キーボード・マウス

REALFORCE R3 を買って使っているのでレビュー。藍 Limited Edition 日本語 112キー 無線 有線ハイブリッド接続。

2022年4月18日

この10年は、東プレのキーボードを愛用している。

REALFORCE R3 藍 Limited Edition ジャストシステム

東プレのキーボードは、ゴキゲンに(気持ちよく)キーが打てる。

雑に打っても二重うちの誤入力がない 素晴らしいキーボードだ。

キーを押す感触「打鍵感」がなめらかで指に力を入れずにキーがおせる。なので、肩こりにならない。

静音仕様になって、”チャカチャカ、ターン!”と響くキーの不快な音がしなくなった。

  • 購入品:東プレ Master Series REALFORCE R3 藍 Limited Edition(R3HAJ1)
  • 購入時期:2022年3月31日
  • 購入価格:26,985円(ポイント1500円、クーポン 9495円引き)
  • 購入店:Just MyShop(ジャストシステム ダイレクトサービス)

こんな方におすすめ

  • MacとWindows パソコンとで切り替えて使えるキーボードが欲しい
  • Twitterやブログでパソコン机自慢するために見栄えのする高級キーボードを探している
  • スマホやタブレットのワイヤレスキーボードとしても使いたい
  • キーをたたく音が小さい、静かなキーボードを探している
S爺
文中のリンクは、用語の説明のためのリンクです。
アフィリエイト広告ではないので、安心してクリックしてください。戻るボタンで戻れます。

東プレ マスターシリーズ R3キーボード の使用レポート、設定のまとめ

東プレ リアルフォースのキーボードって何?

「東プレ」日本の業務用キーボードメーカーブランド。本業は、プレス機を作る機械メーカーだ。

リアルフォースキーボードの特長は、4つ

  • 日本で唯一の高級キーボードメーカー
  • 品質がよく、耐久性もよい
  • ユーザの好みに合わせるため種類が豊富すぎる → 初心者は選べずに困る
  • 日本製造のプロ用キーボードだが、価格も3万円前後で ボッタクリではない
S爺
R3が出るまで、アフィカス連中が”買った"自慢をブログやTwitterでしていた「HHKB」は、東プレが製造しています。

リアルフォース R3キーボード って何が違うの?

R3キーボードは、東プレ リアルフォースの20周年モデルで、2021年11月発売。

主な特長は、

  • Bluetoothの無線接続とUSBケーブルの有線接続両方
  • Bluetooth接続は、4つのマルチペアリング
  • キーは、定評のある 静電容量無接点方式スイッチ
  • 押下荷重の軽いキー、重いキーがあるものや、同じ荷重のキーなど種類がある
  • APC機能(押し下げるストロークの長さのONの位置を3段階から選べる)
  • テンキーありなし、英語配列、日本語配列の各種モデルがそろっている
  • 同時押しになるほどの高速タイピングに対応
  • 専用ソフトウエアで、いろいろ設定できてキーボードに保存するので、パソコン側にドライバーを入れなくてもよい
  • キーレイアウトもMac用とWindows用をワンタッチで切替
S爺
R2のMac用キー配列R2SAを 2019年に買って愛用しています。
R3も欲しかったけど 3.4万円なんで…。ジャストの限定モデルが割引きになるので買いました。

REALFORCE R3 藍 Limited Edition を写真で紹介

REALFORCE R3 藍 パッケージ内容

同梱物は、

  • REALFORCE R3 本体
  • 取扱説明書 保証書
  • キートップラー
  • アクセント装飾の赤いキートップと元に戻すキートップ

キーのストローク(押しこむ長さ)を制限する穴あきの板「キースペーサー」は付属していない。

ドライバーソフトは、東プレのサイトからダウンロードして使う。

https://www.realforce.co.jp/support/download/

REALFORCE R3の主なスペック

  • スイッチ方式:静電容量方式
  • ストローク長:4.0mm
  • キー配列:日本語配列、112キー、かな有り、昇華印刷
  • 押下特性:45g、ソフトタクタイルフィーリング 静音型
  • インターフェース:Bluetooth 5.0、 USB2.0
  • 電源 5V USBケーブル接続時:DC 5V 200mA
  • ケーブル長:1.8m
  • 電池:単3形電池 2本
  • 電池動作時間:約3ヶ月
  • 大きさ:約 46.5 × 16.3 × 3.9 cm
  • 重さ:約1.6kg
藍 Limited Editionの違いは?
  • ボディ色(ケースカラー)が、青っぽい →「藍色」をイメージした色
  • ESC、Enter、スペースキーは、赤いキートップを採用(ノーマルのグレー色も同梱)
  • ジャストシステムのロゴ
REALFORCE R3の大きさって どれくらい? 

日頃から フルキーボード(ファンクションキー、テンキー付き)を使っている人なら、箱から出して 大きさにびっくりすることはない。

フルサイズのキーボードを持っていない人は、自分の机に定規をあてて横幅 47cm、縦幅 17cm弱の大きさを確かめよう。

REALFORCE 108UG HiPro と REALFORCE R3 藍 Limited Edition

108UG HiProと比べて、横幅が1cm大きく、縦幅が1cm小さくなった。

重さは、1.4kg → 1.6kgと重くなった。単三乾電池2本分も重くなる。

キーボードの厚さは、パッと見た目は、ほぼ同じ。

108UG HiPro と R3 の横から見た 厚さ、キーの傾斜 ステップスカルプチャ

キーは、わん曲する傾斜「ステップスカルプチャー」に配列されている。

弯曲の傾斜が、HiProとR3と少し違っている点に注意したい。

REALFORCE 108UG HiPro と R3のステップスカルプチャ
  • HiProは、弯曲がきつくて、1番手前のスペースキーなどの特殊キーが低い
  • R3は、手前のキーが徐々に高くなる(手前にパームレストを置いて使うことを前提に配列)

交互の置き換えて使うと、キーの傾斜の違いが分かる。新しい R3の方が私の好みだ。

S爺
40年、パソコンのキーボードを使ってきました。
右手親指の腱鞘炎の痛みと付き合っている今は、手前のパームレストを高めにすると楽です。

なので、キーボードに傾斜をつける足をたてて使うことはない。

REALFORCE R3の足 出して使わない

裏面の足を引き出せば、キーボードが手前に傾斜する角度がきつくなる。

キーボードの傾斜は、ユーザの好みになる。

S爺
キーボードの足をたたんで手前に高めのパームレストをおいて、手首が逆くの字に曲がらないようにしました。
結果、親指以外の指が痛くなったり、手の甲がつることがなくなりました。
パームレスト、リストレストは高めにするのが良い

トラックボールやキーボードには、リストレスト/パームレストをセットで使う。

高さは、椅子と机の関係で手の位置がかわるので、各自好みに調整しよう。

REALFORCE R3の 裏面

REALFORCE R3 裏面

裏面は、足、四隅の滑り止め、電池ボックス。

有線タイプのREALFORCEキーボードの裏にある”USBケーブルを後左右に引き回す溝”はない。

プレートには、技適マークが付いている。ワイヤレスだけに。

電池ボックスには、単三乾電池が2本直列で入る。

REALFORCE R3 電池ボックス

REALFORCE R3の電池の持ちは、アルカリ単3乾電池で約3ヶ月と取扱説明書に書いてある。

1.2Vのニッケル水素充電池でも動作する。充電池を入れる場合、早めに電圧降下で電池交換のランプが付く(1番左のLEDが10秒間隔で赤く点滅)。

電池での使用は、3V 150mA。後日追加する。

REALFORCE R3 の USB-C コネクタ部

USB-Cコネクタがある。

REALFORCE R3 のUSB-Cポート

USB-Cコネクタは、パソコンへの有線接続と単純に給電のための2つの機能を持つ。

電池を抜いていても、パソコンにつないでおけばUSBのキーボードとしても使えるし、Bluetoothで接続したiPhoneやゲーム機のワイヤレスキーボードとしても使える。

前面 操作パネル LEDインディケータ部

右上に電源ボタンと4つのLEDランプがある。

REALFORCE R3 LEDインディケータ部
REALFORCE R3 電源ボタン 操作
  • 1秒長押し:キーボードの電源のON/OFF
  • 短押し(タップ):キーレイアウトの切り替え
  • Fnキーと電源ボタン1秒長押し:シンプルモード 有効/無効

シンプルモードは、ただのキーボードになるモードで、REALFORCE R3 ソフトウエアとの接続も、R3の各種機能も使えないので使わない。

REALFORCE R3 LEDランプの意味

スロットは、接続先デバイス(接続先)のことで、R3をつなぐパソコンやゲーム機、スマホなど。

  • 設定保存:白LEDが左から右へ順番に点灯して消灯
  • APC設定
    • 一括設定1:1番左 青
    • 一括設定2:左2番目 緑
    • 一括設定3:右から2番目黄
    • 一括設定4:右1番目 赤
    • 個別設定1:左1番目 白
    • 個別設定2:左2番目 水色
  • 電池残量少:1番左 赤 10秒点滅
  • 電池残量確認:75%以上黄色4個点灯、50%以上黄色3個、25%以上黄色2個、25%未満赤1個点灯
  • 電源オフ:1番左 赤点灯 電池切れ
  • 電源 自動 オフ:黄点灯  スロット番号で
  • ペアリングモード:4個全部 青点滅
  • スキャンモード:ペアリング待ち 青速い点滅、接続待ち 青点灯
  • 接続中スロット確認:青点灯
  • エコモードの確認:黄色点灯、LV1で1個、LV4で4個点灯、OFFは赤で4個点灯
  • キーレイアウトの切換:A面 右2番目白点灯、B面 右1番目白点灯
  • NumLk、CapsLk、ScrLk:緑で常時点灯

REALFORCE R3 をBluetoothで接続する操作

R3に電源が入っている状態で、

  1. Fn を押しながら、P(pair)を押す → LEDランプ 4個 が青点滅
  2. Fn を押しながら、ペアリングするスロットの数字キー #1〜4を押す → 指定したスロットのLEDランプが速く点滅

ペアリング情報は、それぞれのスロットに上書きされる。

Windows 10
  1. スタートメニュー → 設定 → デバイス
  2. デバイス/Bluetoothとその他のデバイス → 「+Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」
  3. 「デバイスを追加する」黒いウインドウ → 「Bluetooth」
  4. 「REALFORCE_数字」 を選ぶ
  5. 認証コードの数字をR3に入力して、Enter(return)
macOS
  1. システム環境設定 → Bluetooth
  2. Bluetooth(環境設定)のデバイスに、「REALFORCE_数字」がでるので選ぶ
  3. ペアリング認証コードの数字をR3に入力してEnter(return)
  4. キーボード設定アシスタントで、シフトキーのキーを押して 日本語JISのWindows用キーボードとして認識させる
Android

Androidは、多種多様なので、各自 Bluetoothデバイスの接続方法でやるように。

iOS、iPhoneなど
  1. 設定 → Bluetooth (Bluetoothがオフならオン)
  2. 「REALFORCE_数字 」をタップ
  3. ペアリング認証コードをR3に入力して Enter(return)

Fn キーの操作 リスト

  • Fn + Pair:ペアリングモード開始
  • Fn + Esc:ペアリングモード解除
  • Fn + #1〜4:スロット#数字のペアリング開始
  • Fn + USB:USBでつないだパソコンへ接続
  • Fn + Del:ペアリング情報を全部解除
  • Fn + Chk:接続先の確認
  • Fn + バッテリーアイコンChk:電池残量を確認
  • Fn + Eco:Ecoモードきりかえ
  • Fn + Save:設定を保存
Eco モード

電池で動作中での挙動、USB接続は電源オフはなし。

  • Lv1:LEDランプ消灯、自動電源オフ10分後
  • Lv2:LEDランプ点灯、自動電源オフ10分後
  • Lv3:LEDランプ点灯、自動電源オフ30分後
  • Lv4:LEDランプ点灯、Bluetoothだけオフ 30分後
  • OFF:LEDランプ点灯、自動電源オフはなし。

Lv4は、REALFORCEソフトウエアで、カスタム設定ができる。

REALFORCE R3 ソフトウエア

REALFORCE R3 ソフトウエアは、USB接続でしか使えない。Bluetooth接続では使えない。

macOS版とWindows 版があるので、メインで使うパソコンのOSで選んでダウンロードする。

REALFORCE ダウンロードページ

ダウンロードページから、REALFORCE CONNECT ソフトウエアをダウンロードする。

Macにもつなぐので、Mac版でやってみる。

REALFORCE ダウンロードページ Mac版

Windows 版のページも同じレイアウトなので、自分のパソコンのOSにあったもの(といっても、Windows とMacの2つだけでLinux版はないが)をダウンロードする。

Macの場合は、REALFORCE CONNECT Software_3-1-1.pkg のパッケージファイルだ。インストーラが開いてインストールしてくれる。

アンインストールは、アプリケーションフォルダにあるREALFORCE CONNECTのアプリケーションをゴミ箱に捨てる。

ファームウエアのアップデートも、REALFORCE CONNECT ソフトウエアで行う。
今回買った 藍 Limited Editionは、最新のファームウエアだったので更新していない。

使い方については、「REALFORCE ソフトウエア 操作ガイド(https://www.realforce.co.jp/support/download/manual/softwaremanual/)」を開いて見ながら設定をする。

Macで使う場合、Caps Lock、Ctrl、Windows、Alt、無変換、変換キーを変更しないと使いづらい。

REALFORCE R3 の Windows 配列を Macのキー配列にする方法

キーマップ入替で、Macの配列にする。

キーマップは、AとBの2パターンができるので、AをMacのキーボード配列(Windowsキーボードで認識させる)にして、Bは、デフォルトのWindowsキーボード配列で使う。

REALFORCE R3 キーマップ入替 Macのキーボード配列

下のキーをドラッグして、キーボードのキーにドロップするだけの簡単操作だ。

Mac側の設定で、システム環境設定 → キーボード → (右下の)装飾キー… で開くウインドウを「デフォルトに戻す」で初期設定にする。

  • Aの横のCaps Lock → R-Ctrl
  • 左下すみのCtrl → Caps Lock
  • 左下 L-Cmd / L-Win → L-Opt / L-Alt
  • 左下 L-Opt / L-Alt → L-Cmd / L-Win
  • Muhenkan → IMEoff / eng(Mac)
  • Henkan → IMEon / kana(Mac)
  • kana(Win)→ R-Cmd / R-Win

にして、キーボードに変更したデータを送信して保存する。

これで、Windows配列の REALFORCE R3 が、Macのキーボードに化ける

S爺
私は、Aの左横がControlキーでないキーボードを打つとストレスが貯まるので、Windows で使う時も、Caps LockキーとCtrlキーを入れかえて使っています。

私が、Macを30年愛用している理由の1つが、日本語キーボードはAの左横がControlキーだから。

カラビナエレメンツをインストールして、WindowsキーボードをMac配列にしなくても キーボードの中で変換してくれるので「macOSのアップデートでおきるバグで操作不能になるかも」の心配はない。

APC 検知するストロークの深さの調整

REALFORCE R2の時から、キーの感度を調整する機能「APC」がついていた。

REALFORCE R3 ソフトウエア の APC調整

最初は、標準の2.2mmではじめてみよう。

設定の例として、以下 2例 あげておく。

  • 指を軽く置いただけで誤入力しては困る”ホームポジション”のキー「ASDFJKL;」は、ストロークを深い3.0mm
  • 薬指や小指で入力する、「QWAZCOP;L,M,」は、浅いストロークの1.5mmに

など、細かく自分のクセに合わせて調整してみよう。

REALFORCE R3ソフトウエアを起動しておくと、キーのデータロガーをとって、どのキーを何回打ったのか?データを残してくれている。

「MY REALFORCE」のヒートマップを見てみよう。

REALFORCE CONNECT ソフトウエア REALFORCE R3 ソフトウエア MY REALFORCE ヒートマップ表示

40年近く キーボードを使っていると、頭に思い浮かべた言葉が画面に表示される。キーボードをたたいて文字入力している意識が薄れているのだ。

なので、文章的にだめなテキストがダラダラと入力されてしまい、バックペースで消して戻るのを繰り返してしている。

S爺
のんびり打つときは右手薬指でバックスペースをたたいて消して戻るけど、集中してきたら Control+hで戻るようになるので ホームポジションを崩さずに打てるから さらに速くなるw

キーのストロークの深さもバーグラフでみることができる。

REALFORCE R3 ソフトウエア ストロークの検知

薬指や小指で押すキーのストローク具合を観察するとおもしろい。

S爺
APCをいじるのは、しばらく慣れてからの方が良いでしょう。最初からいじると、わけがわからなくなります。

REALFORCE R3 をパソコンやスマホにつないで使う例

R3は、USBケーブルと、Bluetoothで4つ、合計5つのデバイスのキーボードとして使える。

USBケーブルを切り替えるのには、KMVスイッチを使う。

USB キーボードとマウス切り替え機 エレコム KM-A22BBK が便利なので紹介

お気に入りのキーボードとマウス(トラックボール)を2台のパソコンで切り替える「USB切替器 ELECOM KM-A22BBK」を愛用しています。 S爺パソコンを2台同時に使いたいのに、机の上にキーボー ...

Bluetoothでの接続は、それぞれ切り替えることで使える。

につないで使っている。

Bluetooth側の接続は、切り替えて数秒待たないとキーが反応しないので使い勝手が悪い。

ゲーム機コントローラも2.4GHz、ネットワークカメラも2.4GHz帯、USB3.0の外付けHDDも2.4GHzのノイズを発生するため、私の書斎ではBluetooth接続のキーボードやマウスの使用は安定しない。

書斎 2022年4月上旬ver
S爺
Bluetooth接続は、オマケ程度のものです。
私は、安定した動作を優先するのでUSBの有線接続で使っています。

キーを付けかえる

キープラー(key Puller)が付いているので、キーをひっかけて抜いて、交換する。

REALFORCE R3 のキーを付けかえる

R3が大ヒットしたおかげで、いろんな色、刻印のないキートップのセットが売られるようになった。

好みを買って付けかえるのも一興だろう。

S爺
ワシらジジババは、 NEC PC-98で 松や一太郎を使ってきたから、かな入力も多いんです。
だから、ジャストシステム限定モデルらしく キートップには かな表記が付いています。

まとめ

東プレのキーボードは、高い。

高いだけあって、指になじむ良いキーボードだ。

ブロガーのパソコン机のアイテム自慢としても、REALFORCEのキーボードなら恥ずかしくない。

今回は、R3 の ジャストシステムとタイアップしたスペシャルモデル 藍 リミテッドエディッションを安く買えて満足している。

東プレの数あるキーボードの中から自分に合いそうなものを選ぶコツを3つあげておく

  • 見栄を張らずに 日本語配列モデル
  • 机のスペースが許されるのなら、テンキー付き
  • 変荷重でなくてもよい

Amazonで REALFORCE R3 を見る 楽天で REALFORCE R3 を見る







  • この記事を書いた人

SG(S爺)

週末にゲームに興じるジジイです。 提灯(ステマ)記事ではない”本物の”口コミ レビュー記事を書いています。

-キーボード・マウス
-