月一万円以下で遊べる趣味を探求するブログです。ガジェットの本物のレビュー記事を書いています。

サンデーゲーマーのブログWP

Nintendo Switch

スイッチのおすすめモニター 3つと選び方(初心者むけに やさしく説明) 2019年11月

2019年11月1日

Nintendo Switchモニターの選び方のポイント

Nintendo Switchをつないで遊べる安いモニター/ディスプレイを探している初心者の人に、わかりやすくまとめ

なおしました。

リビングの大きなテレビにNintendo Switchをつないで遊んで入ると、他の家族がテレビ番組を見られません。

テレビゲームで遊ぶためのモニターが欲しいという人も増えています。

S爺
Nintendo Switchでゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドをじっくりと遊びたいので、てごろなディスプレイを教えてくれ」というリクエストを2018年秋にいただいていたのを記事にしました。

スイッチ用 モニターをえらぶ ポイント

  • 価格 → 2万円以下の安いもの
  • 大きさ → 机の上における大きさ
  • ゲームのできる性能 せいのう液晶えきしょうパネルのよしあし
  • HDMI入力端子

です。

S爺
HDMI入力端子があれば、パソコンともつながりますから、パソコンのディスプレイとしても使えまます。

スイッチ用モニター おすすめ の大きさ

モニターの大きさと距離の関係について

モニターの大きさと距離の関係

モニター/ディスプレイから、1mくらい はなれて遊ぶのなら、モニター/ディスプレイの大きさは、27インチがおすすめです。

50cmくらいまで近づくのなら、24インチが良いです。

こたつの上に置いてやるのなら、軽い 15.6インチのモバイルモニターや20インチのモニターになります。

大きな画面に近づきすぎると、目に悪いのと、います。

ゲーム中の3D酔いの対策について、まとめます。

ゲーム中に気持ちの悪くなる人がいます。3D酔いと呼ばれる症状です。このページでは、 「3D酔い」についてまとめ ます。 ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルドを始めたら、頭痛がとまらない スプラトゥー ...

S爺
Nintendo Switchで遊ぶところの広さ/スペースで、モニターのサイズを選びましょう。

モニターの液晶えきしょうパネルの性能せいのう

ゲームで遊ぶモニターの最低条件

ゲームで遊ぶモニターの最低条件

  • 描画性能びょうがせいのうが良いもの → リフレッシュレートが速い
  • 色あせないで、きれいな画面 → IPSパネル、VAパネルがよい
解像度は、フルHDのもの

解像度とは、画面をつくる点の数です。

フルHDのディスプレイの解像度模式図

フルHDのディスプレイの解像度模式図

横が1920個、縦が1080個、約200万個の□が並んだ絵(1920 × 1080 ドット)が、ふるHD(エイチディ)と呼ばれるものです。Full HDと英語で書かれていることもおおいです。

Nintendo SwitchのTVモードでは、このフルHDなので、フルHDタイプのモニターを選びましょう。

リフレッシュレートは気にしない

「リフレッシュレート(refresh rate)」というのは、画面の映像を1秒間に何枚の絵で表示するかということです。「フレームレート(flame rate)」とも言います。

リフレッシュレート模式図

リフレッシュレートは、毎秒何枚の映像を表示できるか

パラパラ漫画のコマのページが、1秒間に何枚使うか?ってことです。

単位は、「Hz(ヘルツ)」か「fps(エフピーエス、flame per second)」で表します。

たとえば、地デジのテレビなら、30fpsです。1秒間に30枚の絵を書きかえて表示しています。

Nintendo Switchは、最高で 60fpsなので、どのモニターでも対応できます。

応答速度 /描画速度は、5ms(ミリ秒)以下

モニターの使われている画面表示部品「液晶パネル」は、色が変わるのに時間がかかります。

階調応答速度の模式図

色を変化させるのにかかる時間

昔の液晶モニターは、0.1秒(100ms)くらいかかったので、動画が見られませんでした。色や形がかさなる「ゴースト」という見にくい状態になるからです。

ms って何?

「ms」という単位は、ミリセカンド。つまり、千分の1秒のこと。

今でも、20msのおそい液晶パネルがあって、動画をみると変な色になったり、ボケたりするものがあります。

「GTG」は、gray to gray、中間階調応答速度ちゅうかんかいちょうおうとうそくど、つまり灰色から灰色に色が変わる時にかかる時間です。

白から黒のように、もっと時間がかかるものもあります。

S爺
メーカーは、つごうの良い1番良いデータをアピールします。
パネルの種類のちがいで画面の表示の速さが変わってくるよ
  • TNパネル → 速いので、1ms
  • IPSパネルやVAパネル → 遅いので、5msがせいいっぱい

という違いがあります。

TNパネルは、ゲーミングモニターによく使われています。値段が安いし、1msと速いというメリットはあります。しかし、斜めからみると色あせてみえる欠点があります。私はあまり買いません。

IPSやVAパネルは、応答速度が遅いかわりに、色が綺麗です。パソコンでも使うのなら、IPSパネルのものを選びましょう。

それでは、私がAmazonでよく売れているモニターの中から選んだものを紹介します。

スイッチのモニター おすすめ 3つ +1

BenQべんきゅー GL2580HM-S【24.5インチ】2019年モデル

  • 安心の台湾メーカー
  • Amazonで1.6万円前後で販売
  • TNパネルだから、2ms(GTG)と応答速度が速い
  • スピーカー、イヤホン端子付き
  • HDMIで、ゲーム機とつなげられる
  • パソコン用のDVI-Dとアナログ15ピン付き
  • 1年保証(送料こちら持ち)

コスパ的には、次のVZ249HRがイチバンです。

でも、パソコンとつないで使うジジイとしては、使いがっての良さから、こっちがベストです。

ASUSえいすーす  VZ249HR 【23.8インチ】2018年

  • 安心の台湾メーカー
  • Amazonで、1.3万円ちょい
  • IPSパネルなので、5ms(GTG)と遅いが、色があざやかできれい
  • HDMI でゲーム機とつなぐ
  • アナログ15ピンがあるので、古いパソコンとつなげられる
  • 3年保証

コスパ的に、最高レベルです。ただし、HDMIが1つしかないので、パソコンと一緒に使う人は、HDMIセレクターが必要です。

iiyama  G2530HSU-B1 24.5インチ 

  • 安心の日本メーカーブランド 飯山/マウスコンピューター
  • Amazonで、2万円前後と安い
  • TNパネル
  • リフレッシュレート 75Hzという中途半端な仕様、応答速度は、最大1ms
  • スピーカー、ヘッドホン端子付き
  • DisplayPort、HDMI、D-sub 15ピンの3系統
  • 3年保証

モバイルモニター

準備中

 

まとめ

2018年秋に、「Nintendo Switchにあうモニターを教えてくれ」というリクエストにあったので、書きかけていたものを見つけて仕上げました。

「初心者向けの紹介記事」シリーズです。

もっと詳しい内容のゲーム用モニター/ディスプレイの紹介記事は、

PS4やNintendo Switchをつないで遊ぶ おすすめの人気液晶モニター・ディスプレイの紹介【20〜27インチ 机に置けるサイズ編】

リビングにある大きなテレビで、テレビゲームを何時間も深夜まで遊べる家庭はほとんどないと思います。 家族に気兼ねなく使える自分専用の、手頃な大きさで 安くて お得な 液晶モニター・ディスプレイを厳選して ...

続きを見る

S爺
時間さえあれば、こういう書きかけて忘れていた下書きを公開まで完成できるのですが…









  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-Nintendo Switch
-, ,

Copyright© サンデーゲーマーのブログWP , 2019 All Rights Reserved.