PS5・PS4

PS5を買ったのでレビュー。PS5の設定、PS5に必要な周辺機器と活用方法の紹介

2022年5月27日

PlayStation 5(以下、PS5と略す)は、2020年11月に発売された。

しかし、私がPS5を買えたのは、半年後の2021年3月。SONYストアの第4回抽選販売の繰り上げ当選だった。

書斎 コンソールゲーム環境 2022年3月ver

その後、新型コロナ パンデミックのステイホーム需要で世界的な半導体不足に陥り、ゲーム機や周辺機器が売り切れて入手困難になった。

2022年後半から半導体不足も徐々に解消されてPS5の出荷台数が増えたおかげで、地方の家電量販店のゲームコーナーでも在庫を見かけるようになった。

PS5を買えた人が、何をそろえて、どうつないで遊べるようするのか?と疑問に思うことを記事にまとめている。参考になれば幸い。

S爺
文中のリンクは用語解説のリンクです。
アフィリエイト広告ではないので安心してクリックしてください。
  • 購入品:PlayStation 5 MODEL CFI-1000A
  • 購入時期:2021年4月18日
  • 購入価格:54,978円
  • 購入店:SONYストア

PS5の長期使用レポート

PS5と他のゲーム機との違いで、みんなが知りたいやつ。

PS5とPS4 Pro の違い

PS4 Pro と PS5

ざっくりと3行にまとめると…

  • CPU、GPUの性能アップで、PS4 Proの2倍のリフレッシュレート、4K/120Hz、HDRで、きめ細やかで色鮮やかな映像をヌルヌルで遊べる
  • PS5は、PS4のソフトも遊べる
  • 進化した DualSenseワイヤレスコントローラー(ダダ余り)

さらに詳しい違いは、↓でまとめている。

プレイステーション 5が 2020年11月12日 発売決定! 新型PS5の仕様、スペックなどの噂 まとめ帳

PlayStation 5の発売が、正式に公式プログから発表になりました。 ということで、このページは、 PlayStation 5が発売されるまでの1年、漏れ出る情報をまとめる自分用ノート でした。 ...

PS5と Xbox Series X、Xbox Series Sとの違い

主な違いを3つあげておく、

  • PS5は 日本(ほぼ アメリカ)のSONY、Xbox は アメリカ Microsoftのコンソール(テレビゲーム機)
  • PS5と同じ性能なのは、Xbox Series X(5.5万円)の方
  • Xbox Series S(3.2万円)は、光学ディスクドライブがなくて画面解像度が1440p(WQHD)の機能限定版
S爺
Xbox Series Xが欲しいのですが、田舎では取り扱いのある店もなく、ネット上でも抽選販売すらないため買えません。

PS5を買ったら そろえたい PS5に必要なもの と サービス

あると便利なものやサービスのリスト。

  1. PS5の4K 120Hz HDR 表示ができる テレビやモニター
  2. PS5 の 4K 120Hz HDR に対応したAVアンプ
  3. Windows用USBキーボードかBluetoothキーボード
  4. PlayStation NetworkのIDとパスワード
    • PlayStation Plus 加入(サブスク)
    • クレジットカード
  5. ワイヤレスヘッドホン
  6. DualSenseワイヤレスコントローラーの予備
  7. インターネット回線、Wi-Fiルーター(5GHz帯 SSIDとパスワード)
  8. 内蔵SSD、外付けSSD
  9. HDカメラ
  10. ACタップなど

PS5に対応したテレビやモニター

PS5はグラフィック性能が高く、4K120Hz HDR(HDMI 2.1)の出力ができる。

しかし、PS5対応のテレビモニターは10万円前後と値段が高い。

3〜5万円の値段が安い 4K 60Hz HDRのモニターやテレビでも十分綺麗な画面で遊べる。

詳しくは、こちらで解説している。

PS5 につなぐ 4K、HDR、120Hz 、5万円以下 の ゲーミング モニター ディスプレイ の選び方とまとめ

みなさん PS5を買えましたか? 私はSONYストアの第4次抽選販売もはずれましたが、キャンセル分の繰り上げ抽選でやっと買えました。 「PS5につけるモニター 8K?、HDR?、120Hzって何? ど ...

PS5に対応したAVアンプ などHDMI機器

ゲームソフトの多くが、5.1chサラウンドに対応しているので、AVアンプとサラウンドスピーカーにつなぐと迫力のある音でゲームを楽しめる

PS5に対応したAVアンプにつなごう。

AVアンプ ヤマハ RX-A4A AVレシーバー レビュー。使い方、設定 まとめ。

テレビやモニターでゲームや映画を見る時、良い音で聞くためにはAVアンプが必要だ。 テレビゲーム機 PS5が、映像出力 4K 120Hz HDRになり、対応したAVアンプが次々と発売されている。 私は、 ...

PlayStation Plusに加入

インターネットに接続してオンライン対戦ゲームをするためには、PlayStation Plusに加入しなければならない。

PSプラス(PlayStation Plus )のメリットを熱く語ります。→ PlayStation Plus Essential へ移行

2022年6月から、PlayStation Plusのサービスが、3種類になりました。 PlayStation Plus Essential → いままでの PS Plus この記事 年額 5,143 ...

ワイヤレスヘッドホン

純正のヘッドホンが売られている。

アパートなど防音ができない住居や深夜など、周りに迷惑をかけないようにゲームを楽しむためには、ヘッドホンが必要だ。

PS5純正 ヘッドセット PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット 2020年 を買ったのでレビュー。

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングゲーミングヘッドセット INZONE H9
PS5 INZONE H9 ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングゲーミングヘッドセットを買ったのでレビュー

SONYのパソコンゲーム用周辺機器のブランド「INZONE(インゾーン)」。 その INZONEのブランドで、ゲーミングヘッドセットが出たので買った。 このゲーミングヘッドセットで できることは…、 ...

追加する内蔵SSD、外付けのSSD

PS5の内蔵SSDは700GBと容量が少ない。そのかわり、内蔵SSD(NVMe M2 SSDカード)を1枚追加できる。

PS5の増設スロット内に、M.2 SSDとヒートシンクが収まるのを試適して確認

PS5のガワ(サイドカバー)のはずし方とSSDの取りつけ方についての記事は、

PS5に M.2 SSDを増設した話。PS5用のM.2 SSDの選び方 おすすめも紹介。

PS5には、内蔵SSD(M.2 SSDストレージ)を1つ増設できるスロットがついている。 2021年9月15日から、システムソフトウエアアップデートで、内蔵SSDの増設スロット(M.2 SSDストレー ...

PS5 の白いカバーをはずす方法(PS5にSSDを入れる方法、PS5のホコリをとる方法)

PlayStation™ 5(以下、PS5と略す)の白いサイドカバー(フェイスプレート)は、ワンタッチで外れる。 PS5のサイドカバーのはずし方とはめ方を写真で解説 S爺 PS5を手に入 ...

外付けのSSDについては、こちら↓の記事で解説している。

PS5 の外付けSSD の選び方 まとめ  おすすめのSSDも3つずつ紹介 

私もやっとSONYストアから届きました。 PS5の外付けSSD(拡張ストレージ)の選び方とおすすめの紹介 Mac(パソコン)につなぐSSDやUSB規格の記事に「PS5につなぐ外付けのSSDは何が良いの ...

HDカメラ CFI-ZEY1G

スタンドと一体型のカメラ(フルHD、1080p)だ。

PS4用 PlayStation Camera CUH-ZEY2J、PS5用 HDカメラ CFI-ZEY1G

ブラビアXRならSONY純正なので ぴったりハマると思っていたら…、取りつけられない。

上のフチに のせているだけ。

PS4のPlayStation Cameraは専用のケーブルとコネクタに対して、PS5用のHDカメラはUSB3.0だ。

しかも、PS5の背面のUSB3.0(10Gbps)端子にささないと動作しない。ケーブルが2mでは短すぎる!。

マイナーチェンジのPS5が出る頃には、改良型のHDカメラになるはず。

ACタップ

PS5の消費電力は、アイドリングで70W前後。フル稼働で260Wくらい

nasneとかみるライトな作業なら、PS4 Proとさほど変わらない。

ACタップのスイッチ付きを使って、周辺機器と一緒にオンオフしている。

ザ・タップZ(ACアダプター対応)(4コ口)(1m)(ホワイト) WHS25149WP
テーブルタップ(電源タップ、ACタップ)の選び方、おすすめの紹介

みなさん、電源タップ(以下、テーブルタップ)を使っていますか? ゲーム好きでガジェット好きな私も、たくさん使っています。 これは、書斎のAV機器、ゲーム関連ラックのACタップです。スチールラックの柱に ...

PS5を写真で紹介

PS5の同梱物は、

PS5 同梱内容 パッケージ内容
  • PS5 本体:CFI-1000A
  • ACケーブル:1.5m
  • HDMI 2.1 ウルトラハイスピードケーブル:2m
  • DualSenseワイヤレスコントローラー 白
  • USB-A→USB-C ケーブル 1.5m
  • スタンドキット(横置き、縦置き兼用)
  • 取扱説明書(クイックスタートガイド、セーフティガイド、アフターサービスのしおり など)

PS4では別売だったスタンドが付いている。

PS5の設置

PS5の大きさは、約40 × 27 × 10cm。

スチールラックに縦置きで入れるのなら、棚の高さは、42cm以上必要だ。

PS5を縦置きに入れるときのラックの高さ

奥行きは、硬いHDMIケーブルの引き回し分と外付けのSSDを背面にぶら下げるので、最低でも35cmは欲しい。

横置きにするのなら、背面への熱排気の通気性を考えて設置しよう。

丸いスタンドを縦置きの場合は、(スタンドの中に収納されている)ネジで止める。

横置きする時は、ネジで固定せず、単純に台をはめ込んで使う。

やり方は取扱説明書に書いてあるとおり、やればできる。

PS5のスタンドのネジ

ネジ溝はコイン用で、マイナスドライバーを用意しなくても しっかり固定できる。

PS5の 背面のコネクタについて

PS4 Pro にあった”PlayStation Camera用端子”と”光デジタル出力端子”は、PS5にはない。

PS5で光デジタル端子が必要な人は、「PS5にオーディオ光デジタル接続 まとめ」を参照のこと。

PS5 背面ポート部

背面のポートは、下から

  • AC電源 メガネコネクタ
  • HDMI出力ポート
  • 有線LANポート
  • USB-Aポート ×2

HDMIは、HDMI 2.1の最大 48Gbps。HDMIケーブルも、ウルトラハイスピードケーブルをつなぐようにする。

有線LANポートは、1000Base-T。

USB-Aポートは、ハイスピードの 10Gbpsに対応している。ここに、HDカメラ外付けのSSDをつなぐ。

PS5 前面ポート

PS5 前面ポート部

前面には、上から

  • USB-A:USB2.0
  • USB-C端:USB3.1 、10Gbps
  • ディスクメディア 挿入口
  • ディスク イジェクトボタン
  • 電源ボタン

正面にあるUSB-Aは、DualSenseワイヤレスコントローラーやUSBキーボードを有線でつなぐためのものだ。

PS5を買ってきて一番最初に設定する時、

  1. DualSenseワイヤレスコントローラーを付属のUSBケーブルでつないで起動
  2. 途中からUSBキーボードをさしなおす

PlayStation NetworkのIDやパスワード、Wi-FiのSSIDやパスワードを入れるのに使う。

PS5のUSB端子は、何Aまで出せるのか?

前面と背面にあるUSB-Aポートは、USB3、規格の 0.9A/5Vは保証されている。

実際に、USB電流テスターとUSB電流抵抗をつけて、1.5A/5Vまで出せることは確認している。

S爺
中国製パチモンの充電台で、コントローラ2台同時に充電しても1Aも流れないので、PS5のUSB端子につないでも使えます。

PS5のUSB-C端子のPDO(PD・Power Deliveryの情報)は、5V/3Aの15Wだけである。

PS5 の正面 USB-C端子のPD Power Delivery PDO 情報は、5V 3Aだけ

PDO情報を読み取るCT-2やCT-3については、こちらで紹介している。

PS5のレストモードで、USBの電流を3時間後に切る設定

レストモード(スリープ)中は、USBから5Vの電流は出せない。

USB端子にコントローラーをつないで充電する人のために、3時間後に切れるように設定ができる。

設定→システム→省電力で、「レストモード中に使う機能」を選択。

PS5 レストモード中に使う機能 USB端子に給電する

PS5のUSB端子をフル活用する人は、この設定があるのを覚えておこう。→ ホリのコントローラー充電台

PS5のディスクの向き・入れ方

PS4で、ディスクを裏返しにいれて傷を付けてしまって ツタヤで買い取り拒否をされた苦い経験がある。

PS4のディスクの入れ方とは、向きが逆なので間違えないようにしよう!

PS5のディスクの向き

本体側にラベル面が来るので注意されたし!!

PS5 をテレビやAVアンプにつなぐ

  • テレビとPS5をHDMIケーブルでつなぐ
  • 有線LANをLANケーブル端子にさしてインターネットにつなぐ(Wi-Fiでつなぐのなら後で)
  • ACケーブルをコンセントにつなぐ

PS5の4K120Hz HDR VRRに対応したAVアンプを持っている人は少ないので、とりあえず、テレビからのARC接続で使おう。

ARC接続なら、AVアンプの性能が低くてもPS5の映像出力の足をひっぱらない。

PS5とAVアンプをつなぐ eARC接続
  • テレビ側の設定は、テレビ側で音声をARC先の「オーディオ機器(AVアンプ)」に切り替え
  • AVアンプ側の設定は、eARC端子入力に切り替え
4K 120Hz HDR VRR ALLM対応のAVアンプで注意すること

PS5の4K 120Hz HDR VRR対応のテレビとAVアンプをつなぐ時に、2本のHDMIケーブルでテレビとAVアンプをつなぐことになる。

AVアンプ側の出力を同時にすると、PS5側が低い方の規格にあわせてしまうので、4K 120Hz HDRにならずに、4K 60Hz HDRに落ちてしまう。

AVアンプ側で出力を切り替えて、HDMIが混乱しないようにしよう。

例として、ブラビアXRとRX-A4Aの接続方法と シーン設定のコツを紹介しよう。

AVアンプ RX-A4AとブラビアXR、PS5の接続の仕方

詳しいことは、こちらで解説している

PS5 を起動する。

DualSenseワイヤレスコントローラーを付属のUSB-Cケーブルで、PS5の正面にあるUSB端子にさしてつなぐ。

PSボタンを押して起動。PSのロゴがでたら正常起動。

画面の指示に従う。

テレビ(モニター)の画面調整が始まる。HDR対応なら、明るさの調整もする。

有線LANにつないでいる場合は、起動後、システムソフトウエアアップデートが始まる。

USBキーボードをつなぐ、Bluetoothキーボードを登録する

キーボードを使えるようする。

PlayStation Plusにログインしたり、ネットワークの設定でSSIDとパスワードを入力するのに楽だ。

設定→周辺機器→Bluetooth機器 から、ペアリング開始しているキーボードをみつけてペアリング。

S爺
Bluetoothキーボードがなくても、Windows用のUSBキーボードがあれば前面のUSBポートをさせば、そのまま認識します。マウスも。

USBのマウスやキーボードの設定も、設定→周辺機器→キーボード/マウス で。

PS5のネットワークの設定

PS5のネットワークの設定については、こちら↓で詳しく解説したので参考にして欲しい。

PS5 をインターネットにつなぐ やり方 (PS5のネット接続設定)をわかりやすく徹底解説

PlayStation™ 5(以下、PS5と略す)は、インターネット / PlayStation Network(PSN)につながないと満足に遊べないゲーム機である。 PS5のネットワー ...

有線LANでなく、初めてWi-Fiでインターネットにつないだ場合は、ファームウエアアップデートが始まる。

PlayStation Networkに接続する

PS5は、PlayStation Networkに登録しないと使えない。

PS5を買うユーザは、PS4を使っているはずだ。

PlayStation NetworkのID(メールアドレス)とパスワードを用意しておこう。

いままでプレステで遊んだことがないのにPS5を買う人はいないと思うが、もしそうなら、SONYストアのIDとパスワードが兼用で使えるので用意しておこう。

コントローラーだけでも画面表示のキーボードを使って入力できる。

USBキーボードをさして使うと、入力がはかどる。

PS4 から データを移行する

PS5は、PS4のソフトも遊べるので、PS4をいままで使っていた人は、PS4のセーブデータをPS5に移動させた方が良いだろう。

指示に従ってやる。

  • PS4も、PS5もインターネットにつないでPlayStation Networkに接続していること
  • Wi-Fiでつなぐと時間がかかる(ヘタすると数日)ので、有線LANでつながれていることが望ましい
  • PS4のHDDを大容量HDDに換装して遊んでいた廃人はデータが大きすぎるので注意!

後からでもできるので、急いでやる必要はない。設定→PS4からのデータを移行する

PS5を使ってわかる 問題点 疑問

4K HDR 出力 が安定しない

PS5は、PS4 Pro以上に HDMIがシビア(条件が厳しい)で、安定した映像を出すのがむずかしい。

以下、3つの条件を満たすようにそろえよう。

PS5の周辺機器もそろえると高くつく。

PS5の映像や4K 120Hz HDRが出ない場合の対処方法については、詳しくまとめた記事を作った。

PS5 テレビに映像が出ない、音が出ない、4K 120Hz HDRにならない トラブルの解決策 まとめ

PlayStation 5(以下 PS5と略す)は、ゲームの映像と音声をHDMIケーブル1本をテレビにつなぐだけで使える。 HDMI接続は、画面・映像や音がでない問題をよく起こす。 PS5 のHDMI ...

PS5 内蔵SSDと外付けSSD どっちが良いの?

内蔵SSDの増設を先にすると良い。ヒートシンクを入れて 1TBで2万円前後かかる。

PS4のゲームをとっかえひっかえ遊ぶのなら、外付けのSSD 2TB を3万円で取りつけることをおすすめする。

遊ぶ時には、PS4のゲームプログラムを全部内蔵SSDへコピーしなければならないので、少し時間がかかるのが欠点だ。それでも、昔のHDDの頃に比べれば時間はかからない。

DualSenseワイヤレスコントローラー は壊れやすい?

バッテリーがすぐになくなる。なので、専用の充電台が必要だ。

PS5純正 コントローラー 充電台 DualSense 充電スタンド(DualSense Charging Station)を買って使っているので紹介

PS5のDualSense ワイヤレスコントローラーは、バッテリーがすぐなくなる。 理由は、DualSense ワイヤレスコントローラーは、電気を食う振動機能、レバーの反動機能でモーターを多用している ...

スティックコントローラーが壊れやすいのは、Nintendo SwitchのPro コンと同じ。

スティックの修理と調整については、別の記事を準備中だ。

PS5で、テレビを見たり、YouTubeを見たりできるの?

YouTubeは、アプリがあるので見られる。他にも、Prime Video、Hulu、Netflixなど有料の動画コンテンツサイト(VOD)も見られる。

ホーム画面で、メニューの「ゲーム」ではなく、「メディア」を選ぶ。

PS5 メディアメニュー

テレビは、torneアプリとnasneで見られる。わざわざ、PS5でテレビを見る意味があるのか謎だ。

まとめ

この記事の下書きは、2021年の3月にはあったのだが1年以上放置していた。

そろそろ、PS5 Proも出そうな感じなので、公開しておく。

Amazonで PS5の抽選販売 を見る 楽天で PS5 を見る







  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-PS5・PS4
-