を書いちゃう。無責任な野郎ばっかりですから。

まとめ

Mac mini 2020は、トリプルディスプレイにできません

ハードウエアが別物になったので、プリンタードライバー、マウスドライバー、ペンタブドライバーなど、周辺機器は全滅です。

BGMにつかっていた200連奏CDプレーヤが壊れて、メディアプレーヤに切り替えの算段をしていた中で、iTunes専用メディアプレーヤ&NASとしてMac miniも検討していました。ちょうど都合が良かったです。

少し不便になりますが、仕方がないとあきらめて、いろいろと試していきます。

Macストアで買ったのは失敗でした。Amazonのカードで引き落としなので、1%のAmazonポイント還元です。10万円の1%ですから、千円。

Amazonのリテールストアで買えば、2%のAmazonポイント還元なので、千円ほど損したことになります。

ブラックフライデーやサイバーマンデーのポイントアップセールの時に注文すれば… Orz

Amazonで Mac mini M1チップ 2020年モデル を見る

レビュー記事は、届いたので書いています。

Mac mini M1 2020 MGNT3J/Aを買ったのでレビュー

AppleSilicon M1チップのMac mini 2020(8GBメモリ、512GB SSD)を買ったのでレポート します。 第一印象は「おっ、起動音復活w 爆速SSDすげー! エンコも速い!」 ...

続きを見る









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-Mac
-,

© 2020 サンデーゲーマーのブログWP